赤道斎の隠し部屋

<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日も中止だ!

日本標準時22:15になっても「だーれもこないよ」。
その直後にお二人来ましたがそれまで。

従って実装したばっかりのアリン羽根モーションの観覧会に。
白と黒、どっちを買おうかと迷って、でも10秒には両方ともアリンのクローゼットに収まってました。

--------------------------------------------------------------------


当時、当地周辺は強雨&落雷の真っ最中で、運悪くプレイ中ご近所に落雷が!
たぶん200~300mほど先の工場の避雷針ですが、その直後チャットが通らなくなりまして「やられちゃったかな」。

案の定、サーバーとの接続が切断され、強制切断回数がいっこ増加。

f0116056_2326591.jpg


ちなみに2つのうちもう一個も落雷直後の回線切断によるもの。
通信回線やPCは家の内側でサージプロテクタやらUPSにより保護されてますが、公衆回線やマンション共用回線部は手の出しようがないので、もう諦めるしかない…よね。
[PR]
by sekidousai | 2009-07-16 23:31 | 1行リレーパンヤ物語杯

さて、どうしよう

 今日、健康保険証の更新を受けました。
 その裏面にこんな欄が。

f0116056_23445760.jpg


 臓器移植に関する臓器提供意思表示欄です。表記内容や記入内容については「臓器提供意思表示カード」と同じです。
 より多くの人から臓器の提供を受けようという努力の一つなのでしょう。
 折良く(?)臓器移植法の改正案が通り年齢制限が撤廃されることとなりました。そして同時に脳死が「人の死」として定義されることに。


 でも、でもね。


 果たしてどれだけの方が脳死とはいかなるものか、臓器移植とはどの様に行われるか知っていらっしゃるでしょうか。

 脳が死ぬという現象、脳が死んだという判定法、判定を誰が行うのか、脳死判定から臓器摘出に至る流れ、移植適合者の選定と決定、その選定&決定を行う者はどういう人か、摘出が行われた後の遺体の扱い、遺族及び被移植者に対する対応、実際に発生した事例はどの様なものでどの様に進められどうなったか、等々。

 臓器移植法が出来てから10年、こういった情報について国や関係機関はどれだけ周知努力を行ってきたでしょうか。
 徹底した情報の開示無しにいきなり「脳死を人の死とする」と言われても、納得できるものでしょうか。


 今まではカードの記入無しは明確な意思表示無しとして臓器提供は行われないとされてきました。しかし今度の改訂(改正とは呼びたくない)で、意志の明確な表示がないと臓器提供の判断は遺族に委ねられることとなりました。

 私は、臓器移植の意志及びその表明はその人の権利であり義務であると考えます。自分の体の処遇をどうするか、自殺にも似た「自分の進むべき道の選択」であることから権利であり、重要故にやっかいで気が重くなる判断を残されるものに押しつけないためにも義務である、と。
 だから、書きたくはなかったけど書きます。現状を充分調べた上で。


--------------------------------------------------------------------


 脳死判定に関連する技術として気になっているのが「脳が”観ている”映像を外部に取り出す技術」と「脳の信号で直接外部の機器を制御する技術(BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)技術)」の二つ。

 今の脳死判定はいわば脳の状態を外部の反応で類推する程度のもの。脳自体は実は動いていても、外部への情報伝達回路が壊れていたら…
 脳そのものの稼働状態を直接外部に取り出す両技術が実用化されれば、脳死の判定もより確かなものになるでしょうね。
[PR]
by sekidousai | 2009-07-14 00:28 | 日常

本日の物語はありません

今日は時間までに4名集合しスタートしたのですが、画面表示が壊れたりお腹が壊れたりで当初物語に参加できたのが二人という状態。
というわけで今日の物語はなし。お題は次回木曜日の大会に持ち越しです。
[PR]
by sekidousai | 2009-07-13 23:19 | 1行リレーパンヤ物語杯

ギクリとした

 96kuroさんの№2314「下手でごめんなさい」の右腕が膨れあがり片足が外れた(ようにみえる)絵と「私の手がパンパンになった」というコメントで、二十年ほど昔NHKで放映された「NHK特集 ワールドTVスペシャル RADIO BIKINIビキニ核実験はこうして行われた」という番組を思い出しました。


(以下、記憶を元に書いていますので実際の番組と異なる部分があるかもしれません)


 1946年、マーシャル諸島ビキニ環礁で行われた核実験「クロスロード作戦」。これに参加した「ある兵士」の証言を軸に、核実験に至る米国の経緯と準備、ビキニ環礁での原住民の強制移住と米軍の生活ぶり、核実験の実行とその時の兵士達の行動、そして後の影響などが綴られていました。

 そして番組終盤。その「ある兵士」が画面に登場します。放射線による影響でその手は野球のグローブのように膨れあがり、足は既に切断しありません。
 大学で放射線を扱った身には、影響などを知っていてもそれはかなりのショックでした。


 放映された番組をVHSで録画してあったはずです。もう一度見たくなりましたが、何分昔の話、いったいどこへしまい込んだのやら。見つかっても磁気テープメディアじゃ今頃どんなことになっていることでしょう。
 VTRやDVDの販売もないようですし(英国版はあり。カナダドルでCDN$ 337.50って日本円でいくら?)NHKオンデマンドにも無い様子。再放送してくれないでしょうかねえ。
[PR]
by sekidousai | 2009-07-12 23:28 | 音と映像と文字の世界

本日のお題「ルーシア夏休みのアルバイト」by HAPOHAPO さん

今日は「大会で鍵を掛けると制限時間が35分になってしまう」という不具合が発動しました。
コースはよりによってWind Hill。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
HAPOHAPO : ゆたしくうにげーさびら
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
zophyel : (げげげのげ(ぎょ))
スピスタ : (35分の時に限ってWHw)
赤道斎 : ルーシア「あっつー(あせ)」
zophyel : (SCよりマシ)
HAPOHAPO : ルーシア「まじ着ぐるみ★★るわ」
スピスタ : ルーシア「もう、何とかならないかしら?」
zophyel : ケン「こら、さぼるな」
赤道斎 : ダイスケ「黙って働け!」
lilith_sakura : (あ、時間修正してなかったか)
zophyel : ルーシア「なんで私が厨房なのよ」
赤道斎 : ケン「配膳させるとこけるからだ」
HAPOHAPO : ダイスケ「おまえが中坊だからだ」
スピスタ : ケン「首にならないだけマシだろ?」
赤道斎 : ルーシア「私が店内にいれば客入るに」
zophyel : ケン「無理」
スピスタ : ケン「この前、逃げられてただろ?」
zophyel : ルーシア「だって、お尻さわるんだもん」
赤道斎 : ルーシア「だってスカート覗くんだもん」
HAPOHAPO : ルーシア「変な気分になっちゃって・・」
赤道斎 : ダイスケ「変な声出すし」
lilith_sakura : ルーシア「誤解されて通報されたわ」
zophyel : ケン「だからって、村長にシャイニングウィザード
zophyel : 入れるか」
スピスタ : ルーシア「不可抗力よ」
赤道斎 : ルーシア「元々墓入り近かったしね」
zophyel : ケン「あれでロロかんかんだったぞ」
lilith_sakura : ルーシア「お金までだされちゃったんだもん」
赤道斎 : ケン「それで済んだんならいいだろ」
HAPOHAPO : ルーシア「毛さんが騙すより騙される方が悪いって
スピスタ : ルーシア「余計に悪いわよ」
zophyel : エリカ「ねーちょっと」
lilith_sakura : ルーシア「どうかした?」
zophyel : エリカ「カニピラフとシューマイ、まだ?」
赤道斎 : エリカ「次の両りまだ~?」
赤道斎 : (なしで)
HAPOHAPO : ルーシア「ピラフはレンジでチンと♪」
スピスタ : ルーシア「はいはい、今作ります」
赤道斎 : ケン「こらっ!(いかり)」
zophyel : クー「ねー、カレーライスはー?」
lilith_sakura : ルーシア「だって今1人なんだもん」
赤道斎 : ルーシア「三分待つのだぞ」
HAPOHAPO : ルーシア「レトルトをレンジでチン♪」
スピスタ : ケン「ちゃんと作れよ!」
zophyel : ケン「ええい仕方ない」
lilith_sakura : ルーシア「冷蔵庫の中は発注ミスでねぎばっか」
赤道斎 : ダイスケ「…うちの店、評判下がるだろうな」
スピスタ : ケン「人ごとのようだな」
HAPOHAPO : ルーシア「ねぇねぇ私初めて玉ねぎ斬ったのよ!」
zophyel : ケン「作ってやるからダイスケ持ってってくれ」
赤道斎 : ルーシア「…って、痛っ!}
スピスタ : ルーシア「赤い玉葱のできあがり」
lilith_sakura : ケン「やめい!」
zophyel : ケン「切れてる、身まで切れてるよ!」
赤道斎 : ルーシア「舐めとけば直るわよ」
zophyel : ケン「無理言うな」
スピスタ : ケン「ずいぶん余裕だな」
zophyel : ルーシア「痛い感じがする」
赤道斎 : ケン「鈍感なだけか(あせ)」
HAPOHAPO : ルーシア「あと残ったスープは再利用♪」
スピスタ : ルーシア「私もうダメだわ」
zophyel : ルーシア「傷が残って本業に差し支えるかも」
lilith_sakura : ルーシア「ちょっとふら~ってなってきた」
赤道斎 : ケン「はいはい、もう帰りなさい」
HAPOHAPO : ケン「もういいから、コールセンター逝ってよ」
zophyel : ダイスケ「本業がヒマだからバイトしてるんだろ」
スピスタ : ルーシア「えー、私苦情係?」
HAPOHAPO : ケン「電話くらいまともにできるだろう」
zophyel : トロロロロロロロロロロ(でんわ)
赤道斎 : ケン「苦情増やすなよ。解決するんだぞ」
zophyel : トロロロロロロロロロロロロ(でんわ)#
赤道斎 : ダイスケ「はやくでんか!」
スピスタ : ケン「早く出ろよ!」
HAPOHAPO : ルーシア「はい!パンヤなんでも笑って許してです
zophyel : セシリア「ちょっとお、出前まだ?」
赤道斎 : ルーシア「はいはい、今出ましたよ~」
zophyel : セシリア「もう、早くしなさいよね」ガチャ!!
スピスタ : ルーシア「まだまだ無理だよ~」
lilith_sakura : ルーシア「さて、何注文されてたっけ?」
zophyel : セシの注文・・・メニュー全部
赤道斎 : ケン「…ちゃんと伝達してなかったのか」
HAPOHAPO : ルーシア「わかんないから、ゼク○ィでも入れとけ
lilith_sakura : ルーシア「あとわら人形と五寸釘も」
赤道斎 : …そして10分…
zophyel : 怒ロロロロロロロロロロロ!!(でんわ)###
スピスタ : ルーシア「さて、これどうしよう?」
lilith_sakura : ルーシア「おかけになった電話番号はげん(ry
zophyel : セシリア「(いかり)」
赤道斎 : ちん!
スピスタ : ケン「切るなよ!」
zophyel : ルーシア「え゜ー?」
lilith_sakura : ルーシア「どうでもいい間違いでな
赤道斎 : ルーシア「だってこれ、きっとクレーマーよ」
zophyel : ルーシア「謝ってこいよ!」
スピスタ : ケン「謝るのはお前だろ!」
zophyel : ルーシア「んー、怖いし」
HAPOHAPO : (ケータイ)トゥルルルルルルル♪
lilith_sakura : ルーシア「私がなにしたっていうのよ」
スピスタ : ルーシア「うるさい黙れ!」
赤道斎 : げしっ!
zophyel : ケン「はいもしもしパンヤ一番亭」
HAPOHAPO : ロロ「どうすればアリンさんみたくおっきくなれま
HAPOHAPO : すか?」
スピスタ : ケン「は?」
赤道斎 : ケン「あのー、うちは食堂なんで…」
zophyel : ケン「ウチは食堂なんですけど・・・」
zophyel : (なしで)
lilith_sakura : ロロ「え?なんでも相談所じゃないんですか?」
zophyel : ロロ「だったら、胸の大きくなるメニューを」
スピスタ : ケン「そんな物ありません」
赤道斎 : ロロ「さっき電話したらルーシアさんがそうだって
赤道斎 : …」
zophyel : ケン「(キッ)(あせ)」
赤道斎 : ルーシア「ふっふーん」
スピスタ : ルーシア「聞こえな~い」
zophyel : ルーシア「スペシャル定食2万㌔㌍でいいでしょ」
lilith_sakura : ダイスケ「ルーシア、20万やるから今すぐでてけ
赤道斎 : ケン「ダイスケみたいに腹が出るだけじゃ」
スピスタ : ルーシア「私クビですか?」
zophyel : ルーシア「他に行くトコないしなー」
スピスタ : ルーシア「訴えてやる!」
赤道斎 : ケン「カディエさんが人探してたぞ」
zophyel : ルーシア「あそこはクスリの人体実験でしょ」
HAPOHAPO : ケン「薬の被験者探してますだって」
lilith_sakura : ケン「1回生きて入れば5万だとよ」
スピスタ : ルーシア「あんな所絶対に嫌よ」
zophyel : カディエ「はーい、きたわよー♪」
スピスタ : ルーシア「ケンがやってくれるって」
HAPOHAPO : ルーシア「この地獄耳が(あせ)」
zophyel : カディエ「え? ルーシア引きとてってダイスケが」
lilith_sakura : カディエ「えーなら助手やってよ」
赤道斎 : ケン「よろしくお願いします」
zophyel : ルーシア「私はパス。ケンどうぞ」
HAPOHAPO : カディエ「3人まとめてOKよ(ういんく)」
スピスタ : ケン「俺はここの料理長だぞ?」
赤道斎 : ダイスケ「俺も入ってるのか、その人数」
lilith_sakura : カディエ「衣食住含め月安定収入・・・」
zophyel : ダイスケ「店長が店空けられるか」
スピスタ : ルーシア「命の保証がないじゃない」
赤道斎 : カディエ「妹貸すから大丈夫よ」
HAPOHAPO : カディエ「今日は量産型たこる君の実験よ」
zophyel : カディエ「なんでもいいからレッツ誘拐」
lilith_sakura : カディエ「拒否権は認めない」
赤道斎 : ルーシア「…って、何で私だけ残すの?」
zophyel : カディエ「アンタ役に立たないから」
HAPOHAPO : カディエ「このたこ足にマッサージ機能を付けたの
スピスタ : ルーシア「…ちょっとショックだわ」
zophyel : ルーシア「あーあ、ひっぱってっちゃった」
lilith_sakura : ルーシア「とりあえず閉店の看板立てとくか
スピスタ : ルーシア「まあ、これでこのお店は私の物?」
赤道斎 : エリカ「甘いわよ!」
zophyel : ルーシア「そーだ、バイト代もらっとこ(はーと)
赤道斎 : エリカ「無視してレジ開けるな~」
スピスタ : ルーシア「以外と無いわね」
赤道斎 : エリカ「もうけがないのは誰のせいだと思ってるの
zophyel : ルーシア「あ、閉店だからとっととかえってね」
lilith_sakura : エリカ「まだ料理着てない」
zophyel : ルーシア「キャンセルってことでひとつ」
スピスタ : ルーシア「諦めて」
赤道斎 : ルーシア「はい。キューマ食堂の電話番号」
lilith_sakura : ーーーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーー
zophyel : エリカ「・・・だめだこりゃ」


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23155420.jpg


全員時間内に完走。トップは鼻の差でした。


次回のお題は「カップをねらえ!」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-07-11 23:20 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「永遠のセシリア」by zophyel さん

新しいイベントが始まった初日、いかにもクリスタルがドロップしなさそうなIce Spaが今日のコースでした。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
HAPOHAPO : クー「見てきたことを全部話すぜ」
赤道斎 : ガクガクブルブル…
zophyel : クー「セシリアが・・・」
HAPOHAPO : クー「幽霊選で見つけたアルバムにあったんだ」
赤道斎 : エリカ「それって何時の幽霊船?」
zophyel : クー「しかも日付は200年前」
赤道斎 : ケン「セシリアの先祖じゃないのか?」
スピスタ : クー「ついこの前の事だぞ」
zophyel : クー「それにちゃんとセシリア、って」
スピスタ : エリカ「ナニカの見間違いじゃないの?」
赤道斎 : ケン「本人に聞いてみたのか?」
zophyel : クー「ちゃんとここにアルバム持ってきたぞ」
スピスタ : ケン「どれどれ…」
赤道斎 : エリカ「止めなよ、呪われるよ?」
zophyel : ケン「ダイジョーブだって(わら)えー何々・・・
HAPOHAPO : アルバム:女帝セシリアに捧ぐ
赤道斎 : エリカ「女帝って…あのセシリアさんが?」
スピスタ : ケン「似合わないな」
zophyel : 『御年20,000才を記念して』
赤道斎 : ケン「ゼロの数は…合ってるな」
HAPOHAPO : クー「ミンティにヴ○ル図書館で調べてもらったん
HAPOHAPO : だ」
スピスタ : ケン「マジなのか?」
zophyel : クー「ホンモノだってさ」
lilith_sakura : エリカ「あまり変なことすると怖いよ?」
赤道斎 : エリカ「なんまんだぶなんまんだぶ~」
zophyel : ティッキー「大変大変~」
HAPOHAPO : ミンティ「しかも異名が吸血鬼セシリア」
スピスタ : ケン「おいおい…」
赤道斎 : ティッキー「ロロが貧血で倒れたって~」
スピスタ : エリカ「ついに犠牲者が?」
zophyel : テ「緊急輸血がいるんだけど血の気の多い人~
HAPOHAPO : クー「話によると長寿の秘訣がなんと・・・」
スピスタ : ケン「血液型はいいのか?」
lilith_sakura : エリカ「ケン逝ってきたら?」
zophyel : ティッキー「どうせパンヤ島の血液型だからね」
赤道斎 : ティッキー「きっとなんでも大丈夫だよ」
おめでとうございます! ブルークリスタル 獲得
ミンティ : あっ!アイテム、出ましたよ~。
スピスタ : ケン「そういう問題かよ?」
zophyel : ティッキー「ドルフ±8y型なんてないでしょ?」
赤道斎 : ケン「ドルフに献血させろよ」
HAPOHAPO : ドルフ「大変大変大変ですぅぅぅぅぅ!」
スピスタ : ケン「いい所に来た」
zophyel : エリカ「今度は何?」
赤道斎 : ドルフ「キューマさんがミイラに…」
zophyel : ティッキー「ロロに吸い取られてたんじゃないの?」
lilith_sakura : ケン「犯人はなんとなくわかるな」
HAPOHAPO : クー「さっきの話の続きだけど」
赤道斎 : ドルフ「怖い話は嫌ですよ?」
スピスタ : ケン「まだあるのか?」
zophyel : クー「セシリアって、目尻にしわがあったよね?」
HAPOHAPO : クー「若者の生気を吸って長寿してたらしい」
zophyel : クー「けど、一昨日あったらツルツルに・・・」
lilith_sakura : ケン「・・・十字架と銀のくいが必要か?」
zophyel : エリカ
赤道斎 : エリカ「銃よ!銀の弾丸を込めた銃よ!」
HAPOHAPO : クー「で、どっかの偉い魔法使いが封印したとさ
スピスタ : ケン「カディエか?」
赤道斎 : カディエ「私じゃないわよ」
zophyel : ミンティ「あれ、どうしたの?」
スピスタ : ケン「じゃあ誰なんだ?」
赤道斎 : カディエ「私の先祖が封印したの」
lilith_sakura : カディエ「これみると私のひいおばあちゃんぐらい
HAPOHAPO : カディエ「今から3000年は前の話ね
zophyel : カディエ「名前がヴァン・ヘルシンキとか」
赤道斎 : エリカ「じゃあ、封印を解いたのは誰?」
zophyel : カディエ「さあ?」
スピスタ : ケン「カズだったりして…」
lilith_sakura : カディエ「カズならあそこで干からびてたわ」
HAPOHAPO : カディエ「封印解除の条件があるの」
赤道斎 : ケン「…容疑は晴れたな」
zophyel : ケン「なんだかなあ」
HAPOHAPO : カディエ「セシに永遠の花婿が現れしとき」
HAPOHAPO : (栗ちゃんげっとぉ~!)
zophyel : ケン「・・・じゃあ、セシは無実じゃネーか」
赤道斎 : (おめー)
スピスタ : ケン「つか、永遠の花婿って誰だ?」
lilith_sakura : カディエ「本人じゃなくて親戚だったりして」
zophyel : ケン「未来永劫復活しっこないぞそれ」
赤道斎 : エリカ「しかし復活してるし…」
HAPOHAPO : カディエ「その者ツンツンした頭を抱いて地に降り
zophyel : ケン「なんか別の原因じゃね?」
赤道斎 : ケン「…」
スピスタ : カディエ「それはないわ」
zophyel : ケン「ふと思ったんだが」
赤道斎 : クー「なに?」
スピスタ : エリカ「何?」
lilith_sakura : カディエ「思うだけにしといたら?」
zophyel : ケン「被害者に直接聞けばいんじゃね?」
スピスタ : エリカ「危険じゃないの?」
赤道斎 : クー「あたい、パス」
zophyel : ケン「つか、看病してる筈のカディエが何してんの
赤道斎 : カディエ「看病飽きた」
lilith_sakura : カディエ「区役所に死亡届を提出してこようと」
zophyel : とんとん
スピスタ : ケン「何だ?」
HAPOHAPO : ?「あなたおいしそうね(すき)」
zophyel : ロロ・キューマ・カズ「ここに入れて~」
赤道斎 : クー「聞こえない聞こえない…(ぎょ)」
zophyel : ?「入っていいでしょ~(はーと)」
スピスタ : ケン「ダメ」
zophyel : ?「いいじゃな~い、ケチ~」
ミンティ : 私の事…、キライなの…?
HAPOHAPO : ケン「何これ稲○じゅんじの怪談よりこぇぇよ」
赤道斎 : ケン「…このしゃべり方は…」
スピスタ : ケン「きっと、ダイスケだな」
zophyel : ミンティ「吸血鬼は招かれないと入れないんだっけ
赤道斎 : カディエ「研究対象としては面白そうね」
lilith_sakura : ケン「何の研究だよ」
HAPOHAPO : カディエ「お入りなさい!」
赤道斎 : クー「!」
zophyel : ?「じゃあ遠慮なく」
スピスタ : エリカ「やーめーてー」
HAPOHAPO : ボヨンポヨン(はーと)
zophyel : セシリア「邪魔するわよ」
スピスタ : ケン「帰ってくれ!」
zophyel : セシ「そうはいかない」
赤道斎 : セシリア「復活させた責任を取って貰わなきゃ」
lilith_sakura : セシ「食材もあるわけだし」
zophyel : セシ「まずクー」
スピスタ : エリカ「誰に復活させられたの?」
HAPOHAPO : クー「パパァ(うる)たしゅけて~(わーん)!」
赤道斎 : クー「あたい、まだお肉付いてないよ~」
zophyel : セシ「艦隊の食堂で散々食い散らしてくれちゃって
lilith_sakura : セシ「純潔は美味といわれてるし」
zophyel : セシ「海賊船の食材で弁償しなさいよね」
HAPOHAPO : ケン「あれ?若さを吸い取るんじゃないの?」
赤道斎 : エリカ「じゃ、あたしも美味しいよね」
zophyel : セシ「何の話よ?」
シラタマ :「おくりものニャン!」
シラタマの能力によってパンヤゾーンが広がりました。
スピスタ : エリカ「若い方がいいんでしょ?」
lilith_sakura : セシ「あなたからは若さが・・・」
zophyel : セシ「? カディエも、旗艦のバーのツケ、払ってよ
赤道斎 : エリカ「セシリアさんに言われたくないわね」
スピスタ : カディエ「………何の話かしら?」
zophyel : セシ「この3人からは治療費もいただいたわよ」
赤道斎 : (はいっちゃったー)
スピスタ : (どま)
HAPOHAPO : ケン「ピピン!セシが犯行に及んだ現場へ移動だ」
スピスタ : ピピン「危険だからヤダ」
赤道斎 : セシリア「犯行って何の事よ」
HAPOHAPO : ケン「現場を押さえれば対処法もわかる」
zophyel : セシ「なんかさっきから話がかみ合わないわね」
lilith_sakura : セシ「ちょっと説明してよ」
赤道斎 : クー「だってほら、この写真…」
スピスタ : ケン「俺たちは騙されないぞ!」
zophyel : セシ「あら懐かしい」
HAPOHAPO : セシリア「私が高校生の時の・・」
lilith_sakura : セシ「仮装パーティーのときのだわ」
HAPOHAPO : セシ「懐かしいもう3年もたつのね」
赤道斎 : ケン「え?200年前じゃ?」
zophyel : ケン「それは嘘だ」
lilith_sakura : セシ「裏面に日付なかった?」
HAPOHAPO : エリカ「今突っ込み光速だったよ(まじ)」
zophyel : セシ「失礼な。士官学校だから3年でいいのよ」
スピスタ : ケン「日付なんかないぞ?」
HAPOHAPO : アリン「セシリアさんは学校の名誉研究員ですから
zophyel : セシ「そもそもシャレで作った本にそんなもの無い
スピスタ : エリカ「200年が3年にしか感じられないのね」
HAPOHAPO : アリン「私が小学1年生のころはすで研究員でした」
zophyel : セシ「大体、人血で長生きできるわけないでしょ」
スピスタ : ケン「だって、お前人じゃないだろ?」
赤道斎 : ケン「じゃロロやキューマやカズは…」
zophyel : セシ「ただの夏バテよ」
HAPOHAPO : クー「尻子魂をぬかれたんだ(あせ)」
lilith_sakura : セシ「でもなぜかドルフが近くにいたわね」
赤道斎 : ドルフ「ぎくっ」
HAPOHAPO : ケン「そういえばロロ貧血の第一発見者誰?」
スピスタ : ドルフ「タンプーですよ」
赤道斎 : ミンティ「えー、タンプーは山ごもり中よ」
zophyel : セシ「ど・る・ふ・ちゃん?」
HAPOHAPO : ティッキー「怪しい(あせ)・・・」
赤道斎 : ドルフ「ぼ、ボクは何にもしていなんです~」
スピスタ : ケン「本当にか?」
zophyel : ド「実はそのぅ・・・カディエさんに・・・ぶげし
赤道斎 : カディエ「おほほ。ドルフも夏バテのようね」
スピスタ : エリカ「カディエ?」
zophyel : セシ「今おもっきしグーで殴ったでしょ!」
スピスタ : ケン「そういえば、俺の先祖とも知り合いだよな?
lilith_sakura : カディエ「何のことかしら?(満面な笑み)」
HAPOHAPO : ケン「やっぱりピピン一緒に飛んでくれよ」
zophyel : ピピン「ダメ」
lilith_sakura : ピピン「保険がないからやだ」
赤道斎 : カディエ「そうよ。何が起こるか解らないわよ?」
HAPOHAPO : ケン「今晩はサービスするからさ(気まずい)」
スピスタ : エリカ「カディエって、いったい何歳なの?」
zophyel : ピピン「・・・口止め料貰ってるし(ぼそ)」
赤道斎 : カディエ「乙女に歳の話はタブーよ」
スピスタ : ケン「乙女って歳か?」
zophyel : カディエ「私ってほら、永遠の乙女だから」
スピスタ : エリカ「そういいながらケンを蹴り飛ばしたわね」
赤道斎 : ケン「セシリアと一緒で何時までも独り身だもんな
lilith_sakura : カディエ「なにあなたも蹴られたいの?」
HAPOHAPO : ケン「年考えて服選べばいいのに(ボソッ)」
zophyel : カディエ「今逝ケ」
スピスタ : ケン「ああ!力が吸い取られる!」
lilith_sakura : カディエ「んなことないでしょ」
HAPOHAPO : ケン「ピピン助けてー(あれ)」
zophyel : セシ「そんなことよりツケ払いなさいよ」
赤道斎 : エリカ「その力!まさかカディエさんがやっぱり黒
赤道斎 : 幕?」
zophyel : カディエ「濡れ衣よ。私は酒が動力源だし」
スピスタ : エリカ「酒が動力源なんて初耳だよ」
HAPOHAPO : ケン「あれ?セシリアがいない」
lilith_sakura : カディエ「足元みてみなさい」
スピスタ : クー「穴がある…」
zophyel : セシ「じゃ、ツケ代わりにこれ差し押さえするわね
赤道斎 : エリカ「ああっ、セシリアさんが中で…いない」
赤道斎 : (なしで)
HAPOHAPO : エリカ「ティッキーがミイラに!」
赤道斎 : ケン「妹にも容赦のない姉だな」
lilith_sakura : カディエ「掘っておきなさい」
zophyel : セシ「利息分はいただいたから 。じゃーねー」
スピスタ : ケン「掘ってどうするんだ?」
赤道斎 : エリカ「ティッキーの精気が利息分とは…」
HAPOHAPO : クー「真実を映す鏡もってきたよ」
スピスタ : ケン「やっぱりセシリアが主犯じゃないのか?」
赤道斎 : 「どれどれ…」と覗き込むケン。
zophyel : セシ「魔女の血液って日赤で売れるかな?」
HAPOHAPO : ケン石化。
zophyel : エリカ「吸血鬼よりタチ悪いね・・・」
lilith_sakura : セシ「どいひと」
赤道斎 : クー「ほーらセシリア、美人を写してご覧よ」
HAPOHAPO : セシ「永遠に美しいって罪ね(ういんく)」
zophyel : セシ「さて、スパにでも行こうかしら。艦隊予算で
スピスタ : エリカ「これは酷い」


------------ キリトリ -----------
寄せをミス、ポロンと入っちゃったので今日もまたチャットログはlilith_sakuraさんより頂きました。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_2332375.jpg


結構クリスタル採れました。


次回のお題は「ルーシア夏休みのアルバイト」です。
バイトが必要なほど儲からないアイドルって…
[PR]
by sekidousai | 2009-07-09 23:35 | 1行リレーパンヤ物語杯

今日の大会は中止

理由はいつものとおり。

--------------------------------------------------------------------

解散した後、ダイスケ鯖に行ったらちょうどWiz Wizの大会があったので乱入。
制限40分を22分で回ってスピーダーでした(スコアは聞かないでね)。

自分の前には誰もプレイしている人はいない。一番最初に待機モードに戻る。

うん。結構気分良いですね。やみつきになりそう。
[PR]
by sekidousai | 2009-07-06 23:40 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「対立の男女」by スピスタ さん

本日はlilith_sakuraさんとスピスタさんがお休み。
開催が危ぶまれたそんな時、青い金魚さんが参加してくださいました。
コースはIce Cannon。

------------ キリトリ -----------

zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
青い金魚 : (にょろしくです)
HAPOHAPO : ゆたしくうにげーさびら
赤道斎 : (いきなり謎OBキター)
zophyel : ダイスケ「お、こりゃなんだ?」
赤道斎 : それは一枚の布きれ。
HAPOHAPO : ケン「セシリアの腰にあったやつか」
zophyel : ダイスケ「(昏倒)」
赤道斎 : マックス「匂いなんてかぐからだ」
zophyel : セシリア「ほほぅ」
HAPOHAPO : ケン「さすができるやつはガスマスク着用か」
zophyel : セシリア「へぇ~え」
赤道斎 : セシリア「クー、大砲用意してちょうだい」
zophyel : セシリア「あーもしもし海軍? 対地ミサイルを」
赤道斎 : ケン「私用で軍のもの使うんじゃないよ」
zophyel : セシリア「逝ってヨシ」
赤道斎 : ダイスケ「あークラクラッと…って、何で砲口が?
HAPOHAPO : ケン「怒るとしわになるよ」
zophyel : セシリア「発射」
赤道斎 : 号砲一発!それが合図となった。
zophyel : ダイスケ「アーひどい目に会った」
HAPOHAPO : ケン「あれを生きて出るとは」
zophyel : ダイスケ「生きてるけどイタイんだよ」
赤道斎 : ダイスケ「俺の脂肪層の厚さを侮るな」
zophyel : クー「まったく、デリカシーのないヤツラだ」
赤道斎 : セシリア「そうよ、うっとりするならまだしも気絶
赤道斎 : なんて」
zophyel : ダイスケ「ムチャ言うな」
赤道斎 : ケン「ちなみにどんな匂いだった?」
zophyel : ダイスケ「ノーコメント」
赤道斎 : マックス「一瞬口が”か”になったな」
zophyel : ダイスケ「大体デリカシーならオマエラもないだろ
赤道斎 : マックス「このガスマスクか?」
青い金魚 : エリカ「デリカッテッセン?」
zophyel : ダイ「こないだセシとクーでメシ食いに行ったんだ
HAPOHAPO : セシ「パンヤに男なんていらないわ」
赤道斎 : エリカ「みんな女になっちゃえばいいのよね」
zophyel : ダイスケ「どんな地獄絵図だよ」
青い金魚 : ありん「種族が滅びそうになったゴキブリですね」
青い金魚 : ありん「女性化する自然ってやつですね」
赤道斎 : マックス「カズとかケンなら女性化も自然だな」
HAPOHAPO : エリカ「ケンとカズはいけるかも(ん)」
zophyel : ダイスケ「絶対大股広げて椅子に座るんだぜ」
青い金魚 : ケン「ユニ★★★★とフェミニン難しい問題だ」
赤道斎 : エリカ「あら、簡単よ。みんなあたしのものでしょ
HAPOHAPO : ピピン「もう早い話が女になっちゃえ!」
zophyel : ダイスケ「『どっこいしょ』とか言ったり頭かいた
zophyel : り」
赤道斎 : ダイスケ「…セシリア、家でやってないか?」
zophyel : ダイスケ「てか、メシ屋でやるなセシとクー」
HAPOHAPO : セシ「いえじゃランシャツに枝豆ビールだ」
赤道斎 : クー「相手の誘導尋問に引っ掛かるんじゃない!」
HAPOHAPO : ケン「ていうか胸が苦しい(あれ)」
zophyel : ダイスケ「心不全か?」
赤道斎 : マックス「ほーれほーれ、さっきの布だぞ~」
zophyel : ケン「(昏倒)」
HAPOHAPO : カズ「・・・ぅう股間が・・・ない(あせ)」
赤道斎 : エリカ「あら、願いを叶えてくれる女神さまが…」
zophyel : カディエ「呼んだ?}
青い金魚 : エリカ「カディエさんって・・・
青い金魚 : 「プレイ中うるさいから黙ってて!」
zophyel : カディエ「失礼ね。男にするわよ」
HAPOHAPO : セシ「女性化ホルモン激毒を散布したわ」
赤道斎 : エリカ「そしたら更年期障害も解消ね、セシリアさ
赤道斎 : ん」
zophyel : ダイスケ「男でも更年期障害はあるぞ」
HAPOHAPO : ダイスケ「対応できない雄はどうなるんだ?」
赤道斎 : セシリア「もちろん、絶滅しちゃうのよ」
zophyel : ダイ「ほほう。ということは、ケンは成仏するのか
HAPOHAPO : セシ「全身から出血と激痛の後に壮絶死するわ」
赤道斎 : エリカ「ケン~、しんじゃヤダ~(わーん)」
zophyel : カディエ「ああ、ダイジョブジョブ」
赤道斎 : カディエ「ほら、もう効果が出始めてる…」
青い金魚 : (うつトマ全部トマミ記録更新中)
HAPOHAPO : カディエ「ケンはほらもうなってるでしょ(ん)」
赤道斎 : (どまい(かなし))
zophyel : カディエ「効果がなくてもオカマになるだけだから
赤道斎 : マックス「どれ」ぎゅっ!…すかっ」
HAPOHAPO : ケン「ぃやん(はーと)なにするの!」
赤道斎 : マックス「あっ、これは失礼しましたっ!」
zophyel : ピピン「気持ち悪いからヤッパ元に戻して」
青い金魚 : (はじめてトマ成功したよ!)
赤道斎 : (おめー(拍手))
青い金魚 : (><)
HAPOHAPO : (おめー(拍手))
青い金魚 : (生きててよかったです^^)
赤道斎 : セシリア「解毒ってどうするの?カディエ」
HAPOHAPO : カディエ「・・・・あれをすることよ」
赤道斎 : ごにょごにょ…
zophyel : カディエ「はいコレ座薬型解毒剤」
赤道斎 : セシリア「誰か、ケンに…あたしは嫌よ」
HAPOHAPO : ケン「俺が断る!」
zophyel : ピピン「自分でやんなさいよ」
赤道斎 : セシリア「他に方法は?」
zophyel : カディエ「じゃあコレ。男性化薬」
赤道斎 : カディエ「でも揮発性高いから吸入に気をつけてね
zophyel : カディエ「あ」
赤道斎 : ぽろっ、ガシャン!
zophyel : クー「ば、ばかーーーーーー
HAPOHAPO : ミンティ「体が熱い~(あれ)!!!」
zophyel : で。
赤道斎 : ミンティ「箒に乗ると股間が痛いぜ」
HAPOHAPO : セシ「パンヤ島から幼女がいなくなったわ」
zophyel : エリカ「ふっふっふ。時代はBLだな」
赤道斎 : エリカ「なんてコトしてくれたのよ~(わーん)」
赤道斎 : (なしで)
HAPOHAPO : ケン「しかもみんなダイスケみたいだわ}
zophyel : ダイスケ「まさに地獄絵図」
赤道斎 : エリカ「クー、ミンティ、ティッキー、ロロ…さよ
HAPOHAPO : エリカ「おい!この島におっさんは俺だけでいい!
赤道斎 : うなら(かなし)
zophyel : マックス「カディエもん、解毒剤はまだか?}
HAPOHAPO : カディエ「見事に芸人かしたわね」
赤道斎 : カディエ「あれがこっちでこれがこうなって(あれ)」
zophyel : カディエ「下剤ならあるけど、いる?」
HAPOHAPO : マックス「外でエリスケとダイスケの決闘だぜ」
zophyel : ケン子「もうなにがなにやら」
HAPOHAPO : エリカ「俺の方が早いぜ☆抜きな!」
青い金魚 : (時間がないw)
赤道斎 : ダイスケ「ふん、早漏野郎か。もっと我慢しろよ」
zophyel : ダイスケ「うむ」と、バズーカ砲をセット。
赤道斎 : (がんばれー)
zophyel : (なしで)
HAPOHAPO : BAN!BAN!BAN!
zophyel : セシリア「ばたんきゅー(あれ)」
赤道斎 : ダイスケの腹で弾かれた玉がセシリアを襲った!
zophyel : そしてダイスケはセシリア
zophyel : を撃っていた(ひょえ)
HAPOHAPO : クースケ「セシスケが逝ったぞ!」
zophyel : カズ「もうムチャクチャだな」
赤道斎 : カディエ「あら、何であなたは変化してないの?」
HAPOHAPO : カレン「もともと両性なの」
赤道斎 : カズ「いいかげんなこと言うな。中和されたんだよ
HAPOHAPO : るーすけ「ついにワイの天下や!」
zophyel : カレン「どっちもついてた方が面白いでしょ」
赤道斎 : ケン「幼女にしか効かないんじゃないのか、この薬
赤道斎 : ?」
zophyel : カディエ「よっしゃでけたで解毒薬」
HAPOHAPO : ティッキー「ご苦労さん。ほなさいなら」
zophyel : カディエ「でも全員分はないわ」
赤道斎 : ミンティ「あああ、あたし一つ貰ったーっ」
zophyel : カディエ「あ、コラ飛びつくなー!」
赤道斎 : どん!ぽろっ…
zophyel : 一同「「あっ」」
HAPOHAPO : ガシャーン!
zophyel : カディエ「・・・作り直しに1週刊かかるよ」
青い金魚 : おまたせしましたー
赤道斎 : ピピン「何で錠剤かカプセルにしねえんだよ」
青い金魚 : ぜえぜえ
赤道斎 : ((ぐっど))
青い金魚 : (あ、失礼しました;)
zophyel : カディエ「んじゃ、一週間男女入れ替わりでヨロシ
zophyel : ク
HAPOHAPO : マックス「ドルフが人間化しとるぞ(あせ)」
zophyel : カディエ「あり?」
赤道斎 : U田「臨時メンテしないと評判がた落ちだな」
zophyel : そして直るのに1ヶ月かかったとさ


------------ キリトリ -----------


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23452875.jpg


この大会後、タコポイントが49でした…


次回のお題は「永遠のセシリア」です。

元ネタは「18禁異世界召喚シミュレーションゲーム(@Wiki)」。
後日談を描いた番外編に「スピたん」というのがあるそうな…
[PR]
by sekidousai | 2009-07-04 23:53 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「私の小さなたからもの」by 赤道斎

今日は無理矢理ちょっとだけ早く帰ってスタンバイ。(でも30分前)
コースは暫くぶりのWhite Wiz。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
zophyel : ケン「あれー? どこいった???」
赤道斎 : ルーシア「うふふ、これで九つ…」
zophyel : ケン「ひとんちで何してんだよルーシア(あせ)」
スピスタ : ルーシア「宝探し」
赤道斎 : ルーシア「宝石あるところ、ルーシアあり、よ」
zophyel : ケン「俺のサイコロ知らないか?」
スピスタ : ルーシア「知らない」
赤道斎 : ケン「透明なガラス製の綺麗なやつなんだが」
zophyel : ケン「水晶、紫水晶、黄水晶のはあったんだが」
赤道斎 : ルーシア「えっ、ダイヤじゃないの?これ」
スピスタ : ケン「持っているじゃないか!」
zophyel : ケン「てか、そんな勿体無いことしないよ」
赤道斎 : ルーシア「あたしの眼力も落ちたのかしら」
zophyel : ケン「宝石といえばクーなんかひどかった」
スピスタ : ケン「何かあったのか?」
赤道斎 : ルーシア「なんかこう、嬉しくないのよ」
zophyel : ケン「嬉しいってなんだよ」
lilith_sakura : ルーシア「ヒットがそんなにないから」
スピスタ : ケン「言いたいことが分からない」
赤道斎 : ケン「てか、それで俺の所を荒らしに来たのか」
zophyel : ケン「そんなに宝石が転がってるわけないだろ」
lilith_sakura : ルーシア「金目のものはあるでしょ?」
zophyel : ケン「例えばこの琥珀だが」
赤道斎 : ルーシア「だって匂ったんだもん。さあ出せ!」
zophyel : ケン「ジ○ラシックパークの小道具の模造品w
赤道斎 : ルーシア「え~、虫入りなのに?」
zophyel : ケン「そこがいいんだ」
スピスタ : ケン「中の虫もニセ物だし」
zophyel : ケン「第一、ゴージャスな宝といえば海賊だろ」
lilith_sakura : ルーシア「気持ち悪い」
赤道斎 : ルーシア「クーはガードが堅いから面倒なの」
zophyel : ケン「難儀なヤツだな」
スピスタ : ケン「まるっきり、盗賊のクセに」
赤道斎 : ルーシア「ね~えケン。イイコとしてアゲルから
赤道斎 : さぁ」
zophyel : ケン「あとは・・・この指輪くらいか」
lilith_sakura : ルーシア「指輪?」
赤道斎 : ルーシア「ルビーかしら」
zophyel : ケン「世界に稀なブルーダイア」
スピスタ : ケン「付けてみな」
zophyel : (レッドダイアに変更(ひょえ))
赤道斎 : ルーシア「付けたら外さないわよ?」
lilith_sakura : ケン「別にいいぞ」
zophyel : ケン「指にはまったらな」
赤道斎 : ルーシア「…何これ、ちいさ~」
スピスタ : ケン「頑張れ!」
lilith_sakura : ルーシア「小指でギリギリじゃない」
zophyel : ケン「まあ、、5才用だものなw」
赤道斎 : ルーシア「ケン、重度のロリコンなんだ(あせ)」
スピスタ : ケン「人聞きの悪いことを言うな!」
zophyel : ケン「妹の形見だそれは」
lilith_sakura : ケン「ちなみにそれ不幸しかこなくなるからな」
赤道斎 : ルーシア「身内の不幸が楽しいなんて、鬼畜ね」
zophyel : ケン「妹は現在元気に生存中だ」
スピスタ : ルーシア「妹なんていたの?」
zophyel : ケン「まあ一応」
赤道斎 : ルーシア「…(想像中)」
スピスタ : ルーシア「何か鳥肌が立ってきた」
zophyel : ルーシア「想像不可(諦めた)」
赤道斎 : ケン「どんな想像をした!(いかり)」
zophyel : ルーシア「リトル女逆毛?」
赤道斎 : ケン「可愛いじゃないか」
スピスタ : ルーシア「何処が?」
lilith_sakura : ルーシア「ありえない髪型じゃない」
zophyel : ルー「それに、生きてるんなら形見とは言わない気
zophyel : が」
赤道斎 : ケン「だって、パンヤ島に来ちゃったからな、俺」
lilith_sakura : ケン「ある意味冥界だろ?」
zophyel : ルー「それってむしろ、ケンが形見を渡さないと」
スピスタ : ルーシア「酷い言いようね」
赤道斎 : ケン「どうやって届けろと」
スピスタ : ルーシア「ピピンに頼めば?」
赤道斎 : ケン「送るものより送料が高く付きそうだ」
zophyel : ルー「で、リングを取り替えれば使えそうコレ」
lilith_sakura : ルーシア「キスの一回ぐらいならやってくれるでs
赤道斎 : ケン「それを未来永劫ネタにされるぞ」
スピスタ : ルーシア「それもまた良し」
zophyel : ルーシア「有難く頂いていくわね(はーと)」
赤道斎 : ケン「呪われてしまえ」
zophyel : ルーシア「ダメ?」
lilith_sakura : ケン「早速不幸が舞い降りるぞ」
スピスタ : ルーシア「何処に?」
赤道斎 : ケン「それでもいいなら持ってけ。その代わり…」
zophyel : ケン「あによ」
スピスタ : ルーシア「何かの呪文?」
赤道斎 : ケン「俺にも一つ、宝物をくれないか」
lilith_sakura : ルーシア「じゃあ乳歯あげる」
スピスタ : ケン「そんなの要らん!」
zophyel : ケン「それはファンプレゼントにでもしとけ」
スピスタ : ルーシア「じゃあ、ヘソの緒」
zophyel : ケン「ええいやめんか」
lilith_sakura : ルーシア「デビュー当時の衣装は?」
赤道斎 : ケン「俺に着ろと?」
zophyel : ケン「それこそ大事にとっとけよ(あせ)」
スピスタ : ルーシア「以外と可愛いかもね」
lilith_sakura : ルーシア「あとは、メガネかしら」
zophyel : ケン「レイバンというやつだな」
赤道斎 : ケン「そうじゃなくてな、ほら、ちっちゃくて柔ら
赤道斎 : かくて…」
スピスタ : ルーシア「何それ?」
zophyel : ルーシア「わかった。ブタのしっぽ(ひょえ)」
スピスタ : ケン「違うわ!」
赤道斎 : ケン「う~、鈍い女だなあ」
zophyel : ルーシア「ちなみに下着の類はダメダメよ」
スピスタ : ケン「俺は変態か?」
赤道斎 : ケン「違います。こう、形には残らない、あの…」
zophyel : ルー「男なら はっきり言おう 堂々と」
スピスタ : ルーシア「ほら、さあ!」
赤道斎 : ケン「もういいです(かなし)」
zophyel : ルー「なによハッキリしないなあ」
スピスタ : ルーシア「そんな事じゃモテないぞ?」
lilith_sakura : ルー「ぬるぬるしてないでさっさと言う!」
zophyel : ルーシア「キスのひとつもしたことなさそうね」
赤道斎 : ケン「持てたら必要のないものなんだよっ」
スピスタ : ルーシア「あらら、逆ギレしたわね」
zophyel : ルーシア「まあまあ、落ち着いて」チュ(はーと)
赤道斎 : ケン「!」
スピスタ : ルーシア「あら?顔が真っ赤だよ?」
zophyel : ルーシア「まさか、マジ?」
赤道斎 : ケン「…わるいかよ」
lilith_sakura : ルーシア「これはこれは・・・(にやにや)」
zophyel : ルーシア「や、図星とはね☆」
スピスタ : ケン「そんな顔で俺を見るな!」
zophyel : ルーシア「けど問題がひとつ」
赤道斎 : ルーシア「大丈夫。ピピンには黙っててアゲルから
スピスタ : ケン「…そんなの関係ない」
zophyel : ルー「そう? だったら」第二、第三打(ひょえ)
赤道斎 : ケン「ヤメロ~、せっかくの感動が…あう」
zophyel : ルー「かわいー(わら)」
スピスタ : ルーシア「もっと苛めたくなるわね」
lilith_sakura : ケン「マジで簡便願いたい」
zophyel : ルー「これでピピンが見てたら修羅場かな」
赤道斎 : ケン「修羅場になんか。だってもうピピンとは…」
スピスタ : ケン「何でそうなる?」
スピスタ : (私の無しで)
zophyel : ピピン「ほほぅ。もう、ナニ?w(般若)」
lilith_sakura : ルーシア「ん~?これはこれは」
赤道斎 : ルーシア「もう済んでる、ってことかしら?」
zophyel : ピピン「たのしそーねぇ、ケ・ン?」
スピスタ : ケン「さあな」
赤道斎 : ピピン「もう止めなよ、そんなこと。ね?ケン」
lilith_sakura : ケン「だが分かれるきっかけができてよかったのか
zophyel : ケン「ところで、どこから見てた?」
スピスタ : ピピン「ルーシアが侵入する所から」
zophyel : ケン「最初からやないけ!」
赤道斎 : ルーシア「あら、先客がいたなんて気付かなかった
スピスタ : ピピン「宝は先にニセ物に取り替えて置いたよ」
lilith_sakura : ケン「ご苦労なことで」
赤道斎 : ルーシア「とんでもない守護者がいたのね」
スピスタ : ピピン「本物は私が持っている」
zophyel : ピ「それに、ケンの宝物は、私でしょ(ういんく)
赤道斎 : ケン「ピピンのだけじゃ駄目なんだ」
lilith_sakura : ケン「なんかこーなんというかー」
スピスタ : ルーシア「どうしたの?」
zophyel : ピピン「ケンはロマン追いすぎ」
赤道斎 : ケン「全ての唇は俺の宝物じゃ~っ、ていうか」
スピスタ : ルーシア「は?」
zophyel : ピピン「そんな甲斐性もない癖に(わら)」
lilith_sakura : ケン「ちょっと言ってみたかっただけです」
スピスタ : ルーシア「うわ、耳の先まで真っ赤」
赤道斎 : ルーシア「でもさっき一つ増やしたじゃない」
lilith_sakura : ケン「そうだな」
zophyel : ピピン「言い馴れないことはするもんじゃないわ」
赤道斎 : ルーシア「ところで最初の一個目は誰の?」
スピスタ : ケン「ノーコメント」
zophyel : ケン「カディエさんとか」


------------ キリトリ -----------
ルーシアメインで考えていましたが、なにやらケンが純情で可愛い感じになったので結果満足だったり。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_2328106.jpg



次回のお題は「対立の男女」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-07-02 23:31 | 1行リレーパンヤ物語杯

月が変わって

 ちょっとばかり仕事に余裕が出来てきました。
 といっても相変わらず残業と仕事の持ち帰りが続いているわけですが、ひとまず昼休みの休憩は確保できそう。

 ということでちょこっと散策。某水処理場にて。

 花はちっちゃいのが好き。

f0116056_23175576.jpg

f0116056_23181650.jpg


 あじさいだって小さい花のかたまり。これはちょっと変わっていて普通に見られるかたまりにならないタイプのよう。

f0116056_23173835.jpg


 まさか汚泥とかから出る有害物で変化した  なんて事はないはず。たぶん。


 そして市役所傍の本丸公園のお堀にて。

f0116056_23203046.jpg


 雛、デビュー!
[PR]
by sekidousai | 2009-07-01 23:22 | 日常



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧