赤道斎の隠し部屋

<   2009年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

再発

 ここ暫く報告書書きで内勤が多かったせいか、どうやらお尻の病気が再発したようです。
 まずは「止まって直す」やつではなく、その軟膏タイプで様子を見ようかと。だって冷蔵保管の座薬タイプは入れるときが「ひょっ」ってなってしまうので。


 それでも平成20年度の終わりと共に内勤の嵐も一応収束。明日からまた外回ってきます。運動になって痔が治まればいいなあ。



 そしてまた(きっと)代わり映えのない日々がまた始まるのね。内勤よりはいいけど。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-31 22:49 | 日常

今日は月曜、大会はやっぱりお休み

もう慣例となったような感のある一行物語大会の月曜休業。

困ったもんだ。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-30 22:30 | 1行リレーパンヤ物語杯

実家の「おりんりん」達

 先日、所用で実家に帰った際、これの事を思い出して  

「【仏具で演奏してみた】おりんりんランド修正版【廃獄ララバイ】」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5188914


「【仏具で】 お粥でぽっぴっぽー 【演奏】」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5875209




 お鈴と木魚を撮影してきました。

f0116056_23365615.jpg


 大きさは手前のマッチ箱から類推してください。
 更に探したところ、お鈴は三つありました。

f0116056_23383350.jpg


 何でこんなにあるのやら。
 音の具合を確かめようとぽこぽこちんちん叩いていたら叱られました。ただし「罰当たりな事をするな」とかではなく「うるさい!」が理由です。


--------------------------------------------------------------------

 今回も移動はJR。
 米沢駅にもなじんできたので、季節の変化でも残そうかと。

f0116056_23434287.jpg

f0116056_2344283.jpg

f0116056_23443584.jpg


 一番上はNikon F3で撮影したもの。某所に投稿したときのタイトルは「郷愁の昭和」ですが、写り込ませた日付の通り'08年1月です。カメラが古いからこうなったのではなく、冷蔵庫に保管してあった使用期限切れの古いリバーサルフィルムを使用した作品。
 中段は'08年12月、下段が今年3月の様子。どちらもNikon D-70。

 …なぜかだんだん後方から撮影してますな。


--------------------------------------------------------------------


 で、三枚目に写っている米坂線に新規導入された車輌ですが、これが嫌な車輌です。

 何が嫌かというと、まず窓が開かない。冬場はともかく夏場は空調の風なんかいらない路線ですよ、米坂線は。写真撮影にも車内照明が写り込むし、カメラを振ろうにもガラスが邪魔に。

 そしてどうやらUVカットとか何か特殊加工されたガラス窓に使っているらしく、写す写真がことごとく青っぽくなってしまいました。

 こんな具合。

f0116056_2354477.jpg


 チュウサギですが、これじゃ何がなにやら解りません。滅多にやらない補正を掛けてみました。

f0116056_23571555.jpg


 それらしく見えるかな?
[PR]
by sekidousai | 2009-03-29 23:57 | 日常

本日のお題「ケダモノの奏者アリン」by 赤道斎

「『ページが表示されません』って表示が出るんですけど…」という電話の対応でギリギリの参加になってしまいました。すみません。

ちなみに原因は「ネットに繋げるLANケーブルをPCに挿していなかった」でした…

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
zophyel : ?「バウッバウッ」
赤道斎 : アリン「もうっ、静かになさい」
zophyel : ?「ウー・・・」
スピスタ : アリン「クラブにしますわよ?」
zophyel : ?{
赤道斎 : ?「くぅんくぅん」
zophyel : アリン「いい子ね」
スピスタ : アリン「マックス様、薬まだですか?」
赤道斎 : マックス「(ううん)」
zophyel : マックス「ここ薬ばっかりじゃないか!」
スピスタ : アリン「それがどうかしました?」
zophyel : マックス「どれが解毒剤なんだ?」
スピスタ : アリン「さっき教えたじゃないですか」
赤道斎 : アリン「適当に飲んでおけば大丈夫ですわよ」
赤道斎 : (なしで)
zophyel : マックス「わかるか!(あせ)」
HAPOHAPO : マックス「これかな?ナメナメの実」
スピスタ : アリン「違います!」
赤道斎 : アリン「…飲んでみます?」
zophyel : マックス「早くしないとケンの犬化が進むぞ」
赤道斎 : アリン「進行した方がけっこう受けますのに」
lilith_sakura : マックス「そういうもんだいか!?」
スピスタ : マックス「それでいいのか?」
zophyel : マックス「俺が犬になるところだったんだが」
HAPOHAPO : マックス「これは何だ?たこる君増強剤」
赤道斎 : アリン「体が柔軟になりますわ。ただ…」
zophyel : アリン「やん(はーと)えっち」
スピスタ : マックス「ただ?」
赤道斎 : アリン「そのうち腕が吸盤の付いた触手に…」
スピスタ : マックス「最悪すぎる…」
lilith_sakura : マックス「いわゆるOctopusか?」
zophyel : マックス「さ、解毒剤は何処かな」
HAPOHAPO : マックス「あっ!(びっくり)手が滑った!」
赤道斎 : がしゃん!
HAPOHAPO : にょろにょろ・・・
zophyel : ケン犬「わふっわふっ」
スピスタ : マックス「これ戻せないのか?」
赤道斎 : アリン「ウナギイヌならぬタコイヌですか。売れま
赤道斎 : せんね」
lilith_sakura : マックス「解毒する気ないのか?」
zophyel : ピピン「ケン~、試合の時間・・・」
スピスタ : マックス「そういう問題かよ」
赤道斎 : ケン犬「ワフンワフン!」
スピスタ : ピピン「このキモイタコ犬はなに?」
zophyel : ピ「きゃ、舐めないで、ぬるぬる~(びっくり)」
HAPOHAPO : ピピン「ら、らめぇぇぇぇぇ!」
赤道斎 : マックス「うーん、おれもタコになってみようか」
lilith_sakura : アリン「まるで触手ね」
zophyel : ピピン「え? これがケン?!(いかり)」
スピスタ : ピピン「さよなら、ケン」
赤道斎 : ケン犬「きゃう~ん」
zophyel : ケン犬「わふっわふっ」ぬるぬる
スピスタ : ピピン「いやあああぁぁぁ」
赤道斎 : アリン「ちょっとこれ以上はいけませんね」
lilith_sakura : アリン「さて煮るか焼くかたたきか」
zophyel : ケン犬「キャインキャイン」
スピスタ : マックス「喰うんかい」
赤道斎 : アリン「あら、他にどうしろと」
zophyel : ピピン「さっさと元にも・ど・せ」
スピスタ : アリン「どうしましょう?」
HAPOHAPO : マックス「これは何だ?ユメミール?」
zophyel : マックス「そこ悩むところなのか・・・」
赤道斎 : アリン「全てを夢オチにしてしまう恐怖の薬よ」
スピスタ : マックス「それだ!」
HAPOHAPO : マックス「ならこれで解決できそうだな」
zophyel : ピピン「誰の夢なんだ誰の(あせ)」
lilith_sakura : アリン「連続HIOも夢落ちになるわ」
赤道斎 : アリン「でもまだ未完成なの、その薬」
スピスタ : マックス「今日新記録だったのに!」
HAPOHAPO : ピピン「わたし実験体になる(うる)」
スピスタ : マックス「それは危険だ」
赤道斎 : アリン「妖精には効かないの。だから未完成」
zophyel : マックス「てか、カディエに解毒してもらうか」
赤道斎 : ケン犬「(びくっ)」
スピスタ : アリン「無理だと思いますわ」
zophyel : マックス「どうして」
赤道斎 : アリン「ラベルの製造元をご覧なさいな」
zophyel : マックス「・・・カディエ製薬ぅ?」
スピスタ : マックス「だったら余計に治せそうじゃないか」
赤道斎 : アリン「あの人がこんな楽しい事止めると思って?
zophyel : マックス「ありえないな」
スピスタ : アリン「そういうことですわ」
zophyel : マックス「ケンをペットにしかねんな」
赤道斎 : ケン犬「キャインキャイン(いかり)」
lilith_sakura : アリン「私もしたいし」
スピスタ : マックス「ヲイ!」
zophyel : ピピン「ケンをペット・・・(妄想)」
赤道斎 : ピピン「さ、カディエさんの所にいこ(はーと)」
HAPOHAPO : ピピン「あんなことやこんなこと(ひょえ)」
zophyel : マックス「待たんかいコラ」
スピスタ : マックス「でも、今はタコ犬なんだぞ?」
zophyel : ピピン「新感覚ではやるかも」
赤道斎 : アリン「一緒に飼ってくれるわよ、カディエさんが
赤道斎 : ね」
スピスタ : マックス「お前ら鬼畜だ…」
lilith_sakura : アリン「今頃何を言ってるのかしら」
zophyel : ケン犬「(そろーりそろーり)」
赤道斎 : カディエ「あら、なにやら賛辞の言葉が…」
zophyel : カディエ「それになにやら面白そうな匂いが」
スピスタ : ケン犬「きゃいん!」
赤道斎 : カディエ「って、この変なの、なに?」
スピスタ : アリン「見たままですわ」
zophyel : カディエ「・・・ケン?」
赤道斎 : ピピン「よく解ったわね」
HAPOHAPO : にょろにょろ・・・
zophyel : カディエ「逆毛でね」
スピスタ : カディエ「足がタコ?」
赤道斎 : 胸に向かう触手を平然と払うカディエ。
zophyel : カディエ「たこ○カ?」
スピスタ : マックス「そんな可愛い物じゃないぞ?」
赤道斎 : カディエ「マグロ、食べるかしら」
zophyel : カディエ「生憎ミンティでまにあ・・・おっと」
HAPOHAPO : (更新しますた)
赤道斎 : (おめー)
スピスタ : (おめ)
lilith_sakura : マックス「ミンティもかわいそうな」
スピスタ : マックス「ミンティもペット扱いなのか」
HAPOHAPO : 双子「キャー!巻きついてくるよぉ!」
赤道斎 : アリン「タコになってケダモノになったわね、ケン
赤道斎 : 」
zophyel : カディエ「猫耳猫尻尾肉級つきの双子よ」
HAPOHAPO : マックス「あんたって人は・・・」
スピスタ : 双子「早く助けて~」
zophyel : カディエ「受けるかなって(ひょえ)」
赤道斎 : アリン「ケンはどうあれ双子が可哀想ね」
zophyel : カディエ「写真撮るからちょっとそのままで」
スピスタ : 双子「もうイヤ~~~」
HAPOHAPO : マックス「何だこれは?服を溶かす酸?」
赤道斎 : カディエ「それ使うと衣装無しになるわよ」
スピスタ : カディエ「これは新発見ね」
スピスタ : (私の無しで)
zophyel : カディエ「勿論レオタード風に毛皮装備(ん)
lilith_sakura : カディエ「これは高値で取引できそうね」
赤道斎 : マックス「誰が買うんだよ」
HAPOHAPO : マックス「なんかこの魔女をぎゃふんと言わせたい
HAPOHAPO : な」
zophyel : マックス「何処までも鬼だな」
赤道斎 : アリン「カディエさん、コレ飲んでみない?」
スピスタ : カディエ「この薬はイヤよ」
zophyel : アリン「じゃ、こっちのお酒」
HAPOHAPO : その瞬間ケン犬がカディエにかみついた!
赤道斎 : カディエ「ダイスケに飲ませなさいよ」
zophyel : カディエ「あん、もう、悪い子ね」
HAPOHAPO : マックス「狂犬病とか大丈夫なのか?」
lilith_sakura : ケン「ふーーー!!」
スピスタ : カディエ「お仕置きとして実験ね」
HAPOHAPO : アリン「カディエさん・・・その耳・・・」
赤道斎 : カディエ「耳がどうしたワン?」
zophyel : カディエ「げ・・・」
HAPOHAPO : マックス「尻尾まで生えてるぞ」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
スピスタ : アリン「移るんだ…」
zophyel : カディエ「わふっわふっ・・・ガブッ」
lilith_sakura : アリン「犬カディエ・・・ふ~ん」
赤道斎 : ミンティ「いったーい」
zophyel : ミンティ「キャンキャン・・・はっ」
HAPOHAPO : マックス「これは嫌な予感がするぞ(あせ)」
赤道斎 : ケン「かみかみ…」
スピスタ : マックス「ここをゾンビの街にする気か?」
zophyel : ティッキー「猫なのにワンとはこれいかに(わら)
赤道斎 : ミンティ「(いかり)がぶ~っ!」
zophyel : ティッキー「きゃいーん!!」
スピスタ : マックス「ここは逃げた方が良さそうだな」
HAPOHAPO : アリン「あん(はーと)そこは駄目ですわん」
zophyel : マックス「げ」
lilith_sakura : マックス「・・・逃げるが勝ち!」
HAPOHAPO : マックス「やば(あせ)犬アリンかわぇ」
スピスタ : マックス「お前らこの酒を飲め!」
zophyel : そして。
赤道斎 : アリン「みんなでわんわんになるワン」
zophyel : マックス「なんで俺だけ正気なんだ(あせ)」
赤道斎 : マックス「あちこち噛まれた歯形だらけなのに」
zophyel : アリン「ふんふんふん・・・ペロペロペロ」
スピスタ : マックス「こら、舐めるな!」
赤道斎 : マックス「…もしかして、舐めると治るのか?」
zophyel : ケン「やっと薬が抜けてきたワン・・・」
lilith_sakura : マックス「まだぬけきれてないな」
赤道斎 : マックス「下半身がタコのまんまだ」
zophyel : ピピン「くーん(はーと)」
スピスタ : カディエ「新しい薬を作るワン!」
赤道斎 : ケン「このピピンわんこ、飼っていいか?」
zophyel : 双子「「もうやめてほしいワニャン」
赤道斎 : アリン「でも犬手じゃ調合できないワン」
スピスタ : カディエ
スピスタ : (誤爆)
lilith_sakura : マックス「全員何気にいっぱいいっぱいなのか?」
スピスタ : カディエ「気にしたら負けだワン」
zophyel : ケン「マックスは元からアレだからじゃね?」
スピスタ : マックス「うぉ、ケンが喋った!」
zophyel : ケン「わふ?」
HAPOHAPO : アリン「マックスは私の犬でスワン」
赤道斎 : カディエ「ほんと、常人じゃなかったものね」
zophyel : マックス「今はアリンが犬だが」
スピスタ : マックス「今はアリンが犬だけどな」
スピスタ : (私の無しで)
HAPOHAPO : マックス「ほれ骨っこたぁべて(おんぷ)」
赤道斎 : アリン「ぷいっ!」
スピスタ : マックス「ほら、取ってこい!」
zophyel : 一同「「「きゃんきゃんきゃん」」」
HAPOHAPO : マックス「ドッグフリーダーも悪くないな(まじ)
lilith_sakura : マックス「いっそはじめてみるか」
スピスタ : そうして数日後…
赤道斎 : ケン「下の世話もちゃんと見るかワン?」
zophyel : アリン「ほんとはマックス様を犬にするはずなのに
zophyel : わん」
HAPOHAPO : マックス「ハウス!ハウス!」
赤道斎 : アリン「ごろごろごろ(はーと)」
zophyel : マックス「よーしよしよしよしよしよし」
lilith_sakura : ケン「某王国状態だな」
HAPOHAPO : マックス「いいというまで待てだぞ」
zophyel : 一同「「「ヴー」」」
赤道斎 : マックス「うわ、やばげな雰囲気」
スピスタ : アリン「もう待てませんワン」
HAPOHAPO : そのときユメミールの瓶が落ちた!
zophyel : がぶ!!


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23282928.jpg



次回のお題は「ミンティVSティッキー双子戦争」です。

--------------------------------------------------------------------

それにしてもピンククリスタルの交換画面、エリカの腰の辺りの「クリ拾いゴー!ゴー☆!」ってなんですかい。

f0116056_23342034.jpg


使い回しするならもっと注意しないとね。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-28 23:36 | 1行リレーパンヤ物語杯

この忙しいときに

 エアサンプラーをぶっ壊してくれました。

 電源である直流12Vの正負を逆に接続、内部回路を焼損してくれちゃいました。
 このサンプラー、購入当時十五万円以上したはず。今でも稟議書かないと購入できないし…

 ってことで、メーカーサポートの人と内部をまず確認。レギュレータがすごい事に。


f0116056_23382361.jpg



 サポート氏「いやあ、ここまでぱっくり割れたのも久しぶりです」

 わしゃ初めてですよ。



 よく見ると過電流保護や逆電圧保護と言った回路無いんですけど…

 サポート氏「古い設計の機器ですから(^^;アセアセ)」

 …いやいや、設計が古いとかそう言った事じゃないって。



 調査の結果、回路基板上の素子殆どが焼損しており、トランス、コンデンサの類もダメージを負っていそうだし、と言う事で

 「修理不可」

 ウチの会社もご多分に漏れず厳しい経理状況だし、新規購入なんて言うと紙の稟議通すだけでなく口頭でもグチグチ言われるし、むぅ~


 幸いな事に心臓部であるポンプ、ニードルバルブ、フローメータなどは焼け残ったので、これらのパーツを組み合わせて再構成する事にしました。どうせ自動制御部なんて無くても大丈夫だし。

 結果、重量と容積のかさむトランスとバッテリーが無くなり、必要部品は1/3程度に。
 これらを元の全金属製(鉄ですよ鉄、厚さ2mmの鉄板製)の筺体ではなくプラスチック製のケースに移植。
 重量は4kgから0.5kgに、サイズは20cm×20cm×30cmから15cm×15cm×20cmに。軽量コンパクトになり、かつ内部構造構成がシンプルになったので信頼性とメンテナンス性が向上しました。


 それにしても、なんで電源の極性間違えるかねえ。


--------------------------------------------------------------------


 そんなこんなでヘロヘロになって帰ってきました。そんな疲れた心を雨に濡れた咲きかけの桜が癒してくれました。

f0116056_0101754.jpg


 なんか、塩漬け桜みたいで美味しそう…なんて思ってしまいました。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-27 23:34 | 日常

「終了時刻に関しては22:30を予定しております」

2009/03/26 (木) 21:55発表の「臨時メンテナンスの作業状況に関するのお知らせ」。

ってことで、今日の一行物語大会はお休みです。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-26 22:15 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日は中止でした

嫌だ嫌だというカスペルスキーおじさんをなだめてスピスタさんが急行してきてくださったものの、25秒の超過で今日の大会は延期です。

パンヤ開発でもGG開発でもカスペ開発でもどこでもいいから早く真っ当に安心してプレイできるようにしてください。お願いします m(_ _)m


--------------------------------------------------------------------


時間が余ったので珍しく「赤道斎」で野良大会に参戦。エリカの犬耳買ったのでPPが払底してしまったのですよ。

適当にスタート済みの会場へ途中入場、既に早い人は4Hまで進んでいたので無言のまま追っかけて、最後は4番手でフィニッシュ。順位は31人中20位でした。

で、揃っちゃいました。
f0116056_23141097.jpg



集めようとして集めたのではない、いわば押しかけアイテムですがそれでも揃うと嬉しいですな。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-23 23:13 | 1行リレーパンヤ物語杯

ジンクス?いや、運営の陰謀です

 今回のCPガチャについて、エリカのナース服が出たら止め!と決めていました。

 その結果。



 最初:クーのナース服    まあいいか。

 2個目:アリンのナース服    あ、これは嬉しいかも。

 3個目:ルーシアのナース服    またイロモノですね。

 4個目:セシリアのナース服    セットとして使うことはないと思う。

 5個目:ルーシアの虫羽    いらん!


 もう出ないのか。あとガチャは合成した補助券の2回分しか残ってない。
 そうなってようやくエリカのナース服が出ました。ふぅ・・・



 やっぱりログイン&プレイデータを参照しての陰謀でしょう、こりゃ。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-22 00:29 | パンヤ

本日のお題「地獄の闘病日記」by zophyel さん

INした直後に日本語変換が出来なくなって再起動。焦ったけど何とか滑り込みセーフでした。
コースはBlue Lagoon。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : ケン「痛い痛い、そこは違う~」
スピスタ : セシリア「大人しくしなさい!」
zophyel : エリカ「おっかしいな~」ぶすぶす
赤道斎 : ケン「あっあっあっあっ」
スピスタ : セシリア「だらしないわね」
zophyel : ルーシア「ここでしょ」ざくっ
赤道斎 : ケン「☆!」
スピスタ : エリカ「ケンの顔真っ青だね」
zophyel : クー「そりゃ、眉間に刺さってりゃあな」
赤道斎 : アリン「いたいのいたいのとんでけー」
スピスタ : ケン「飛んでいくか!」
lilith_sakura : ケン「お前らはDr,ki〇コか?」
zophyel : ケン「なんで風邪の注射でこんななんだ」
スピスタ : セシリア「こんなのまだ序の口よ?」
赤道斎 : クー「そりゃうちの病院なんかに来るからさ」
HAPOHAPO : セシリア「大腸の中を洗浄しなきゃね」
lilith_sakura : ケン「それは勘弁してくれ」
zophyel : ケン「入院中のマックスって生きてるか?」
赤道斎 : アリン「あら、何でその情報を?」
HAPOHAPO : セシリア「男なら我慢しなさい」
lilith_sakura : クー「昨日別病棟へ移動した」
zophyel : ケン「モノには限度がある」
スピスタ : ケン「マックスから助けを求められたんだ」
赤道斎 : エリカ「あの病棟、霊安室じゃ…」
HAPOHAPO : セシリア「総員、目標をロックして頂戴」
スピスタ : ケン「マジかよ?」
zophyel : アリン「隔離病棟で絶対安静ですわ。フフフ」
lilith_sakura : クー「この病院を調べるならそれぐらいの覚悟しな
HAPOHAPO : アリン「いってきまーす(すき)」手には鞭が・・
スピスタ : ケン「お前ら狂ってる」
赤道斎 : セシリア「大丈夫、まーかせて」
zophyel : エリカ「ところで、健康保険証は?」
HAPOHAPO : ビシィン!バシィィィン!
赤道斎 : ケン「向こうの世界にあるよ」
zophyel : エリカ「点数計算大変なんだから・・・ブツブツ」
HAPOHAPO : あぎゃ~!たすけてくれぇぇぇl(ひょえ)
スピスタ : セシリア「ケンは無保険ね」
赤道斎 : ケン「あの声は…ダイスケ?」
lilith_sakura : ケン「まてババァ」
zophyel : ケン「パンヤ島でも国保が使えるんかい」
HAPOHAPO : セシ「エリカ、腸内洗浄よ」
スピスタ : ケン「ちょっと待て!」
赤道斎 : セシリア「カディエの所に転院させるわよ?」
zophyel : エリカ「こっちのホースでしたっけ?」
lilith_sakura : エリカ「それじゃ処置室いこうか」
スピスタ : ケン「やめろ~~~」
赤道斎 : ケン「パンツだけは許して~(わーん)」
zophyel : ケン「お婿に逝けなくなるわ!」
HAPOHAPO : ピピン「はぁはぁ(すき)」
zophyel : ケン「イヤホント勘弁して(あせ)」
赤道斎 : ロロ「ピンクのウインナー(すき)」
スピスタ : ケン「見るな~~~」
zophyel : で
lilith_sakura : ケン「・・・・・・はぁ」
スピスタ : ケン「しくしく…」
zophyel : エリカ「眼福眼福」
赤道斎 : セシリア「全て検査終了。異常はないわね」
zophyel : ケン「だから風邪だというてるだろ」
lilith_sakura : クー「口と頭以外はな」
スピスタ : ケン「精神的に大打撃です」
HAPOHAPO : ピピン「でもほら、すっきりしたジャン」
zophyel : ピピン「じゃあ、入院だな」
赤道斎 : エリカ「精神科ってあったかしら」
zophyel : (なしで)
スピスタ : ケン「ここに入院はイヤだ~~~」
lilith_sakura : クー「カディエのところしかないぞ」
zophyel : ケン「自宅療養します」
赤道斎 : ピピン「往診、高いわよ?」
スピスタ : ケン「通います」
zophyel : ケン「てか、ここにいるとイロイロ危険だ」
HAPOHAPO : ケン「おいルーとぴぴ子よ何してる?」
赤道斎 : セシリア「あら、夜もばっちり密接看護なのに」
zophyel : ルーシア「拘束着の用意」
スピスタ : ケン「逃げるか」
HAPOHAPO : ピピン「私たち在宅監獄婦よ(ういんく)」
赤道斎 : しかし窓には鉄格子
zophyel : エリカ「ちょいまち」
lilith_sakura : ケン「死亡フラグ乱立しそうな・・・」
赤道斎 : 制止を無視して格子に手をかけるケン
zophyel : エリカ「お代がまだだよ」
スピスタ : ケン「じゃあな!」
zophyel : ビリビリビリビリ☆(かみなり)
赤道斎 : クー「ほい、やけど追加っと」
スピスタ : ケン「ここは地獄か…」
HAPOHAPO : ピピン「先生息してません!(ひょえ)」
lilith_sakura : エリカ「ん~心停止してない?」
zophyel : ルー「高圧電流はお約束でしょ」
HAPOHAPO : セシ「ここは人工呼吸しかないわね」
赤道斎 : ロロ「アフロを勝手に装備してますね」
zophyel : ルーシア「んじゃぁ、んちゅ~(くち)」
スピスタ : ケン「
スピスタ : (誤爆)
HAPOHAPO : ピピン「ナニシトンジャゴルァッァ!」
赤道斎 : (どま)
赤道斎 : ルーシア、しかし吸い付いたまま離れない。
スピスタ : エリカ「窒息死しそうね」
zophyel : ルーシア「ぷはあ(ひょえ)」
赤道斎 : ケン「死んだじいちゃんが手招きしてた」
HAPOHAPO : ピピン「ケンは大きいのが好きなんだ」
lilith_sakura : ケン「そしてなんだこの嘔吐感」
スピスタ : ケン「そのまま逝った方が幸せだったかも…」
zophyel : ピピン「もっぺん逝ってくる?(いかり)」
赤道斎 : ルーシア「口移しで投薬よ」
HAPOHAPO : ケン「いや俺とマックスはひんぬ~が・・・」
スピスタ : クー「聞いたぞ?」
zophyel : エリカ「・・・ケンは入院、と」
lilith_sakura : クー「敵を作るからやめとけ」
HAPOHAPO : ロロ「セシ先生急患です!(うる)」
スピスタ : セシリア「誰?」
zophyel : カズ「うう・・・」
赤道斎 : カレン「しっかりしてカズ~」
HAPOHAPO : キューマ「いてて。トマが直撃した」
lilith_sakura : セシリア「(☆∀☆)」
スピスタ : ケン「やっと帰れそうだ」
zophyel : キューマ「だがおれはなんともなくなった」
HAPOHAPO : セシ「キューマは重症だから集中愛撫室へ」
zophyel : ロロ「いえっさー(はーと)」
赤道斎 : ロロ「アイアイサー」
スピスタ : キューマ「即帰るぞ」
赤道斎 : ロロ「ダメよ(はーと)」(かげでぎゅっ!)
lilith_sakura : ボキ!
zophyel : ルー「キャー、カズ、きゅーん(はーと)」
HAPOHAPO : セシ「うふふ、もう逃がさないわよ(はーと)」
スピスタ : ケン「じゃあ、俺は帰るから」
zophyel : ケン「ここは女郎蜘蛛の巣窟かよ」
赤道斎 : エリカ「集中治療室に一名様ご招待~」
HAPOHAPO : ケン「あれ?股間が寂しいのぉ(しょぼ)?」
スピスタ : ケン「まあ、いいか」
zophyel : エリカ「で、ケンも入院、と。ピピン、連行して
赤道斎 : ピピン「さっきの検査で脱いだままなの、気付いて
赤道斎 : 無い…」
lilith_sakura : ケン「ん~なんか爽やか」
スピスタ : ケン「このまま、外にレッツゴー!」
赤道斎 : ピピン「ちらっ、ぽっ(はーと)」
zophyel : ケン「って、んなわけあるくわぁ~(いかり)」
赤道斎 : マックス「なんだ、仲間が増えたんじゃないのか」
HAPOHAPO : そこには一糸まとわぬいい男が(ひょえ)
zophyel : エリカ「早くしまいなさいよ、そのポークビッツ」
赤道斎 : セシリア「パテで埋めちゃいましょうか」
スピスタ : マックス「無理だな」
HAPOHAPO : マックス「ケン、俺とやらないか?」
zophyel : ケン「やだ」ズボンはきはき
赤道斎 : ピピン「ちぇっ」
lilith_sakura : ピピン「ま、写真とったからいいか」
赤道斎 : ケン「誰にも見せるなよ」
zophyel : ケン「撮るな! 消せ! 今すぐに!!」
スピスタ : ピピン「ヤダ」
HAPOHAPO : (更新しますた)
赤道斎 : ケン「君の心の中だけに仕舞ってくれ」
赤道斎 : (おめー(爆竹))
HAPOHAPO : ピピン「あら、体ふきふきの時間だわ」
zophyel : アリン「マックス様~、どこですか~?」
スピスタ : (おめ)
lilith_sakura : ケン「さっき"いい男w”とかいってどっか」
スピスタ : マックス「俺の体を拭け~~!!」
赤道斎 : アリン「はいっ(すき)」
zophyel : アリン「まだお仕置き・・・処置が残ってますわよ
スピスタ : マックス「アリン以外がいいな」
zophyel : 一同「「却下」」
赤道斎 : ルーシア「あたしをご指名してちょうだい」
lilith_sakura : マックス「マドワゼル、ではぜひ」
赤道斎 : アリン「このカラシ入りぞうきんで拭いてやって
赤道斎 : 頂戴」
スピスタ : エリカ「あら?」
zophyel : ルーシア「えーと・・・サンポール、これね」
HAPOHAPO : ピピン「けんちゃんけんちゃ~んっと」
赤道斎 : 手にはゴム手袋、口にマスク、頭に三角巾。
zophyel : ピピン「隅々までキレイにしてあげる(ひょえ)
lilith_sakura : マックス「俺は便器か」
スピスタ : ケン「いったい何をする気なんだ?」
赤道斎 : ピピン「髪のお手入れして上げる」
HAPOHAPO : ピピン「気持ち良くしてあ・げ・る(はーと)」
zophyel : エリカ「程ほどにね」
スピスタ : ケン「遠慮します」
赤道斎 : ピピン「逆毛の一本たりとも残さないわ」
zophyel : そして。
HAPOHAPO : ケン「病院逃げてぇぇっぇ」
スピスタ : ケン「もうやめて~~~」
zophyel : セシ「完璧なショタ美少年完成ね(はーと)」
lilith_sakura : ケン「う~~~(涙目)」
赤道斎 : それはパンヤ実装当初のアイコンのケン。
zophyel : カズ「(忘れられてるうちに逃げるか)」
スピスタ : カズ「何だ?俺の影が薄くなっている」
赤道斎 : カレン「あ、カズ様、病気が進行してる」
zophyel : カズ「ここは病院じゃない。魔界だ」
スピスタ : カズ「今、時間が逆行しているぞ!」
赤道斎 : カレン「セシリアさん、カズの病名は?」
zophyel : セシ「先天性ナルシストと健忘症ね」
lilith_sakura : セシリア「あと神経性胃炎」
赤道斎 : カレン「何だ、その程度なのね」
zophyel : セシ「どっちみち入院だけど(ひょえ)」
スピスタ : カズ「ここに来る必要なかったな」
赤道斎 : セシリア「あと、ケン化が見られるわ」
zophyel : セシ「ほら、影が薄く」
赤道斎 : カズ「いやああああぁぁぁ(ぎょ)」
lilith_sakura : セシ「ついでに髪の毛も」
スピスタ : カズ「逆毛はイヤだ~~~」
赤道斎 : ケン「坊主にしてやろうか(いかり)」
lilith_sakura : カズ「シクシクシク」
zophyel : セシ「はいはい入院入院」
スピスタ : カズ「ここは入院以外にないのかよ?」
赤道斎 : セシリア「あら、通院がいいの?」
lilith_sakura : カズ「あぁ、できるならば」
zophyel : エリカ「ここは死体か廃人でないと出らんないよ」
赤道斎 : セシリア「ヘリで送り迎え…はまだ未実装よ」
スピスタ : カズ「ヘリなんか要らん!」
赤道斎 : カズ「俺には新しい相棒が…!」
zophyel : ケン「いまサラッと凄いこと言わなかったか」
lilith_sakura : クー「じゃあ車は?」
赤道斎 : エリカ「空耳まで併発したのね、ケン」
zophyel : セシ「ドラゴンはちゃんと剥製にしてあげるから」
スピスタ : ケン「無かったことにする気か」
HAPOHAPO : タンプー「毎度!この棺どこに置きます?」
スピスタ : ケン「それ、誰の?」
lilith_sakura : エリカ「元々ない事じゃない」
赤道斎 : セシリア「あっ、こっち持って来ちゃダメ!」
zophyel : エリカ「あー、これ。ダイスケ用ね」
HAPOHAPO : ケン「あぁあれで焼かれちゃうんだ」
lilith_sakura : ケン「じゃあダイスケはもう?」
スピスタ : ダイスケ「助けて~~!!!」
zophyel : そのころダイスケ「むぐーむぐーむぐー」
zophyel : (なしで)
zophyel : セシ「パンヤ島は土葬よ」
HAPOHAPO : 双子「○くりびとっていい映画だったね」


------------ キリトリ -----------
やっぱりセシリアは女医さんのイメージですよね?


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23285994.jpg



次回のお題は「ケダモノの奏者アリン」です。

「ありんりんランド、始まるよ~っ」とどちらが良かったかな?


--------------------------------------------------------------------


3人目はマックス。先の二人でもういらないんだけど…
f0116056_23331727.jpg

[PR]
by sekidousai | 2009-03-21 23:33 | 1行リレーパンヤ物語杯

こいつ、動くぞ

 今回の新ゲームガードの導入で、ロートルPCでもそれなりのプレイが出来そうな状況になりました。

 そこで、Season4実装直後には動作がガタガタで、もう使いもんにならんと諦めていたPC2台で動作を検証してみました。
 それぞれPenⅢの850MHzと800MHz、メモリは640MBと512MB、グラフィックチップはS3のProSavageとTrident CyberBlade-i1、OSはWin2kSP4とWinXPSP2。
 それぞれの詳細なスペックは↓に示してます。

http://www.pangya.jp/fan_bbs3_view.aspx?seq=4642

 ちなみにセキュリティとしてノートPC(Aセット)にはウイルスバスター2009、キューブPC(Bセット)にはAVG Free8.5を導入してあります。
 だってバスター2009はWin2kにインストールすら出来ませんから。(2008は無理して入れることが出来た)


 パンヤの動作ですが、キューブPCの方は問題なく動作。上記記事の時点と同等以上のレスポンスを叩き出しています。パンヤプログラムが軽くなったことに加え、バスターからAVGに変更したことが効いているのかもしれません。
 具体的には800×600のフルスクリーン32bitカラーでビデオ統合設定・テクスチャー品質・パーティクル設定を中、影やNPCをONにしてもプレイに問題ありません。PenⅢ-1GHz+メモリ1GB+Matrox G550より快適です。


 一方ノートPCの方はインストール時に「以下の問題のため実行できません。DirectX8.1以上が...」!
 以前は他所でセットアップしたクライアントとレジストリをインポートすることで起動&プレイに成功していたのですが、今ではこの方法ではupdate.exe起動後に同じメッセージが出てクライアントが終了します。システムチェックが厳しくなっているようですね。
 まあ、こちらは画面のディザ表示に問題があって、動作のスムースさの問題より表示が恐ろしく汚く文字を読み取るのが難しいくらいでしたから。
[PR]
by sekidousai | 2009-03-20 22:50 | パンヤ



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧