赤道斎の隠し部屋

<   2009年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

本日のお題「幻の大技」by 赤道斎

今日も月曜日なので駄目かと思ったけど、zophyelさんが滑り込みセーフ。
コースはLost Seawayでした。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : (nihonngo ni hennkann dekinakknatta)
スピスタ : (あらら)
赤道斎 : (なおったー(はくしゅ))
赤道斎 : ピピン「もうちょっとだよ、頑張ってケン!」
zophyel : ダイスケ「おんみょうだん   を   くらえ!!
スピスタ : ケン「もうダメだ」
赤道斎 : ピピン「ダイスケなんかに負けちゃいやよ~」
zophyel : ダイスケ「おれの    かち   だな」
スピスタ : ケン「うぉ、まぶし」
赤道斎 : ピピン「まだ!ケンはまだ負けないの!」
zophyel : ケン「ダイスケ、落ちながら打ってやがる・・・」
スピスタ : ケン「一体どうなっているんだ?」
赤道斎 : ピピン「どうやらダイスケの後ろに誰か居るようね
lilith_sakura : ダイスケ「まだやるのかい?」
zophyel : ダイスケ「これが   おれの   まぼろしの 
zophyel : おうぎ   だ」
赤道斎 : セシリア「はい、『扇』」
スピスタ : ケン「ここは突っ込んだら負けなんだろうな」
zophyel : ケン「しかしなんで片言なんだ」
lilith_sakura : ダイスケ「気にした時点で負けだ」
赤道斎 : ピピン「こっちも何か大技を出さなきゃ」
zophyel : ケン「普通に喋れるじゃん」
スピスタ : ケン「大技ねぇ」
zophyel : ケン「実力行使?」
赤道斎 : ピピン「勇者の子孫なんだから何かあるでしょ」
スピスタ : ケン「無い」
赤道斎 : ピピン「(ちっ、使えない奴め)」
zophyel : ケン「というか、あれだけはやりたくない」
スピスタ : ピピン「何かあるんだ」
zophyel : ケン「いや、断じてない」
赤道斎 : ピピン「ねぇねぇ~ん、教えてよ~、ね~え~」
zophyel : ケン「笑うからヤダ」
スピスタ : ピピン「笑わないよぉ」
赤道斎 : ピピン「腹に顔描いて裸踊りでも笑わないよぅ」
zophyel : ケン「じゃあ、チョット待ってて」
赤道斎 : ごそごそ…
lilith_sakura : ケン「こんなんでました」
赤道斎 : ピピン「…(あせ)」
スピスタ : ピピン「手品?」
zophyel : ケン「宴会奥義、『ゴスロリ女装』」
赤道斎 : ピピン「それのどこが大技じゃ~~っ!」
スピスタ : ピピン「…帰れ!」
zophyel : ケン「脛毛も処理済なんだぞ」
赤道斎 : ピピン「その格好でダイスケに抱きついたら認めて
赤道斎 : あげる」
lilith_sakura : ケン「それを見たいのならやるが」
スピスタ : ピピン「見たいぞ」
zophyel : ケン「ダイスケとセシリアには効果絶大みたいだが
赤道斎 : ダイスケ&セシリア「(すき)」
zophyel : ちら(はーと)
スピスタ : ピピン「向こうから抱きついてきそうだな」
赤道斎 : ケン「ちょっと貞操に危機を感じるが」
スピスタ : ピピン「楽しそうでいいじゃないか」
zophyel : ダイスケ「お嬢さん、お食事でもいかがですかな」
スピスタ : ピピン「私はパス」
lilith_sakura : ケン「エンリョシマス」
zophyel : ダイスケ「いや、ピピンじゃなく」
赤道斎 : セシリア「何と遠慮深いお嬢さんなのかしら」
zophyel : ケン「イヤ俺男だから」
スピスタ : ダイスケ「またまた冗談を…」
zophyel : セシリア「欠点は誰にでもあるわ」
lilith_sakura : ケン「あんたの目は大丈夫か?」
赤道斎 : ピピン「…技ですまなくなってきたわね」
スピスタ : ピピン「ある意味クリティカルだけど」
zophyel : セシリア「この際オトコノコでもオッケー」
赤道斎 : ダイスケ「そうそう、ウインナ付いててもオッケー
スピスタ : ピピン「見境までなくなってきたか」
lilith_sakura : ケン「俺逃げるわ、全力で」
zophyel : ケン「だからヤだったんだよ」
スピスタ : ピピン「ダメ!」
赤道斎 : ダイスケ「逃げられないよ、結界張ってあるから」
zophyel : ケン「何ゆえ」
スピスタ : ダイスケ「愛故に」
zophyel : セシリア「アルザはダメよ(はーと)」
lilith_sakura : ケン「こうなったら両羽の剣つかうしかないか」
赤道斎 : ピピン「何をするつもり?」
zophyel : ケン「申告でU田さんカムヒアーっ!!へるぷみー」
スピスタ : しかし、返事はなかった
赤道斎 : ケン「くそっ、また膝枕で寝てるな」
lilith_sakura : U田→[タバコタイム]
zophyel : ケン「誰でもいいから助けて~(わーん)」
赤道斎 : ピピン「本当に心からあたしを想ってくれたら…」
lilith_sakura : マックス「ぽーー!!!」
zophyel : クー「どうした?」
スピスタ : ケン「だからって、マックスかよ!」
赤道斎 : ピピン「なによ、良いところに二人もっ!」
スピスタ : ピピン「強制転送!」
zophyel : クー「その前に助けてくれ」
赤道斎 : ピピン「あんたまで面倒見てらんないよ」
lilith_sakura : マックス「俺のハートがぼるけいのぉぉぉ~」
zophyel : クー「エリカに秘技萌え落としを使ったら襲われた
スピスタ : ピピン「自業自得」
zophyel : クー「マックスもアリンに『ジゴロ』を使ったらし
zophyel : い」
lilith_sakura : クー「効果は見てのとおりだ」
スピスタ : ケン「お前ら…」
zophyel : エリカ・アリン「「ふーふーふー(すき)」」
赤道斎 : ピピン「エリカとアリンを相手にするからよ」
lilith_sakura : クー「あ、猛獣が近づいてきた」
ピピン : 危ないかも・・・。
スピスタ : ピピン「諦めなさい」
zophyel : エリカ・アリン「「あら、可愛らしいオトコノコ」
赤道斎 : ケン「げっ、着替え忘れてた」
lilith_sakura : ケン「これはもう逃げるのは無駄だな」
zophyel : アリン「この際ハーレムもいいかしら」
スピスタ : エリカ「それはさせないわ!」
赤道斎 : ダイスケ「そのハーレム、待った!」
zophyel : エリカ「ここここはみみんなの所有物って事で」
スピスタ : ケン「俺は俺の物だ!」
zophyel : エリカ「かわいい~(はーと)」すりすりごろごろ
赤道斎 : アリン「あーら、独り占めはダメよ」
lilith_sakura : ケン「こうなったら・・・萌えころすしかないか」
赤道斎 : ケン「クー、お前の技を教えてくれ!」
スピスタ : クー「ケンに出来るか?」
zophyel : クー「『ら、乱暴に、しないで・・・おねえちゃん』」
lilith_sakura : エリカに精神的ダメージ
赤道斎 : ケン「男を捨ててもやってやる…(かなし)」
zophyel : ケン「『い、痛いのはいやだよ?』」
スピスタ : ピピン「やって貰おうじゃないか」
赤道斎 : ダイスケ「痛いのは最初だけ。さ、力を抜いて…」
lilith_sakura : ケン「『初めて・・・なの』」
zophyel : セシリア「優しく教えてア・ゲ・ル」
スピスタ : ピピン「完全に墓穴を掘ったな」
zophyel : マックス「今のうちに逃げよう」
赤道斎 : エリカ「この場合、掘ったじゃなくて掘られたね」
lilith_sakura : ケン「もうこれでもいいかなって・・・」
赤道斎 : ピピン「だめーっ、諦めちゃダメ~っ!!」
zophyel : アリン「マックス様には首輪をご用意しました」
赤道斎 : マックス「わんわんお(はーと)」
lilith_sakura : アリン「首輪という麻のロープを・・・」
zophyel : アリン「秘伝『飼い殺し』ですわ」
スピスタ : ピピン「向こうも凄いことになってきたな」
zophyel : エリカ「ところで、ピピンは何か大技、ないの?」
赤道斎 : ピピン「あるけど…」
zophyel : エリカ「可愛いのがいいなあ(ひょえ)」
lilith_sakura : ピピン「これを使ったら地球崩壊よ」
zophyel : エリカ「ここ地球じゃなくてパンヤ島だし」
赤道斎 : ピピン「そっかー。じゃ、使ってみよっか」
lilith_sakura : ピピン「のあーのはこぶね~」
zophyel : エリカ「つまんなかったら、『愛でる』」
赤道斎 : ピピン「あっ、だめっ、呪文が…あっあっあっ」
スピスタ : クー「決まったな」
lilith_sakura : ピピン「島がわれちゃうよ」
zophyel : エリカ「というわけで、ピピンも愛でちゃう
zophyel : (はーと)」
赤道斎 : ピピン「死なば諸共~!」


------------ キリトリ -----------
来るべきアリンのモーション変化アイテム、並びにせっかく揃えたセルデザ使用ということでエリカ以外の女の子達を使い始めたのですが、ルーシアの胸の揺れを見る度「これ、やっぱりシリコンだろ」と偽乳疑惑を深める赤道斎でした。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23313742.jpg



次回のお題は「○○写真集」です。
「ミャアちゃん官能写真集」って知ってる~?
[PR]
by sekidousai | 2009-05-11 23:33 | 1行リレーパンヤ物語杯

これで一番のセルデザ衣装持ちはルーシアに

 昨日、SS掲示板で売り出し中のウーロン・レイさん作エリカ用スパッツを購入してきました。

http://www.pangya.jp/fan_sbbs_view.aspx?seq=10428

 セーラー服にスパッツという組み合わせはちとなんだなーと思ったので、うちのエリカではこれを半ズボンと見なしてピンクタンクトップと組み合わせてみました。

f0116056_22451232.jpg


 正面から見ると確かにスパッツなんですが、横から見ると構造に因る制限からやっぱりスカート。上手なデザインと塗りのおかげで短パンにも見えます。

 やっぱりもう何パターンか元となる白衣装を実装して欲しいですな。特にロングスカート!



 一昨日昨日はさらにルーシアの衣装も購入。それも3着。

f0116056_2253448.jpg

f0116056_22533418.jpg

f0116056_22535878.jpg


 フリルいっぱい。露出は抑え気味なのもいいです。

 作者は(てんし)ぷるりさん。所属するクラブのクラマスさんのブログにて一緒に紹介なさっているそうです。

「LOVE HEAVEN(LH)へようこそ♪」
http://ameblo.jp/loveheaven-t/

 家主さんであるとしあき(ほし)や同居人の(はーと)猫のあさんも露店で良くお見かけする作者さん。
 PPがあったら購入したいのですが…
[PR]
by sekidousai | 2009-05-10 23:02 | パンヤ

本日のお題「モッチ理論」by HAPOHAPO さん

9日ぶりの大会、今日のコースは財布に嬉しいIce Cannonでした。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : カディエ「ふぅ、これで理論は完成ね」
HAPOHAPO : ケン「長かったな」
zophyel : ティッキー「もっち、待ちなさい!!}
スピスタ : ミンティ「本当に?」
赤道斎 : エリカ「その理論聞いて、もっちが逃げちゃったよ
スピスタ : カディエ「何が不満なのかしら?」
zophyel : カディエ「まあ、ここにミンティのもっちが」
赤道斎 : ケン「だってその理論だともっちが絶滅…
zophyel : カディエ「もっちを使うとお肌がモチモチつるつる
スピスタ : カディエ「あら、そんなこと無いわよ?」
zophyel : に」
赤道斎 : エリカ「もっちの養殖研究もしてたわね」
スピスタ : カディエ「当然じゃない」
zophyel : カディエ「もっちは体にいいのよ」
赤道斎 : ケン「でもちょっと可哀想だな」
HAPOHAPO : ケン「パンヤショットにおける惜しいショットがだ
HAPOHAPO : な・・」
zophyel : カディエ「別に食べるわけじゃないわよ」
スピスタ : エリカ「でも、もっちは怯えているね」
HAPOHAPO : ケン「モッチの構成要素を生み出すんだ」
赤道斎 : ケン「なにしろ搾り取るからな」
lilith_sakura : カディエ「ちょっとだし湯を作るだけよ」
zophyel : カディエ「ちょっとお風呂に入れるだけよ」
赤道斎 : エリカ「でもその大鍋、バスタブには見えない…」
zophyel : ケン「グツグツ煮立ってるな」
スピスタ : カディエ「エリカも入ってみる?」
lilith_sakura : エリカ「かまゆでじゃないんだから
赤道斎 : ケン「美少女の釜ゆで…想像しちゃった」
zophyel : カ「それか、もっちで体を洗うかなんだけど」
HAPOHAPO : カディエ「もっちを40℃でいただくと豊乳に・・
スピスタ : ケン「もっと嫌がっているぞ」
lilith_sakura : エリカ「やりすぎると変な団体動くよ?」
赤道斎 : エリカ「そりゃスポンジみたいに柔らかくて気持ち
zophyel : クー「ほう、いいことを聞いたな」
赤道斎 : いいけど」
スピスタ : クー「もっちを大量捕獲だ」
赤道斎 : カディエ「言っとくけど豊胸効果はないわよ」
zophyel : しかし、既にミンティのもっちも逃走していたり
赤道斎 : ケン「養殖もっちはまだダメなのか?」
スピスタ : カディエ「色々難しいわね」
zophyel : カディエ「実用化にはまだまだかかるわ」
赤道斎 : と、失敗もっちを取り出す。
HAPOHAPO : ダイスケ「ふぃ~肌がスベスベつるつるだわぃ」
zophyel : クー「気持ち悪いな」
lilith_sakura : カ「これ使うと副作用があるのよね」
スピスタ : ケン「どんな?」
赤道斎 : カディエ「ほら、ダイスケの頭をご覧なさい」
HAPOHAPO : カディエ「強力な女性ホルモンが出る」
zophyel : ケン「ロンゲ・・・(げー)」
スピスタ : エリカ「ダイスケの胸も…」
lilith_sakura : ダイスケ「ふふふふふ・・・
赤道斎 : カディエ「…あたしよりは小さいわね」
zophyel : ティッキー「お姉ちゃんが生活費使い込むから」
lilith_sakura : カディエ「200万ぐらい稼げるでしょ」
赤道斎 : エリカ「男性には使って欲しくないなぁ」
zophyel : ミンティ「ぜーんぶシルバーコインになっちゃった
スピスタ : ケン「メッキが剥がれたか」
lilith_sakura : カ「その売り上げもうちにくるから 」
zophyel : カディエ「とにかくモッチを捕まえないと」
赤道斎 : クー「もっち一匹捕まえたら幾らだ?」
スピスタ : ケン「クーがピピンみたいになってきたな」
zophyel : カディエ「豊胸薬10年分」
lilith_sakura : クー「微妙・・・」
赤道斎 : エリカ「10年経ったらそれなりに育つものねぇ」
zophyel : カディエ「背が伸びる薬もつけるわ」
スピスタ : ケン「育たなかったら?」
赤道斎 : エリカ「一部の男性が喜ぶでしょうね」
HAPOHAPO : カディエ「そういう需要はあるものよ」
lilith_sakura : クー「ステータスとかいって生きるかな」
zophyel : カディエ「アリンのエキスだから効くと思うけど」
赤道斎 : ケン「そのエキス、どうやって採取したんだ」
スピスタ : カディエ「あそこで」
lilith_sakura : カディエ「お風呂の残り水よ」
赤道斎 : ケン「残り湯…」
HAPOHAPO : ケン「先生なんだかいい香りがします(すき)」
zophyel : ミ「(あれってマックスさんちだったんじゃ)」
赤道斎 : カディエ「飲んだり入ったりしちゃダメよ」
スピスタ : ケン「なんで?」
lilith_sakura : カ「バクテリア飲みたいの?」
zophyel : カディエ「気の毒・・・もとい、倫理上」
スピスタ : エリカ「どんな理論なのよ…」
zophyel : カディエ「なにはともあれ、いざ捕獲~」
赤道斎 : 一同「「(低調に)お~」」
lilith_sakura : クー「んでどこにいるんだ?」
スピスタ : カディエ「さあ?」
赤道斎 : クー「探知機とか無いのかよ~」
zophyel : ティッキ「お願い、もっち、諦めて出てきて~」
赤道斎 : ミンティ「あたし達の生活のためなの~」
スピスタ : カディエ「早く出てこないともっと酷いわよ?」
zophyel : ティッキー「今日のお米代もないのに」
lilith_sakura : もっち(僕らには生きる権利ないのか)
赤道斎 : クー「!  殺気!!」
zophyel : エリカ「ハッ(ひょえ)」
スピスタ : ケン「そこか!」
赤道斎 : しかしそこにあったのはもっちアイス。
zophyel : クー「ちっ。囮か」
スピスタ : ケン「じゃあ、俺が戴こう」
赤道斎 : と手を伸ばして掴もうとした瞬間…
zophyel : すったかたったったー♪
スピスタ : ケン「本物じゃないか!」
zophyel : クー「ええい小ざかしい!」
赤道斎 : と大砲を取り出す。
スピスタ : しかし、あっという間に逃げられた
zophyel : エリカ「せっかくクゥちゃんを洗ってあげようと
zophyel : 思ってたのに(ひょえ)」
赤道斎 : カディエ「殺してはだめよ。効果がなくなっちゃう
赤道斎 : わ」
スピスタ : クー「面倒だな」
lilith_sakura : カディエ「生きてないとだめだから」
赤道斎 : ダイスケ「とりもち使うか。”とりもっち”とか言って
赤道斎 : てな」
スピスタ : 当たりは一瞬で凍り付いた
zophyel : ルーシア「何してるんですか?」
スピスタ : (当たり→辺り)
赤道斎 : ケン「その胸に何か隠してませんか?」
zophyel : ルーシア「ああ、これ?」
HAPOHAPO : ダイスケ「偽乳疑惑もあるしな(ぐらさん)」
スピスタ : ルーシア「メロンなら、って何言わせるのよ」
zophyel : ルーシア「もっちが逃げてきたの。二人」
赤道斎 : エリカ「で、そこの中にかくまった、と?」
zophyel : ルーシア「野犬にでも襲われたのかしら?」
赤道斎 : ケン「ある意味野犬よりたちが悪い奴だ」
スピスタ : ルーシア「私が見つけた時はもう…」
zophyel : ルーシア「なんにせよ、はいどうぞ」
赤道斎 : しかし手渡されたのは柏もっち。
zophyel : ルーシア「ありゃ?
スピスタ : ケン「また偽装か!」
lilith_sakura : ルーシア「さっきまでいたのに?」
zophyel : ケン「どれ、かじってみるか(ひょえ)」
赤道斎 : かぷっ(はーと)
スピスタ : ケン「うん、美味い」
HAPOHAPO : ぁん(はーと)
zophyel : ルーシア「やん(はーと)」
赤道斎 : エリカ「なんであんたが変な声上げるのよ、ルーシ
赤道斎 : ありがとうございました(ぺこ)
赤道斎 : お疲れ様でした(ぺこ)
赤道斎 : あ」
赤道斎 : (誤爆の連チャン…)
zophyel : ルーシア「なんとなく」
スピスタ : (なぜにそこでマクロ誤爆w)
HAPOHAPO : ケン「うに?(まじ)カプッカプッ!」
zophyel : ルーシア「あーん、やんやん(はーと)」
スピスタ : エリカ「いい加減にしなさい!」
zophyel : ルーシア「ノリが悪いな~」
赤道斎 : カディエ「むー、私の理論とかなり異なってきたわ
HAPOHAPO : 見るとさっきのかしわモッチの3/1サイズがある。
HAPOHAPO : (誤爆1/3)
スピスタ : ケン「計算ミスなんじゃないか?」
lilith_sakura : ケン「・・・・やっぱ偽?」
zophyel : ケン「まあいいか。かぶー」
HAPOHAPO : クー「可愛らしいな(にや)。ぱくっ」
赤道斎 : エリカ「こっちの1/3は微乳用かしら」
HAPOHAPO : エリカ「やぁん(はーと)」
zophyel : エリカ「クーちゃんとケンったら、関節キス?」
zophyel : (間接でした(ひょえ))
赤道斎 : ケン「ってか、お前も偽乳…」
zophyel : クー「ってか、動いてないか?}
スピスタ : カディエ「殺したらダメだって言ったでしょ」
zophyel : ミンティ「・・・ということは」
赤道斎 : クー「かみ殺してなんかいないよ」
zophyel : もっち二名、瀕死の重傷で、ひくひく。
赤道斎 : ティッキー「あたしのもっち~っ(わーん)」
スピスタ : エリカ「もっち絶滅?」
HAPOHAPO : ケン「あ、ルーの2倍の柏モッチがあるぞ」
zophyel : カディエ「治療してから早速エキスをとりましょ
赤道斎 : クー「交配させるほうが先なんじゃないか?」
lilith_sakura : ミンティ「もっち殺し!」
zophyel : カディエ「だから死にゃしないって」
HAPOHAPO : ケン「大げさだな(まじ)。パクパク」
lilith_sakura : ケン「ん?なんか硬い」
スピスタ : エリカ「これは終わったかな?」
zophyel : エリカ「あ」
赤道斎 : クー「ああっ、なんかもっちが青く硬くなってきた
lilith_sakura : ケン「気のせいか?鉄の味が・・・」
HAPOHAPO : ケン「しかも干し柿みたいだ」
lilith_sakura : (なしで)
zophyel : カディエ「大変。早くしないと」
HAPOHAPO : セシリア「ぁん(はーと)」
スピスタ : エリカ「南無」
赤道斎 : と大鍋に放り込む。
zophyel : ケン「おい」


------------ キリトリ -----------


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23223549.jpg



次回のお題は「幻の大技」です。

イメージの元になったのはHAPOHAPOさんのイラスト
http://www.pangya.jp/fan_ibbs_view.aspx?seq=2072

「カレイドスター」で幻の大技を決めるそらとレイラさんの姿にダブって見えたので。
関連する25話と26話はこちらでお試しください。出来れば最初から全てを!
<25話>
http://dougaclub.seesaa.net/article/101380189.html
<26話>
http://dougaclub.seesaa.net/article/101380223.html

<全て>
http://dougaclub.seesaa.net/article/101382242.html
[PR]
by sekidousai | 2009-05-09 23:36 | 1行リレーパンヤ物語杯

今日の大会もお休み

日本標準時20:15(NICT日本標準時HPによる校正済み)において3人しかいなかったので大会は順延です。

お題はそのまま「もっち理論」。






関係ないけど「水島理論」という名のキャラ、知ってるあなたは竹本泉のファンですね?
[PR]
by sekidousai | 2009-05-07 23:24 | 1行リレーパンヤ物語杯

村上名物「鮭の酒浸し」

 この4日間、毎夕飲み会で干された鮭のごとくしこたま飲んでました。
 おかげで帰った頃にはもうブログの更新どころか定期巡回サイトも覗かない始末。


 そして日中は実家の仕事と併せて色々と厄介ごとも片付けてました。


 防犯用カメラの設置や更新。これは楽。でも二日酔いで脚立に上がるのはちょいと怖い。

 ばあちゃんのお見舞い。その後、親戚とのはらわたが煮えくりかえるような話し合い。腹の探り合いもついでにやります。

 「PCの調子悪い~」の往診依頼。症状は起動時間がやたら長くなったとのこと。実際デスクトップが表示されるまでに5分以上かかるというありさま。
 聞けばとあるネットワーク機器をアンインストールする際、指定された手続きを経ずに直接、エクスプローラとレジストリエディタで関係して「いそうな」部分を削除したそうな。共有設定とかはもちろん既定値に戻さずに。
 バックアップはないので最初からリカバリーしようとしたら光学ドライブは不調。リカバリCDは読まないし、外付けUSBストレージもアクセス不可。
   メーカーサポートに送ってちょ。


 その他諸々、そのうちアップするかもしれません。愚痴ばっかりになりそうですが。
[PR]
by sekidousai | 2009-05-05 23:56 | 日常

この会社はダメだ

 昨日、とある荷物を送ったとメールが届きました。そこには発送日時と共にネットで荷物の配送状況を調べるための問い合わせ番号が記載されていました。
 大手宅配業者なので通常は本日届くはずであり、確かにネットで確認すると「2009年05月01日 ○○店から配達に出発致しました」と表示されているのです。


 しかし、いつまで待っても来ない。


 一応配達時間の最終となる21時まで待ちましたが来る気配は無し。
 不在連絡票はどこにもないので日中、家人が不在中に来たとも思えない。
 電話で問い合わせようにも電話対応は19時にて受け付け終了。今回みたいに何か問題が起こっても連絡の取りようがないのです。

 ヤマト運輸や日通はもちろん、あの郵便局だって配達時間帯中はもちろん、その後でもほぼ24時間態勢で電話による応答だけはしてくれます。



 それにしてもこの運送業者、問題ありすぎ。


 メール便と飛脚便は別の配送体制だ(だから問い合わせ電話をたらい回しさせられる)と言うのですが、実際には同じ配達員がどちらも持ってきます。管理上層部は現場の行動を知らないようです。

 不在連絡票も置いていかない事は日常茶飯事。「必ず置いていくよう指導します」の回答を何度聞いた事か。

 今の世の中、宅配を装った犯罪も起きています。だから事前に電話で到着時刻を連絡してくれと言っても、再配達オペレータから配達員に全く伝わっていない。他の業者だと(不在宅にいちいち登っていきたくない、ドア前で待たない分の時間短縮という向こうの事情もあるのでしょうが)向こうから電話で確認してから来てくれるのに。

 近所迷惑だから止めてくれと言っても止めないドア叩き。配達員に直接言っても次にはもう忘れてバンバンバン!

 他の運送業者に比べてもただでさえ早く配達受付を打ち切る上にその配達時間も結構ルーズ。その点、郵便局(ゆうパック)は日通と業務提携してから大いに改善されましたね。



 こんな佐川急便、なんで発送側の受けが良いの?
[PR]
by sekidousai | 2009-05-01 22:06 | 日常



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧