赤道斎の隠し部屋

<   2009年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

クシャン!ズズズズ…

 てな感じで風邪をひいてしまいました。鼻水が止まりません。
 しかし仕事を休む余裕もなく、運転しなきゃならないから風薬を飲むわけにも行かず、ポケットティッシュを一杯持ち歩いての外回りでした。

 でもその甲斐あって色々と観て撮れましたが、頭がもう写真をまとめてUPするには限界なので明日以降と言う事で。


 (連絡:一行物語杯には出席できると思います)

 
[PR]
by sekidousai | 2009-04-10 23:47 | 日常

本日のお題「君に、胸キュン。」by 赤道斎

今日も氷系のIce Spa。暖かいと言うより熱い日でしたから、気分的には丁度良いですね。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
zophyel : ケン「どうした? 顔が紅いぞ???」
スピスタ : ケン「風邪か?」
赤道斎 : カズ「いや、可愛いな~、とおもってさ」
zophyel : ケン「ゾッ」
赤道斎 : カズ「安心しろ。お前じゃない」
スピスタ : ケン「だよな」
zophyel : カズ、ケンのうなじをひとなで
赤道斎 : カズ「はああぁ…これじゃ満足できない」
スピスタ : ケン「これは悪夢か?」
zophyel : ケン「カレン、何の病気だ?}
赤道斎 : カズ「あの髪をなでたいなぁ」
スピスタ : カレン「私にもサッパリ」
zophyel : ケン「カツラか?」
赤道斎 : カズ「ちがう!ルーシアの事だ」
zophyel : カレン「(般若)」
赤道斎 : カズ「黙ってりゃ可愛いのになぁ…」
zophyel : カレン「(鬼婆)」
赤道斎 : カズ「仕方ないからカレンのでも撫でるか」
スピスタ : カレン「お断りです」
zophyel : しかも幽体なので、スカッ
赤道斎 : カズ「そうだよな。触れないし。しくしく…」
スピスタ : カズ「やっぱり、ここはケンか」
赤道斎 : さわっ
HAPOHAPO : ケン「まってくれ。カレンを実体化しようよ」
zophyel : ケン「ふむ、ここになぜかC.Cカツラが」
赤道斎 : カレン「だれか依り代になってくれますか?」
スピスタ : ケン「俺はヤダぞ」
赤道斎 : カレン「こちらこそ男なんてお断りです」
zophyel : カズ「マックスとダイスケはパスな」
スピスタ : ケン「注文の多い奴だな」
赤道斎 : ケン「ルーシアに頼めばいいじゃないか」
zophyel : で。
赤道斎 : ルーシア「一日100CPね」
zophyel : ケン「ギャラとるのかよ」
HAPOHAPO : カズ「ピチピチなのか?」
スピスタ : ケン「ヲイ!」
赤道斎 : ルーシア「確かめてみる?うふふ…」
zophyel : カレン「シャー」
赤道斎 : カズ「お試しってことで半日分頼む」
zophyel : ルーシア「はいはい」
スピスタ : ケン「アリなのか…」
赤道斎 : カレン「それがカズの望みなら…」
zophyel : で、すっぽん!
HAPOHAPO : ルーシア「これが私のトレジャーハント(はーと)
赤道斎 : カレン「憑依したんだから引っ込みなさいよ」
zophyel : ルーシア「ちぇー」
HAPOHAPO : ルーカレ「カズ、久しぶりにヴォルシチ作ったげる
zophyel : ?「あ、いたいた」
スピスタ : カズ「なんか違う」
赤道斎 : カズ「で、だれだ?、甘い一時を邪魔するのは」
zophyel : マネージャー「コンサートほったらかしで何してん
zophyel : ですか
スピスタ : カズ「は?」
zophyel : マネージャー「ルーシアさん、ぐずらないで下さい
赤道斎 : ルーシア「(あ、今晩仕事入ってたんだ)」
zophyel : ルーシア「(カレンさん頑張ってね♪)」
スピスタ : マネージャー「今からリハーサル行きますよ」
赤道斎 : カズ「こらこら、俺の女をどうする気だ」
zophyel : 週刊誌記者達「「なにーっ?!」」
スピスタ : マネージャーあ゛ーーー?
スピスタ : (誤爆)
赤道斎 : カズ「これからモフモフサワサワするんだから帰れ!」
HAPOHAPO : 記者「ルーシアさん!どういうことなんですか?!
zophyel : マネ&記者「「これは事件だーっ!!」」
スピスタ : カレン「どうしましょう?」
赤道斎 : カズ「どうしたもこうしたも、払った分だけ楽しむ
赤道斎 : ぞ」
zophyel : ルーシア「まずは清い交際からかな? てへっ」
赤道斎 : 記者「どっちの言い分が本当なのだろうか」
スピスタ : カズ「俺の方だ」
zophyel : ルーシア「私達、恋人ですから(はーと)」
赤道斎 : 記者「ネタになりそうな方を取るか」
zophyel : ルーシア「(・・・とりついてる方が)」
赤道斎 : カレン「でもアイドルも面白そうね」
zophyel : ルーシア「(がんばってね~(わら))」
スピスタ : ケン「これは一体どうなるんだ?」
赤道斎 : カズ「じゃ、俺はヘアコーディネータってことで」
zophyel : ケン「歌うカレンか(ただし体はルーシア)」
赤道斎 : ルーシア「(ちょっと歌ってみてよ)」
HAPOHAPO : カズ「なんか偽乳だという噂があるんだが・・・」
赤道斎 : カレン「あら、ヌーブラですね」
スピスタ : カズ「何だそれ?」
赤道斎 : カレン「付けるだけであら不思議、一カップUPよ」
赤道斎 : (らしい)
HAPOHAPO : カズ「横から見るとかなり不自然だぞ(あせ)」
zophyel : ルーシア「(カレンさんの選曲も渋すぎ(あせ)
スピスタ : カズ「これはすぐにバレるな」
zophyel : しかし。
赤道斎 : 記者「パンヤ島の歌姫が、これはどうした事だ」
zophyel : 一同「「「いつもより上手い!!!」」」
HAPOHAPO : 記者「しかも流し眼が可愛い(すき)」
zophyel : ファン「とても初々しい!!」
HAPOHAPO : おっかけ「あの脚で踏まれたい(すき)」
スピスタ : ルーシア「(これは拙いかも)」
zophyel : 一同「キミに胸キュンです~」
HAPOHAPO : ルーカレ「ナウなヤングに馬鹿受けよ」
スピスタ : カズ「いつの時代だよ…」
zophyel : カズ「さすがにそれは・・・」
赤道斎 : ケン「一生憑依させとけば。みんなが幸せになれる
赤道斎 : よ」
HAPOHAPO : ケン「80年代ホイホイってとこじゃね?」
スピスタ : 記者「年齢詐称?」
zophyel : ルーシア「(無事にコンサート終わったけど・・・
赤道斎 : カズ「なんだなんだ、なんでみんな付いてくる?」
HAPOHAPO : 記者「一皮むけたわね」
zophyel : 一同「「「(すき)」」」
赤道斎 : カズ「一皮剥くと幽霊(カレン)が出てくるぞ」
スピスタ : ケン「それはそれで面白そうだな」
zophyel : 一同「「「ルーちゃーん☆(はーと)」」」
HAPOHAPO : プロデューサ「ゴーストか・・・使えるな(むふ)」
赤道斎 : カレン「はぁ~い(はーと)」
zophyel : ケン「で、半日経った訳だがどーすんの」
HAPOHAPO : カズ「おれはこのままでもいい気がしてきた」
赤道斎 : カズ「だから延長…したいがCPがない」
zophyel : ルーシア「じゃ、仕方ないわね」
スピスタ : ケン「なんだかカレンの方が人気みたいだしな」
赤道斎 : カレン「他の人に憑依して独立しましょう」
zophyel : ルーシア「一から修行のやり直しよ~(わーん)
赤道斎 : ケン「(ぼそっ)才能…」
スピスタ : ルーシア「キーーーー!!!」
zophyel : ケン「ってか、他の人って誰?」
HAPOHAPO : カズ「いい体してるんだがなぁ・・・」
赤道斎 : カレン「あそこ通る人もいい体してるわよ」
zophyel : アリン「はい?」
スピスタ : セシリア「プロポーションなら負けないわ!」
HAPOHAPO : ケン「ババァーン!」
赤道斎 : カズ「どっちも偽乳じゃなさそうだし(すき)」
zophyel : パンヤ!(わら)
HAPOHAPO : ケン「ルーシアのとりえって何なのよ?」
赤道斎 : カズ「…ちょっとまて。今考える」
スピスタ : ケン「ヲイヲイ」
HAPOHAPO : カズ「まず、色気だろ・・・」
zophyel : ルーシア「歌って踊れるもん(いかり)」
スピスタ : ケン「カレンの方が上…」
赤道斎 : ケン「踊るならピピンだって踊るぞ」
HAPOHAPO : カズ「海賊の娘や、バーサンだって歌って踊るぜ」
zophyel : ルーシア「現役のプロだもん、プ・ロ!!」
スピスタ : セシリア「バーサンって誰のことかしら?」
赤道斎 : ルーシア「それにプロポーション抜群!」
スピスタ : アリン「あらあら…」
zophyel : カズ「こめかみは止めてこめかみは・・・」
HAPOHAPO : カズ「早く猫耳を実装してくれ」
スピスタ : ケン「カズのか?」
zophyel : ケン「そういえばカズはスカート持ってたよな」
赤道斎 : ルーシア「あたしの存在意義って…そうだ!」
スピスタ : ルーシア「トレジャーハントじゃない!」
HAPOHAPO : カズ「いってらっしゃい」
zophyel : ルーシア「宝石を狩りまくるわ!」
赤道斎 : ケン「ちがうだろ!ルーシアの意義はぱんつ!これ
赤道斎 : しかないっ!」
zophyel : ルーシア「えっち(あせ)」
スピスタ : カズ「最低の男だな」
zophyel : ケン「そんなキミにキュンキュン(はーと)」
赤道斎 : ケン「鼻の下が伸びてるぞ、カズ」
HAPOHAPO : カズ「短いな(むふ)」


------------ キリトリ -----------
ヌーブラについては見た事はもちろん触った事もありません。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23252099.jpg



次回のお題は「リタイアしてもいいですか?」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-04-09 23:27 | 1行リレーパンヤ物語杯

これだってスギナにとっちゃ花みたいなもの

 桜満開の便りが各地から聞こえてきますが、春は桜だけではありません。上だけでなく、下も向ぅいてあ~るこぉおよ。

f0116056_233921100.jpg


 今年初めてツクシを見ました。去年はもっと早く見つけていたのに。
 それよりツクシの生息域が狭くなってきているような気がします。


f0116056_23405595.jpg


 柔らかなレモン色も春らしくて素敵。


f0116056_23411235.jpg


 でもやっぱり今の時期は桜ですな。つかの間の盛りですし、楽しんでおかなきゃ。


f0116056_2342018.jpg


 夕方の雷雨に濡れた桜。もう雨は上がっていると思って上向いたら、霧のような雨が残っていました。
 でも半月前のような冷たさはありません。濡れて帰ろうという気になる暖かさ。カメラにゃ毒なのでこれ以上は目に焼き付けて帰りました。
[PR]
by sekidousai | 2009-04-08 23:43 | 日常

一昨日、3mの斜め風でポロンと入ったよ

HIROMI@.comさんの新作はいつものクレリックエリカではなくクー。

「PAR3、風1mの奇跡 ><b」
http://www.pangya.jp/fan_ibbs_view.aspx?seq=1999

ピンク髪で左右のお下げは長くない。なにかすご~くひねたような諦めきった眼差し。




「瀬戸の花嫁」の江戸前留奈でしょう、これ。




でも可愛いからいっか。
[PR]
by sekidousai | 2009-04-07 00:30 | パンヤイラスト・SS

買っていないのはセシリアのだけになった

 土曜日にちょっと頑張ったので、早速PP握りしめてセルフデザイン露店に突撃です。


 まずはエリカの春物から。

f0116056_23552165.jpg


 COKULIさん作の「ふわひら」と名付けられた上下セットです。あまり派手でない、やんわりした桜色が日本の春らしく思えます。
 夏でも暑苦しさは感じないんじゃないかな。

 COKULIさんのセルデザカタログはこちら。
「モモリコ」
http://ameblo.jp/cokuli/
 

 お次はルーシアの衣装二点。

f0116056_005976.jpg


 まずはxx綺乃xxさん作のゴスロリワンピ。ワンピと言っても上下別なんですが、セルデザの仕様は難儀ですな。
 フリルとリボンが多用されていて、作るのは大変だったでしょう。お腹の赤丸は日の丸?


f0116056_054679.jpg


 お次はてぃん子さんの胸を強調したキャミソールとレースのカーディガンからなるアンサンブル。スカートは入手できなかったのできりえ♪さんのを履かせていますが、ジュエリングスカートでもいいかな。




 そしてまた素寒貧に  
[PR]
by sekidousai | 2009-04-07 00:14 | パンヤ

本日のお題「素直になれない」by スピスタ さん

今日は何とか時間切れ2秒前に大会開催が成立!
コースはまたIce Cannonでした。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : クー「だからあっちがいいんだってば!」
スピスタ : ケン「またかよ」
zophyel : クー「ほらはやくはやく!」
赤道斎 : エリカ「走っちゃダメだって。転ぶよ~」
zophyel : どべっ
スピスタ : クー「大丈夫だって」
赤道斎 : エリカ「言ったこっちゃない。大丈夫?」
スピスタ : クー「…痛くないもん」
赤道斎 : べそべそ…
zophyel : ケン「ほら、ハンカチ」
赤道斎 : クー「いらん!大丈夫だって言ってるだろ」
zophyel : ちーん!!
スピスタ : ケン「コラ!」
赤道斎 : クー「痛みじゃない、花粉症だ花粉症」
zophyel : ケン「今日は一体どうしたんだ?」
スピスタ : ケン「あー、ほら血が出てる」
赤道斎 : エリカ「絆創膏はったげる」
lilith_sakura : クー「大丈夫だっての!」
赤道斎 : エリカ「破傷風は怖いのよ」
スピスタ : ケン「反抗期か?」
zophyel : クー「オコサマ扱いするな!」
赤道斎 : エリカ「どう見てもお子様じゃない」
lilith_sakura : クー「馬鹿にしやがって!」
zophyel : クー「ふんだ」
赤道斎 : ケン「解った解った、じゃ、先に行くぞ」
zophyel : クー「あっ・・・」
スピスタ : エリカ「早く来なさいね」
zophyel : クー「あっ、あっ・・・}
赤道斎 : エリカ「大人のクーちゃんならすぐ追いつくでしょ
zophyel : クー「・・・」
lilith_sakura : クーマジ泣き10秒前
赤道斎 : ケン「あ、まずい…」
zophyel : ピピン「あれ? どしたん、チビッ子(わら)」
スピスタ : クー「ちびっ子じゃない!」
赤道斎 : クー「みんな・・・・・嫌いだ~っ!」
zophyel : バタバタバタ~
スピスタ : ケン「あー、行っちゃった」
lilith_sakura : ピピン「なに泣いてんのあいつ」
zophyel : エリカ「全力ダッシュ・・・するよねえ」
赤道斎 : ピピン「ん~、一体何があったの?」
スピスタ : エリカ「トドメ差したね」
赤道斎 : ケン「実はかくかくしかじか」
zophyel : ピピン「ふーん」
lilith_sakura : ピピン「やっぱガキだね~」
zophyel : ケン「というわけで、なだめてこいよ」
スピスタ : ピピン「私が?」
赤道斎 : ピピン「あら、あたしのせい?」
zophyel : ケン「トドメ刺したんオマエやんけ!」
赤道斎 : エリカ「でも私たちもちょっと言い過ぎたし…」
スピスタ : ピピン「その前は?」
zophyel : ケン「さ、探しに行くか」
赤道斎 : エリカ「全力ダッシュのクーに追いつくかしら」
lilith_sakura : ケン「大砲でもうってこなければいいけどな」
zophyel : ピピン「今頃海の中じゃね?(ひょえ)」
赤道斎 : エリカ「縁起でもない事言わないの!」
スピスタ : ケン「ピピンは置いていこう」
zophyel : ピピン「あーん、ウソウソ」
赤道斎 : エリカ「余計な事言わない?」
スピスタ : ピピン「多分」
zophyel : ピピン「不本意ながら」
赤道斎 : ケン「この口、どうやって塞ごうか」
zophyel : ピピン「いらんことしいは二人が先でしょ」
スピスタ : エリカ「ガムテープ?」
赤道斎 : ピピン「ケンの口で塞いで(はーと)」
zophyel : ケン「クリストファーJi
zophyel : (誤爆)
zophyel : ケン「クリストファーJに頼むか」
赤道斎 : エリカ「どんなエサで釣ってくれるっていうのよ」
スピスタ : ケン「大砲?」
lilith_sakura : ケン「対戦車ミサイルとか?」
zophyel : ピピン「おーい、話題をすりかえるな~」
赤道斎 : エリカ「クーちゃんが女の子って忘れてない?」
スピスタ : ケン「普段が普段だからな」
zophyel : ケン「色気より食い気だろ」
赤道斎 : ピピン「クー、不憫な娘(しょぼ)」
lilith_sakura : ケン「薔薇でも送れって言うのか?」
スピスタ : ケン「本気で思っているか?」
zophyel : 一方その頃。
赤道斎 : クー「ぐしぐし、ふんふん、ち~~ん!」
zophyel : ダイスケ「ひとの腹で顔を拭くな!」
lilith_sakura : クー「うーーー
赤道斎 : ダイスケ「仕方ないなあ。泣きやむまで待つか」
スピスタ : クー「うー…」
zophyel : ダイスケ「やれやれ、どうしたんだ元気娘が」
赤道斎 : クー「なんでもないやい」
lilith_sakura : クー「ちくしょー」
zophyel : ダイスケ「・・・そうか」
スピスタ : ダイスケ「じゃあ、そう言うことにしておくか」
赤道斎 : クー「…ちょっとは聞かんかい」
スピスタ : ダイスケ「聞いて欲しいのか?」
zophyel : ダイスケ「言いたいのなら止めないぞ」
赤道斎 : クー「独り言。ちょっとだけ…」
zophyel : ダイスケ「ああ。いいとも」
スピスタ : クー「ぶつぶつ…」
赤道斎 : ダイスケ「ふうん」
zophyel : クー「かくかく・・・」
赤道斎 : ダイスケ「ほほう」
スピスタ : クー「しかじか…」
zophyel : クー「ぐしぐし・・・」
赤道斎 : ダイスケ「そういうことか。なるほどな」
lilith_sakura : クー
zophyel : ダイスケ「それは三人が悪いな」
lilith_sakura : クー「馬鹿にして・・・馬鹿に・・・」
赤道斎 : ダイスケ「でも、お前もちょっと悪いぞ」
zophyel : クー「・・・」
スピスタ : ケン「おーい?」
zophyel : クー「(びくっ)」
赤道斎 : ダイスケ「お前、二人の行為に素直に答えたか?」
赤道斎 : (好意、ですな)
lilith_sakura : クー「・・・あぅ」
zophyel : ダイスケ「心底ほんとに三人が嫌いか?」
赤道斎 : クー「(ううん)」
スピスタ : ダイスケ「じゃあ、どうして欲しい?」
zophyel : クー「・・・一緒にいたい」
赤道斎 : ダイスケ「じゃ、今みたいに思いっきり甘えてみな
スピスタ : クー「ぅー…」
zophyel : ダイスケ「なに、大丈夫さ」
赤道斎 : ダイスケ「それとも恥ずかしいか?」
zophyel : クー「(こくり)」
スピスタ : ダイスケ「なに、恥ずかしいのは最初だけさ」
赤道斎 : ダイスケ「実際、こうして俺に甘えられるだろ」
zophyel : ダイスケ「仲直り、しておかないと後悔するぞ」
赤道斎 : クー「許して…くれるかな?」
スピスタ : ダイスケ「大丈夫さ」
zophyel : ダイスケ「みんないいヤツだからな」
スピスタ : ダイスケ「それに、さっき探していたみたいだぞ?
zophyel : ダイスケ「クーの事を好きだからだぞ?」
lilith_sakura : クー「おまえ本当にダイスケか?」
スピスタ : ダイスケ「…何が言いたい?」
zophyel : ダイスケ「一応人生の先輩だぞ」
赤道斎 : クー「まあいい。解った!行ってくる!」
zophyel : ダイスケ「そうだ、ガンバレ」
lilith_sakura : クー「だが普通にいきにくいなぁ」
スピスタ : セシリア「こういう時だけ先輩気取りね」
赤道斎 : クー「その前に…ありがとな」ちゅっ(はーと)
zophyel : セシ「あ、ちょ#」
スピスタ : クー「じゃーね」
zophyel : セシリア「ダイスケさん、ちょっとお話が・・・」
lilith_sakura : ダイスケ「俺にはないな」
赤道斎 : ダイスケ「それともお前?やきもちか(ひょえ)」
スピスタ : セシリア「…もういいです!」
zophyel : ダイスケ「って、そのクラブは何だ、ギゃー!!」
赤道斎 : セシリア「…でも、格好良かったわよ」
スピスタ : セシリア「今は台無しだけどね」
lilith_sakura : ダイスケ「そういいながら1Wはやめてくれ」
zophyel : ダイスケ「殴る前に言ってくれ」
赤道斎 : そしてこちらはみんなを探すクー。
スピスタ : セシリア「問答無用!」
zophyel : ケン「・・・なんか断末魔が聞こえたような」
スピスタ : エリカ「気のせいじゃない?」
lilith_sakura : ピピン「楽しそうな声じゃなかった?」
赤道斎 : クー「…ぉ~ぃ」
zophyel : ケン「とりあえず探そうぜ」
スピスタ : ケン「今何か聞こえなかったか?」
zophyel : クー「・・・ぁのぅ」
赤道斎 : ケン「ん~、虫の声かなぁ~」
lilith_sakura : クー「・・・逆毛」
スピスタ : ケン「なんだコラ!」
zophyel : クー「(ぴくり)」
赤道斎 : エリカ「ケンったら、大人げないんだから」
lilith_sakura : クー「あ、その、あ・・・・・・ごめん」
zophyel : ケン「・・・む」
スピスタ : エリカ「まあ、こっちも悪かったしね」
zophyel : ピピン「アタシは巻き添え~」
lilith_sakura : クー「(´・ω・`)ショボーン」
スピスタ : エリカ「あんたはトドメ」
zophyel : ケン「さ、もう行こうぜ」
赤道斎 : クー「あたいも…一緒に?」
スピスタ : ケン「当然だろ」
zophyel : ケン「スペシャル大判焼きが食いたいといったのは
zophyel : 誰だ」
赤道斎 : エリカ「早くしないと売り切れるよ」
スピスタ : クー「そう言えば、お腹空いた」
zophyel : ケン「アンコ増量のがいいんだろ?」
赤道斎 : く~~~
lilith_sakura : クー「いくど~!」
zophyel : ピピン「・・・で走ってこけるなよ~」
赤道斎 : ケン「お前のお腹は態度以上に素直だな」
スピスタ : クー「ほっとけ!」
zophyel : クー「ふ~ん、だ♪」
スピスタ : クー「とにかく喰うぞ!」
lilith_sakura : クー「(よし、もうすぐだ!!)」
赤道斎 : ぼてっ!
lilith_sakura : グキッ!
zophyel : 三人「ぅおいっw」
スピスタ : ケン「今変な音がしたぞ?」
赤道斎 : クー「足いたーい、おんぶしてって~」
zophyel : クー「あいたたた・・・立てない」
lilith_sakura : ピピン「あ~変な方向むいてるね」
zophyel : エリカ「病院が先だね」
スピスタ : クー「そんな~」
zophyel : エリカ「お、お見舞いに持ってったげるから、ね?」
赤道斎 : クー「スペシャル大判焼き~っ(わーん)」


------------ キリトリ -----------
ダイスケとクー。
最初の頃はダイスケの腹にクーがしがみついている感じ。
クーが落ち着いた頃はダイスケの胡座にクーが座ってうなだれている感じ。
最後の方はダイスケの胡座の上、下からクーがダイスケを振り仰ぐ、といったイメージを浮かべてました。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23242534.jpg



次回のお題は「君に、胸キュン。」です。

YMOの原曲もいいのですが、今回はこちら。
「【まりあ†ほりっくED】君に、胸キュン。」


パンヤに関係ないけど、「まりあ†ほりっく」の作者、遠藤海成さんは「クリア・クオリア」の作者さんだったんですね。二巻扉絵のドロシーの瞳と髪と表情が好き。



本家版はこちら

[PR]
by sekidousai | 2009-04-06 23:31 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「叡智の光だ!」by zophyel さん

本日はPP二倍日。ちょうど良くコースはIce Cannon。
でも稼げるとは限らない…

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
赤道斎 : クー「ひー、ふー、みー…」
スピスタ : エリカ「何数えているの?」
zophyel : クー「ちょっと買い物を・・・」
スピスタ : エリカ「何か買うの?」
zophyel : クー「ひ、秘密だ!!」
赤道斎 : クー「な、なんでも。たいした物じゃないんだ」
スピスタ : エリカ「むー、怪しいなぁ」
zophyel : カディエ「クーちゃん」
赤道斎 : クー「わっ、いきなりびっくりしたぁ(びっくり)
zophyel : カディエ「どっちにするか決めた?」
スピスタ : クー「うーん…」
赤道斎 : エリカ「カディエさんには話してあたしには秘密?
HAPOHAPO : クー「だってカディエはほら、あれだから」
zophyel : カディエ「そりゃあ、背と胸・・・」
スピスタ : エリカ「どういう意味かな?」
赤道斎 : クー「ほらあれだ、年だけに人生経験だけは豊富…
zophyel : カディエ「薬は出来てるから」
スピスタ : クー「本当か?」
赤道斎 : エリカ「薬?何の?カディエさんに頼んだの?」
zophyel : カディエ「私ってほら、天才だから」
赤道斎 : エリカ「クーちゃんったら命知らずな…(あせ)」
HAPOHAPO : クー「魔法を科学するんだよね」
スピスタ : クー「何とでも言ってくれ」
zophyel : カディエ「叡智のカディエと呼んで頂戴」
赤道斎 : カディエ「エッチのカディエでしょ、その衣装じゃ
スピスタ : エリカ「何かに合わない通り名ね」
zophyel : カディエ「で、どっちを買うの?」
HAPOHAPO : クー「ティッキーが歳考えてって言ってた」
赤道斎 : カディエ「どっちも売らない事にしよう」
zophyel : クー「あー、うそうそ冗談」
スピスタ : クー「今の無し無し」
HAPOHAPO : カディエ「ルーシア型かアリン型か?」
赤道斎 : エリカ「(でんき)ははあ、解った」
スピスタ : クー「悩むんだよなぁ」
zophyel : クー「動物実験はすんでるんだろうな?」
赤道斎 : カディエ「あそこにマックスがいるでしょ?」
スピスタ : クー「それがどうかしたのか?」
赤道斎 : カディエ「胸をよくご覧なさいな」
zophyel : エリカ「・・・胸が4つ付いてない?」
スピスタ : クー「げっ!」
HAPOHAPO : (なんという暴風)
赤道斎 : カディエ「上がアリン型、下がルーシア型よ」
zophyel : クー「混ぜるな!」
スピスタ : クー「き…、キモイ」
HAPOHAPO : クー「もっと分かりやすい実験例がほしい」
スピスタ : カディエ「まさに混ぜるな危険だったわね」
赤道斎 : カディエ「百聞は一見にしかず、まあ飲んでみなさ
zophyel : クー「たとえば・・・」エリカをちらり
赤道斎 : いな」
スピスタ : エリカ「ん?私が何?」
赤道斎 : クー「エリカももうちょっとくらいほしいだろ?」
zophyel : クー「飲んでみてw(たいよう)」
スピスタ : エリカ「余計なお世話よ!」
赤道斎 : エリカ「クーちゃんみたいに不足してないし」
スピスタ : クー「不足言うな!」
zophyel : クー「つべこべいわずに飲め!」ぐびぐび
赤道斎 : エリカ「ああっ、熱い。体が熱いの…」
スピスタ : クー「ほうほう…」
HAPOHAPO : エリカ「ら、らーめん食べたい・・」
スピスタ : クー「はあ?」
赤道斎 : カディエ「あら、体質に合わなかったようね」
zophyel : クー「だがすごい効果だな。はちきれそうだ」
スピスタ : クー「お腹がな」
zophyel : カディエ「あら?」
赤道斎 : エリカ「こんなダイスケみたいな…いや~っ!」
zophyel : クー「コレ、本当に大丈夫なのか?」
スピスタ : カディエ「多分…」
HAPOHAPO : カディエ「この脂肪が行くべきところへ移動するの
赤道斎 : クー「行かなかったら?」
zophyel : カディエ「ごらんの有様」
HAPOHAPO : カディエ「まぁみてなさい」
スピスタ : エリカ「しくしく…」
赤道斎 : もこもこ、むにゅむにゅ、うぞうぞ…
zophyel : エリカの腹の脂肪が胸に強制移動
HAPOHAPO : クー「胸の中身って脂肪なの?」
スピスタ : カディエ「あら、知らなかったの?」
赤道斎 : クー「女体の神秘だ」
zophyel : カディエ「半分は違うけど、そのうち変化するの」
HAPOHAPO : クー「年を経るとどうなるのかな?」
赤道斎 : カディエ「持ってないものね、知らないのも無理な
赤道斎 : いか」
スピスタ : エリカ「その前に私を何とかして…」
HAPOHAPO : クー「どれ、もみもみ」
zophyel : カディエ「乳腺細胞が発達する薬効付きよ」
赤道斎 : エリカ「ああっ、そんなに強くしちゃダメっ」
zophyel : カディエ「平たく言うと母乳が出るわ」
スピスタ : エリカ「イヤ~~~~」
赤道斎 : クー「…ママ…」
zophyel : んく、んく、んく・・・
スピスタ : エリカ「こら、飲むな!」
HAPOHAPO : カディエ「見せられないぉ(ひょえ)」
zophyel : カディエ「で、買うの? 買わないの?」
赤道斎 : クー「ん~、いくら?」
スピスタ : カディエ「1億PP」
zophyel : カディエ「一日一回分15cp」
赤道斎 : クー「高いよ、もっと負けてよ~」
スピスタ : カディエ「開発費が入っているからね」
赤道斎 : クー「エリカ、一緒に買おうよ」
zophyel : カディエ「セットだと2割引でオトク」
スピスタ : クー「もう一声!」
赤道斎 : カディエ「うーん、3セットなら4割引こう」
zophyel : クー「よし買った!」
スピスタ : カディエ「毎度あり~」
赤道斎 : エリカ「でも私はもう飲んじゃってるよ」
zophyel : カディエ「どんな乳も思いのままですぜダンナw」
スピスタ : エリカ
スピスタ : (誤爆)
赤道斎 : カディエ「それに試供品は効果が一日だけなの」
スピスタ : エリカ「これは試供品だったんだね」
zophyel : クー「というわけで、憧れのアレが!」
赤道斎 : カディエ「で、どっちの型にするか決まった?」
スピスタ : エリカ「憧れの何?」
HAPOHAPO : クー「あたいアリン型にした(まじ)
赤道斎 : エリカ「あたしの飲んだのはどっちなのかしら」
zophyel : エリカ「・・・まあ聞かなくても分かるか」
スピスタ : カディエ「また何かあったらよろしくね」
zophyel : エリカ「メロンというか、スイカみたい・・・」
赤道斎 : カディエ「試供品は私型よ」
HAPOHAPO : セシリア「カディエちょっと」
スピスタ : カディエ「何?」
zophyel : カディエ「若返りの薬は品切れよ」
HAPOHAPO : セ「お嫁にしなさい」
スピスタ : カディエ「はぁ?」
赤道斎 : セシリア「大きさじゃなくて型を何とかしたいのよ
ピピン : 今回カップインすると最高スコア更新ですよ。ファイト!
zophyel : カディエ「矯正下着じゃダメ?」
ピピン : 今回カップインすると最高スコア更新ですよ。ファイト!
スピスタ : セシリア「ダメみたい…」
HAPOHAPO : セ「最近ヒールが外反母趾の・・」
zophyel : カディエ「うーん、これでどう? ルーシア型」
赤道斎 : セシリア「もっと柔らかそうなのがいいな」
スピスタ : カディエ「それは困ったわね」
zophyel : カディエ「まあちょっと待っててね」
赤道斎 : ごそごそ…と、取り出した一本の薬。
HAPOHAPO : カディエ「あの美脚がサンプルにほしい・・・」
zophyel : 取り出したのは【5年前のセシリア型】
スピスタ : そう言って見た先は
赤道斎 : キューマ「ん?何か用か?」
zophyel : カディエ「・・・オモシロイカモ♪」
スピスタ : エリカ「まさか…」
赤道斎 : カディエ「この薬で型を取るのよ」
HAPOHAPO : カディエ「あなたもあれを美しいと思うでしょ?」
zophyel : カディエ「キューマ、コレ飲んでみて」
スピスタ : キューマ「これは何だ?」
赤道斎 : カディエ「黙って飲め!」
zophyel : ぐびぐびぐー
スピスタ : キューマ「うう、頭がフラフラする…」
HAPOHAPO : キューミ「ぃやん(はーと)」
赤道斎 : カディエ「さ、これでちゃんと女性の足になった」
zophyel : みごとに女体化した褐色美女キューマ
HAPOHAPO : セシ「なにこの生きた抱き枕は(ひょえ)?」
スピスタ : エリカ「これはこれは…」
zophyel : カディエ「で、コレをサンプルにセシの薬を作ると
赤道斎 : カディエ「後はお互い切断してくっつけて…」
赤道斎 : (なしで)
HAPOHAPO : クー「なんか不思議の海のナ○ィアだな」
赤道斎 : セシリア「もう、このまま頂くわ(すき)おいくら
赤道斎 : かしら?」
zophyel : エリカ「あー、ずるぅい」
スピスタ : キューマ「こら、俺を担ぐな」
HAPOHAPO : カディエ「もう結婚しちゃいなさいよ」
zophyel : ロロ「ちょーっとまったぁ!」
赤道斎 : セシリア「そう言う事もあろうかと、『婚姻届』~
スピスタ : クー「おーっと、ちょっと待ったコールだ!」
赤道斎 : ロロ「美脚ならあたしだって負けないわよ!」
HAPOHAPO : ロロ「キューマそんなおばさんのほうがいいの?」
zophyel : ロロ「うちの所有物になにしてくれてんのよ」
スピスタ : キューマ「俺の立場は…」
赤道斎 : カディエ「いや、今は私の商品だから」
HAPOHAPO : エリカ「こ、このロロ黒い・・・」
zophyel : ロロ「じゃあ、私が買うわ」
スピスタ : ロロ「真っ黒で悪いか!」
赤道斎 : カディエ「オークション開きましょうか」
zophyel : キューマ「俺は俺のものだ!」
赤道斎 : カディエ「自分で競り落としてからお言いなさい」
スピスタ : キューマ「俺の立場って…」
zophyel : カディエ「ああ、叡智溢れる才能って、ツ・ミ」


------------ キリトリ -----------
パンヤにおける叡智は鶴か蜂か計算機か。いや、それは禁則事項です。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23202770.jpg


パンマス無かった分、クリスタル売っちゃおうか。


次回のお題は「素直になれない」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-04-04 23:24 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「ミンティVSティッキー 双子戦争」by lilith_sakura さん

本年度最初の大会は常連だけでした。
コースは初心に返ってBlue Lagoonです。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
HAPOHAPO : ダイスケ「イタタタタ・・・」
赤道斎 : ミンティ「ティッキーなんて嫌いよ~」
zophyel : ティッキー「ミンティのばかぁ!!」
スピスタ : ダイスケ「何があったんだ?」
HAPOHAPO : ダイスケ「物を投げるのはやめてね」
赤道斎 : ミンティ「ティッキーがね、あたしのふりして…」
zophyel : ミンティ「ケンさんと・・・(だめだ)」
スピスタ : ダイスケ「それは酷いな」
赤道斎 : ダイスケ「だが、それで何で俺にあたるんだよ」
スピスタ : ミンティ「そこにいたから」
zophyel : ティッキー「違うもん!!」
赤道斎 : ダイスケ「理不尽だがティッキー、何か言う事ある
赤道斎 : のか?」
zophyel : ティッキー「ケンさんとは私が先の約束だもん
赤道斎 : ミンティ「うそうそ、私が先だもん」
スピスタ : ミンティ「じゃあ、何で私の振りをするのよ?」
赤道斎 : ティッキー「ぎくり」
lilith_sakura : ティッキー「なんのことよ?」
zophyel : ティッキー「服が全部洗濯してたからよ」
赤道斎 : ミンティ「選択で髪の色まで染めるの?」
赤道斎 : (洗濯で)
スピスタ : ティッキー「たまたまよ」
zophyel : ティッキー「そういう気分だったの」
HAPOHAPO : ミンティ「私が何もわからないはずないでしょ」
赤道斎 : ミンティ「もっちまで眉毛付けて?」
zophyel : ティッキー「み、ミンティだってなによあれは」
スピスタ : ミンティ「何の話し?」
赤道斎 : ティッキー「あたしの衣装、こっそり着てたじゃな
赤道斎 : い」
zophyel : ティッキー「それに、ホテルでディナー&部屋まで」
lilith_sakura : ミンティ「あんたにはわからないことよ」
HAPOHAPO : ミンティ「あなたは一体いつの話をしているの?」
赤道斎 : ティッキー「こないだの新衣装実装の時よ」
スピスタ : ミンティ「あ、あれは…」
zophyel : ティッキー「全部お見通しなんだから」
赤道斎 : ミンティ「なによ、いっぱいあるんだから少しくら
赤道斎 : い…」
zophyel : テ「じゃ、ケンさんとデートしてもいいじゃない」
スピスタ : ミンティ「それとこれは違うでしょ!」
lilith_sakura : ティッキー「かわらないわ」
赤道斎 : ダイスケ「参ったな。で、ケンはなんて言ってる?
zophyel : ティッキー「『あれ? ミンティは一緒じゃないの?
zophyel : 』って」
スピスタ : ティッキー「屈辱よね」
赤道斎 : ダイスケ「そのケンは今どこにいるんだ?」
zophyel : ケン「さっきからここにいるって」
スピスタ : ダイスケ「いたのかよ」
lilith_sakura : ダイスケ「なんでねてるんだ?」
赤道斎 : ケン「最近影がまた薄くなってな」
zophyel : ケン「疲れた」
HAPOHAPO : ケン「ふたりとも喧嘩はやめるんだ」
スピスタ : ティッキー「ミンティ次第ね」
赤道斎 : ミンティ「ケンはあたしの味方よね?ね?」
zophyel : ミンティ「次は私と二回デートでしょ」
赤道斎 : ケン「え?そうだっけ?」
HAPOHAPO : ケン「デートとか君たちまだ早いよ」
スピスタ : ミンティ「この前のあれは遊びだったのね」
zophyel : ティッキー「ふ~ん(はーと)そゆこというんだ」
赤道斎 : ケン「いやいや、実はどっちがどっちだったか…」
zophyel : 双子「「ピキ#」」
スピスタ : ダイスケ「未だに分からないのか?」
HAPOHAPO : ケン「いっそのことここで中の人決めてよ」
赤道斎 : ミンティ「中の人?双子だから一緒よ?」
zophyel : 双子「「じゃ、今夜体に叩き込んであげるわ」」
スピスタ : ケン「叩き込まないで下さい」
赤道斎 : ダイスケ「俺もたたき込んで貰おうかな」
zophyel : ミンティ「スパハンで?」
スピスタ : ダイスケ「酷い奴だな」
赤道斎 : ティッキー「セシリアさんに叩き込んで貰いなさい
赤道斎 : よ」
スピスタ : ダイスケ「それ、シャレにならないから」
zophyel : ダイスケ「青バナでもうやられた」
lilith_sakura : ミンティ「もうやられてるんだ」
スピスタ : ケン「苦労しているんだな」
赤道斎 : ケン「ほう、どんな風に?」
赤道斎 : (なしで)
HAPOHAPO : ミンティ「話をすり替えないで」
zophyel : ダイスケ「地獄の筆記試験全千問」
赤道斎 : ティッキー「ケンは今夜、どっちに叩き込まれる?
スピスタ : ケン「どっちも遠慮します」
zophyel : ミンティ「わたしよね、わたし」
赤道斎 : ティッキー「どっちにするか、はっきり言って!」
スピスタ : ケン「実はもう先客が…」
zophyel : カディエ「コラ」ぽこん!、かつん!
lilith_sakura : ミンティ「うーーー」
赤道斎 : ピピン「ケン~っ、待った~?」
zophyel : カディエ「あれ?」
スピスタ : ダイスケ「どうしたんだ?」
赤道斎 : カディエ「ケンは今夜家に来る事に…?」
zophyel : カディエ「なんでピピンが来るの? ケン」
スピスタ : ケン「実家に帰らせて貰います…」
赤道斎 : ダイスケ「おまえ、色々手を出しすぎだろ」
zophyel : ピピン「今日は腕によりをかけて・・・ありゃ?」
zophyel : カディエ「ここはフリーのオトコが少ないからねぇ
スピスタ : ダイスケ「俺はフリーだぞ」
赤道斎 : セシリア「誰がフリーだって?」
zophyel : ケン「セシリア一択じゃねーか」
赤道斎 : ミンティ「もうっ、若くない人は邪魔!あっちいっ
赤道斎 : て!」
スピスタ : ダイスケ「それは余りにも酷い…」
zophyel : カディエ「じゃあ行きましょうか、ケン」
lilith_sakura : ケン「逝きましょうの間違いじゃ」
赤道斎 : ピピン「若い人同士、あたしといこ、ケン」
スピスタ : ティッキー「何処に行くのよ?」
zophyel : カディエ「ちょっとご休息」
スピスタ : セシリア「お楽しみでしたね?」
HAPOHAPO : ティッキー「今日のために猫耳準備したんだから」
lilith_sakura : ケン「いったいどこへ連れて行こうとしてる」
赤道斎 : ケン「その分俺が疲れるから嫌だ」
zophyel : カディエ「プレス○3があるんだって」
チャット内容が history/chatting/chat005.txtに保存されました。
HAPOHAPO : ミンティ「ケンがお好みのコス選べるようにダーツ
HAPOHAPO : あるよ」
スピスタ : ティッキー「w○iじゃないんだ…」
zophyel : ケン「一体何の話だ」
赤道斎 : ティッキー「ミンティに選べる衣装なんてないじゃ
赤道斎 : ない」
lilith_sakura : ミンティ「またそれをいうの?」
HAPOHAPO : ケン「でもまぁコスプレしてもらうのはやぶさかで
HAPOHAPO : ない」
赤道斎 : ピピン「ケン…そんな趣味が…(あせ)」
zophyel : ミンティ「何も着るだけがコスじゃないんだから」
スピスタ : ティッキー「ケンはそういうの好きなんだ…」
HAPOHAPO : ケン、さっそくダーツを投げる。
赤道斎 : ぷすっ。
スピスタ : ミンティ「床に刺さったね」
HAPOHAPO : ナース的中。
HAPOHAPO : (なしで)
赤道斎 : 床にも何か書かれていた。
zophyel : 【はだかYシャツ】
HAPOHAPO : ミンティ「それじゃケンは裸Yシャツね」
スピスタ : 【ただし、投げた人】
赤道斎 : ケン「俺が着るのかい!」
スピスタ : (私の無しで)
HAPOHAPO : ケン「あぁぁ体が勝手に動く(うる)!!」
zophyel : ケン「ちょっとまて・・・獲物を見る目でこっちを
lilith_sakura : ティッキー「さ、きてもらおうか」
zophyel : みるなあ」
スピスタ : カディエ「あら、これ呪いのダーツね」
HAPOHAPO : ティッキー「・・・きれいな足ね(すき)」
赤道斎 : ミンティ「ケンったら、せくすぃ~(すき)」
zophyel : カディエ「・・・なぜかすね毛までツルツル・・・
スピスタ : カディエ「これは処理しているわね」
赤道斎 : ティッキー「ふっふっふっ、写真いっぱい撮っとこ
zophyel : ピピン「なにを遊んでるのかな・・・(あせ)」
HAPOHAPO : ケン「回避するために早くもう一本投擲!」
赤道斎 : トスッ!」
スピスタ : ダイスケに命中
zophyel : その腹に【十二単】
赤道斎 : ダイスケ「おお、俺を着てくれるのか」
HAPOHAPO : ケン「・・・むさくるしいんだが」
赤道斎 : セシリア「十二単じゃなくて肉襦袢ね」
スピスタ : ケン「腹がぁ…」
zophyel : ピピン「ダイスケとケンの二人羽織・・・」
赤道斎 : カディエ「うらやましいの?あんなの」
HAPOHAPO : ミンティ「私の野望がこのダーツで実現するの?」
赤道斎 : そう言って的に向かって全力投擲!
HAPOHAPO : 白スク水特盛り!に的中
スピスタ : ケン「特盛り?」
zophyel : ミンティ「特盛り?」
赤道斎 : ミンティ「あたしそんなの持ってないよ」
HAPOHAPO : カディエ「これは呪いのダーツよウフフ」
zophyel : カディエ「はい、レッツ特盛肉襦袢でゴー!!w」
スピスタ : ミンティ「肉はイヤ~~~」
HAPOHAPO : ミンティ「きゃぁぁぁぁ胸がぁぁぁぁ」
zophyel : ティッキー「あははははははははははwww」
lilith_sakura : (げ、寄席のつもりがはいった)
赤道斎 : ピピン「はいティッキー、次あなたの番」
スピスタ : ミンティ「服が白スク水になっちゃった」
赤道斎 : (どまい)
スピスタ : (どまい)
HAPOHAPO : ダイスケ「あそこでマックスが鼻血を大量出血して
zophyel : ティッキー「お、お腹いたい・・・(わら)」
HAPOHAPO : るぞ」
赤道斎 : アリン「なによマックス様ったら!こうなったら…
HAPOHAPO : トス!
zophyel : マックス「エライモノ見て鼻ぶつけた・・・いたた
スピスタ : マックスに命中
lilith_sakura : マックス「目が~~
赤道斎 : アリン「さ、これでさっきみたいに二人羽織ですわ
HAPOHAPO : マックスに何か書いてある「葉っぱ隊」
zophyel : アリン「はい?」
スピスタ : ケン「まさか…」
zophyel : マックス「YATTA!」
赤道斎 : カディエ「『隊』だからみんなが対象ね』
スピスタ : ケン「マジで?」
zophyel : ケン「ちょーっとまてってか、逃げる!!」
HAPOHAPO : カディエ「大丈夫。大事なところは隠れるわ」
赤道斎 : ミンティ「葉っぱ、もちろんお姉ちゃんもよね」
lilith_sakura : ケン「いやだぁぁぁぁ」
HAPOHAPO : ボンボンボン(ほのお)
zophyel : カディエ「私は呪い避け万全よ」
赤道斎 : ダイスケ「ちえっ」
zophyel : ティッキー「ずるーい」
スピスタ : ケン「こうなったら、えい!」
zophyel : ボン(ほのお)
赤道斎 : 自分に向かっ矢をて投げた結果は…
HAPOHAPO : 「忠ケンハチ公」
zophyel : 【アンド女体化】
スピスタ : ケン「マジデスカ?」
zophyel : 一同「「オオマジ」」
赤道斎 : カディエ「さあ、跪いてワンとおいいなさい」
zophyel : ミンティ「ケンさん、巨乳だね」
赤道斎 : ティッキー「ケン犬、私が飼う~」
スピスタ : アリン「私より大きいとは…」
HAPOHAPO : ティッキ「悔しいけど足きれい(あせ)」
lilith_sakura : ケン「みょ~~~ん」


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_2319429.jpg


一位なんて久しぶり。それよりパンヤのプレイ自体が久しぶり…


次回のお題は「叡智の光だ!」です。

元ネタはこちら「あさりよしとお作『ラジヲマン』」
第1話「原子力の男」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3444150
番外編「ラジヲマンの秘密」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3517691
第2話「原子力犬むつ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3590042
第3話「何かありそうなトムスク7」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3648373
第4話「謎の国から来た挑戦」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3656160
第5話「懲りずに再び来た挑戦」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3735127
第6話「頼れる仲間…!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3792841
特別読切「ミライノヒカリ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3943178


あっ、ここでも観られるわ!
http://search.zoome.jp/combine_tag?q=%B8%B6%BB%D2%CE%CF


そういえば大会後のチャットで、お題提示の時に言った「エイチマン」は安永航一郎さんの作品でしたね。
[PR]
by sekidousai | 2009-04-02 23:26 | 1行リレーパンヤ物語杯

想像できない

 新年度が始まりました。

 新しい人が入ると共に、長い事勤め上げた方が職場を離れました。大気関連の測定・調査を中心に三十数年、周囲からの信頼も厚く私たちを導いてくださった方が勇退なさりました。

 ご自身は「俺は不器用で能なしだから」といいつつ、「だからこそ一生懸命勉強したんだよ」とおっしゃる。会社のナンバー2まで至る過程にはどんな努力があったのでしょうか。
 それこそが凡人でない証左でありましょう。そう思って止まない、とっても素晴らしい人が会社を去りました。


 私も(上手く行けば)そのうちいずれか退職の日を迎えるでしょう。
 その時、笑って「楽しかった」と言えるでしょうか。ちょっとだけ不安です。
[PR]
by sekidousai | 2009-04-01 23:59 | 日常



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧