赤道斎の隠し部屋

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

本日のお題「きえていくものたち」by lilith_sakura さん

今日は3人もの方が初参加してくださいました。8人で一行なんてすごく久しぶりです。
コースはIce Spaでした。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
火恋 : よろしくです(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
もこもこけーね : よろしくお願いします(わら)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
(匿名希望様) : よろしくです^^
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
赤道斎 : ケン「…薄い…」
lilith_sakura : ピピン「髪の毛が?」
スピスタ : エリカ「もう禿げたの?」
HAPOHAPO : ダイスケ「俺は大丈夫だぞ」
赤道斎 : ダイスケ「ぎくり(あせ)」
スピスタ : ケン「違うぞ!」
(匿名希望様) : アリン「なんかおかしいと思ってました」
赤道斎 : エリカ「影なら昔から薄いじゃない」
HAPOHAPO : ケン「最近なんか忘れてる気がするんだ」
スピスタ : ケン「酷い言われ要だ」
zophyel : エリカ「その割りに皆勤だし」
火恋 : クー「いたんだ・・・」
lilith_sakura : ケン「一応主人公の座はあるからな」
赤道斎 : ピピン「え?だれが?」
スピスタ : エリカ「自分で言うか」
zophyel : クー「ていうか、その年でアルツハイマーか?」
赤道斎 : ケン「そうだ、キャディって何人だった?」
HAPOHAPO : クー「ピピンとロロだろ?」
スピスタ : エリカ「本当に呆けた?」
赤道斎 : ケン「みんなの名前を言ってみろ!」
HAPOHAPO : クー「ドルフにタンプー」
スピスタ : エリカ「双子にカディエ」
HAPOHAPO : クー「だろ?」
lilith_sakura : エリカ「あとキューマにロロと偽ピピン」
赤道斎 : ケン「他に誰かいたような気がしないか?」
スピスタ : ウィンクル「ニセ言うな!」
(匿名希望様) : アリン「私ですか・・・」
zophyel : クー「デカポン、すけポン、クロポン」
スピスタ : エリカ「あんたが呆けてどうする?」
赤道斎 : カズ「カレンは…違うか」
スピスタ : ケン「これで全員だっけ?」
HAPOHAPO : エリカ「違うのよ」
スピスタ : ケン「じゃあ、後は誰だ?」
(匿名希望様) : アリン「私達は「何か」を忘れてる気がします
zophyel : クー「やっぱ、若年性痴呆症じゃね?」
HAPOHAPO : エリカ「加齢臭がしなくなったのよ」
赤道斎 : ケン「『誰か』じゃyなくて『何か』か…」
lilith_sakura : エリカ「マスコット?」
スピスタ : ケン「それも違う気がする」
zophyel : クー「そういえばいたな忘れてたのが」
lilith_sakura : ケン「思い出した。U田だ」
zophyel : クー「パンヤラーメンじゃないのか?」
スピスタ : エリカ「キャディじゃないじゃない」
HAPOHAPO : ケン「ちょっと待つんだみんな!」
スピスタ : エリカ「どうしたのよ?」
zophyel : ケン「誰かこの場にいなくないか?」
HAPOHAPO : ケン「各自消えてしまったものをあげてみな」
スピスタ : エリカ「CP」
zophyel : クー「ケンへの信頼」
HAPOHAPO : アリン「清楚さ(ん)」
lilith_sakura : ダイスケ「正義感」
火恋 : クー「セシリアの年齢・・・」
HAPOHAPO : その場の空気がフリーズした
スピスタ : エリカ「後が怖そうね」
zophyel : ケン「そういや、いないな・・・」
lilith_sakura : クー「あと・・・昔のあの空気とか?」
赤道斎 : ルーシア「私がいるから居なくていいわよ」
zophyel : ケン「じゃあ、忘れてるものって何なんだ?」
スピスタ : エリカ「こっちが聞きたいわよ」
HAPOHAPO : カディエ「先生に聞いてみなさい」
赤道斎 : クー「カディエの歳は?」
(匿名希望様) : アリン「私達は根本的な何かを世界から消される
zophyel : カディエ「ココロはいつも3才よ(はーと)」
lilith_sakura : クー「(冷たい目線)」
スピスタ : ケン「寒いぞ」
HAPOHAPO : ミンティ「妬ましい・・・」
火恋 : ルーシア「自分を見つめなおしたら」
赤道斎 : マックス「俺は何時も君を見つめてるよ(はーと)
zophyel : カディエ「服ならこないだ買ってあげたでしょ」
lilith_sakura : ミンティ「服っていうか・・・ドテラ」
zophyel : カディエ「公の場で着るのは禁止ね」
赤道斎 : ミンティ「じゃ、PJCとか使って貰えないじゃな
赤道斎 : い」
HAPOHAPO : ティッキー「消えていった芸人さんたちとか」
zophyel : カディエ「大丈夫。決勝じゃどっちみち無理だから
lilith_sakura : ミンティ「私の存在もあと1年かな?」
赤道斎 : ケン「出て消える前に出られない芸人…」
スピスタ : ケン「新しいキャディが出たら危ないかもね」
zophyel : ティッキー「寿退社かもよ、ミンティ」
赤道斎 : ミンティ「ケン、相手になってくれる?」
スピスタ : エリカ「相手がいるの?」
HAPOHAPO : ミンティ「そんな(ん)ポっ!」
lilith_sakura : ティッキー「お姉ちゃんはしばらくなさそうだけど
zophyel : カディエ「ユルサン」
スピスタ : ティッキー「きっと空耳よ」
zophyel : ティッキー「結婚式はゴージャスだよきっと」
赤道斎 : エリカ「新キャディかぁ、どんな子になるかな~」
HAPOHAPO : エリカ「HIOで性別が逆転するらしいよ」
スピスタ : マックス「変な奴だな」
zophyel : ケン「あ」
lilith_sakura : ケン「今回リストラもあったりして」
zophyel : ケン「普通のポンタのこと忘れてた」
赤道斎 : ポンタ「………」
HAPOHAPO : エリカ「カラ○ルポンタが襲ってくるよ(うる)
スピスタ : エリカ「なにかいじけてない?」
zophyel : ケン「ごめんごめん」
赤道斎 : クー「ケンにさえ忘れられるなんて、不憫な奴だ」
スピスタ : ケン「さえって何だよ」
火恋 : ポンタ「・・・・・」
zophyel : エリカ「でも、一件落着ね」
赤道斎 : しかしポンタの形相は般若のままであった
スピスタ : ケン「ポンタが何か言いたそうだな」
zophyel : ケン「コレは伝説の、般゜若!!」
スピスタ : エリカ「何それ?」
zophyel : ケン「かわいいポンタ、というやつだ」
HAPOHAPO : エリカ「天津飯が食べたいんだって」
lilith_sakura : クー「つくってやればいいじゃん」
zophyel : ケン「DORUFUの同属だ」
赤道斎 : クー「ついでにあたいの分も」
スピスタ : ケン「紙袋が飯を食うのかよ?」
zophyel : U田「おいお前ら・・・}
赤道斎 : エリカ「汁物は破れるからダメだって」
スピスタ : ケン「難儀な奴だな」
zophyel : U田「もしもーし!?」
lilith_sakura : ケン「なに?」
赤道斎 : U田「…って、そっち向いたまま言いますか?」
zophyel : U田「お前ら最近パンヤしたか?」
スピスタ : ケン「あれ?」
HAPOHAPO : ケン「名にそれ?」
HAPOHAPO : (誤爆)
火恋 : マックス「パンヤってなんだ?」
zophyel : U田{
スピスタ : エリカ「パン屋の親戚かな?」
zophyel : U田「忘れるな!!」
HAPOHAPO : アリン「わたしパン焼けますよ」
赤道斎 : クー「ぬいぐるみの中身だろ」
lilith_sakura : U田「こいつらは・・・・」
火恋 : ダイスケ「中はこしあんがうまいよな」
スピスタ : ケン「どうしたんだ?」
HAPOHAPO : ピピン「う^んと・・・服作るゲームだったけ?」
赤道斎 : okome「昔はググってもトップじゃなかったですしね
zophyel : U田「まあ、衣装の売り上げがあるけどさあ」
HAPOHAPO : 時は4月1日であった。
lilith_sakura : U田「いいネタねぇかなぁ」
HAPOHAPO : ケン「どれぐぐって見るか」
スピスタ : okome「パンヤ辞めますとかどうです?」
zophyel : セレクトパンヤ
赤道斎 : エリカ「誰もが信じそうね」
HAPOHAPO : ケン「ねぇパン屋さんで出たぉ」
スピスタ : U田「また負けたのか」
HAPOHAPO : ピピン「もっちーパンだって」
zophyel : エリカ「おいおい」
赤道斎 : クー「もっち食品はそんなに売れるのか?」
zophyel : ケン「何か苦悶の表情浮かべてんぞ」
lilith_sakura : ケン「パンヤって打つとパニャになっちゃうし」
HAPOHAPO : ティッキー「ドルフパンもあるぉ」
スピスタ : エリカ「凄いね」
zophyel : ケン「本人でカタドリしてたりしてw」
赤道斎 : クー「食うと腹をこわしそうだな(あせ)」
HAPOHAPO : エリカ「あぁ見えてもドルフはメスよ」
スピスタ : ケン「ウソだろ?」
赤道斎 : キューマ「子育てしてたぞ」
zophyel : ドルフ「ウソです(あせ)」
スピスタ : ミンティ「隠し子がいるらしいよ」
赤道斎 : ケン「それがドルフボールか」
HAPOHAPO : アリン「さっきからずっと感じてるのだけど・・」
スピスタ : マックス「どうした?」
zophyel : ドルフ「アホ言わないで下さいよ」
HAPOHAPO : アリン「あの子がいない」
赤道斎 : アリン「恨みのこもったねちっこい視線…」
赤道斎 : (なしで)
スピスタ : ダイスケ「アリンの子供か?」
火恋 : マックス「夜更かしは肌に悪いと寝たぞ」
lilith_sakura : アリン「う~」
赤道斎 : エリカ「え、二人の子供?」
zophyel : ダイスケ
zophyel : 「・・・
zophyel : ダイスケ
HAPOHAPO : ミンティ「わたしは名前出てるけど・・・」
スピスタ : ケン「誰だ?」
zophyel : ダイスケ「ヤッパから揚げはトリだな
HAPOHAPO : ミンティ「あの子は忘れ去られてるわ」
(匿名希望様) : クー「やはり、何かが変だ・・・」
スピスタ : ケン「何を忘れたんだ?」
HAPOHAPO : ミンティ「わたしはあの子の代わりになっちゃお」
zophyel : ピピン
赤道斎 : クー「ここは一発、ショック療法で…」
lilith_sakura : ミンティ「そうなれば洋服だって」
zophyel : ピピン「気のせいだろ
赤道斎 : エリカ「サイズ、合うの?」
HAPOHAPO : マックス「ロリっ娘がだぶるじゃないか。いいけど
スピスタ : ミンティ「ロリ言うな!」
火恋 : アリン「浮気もの・・・」
lilith_sakura : マックス
赤道斎 : マックス「じゃ    ょぅ…」
HAPOHAPO : U田「よし来週はミンティのメイド衣装実装だ」
スピスタ : ダイスケ「逮捕するぞ?」」
lilith_sakura : マックス「諸君、私は幼女が(ry」
赤道斎 : アリン「いいかげんになさい!」
zophyel : ゴー☆ジ○ス「また・・・出番なし・・・くくっ」
HAPOHAPO : ルーシア「・・・・・・・・・・」


------------ キリトリ -----------
(速報時の仮名を記録し損ねたため、匿名希望様とさせていただきました。★○○○○○○★さま、申し訳ありません。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23282534.jpg



次回のお題は「ちょっとコマーシャル」です。

竹本泉さんの単行本再版記念ってこと…ではありません。今日配送されてきたのですが。
[PR]
by sekidousai | 2009-02-28 23:30 | 1行リレーパンヤ物語杯

今日のお買い物

 今日購入したセルフデザインは洵`さんのアリン用上着。

f0116056_22492530.jpg


 ベージュのシャツに茶のショートベストと濃い茶のオーバーを合わせたような凝った作り。全体も凝っていますが細部に至るまで作り込まれています。

 スカートは一般販売のショコラスカート。洵`さんはブラウンレーススカートを履かせていらっしゃいました。
 こうしてみると、市販品って塗りが甘いですね。HAPOHAPOさんの言うとおりセルデザ職人さんに軍配が上がります。

 今度お会いしたらスカートの作成予定について尋ねてみましょう。




 余談

 購入時のスクリーンショットを観ていたら、パンヤポータルのわんこさんが(ニックネームだけ)写り込んでいました。
 位置的にはWest Wizの崖の下。一体そんなところで何をしていらっしゃったのでしょうか。
[PR]
by sekidousai | 2009-02-27 23:04 | パンヤ

本日のお題「ケーキに立てる蝋燭の数は…」by 赤道斎

今日のコースはBlue Water。このコース嫌い!個人的に☆6個をあげたい。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : (いい勝負できるかしら?だって)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : セシリア「はあ…(かなし)」
スピスタ : ダイスケ「どうした?」
zophyel : カディエ「ふう・・・(かなし)」
赤道斎 : ミンティ「お姉ちゃん、気を落とさないで」
lilith_sakura : セシリア「この時期になると欝だわ」
zophyel : カディエ「誕生日・・・ねえ」
スピスタ : ダイスケ「考えすぎだ」
赤道斎 : セシリア「あなたが無神経なだけよ」
zophyel : ティッキー「そんな二人に朗報です」
スピスタ : カディエ「何?」
赤道斎 : ティッキー「ケーキの蝋燭の数を減らすアイテムよ
zophyel : ティッキー「今年から二人の誕生日はなし!!」
lilith_sakura : カディエ「あなたもね」
スピスタ : ダイスケ「蝋燭は減っても歳はへら…」
赤道斎 : ごすっ!
zophyel : ---しばらくお待ちください---
赤道斎 : ダイスケ「私が悪うございました」
lilith_sakura : セシリア「はぁ~~~~~」
zophyel : カディエ「ふぅ~~~~」
スピスタ : カディエ「余計に鬱になってきたわ」
HAPOHAPO : マックス「俺は多いほうがいいなぁ(すき)」
赤道斎 : アリン「何ですって?浮気するつもりですか?」
zophyel : ミンティ「なぜですか?」
lilith_sakura : マックス「肺活量を自慢できる」
スピスタ : カディエ「そんなの自慢にならないわよ…」
HAPOHAPO : マックス「そして熱く溶けた蝋を体に・・・」
赤道斎 : ダイスケ「歳と共に身体機能は落ちるんだぞ」
zophyel : カディエ「はいはい」
lilith_sakura : セシリア「歳ばっかとって何も得ないのよね」
HAPOHAPO : マックス「今日も海賊の娘にたらしてもらった」
スピスタ : ゴスッ!
zophyel : がつ!
赤道斎 : アリン「行ってくだされば私がしますのに」
赤道斎 : (言って)
lilith_sakura : アリン「でもなんか引きますわ」
スピスタ : セシリア「そこまで変態だったのね…」
赤道斎 : クー「あー、さっきはすっきりした」
スピスタ : セシリア「問題の子も来たわね」
赤道斎 : エリカ「クーちゃん、そっちの趣味があったの?」
lilith_sakura : クー「やってくれたらCPくれるっていうからね」
スピスタ : カディエ「マックスは最低ね」
赤道斎 : ケン「一種の★★★★じゃないか」
赤道斎 : (”えんじょこうさい”はNGでした)
lilith_sakura : クー「気持ち悪かったけどな」
HAPOHAPO : クー「赤い蝋燭だったから雰囲気も出たし」
スピスタ : カディエ「その気持ちを忘れたらダメよ」
赤道斎 : マックス「ああ、思い出しただけで体が疼くぜ」
スピスタ : ゴスッ!
lilith_sakura : セシリア「根性焼きでも喜びそうね」
赤道斎 : マックス「愛のないのは痛いだけだ」
HAPOHAPO : アリン「あなた私以外の愛を認めるの!」
スピスタ : エリカ「違いが分かるのかしら?」
赤道斎 : マックス「体でわかるのさ」
スピスタ : エリカ「マジキモイ」
赤道斎 : マックス「ああ、節分みたいな行事にならんかな」
lilith_sakura : ケン「気持ち悪いのほっといておやつするか?」
HAPOHAPO : エリカ「あのこれ・・・」
zophyel : と、取り出したのはショートケーキ一ラウンド
赤道斎 : マックス「ん?おれに?」
zophyel : ケン「誕生日ケーキの余りが出たんだ」
赤道斎 : マックス「蝋燭が立ってないぞ」
lilith_sakura : マックス「ろうそくをもってこんか!」
スピスタ : エリカ「ヤダ」
zophyel : ケン「だから、あまりなんだって」
赤道斎 : マックス「歳の数だけぽたーりぽたーりと」
HAPOHAPO : マックス「この蝋燭はこうやって頭にだな」
スピスタ : ゴスッ!
lilith_sakura : PANGYA!!
zophyel : ケン「ちなみに普通の蝋燭でやるとヤケドするぞ
スピスタ : エリカ「普通はそんな事しません」
赤道斎 : セシリア「低温蝋燭がビギナー向けよ」
lilith_sakura : マックス「なんでそんなのしってるんだ?」
zophyel : ケン「こんなのひとり一本でいいじゃん」
赤道斎 : エリカ「一本の太さが年によって太くなるのね」
zophyel : ケン「なんでって、一般教養だろ?」
HAPOHAPO : アリン「色も変わるみたいよ」
スピスタ : セシリア「それも最悪ね」
赤道斎 : エリカ「歳と共にお肌の如くくすんでいく…」
zophyel : カディエ「何故呪術用の悪魔の蝋燭が・・・」
lilith_sakura : セシリア「とりあえず既婚者を呪うんじゃない?」
スピスタ : ケン「ここに既婚者はいたっけ?」
zophyel : ケン「そんなやついたか?」
zophyel : (なしで)
赤道斎 : ダイスケ「昔結婚式をやったような気が」
zophyel : ピピン「あ、ケン(はーと)」
スピスタ : マックス「生け贄決定だな!」
zophyel : クー「気のせいだろう」
HAPOHAPO : ピピン「蝋燭健康法ってニュースでやってた」
スピスタ : ケン「そんな健康法はありません!」
zophyel : ピピン「ちぇっ」
HAPOHAPO : ピピン「こうやって体に蝋をたらして行くの」
lilith_sakura : マックス「あぁぁぁ」
zophyel : ピピン「ちなみにこれだとヤケドするけど」
HAPOHAPO : ピピン「わたしも最近過労でケンにやってほしいの
赤道斎 : アリン「こらー!私にもやらせなさーい!!!」
スピスタ : ケン「勘弁してくれ!」
zophyel : ケン「お灸じゃないんだから」
スピスタ : ピピン「はい!ローソクあげる」
zophyel : ケン「よし、ピピンをねぎらってやろうw」
赤道斎 : ピピン「あん。や・さ・し・く・してね(はーと)
zophyel : ケン「本気にするな!(いかり)」
HAPOHAPO : ピピン「ぁぅん(はーと)そ、そこょ」
赤道斎 : マックス「おっ、花柄のおっきな蝋燭があるじゃな
赤道斎 : いか」
zophyel : ケン「ったく、何処でこんなこと・・・マックスか
スピスタ : ピピン「あ、それは…」
zophyel : 原因は」
lilith_sakura : ピピン「2尺花火・・・」
スピスタ : どーーーーん!!!
赤道斎 : マックス「おー、モウレツ!」
lilith_sakura : ミンティ「あぁ~山火事おきてる・・・」
スピスタ : ケン「もう爆発オチかよ…」
zophyel : ケン「でかいローソクだな。マックス、焼かれて来
赤道斎 : クー「今回はアタイが原因じゃないぞ」
zophyel : い」
HAPOHAPO :                        
HAPOHAPO : (誤爆)
lilith_sakura : セシリア「まったく、んで何の話してたんだっけ?
チャット内容が history/chatting/chat053.txtに保存されました。
zophyel : カディエ「誕生日の話」
HAPOHAPO : ミンティ「あのぉ・・・」
赤道斎 : ティッキー「蝋燭、何本挿すの?」
HAPOHAPO : ティッキー「幸せを呼ぶおまじないってニュースで
HAPOHAPO : やってた」
zophyel : ケン「一本でも二○才w」
スピスタ : ミンティ「あのぉ…」
HAPOHAPO : ミンティ「ケンさんわたしに挿してください」
赤道斎 : ケン「い、いいの?」
HAPOHAPO : ミンティ「どうせなら思う人に(ん)」
lilith_sakura : ケン「って誤解される言い方やめなさい」
zophyel : さく
赤道斎 : 挿したのは…
HAPOHAPO : マッコスだった
zophyel : どす、ざす、げしげし!!
スピスタ : マックス「壮絶だな」
赤道斎 : ミンティ「(わーん)私の初めてだったのに~」
HAPOHAPO : マックス「はははは!これぞ蝋人形の館ぁっぁぁ!
zophyel : ケン「さぁ、マックスへの仕置きはなんにする?」
スピスタ : ケン「世紀末かよ」
HAPOHAPO : ダイスケ「そこ反応するところが○暮様だな」
lilith_sakura : カディエ「なんだかカオスな展開ね」
HAPOHAPO : エリカ「でも変ね」
スピスタ : ケン「何が?」
赤道斎 : ケン「あいつが来ないな」
zophyel : セシリア「ワリとどうでもいいみたいね」
HAPOHAPO : エリカ「健康法といいおまじないといい・・・」
スピスタ : エリカ「効果はなんなの?」
赤道斎 : マックス「下半身がビンビンになるぞ」
HAPOHAPO : エリカ「今までの蝋燭の概念を拭おうとさえしてる
lilith_sakura : ピピン「変態度促進効果だよ」
HAPOHAPO : エリカ「何者かの悪意を感じるわ」
スピスタ : ケン「マックスみたいになりたくないなぁ」
zophyel : ケン「去勢すべきだな」
HAPOHAPO : ピピン「蝋燭で困ってた人って誰だろう?」
赤道斎 : マックス「真の漢とは何事にも立ち上がるべし!」
zophyel : ケン「病院の手配をしとこうか」
HAPOHAPO : エリカ「この変態は犯人じゃなさそうね」
スピスタ : ケン「それ以前の問題だしな」
zophyel : ケン「獣医でいいよな」
lilith_sakura : マックス「わが美貌に病院が逃げ出すぞ」
赤道斎 : ドルフ「獣医なんて、ぼく、病気じゃyないですぅ
HAPOHAPO : エリカ「蝋燭効果で完全に理性を失ったようね」
スピスタ : ケン「どう見てもいつも通りだろ」
HAPOHAPO : ルーシア「みなさーん!」
zophyel : カディエ「それより、ケーキ食べちゃっていいの?」
赤道斎 : ルーシア「太るわよ?」
lilith_sakura : ケン「あ~いいぞ、それ麦ケーキだし」
zophyel : カディエ「あ、ぱんつ娘」
HAPOHAPO : ルーシア「運営からおしらせがあるの」
赤道斎 : U田「イラスト板でパンツ解禁とする」
lilith_sakura : ルーシア「ということなので殴る?」
HAPOHAPO : ゴス!
スピスタ : U田「何をするんだ?」
HAPOHAPO : ルー「蝋燭健康法やおまじないに気をつけて」
赤道斎 : U田「スクショ板はどうするんだよ、今回の寝間着
赤道斎 : !」
lilith_sakura : ルーシア「お前の趣味のせいだろうが」
zophyel : ケン「ガッガッが過ぎるからだろ」
HAPOHAPO : ルー「キャーイク○ーン!」
lilith_sakura : ケン「なにをいってるんだ?」
zophyel : カディエ「とりあえずケーキ食べちゃいましょ」
赤道斎 : セシリア「お仕置きがさきよ」
lilith_sakura : ---------- キリトリ ---------
HAPOHAPO : セシリア「ふふふこれで蝋燭はなくなるわね・・・


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23413971.jpg


途中、スコアがプラスで終わるかと思いました。


次回のお題は「消えていくものたち」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-02-26 23:43 | 1行リレーパンヤ物語杯

駆け込んだ

 アリンが一個、ルーシアが二個、それぞれ不足の状態で最終日に突入した「○○の純情」イベント、

f0116056_2329635.jpg


 Wind Hill18Hを2周回ってようやく入手。
 ルーシアのは1回目の周回で、アリンのは2回目の最終18H、もう諦めた時にポロり。


 それにしてもWind Hill、それも18Hですぐ人が入ってくるなんて、こんなイベントの時だけですな。


--------------------------------------------------------------------


 ピピンを使っていて、最近気付いた事。

 ピピンの手袋の甲には右手に「Ⅵ」左手に「Ⅳ」の文字が入っています。

f0116056_23454622.jpg


 これって何を意味しているのでしょうか?
 最初左手のⅣしか気付かず、Season4の「Ⅳ」かと思ったけど調べてみたらSeason1の頃からちゃあんと付いてます。さらに右手の方はⅥ。「実装またはデザイン4人目のキャディ」って訳でもなさそう。

 全く無意味のデザインなのかなぁ。
[PR]
by sekidousai | 2009-02-25 23:34 | パンヤ

今日も今日とて

 セルフデザインの露店巡り。

 そして見つけたのがこの一着。

f0116056_221434100.jpg


 azlineさんの作品です。カタログはこちら。

「Azself」
http://plaza.rakuten.co.jp/azself

 編み目が細かいです。遠方視点とか小さく表示させるとモアレってしまいます。
 主要部分と比べ襟周りがちょっと平面的な気もします。もっともこれは普通のCP/PP衣装でもよく見られる事ですが。というか、一般売り衣装は全体的に平面的な衣装が殆どだったりしますが。

 でもね、一目見て気に入ったんだからいいじゃない。中古服のマーケットなんて話があるけど、

  「気に入って買ったんじゃないの?」

 私は絶対放出しません!


--------------------------------------------------------------------


 メインではロロを、「赤道斎」ではピピンを使っていますが、最近思う事。


 絶~対!ピピンの方が優しい良い子です!!

 ラフに打ち込んだら悲しみ、パーを取れなくても拍手して慰めてくれるし。ヘマすると「ぷいっ!」と見放すロロとは大違いだと思いませんか?



   そして、キャディの方に向かって打つ時の「いやいや」が可愛いと思いませんか?
 私だけですか…
[PR]
by sekidousai | 2009-02-24 22:33 | パンヤ

やっぱり

人が集まらず、本日の大会は中止となりました。

むう…
[PR]
by sekidousai | 2009-02-23 23:44 | 1行リレーパンヤ物語杯

二日遅れ

 今年はまとまった雪がなかなか降らず、もう降らずに終わるものと思ってましたが

f0116056_0203144.jpg


 一応降りました。でもすぐ消えそう。

f0116056_0214262.jpg


 予報では午後から晴れ、気温も上がると言ってるので雪かきなんて不要だと思うのですが、これくらいの雪でも滑って転倒する人がいるそうな。雪国出身には信じられないけど本当の事。

 雪には梅よりこっちの方が似合いますな。

f0116056_023498.jpg



--------------------------------------------------------------------


 駅に行ったら、いつもはてんでバラバラにいる機関車が一箇所に集まってました。

f0116056_028526.jpg


 寒いからって寄り集まってた訳じゃないでしょう。

f0116056_0285198.jpg

f0116056_029524.jpg

f0116056_0292136.jpg


 上(集合写真の右)からEF81系、EF65系、そしてDE10系。
 別に鉄道オタクじゃないけど、機関車にはやっぱり「力」を感じるので好きです。
 オタクじゃない証拠(?)にデザインの古めかしさからEF81系(しばらく前まで61系だと思ってた)の方がEF65系より古い設計だと思ってましたもの。
[PR]
by sekidousai | 2009-02-22 00:32 | 日常

本日のお題「ダブルラリアット」by HAPOHAPO さん

ヴェアリスさんが本日初参加してくださいました。しかしながら初参加とは思えぬ参加っぷり。
コースはSepia Windでした。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
ヴェアリス : よろです^^
赤道斎 : くるくるくる~
スピスタ : ケン「何廻っているんだ?」
HAPOHAPO : マックス「市長電話です」
赤道斎 : マックス「回るので忙しい。後にしてくれ」
赤道斎 : (まちがったー(わーん))
ヴェアリス : クー(話に入れない・・・)
zophyel : クー「いい加減にしろ、ご主人」
HAPOHAPO : ダイスケ「なにを騒いでいるんだ?」
スピスタ : ケン「見ての通りだ」
zophyel : クー「マックスが仕事をしないで回ってる」
赤道斎 : ダイスケ「…観てると俺も回りたくなってきた」
スピスタ : ケン「おい!」:
zophyel : クー「手の届く範囲でいいから仕事しろ」
HAPOHAPO : マックス「どうでもいいが市長に電話だぜ」
赤道斎 : クー「市長って誰だ?」
スピスタ : ダイスケ「さあ?」
ヴェアリス : カズ「じゃあ俺が」
zophyel : ロロ←市長「へっぷし!!」
スピスタ : ケン「あ、帰ってきたか」
赤道斎 : カズ「あ~、市長だが、何かようか?」
HAPOHAPO : 電話の向こうでは女の泣き声が・・・
スピスタ : カズ「一体どうしたんですか?」
ヴェアリス : エリカ「市長また愛人ですか?」
赤道斎 : 女「実は…彼氏が浮気して…」
zophyel : カレン「うちの人が遊んでばかり・・・」
赤道斎 : カズ「この電話、切っていいか?」
zophyel : カレン「早く帰ってらっしゃい!!」
ヴェアリス : カズ「だが断る」
スピスタ : エリカ「市長は何処?」
赤道斎 : ロロ「あたし、そういうの向かないからパス」
zophyel : クー「逃げんな!」
HAPOHAPO : エリカ「そうも言ってられないわよ」
スピスタ : ロロ「どうして?」
赤道斎 : カレン「今から行くから待ってなさい!」
zophyel : クー「あたいですら職探してるってのに」
HAPOHAPO : エリカ「キューマが誘拐されたらしいわ」
スピスタ : ロロ「なんですって?」
赤道斎 : ロロ「そっちを優先しましょ」
zophyel : ケン「いく先分かってるけどさ」
スピスタ : ロロ「何処?」
zophyel : セシ「へっぷし!!」
HAPOHAPO : ロロ「救助隊を選抜しなきゃ」
ヴェアリス : ケン「俺めんどくさいからパス」
zophyel : エリカ「興味なし」
スピスタ : ロロ「ケンは決定ね」
HAPOHAPO : ダイスケ「しゃーねーな」
ヴェアリス : ケン「エーーーーーーーーー」
赤道斎 : クー「一泡吹かせてやりたいな」
zophyel : クー「ほら、ご主人も回ってないで」
スピスタ : ロロ「ダイスケとクーはダメね」
赤道斎 : クー「えー、なんでさ?」
zophyel : ケン「何故」
スピスタ : ロロ「やる気がありすぎると失敗するから」
zophyel : ロロ「ケンは女装させて囮役」
赤道斎 : ダイスケ「いやいや、きっと役に立つぞ、俺」
ヴェアリス : アリン「私はどうすれば・・・」
赤道斎 : マックス「寝ててくれ」
zophyel : エリカ「どっから沸いて出たのかしら」
スピスタ : ロロ「さあ?」
赤道斎 : アリン「何か面白そうなんですもの」
ヴェアリス : アリン「さっきまでみんな私を忘れてましたよね?
zophyel : クー「つまり、シルビア艦隊を攻撃するんだろ?」
スピスタ : ケン「そうなるのかな?」
赤道斎 : ロロ「それじゃキューマまで巻き込まれるじゃない
zophyel : ケン「なに、死にゃしないさ」
HAPOHAPO : エリカ「犯人から新たな要求よ」
スピスタ : ケン「救助には犠牲がつきものだしな」
赤道斎 : 『帯を巻いてケンをよこせ』
zophyel : ケン「トマに巻き込まれてもピンピン・・・は?」
HAPOHAPO : エリカ「一切の武器を放棄して3人だけこい」
ヴェアリス : アリン「ケン君・・・いってらっしゃい」
スピスタ : ケン「俺、帰っていいか?」
赤道斎 : ロロ「だめ」
ヴェアリス : アリン「救助に犠牲はつき物なんでしょ?」
zophyel : クー「えー、テロリストと交渉はし・な・い・と・
赤道斎 : エリカ「おっと、更に新しい要求が」
HAPOHAPO : エリカ「ケンにはスカートと化粧を」
zophyel : 「クーを簀巻きにして海に沈めろ」
スピスタ : ケン「なんで俺だけ?」
ヴェアリス : アリン「素質があるからよ」
赤道斎 : クー「愛されてるんだよ、お前」
スピスタ : ケン「クーだって大変だぞ?」
zophyel : クー「無視、無視♪」
赤道斎 : 『男装の幼女もね(はーと)』
スピスタ : ケン「…勘弁してくれ」
HAPOHAPO : ロロ「とりあえず化粧手伝ってあげるわ」
ヴェアリス : カズ「犯人たちは変態なのか?」
スピスタ : ケン「そのようだな」
zophyel : クー「さ、攻撃準備は完了したぞ」
赤道斎 : マックス「うーむ、俺はどうしたもんか」
スピスタ : ケン「適当に回っていてくれ」
HAPOHAPO : アリン「パンヤで格ゲってのもいいわね」
zophyel : クー「ご主人を幼女に仕立てれば?」
ヴェアリス : カズ「それはない」
zophyel : マックス「それ採用」
ヴェアリス : カズ「お前がやるくらいなら俺が・・・!」
zophyel : カレン「ナニを?」
ヴェアリス : カズ「・・・幼女」
スピスタ : ロロ「ヲイ!」
赤道斎 : カズ「一度やってみたかったんだ(ひょえ)」
zophyel : マックス「準備できたぞ」と、女装完了。
スピスタ : ケン「似合わねー」
ヴェアリス : アリン「・・・可愛い」
赤道斎 : エリカ「夢に見そう…(あせ)」
zophyel : エリカ「味方に大ダメージだからやめて」
HAPOHAPO : カレン「ゴゴゴゴゴゴッゴゴ・・・・・」
スピスタ : ロロ「お?対抗意識を燃やしだしたか…」
zophyel : カレン「カズの方が可愛いに決まってます」
赤道斎 : カレン「カズもさっさと支度なさい!」
ヴェアリス : カズ「やっぱそうだよな」
zophyel : で。
HAPOHAPO : カズ「ば、な、おま!ちょ!」
赤道斎 : エリカ「お持ち帰り…したくないなぁ」
zophyel : ケン「・・・コイツ本当に魔王の生まれ変わりか?
HAPOHAPO : マックス「あたらしいキャバでもはじめるか?」
ヴェアリス : カズ「・・・最近自信ない」
スピスタ : ケン「勘弁してくれ」
赤道斎 : エリカ「あんたも人の事言えないでしょ」
HAPOHAPO : クー「犯人から写真が送られてきたぞ」
zophyel : ロロ「あ、可愛い」
スピスタ : ケン「お、キューマは無事か?」
赤道斎 : そこには帯を引かれ回されるキューマの姿が
HAPOHAPO : アリン「あら、女装に合うわね」
zophyel : クー「手の届く仕事が女装とは情けない・・・」
スピスタ : ケン「二人とも負けたな」
赤道斎 : エリカ「クーちゃんは支度しないの?」
HAPOHAPO : エリカ「犯人からまたメッセージよ」
スピスタ : クー「アタイが行ったら不味いだろ」
zophyel : 「はよせんかい!!」
赤道斎 : エリカ「四の五の言わずに着替えてね」
スピスタ : ケン「随分短気だな」
zophyel : ケン「って、ぱんつを脱がすな!!」
赤道斎 : クー「男物なんて持ってないんでな」
zophyel : クー「案外大きいな」
赤道斎 : マックス「ナニが?」
ヴェアリス : アリン「・・・これはなかなかいい感じの」
zophyel : クー「ウエスト」
赤道斎 : クー「気を抜くとずり落ちそうだ」
スピスタ : ケン「もうお婿にいけない…」
zophyel : クー「心配するな。前からそうだ」
ヴェアリス : マックス「大丈夫だ。俺がもらってやる」
赤道斎 : マックス「大丈夫。俺なんていつもだ」
赤道斎 : (なしで)
スピスタ : ロロ「そろそろみんな準備はいい?」
zophyel : 一同「「はーい」」
HAPOHAPO : ダイスケ「おぅ!ぶんぶんまわすぜ!」
赤道斎 : そしてシルビア艦隊に向かう一行。そこでは…
スピスタ : キューマ「目が回った…」
zophyel : セシ「つ・ぎ・は~、巫女さんかしらね」
HAPOHAPO : エリカ「なにかしら?」
赤道斎 : キューマ「巫女さんで回されるなんて…あ…」
zophyel : ロロ「セシリア・・・ヌッコロス」
HAPOHAPO : セシリア「うふふ・・・腋は出さなきゃね」
ヴェアリス : アリン「これはこれで・・・」
赤道斎 : ケン「キューマの方もまんざらでは無さそうだな」
HAPOHAPO : マックス「だめだ(すき)!抑えられん!」
ヴェアリス : アリン「実はケン君もやりたいんじゃない?」
スピスタ : ケン「おい、待てよ!」
zophyel : クー「さて、皆まとめて海の藻屑にしてやる」
赤道斎 : セシリア「ケン、カモ~ン(すき)」
スピスタ : ケン「だが断る!」
zophyel : クー「砲撃・開始(はーと)」
ヴェアリス : アリン「セシ姉さん、ケン君確保しました(造反)」
スピスタ : ケン「」
赤道斎 : セシリア「クーちゃんもまわっちゃえ(はーと)」
スピスタ : (誤爆)
HAPOHAPO : クー「あれー」
スピスタ : カズ「何しているんだ?」
zophyel : クー「なーんか、ヤな予感・・・」
HAPOHAPO : カレン「ゴゴゴゴゴッゴゴゴゴゴゴッゴ・・・」
赤道斎 : エリカ「危険ですから近づかないでください」
スピスタ : カズ「これは拙い」
zophyel : カレン「カズ・・・ナニヲシテイマスカ?」
スピスタ : カズ「俺は戦線離脱するから」
HAPOHAPO : カレン「あなたはもっときれいになれるはずよ」
zophyel : ケン「そっちかよ」
赤道斎 : カレン「さ、これを着て化粧して…そして回る」
スピスタ : カズ「あーれー」
zophyel : セシ「まぁ(はーと)なんてボーイズ・ラヴ」
HAPOHAPO : ダイスケ「さてそろそろ真打の登場だな」
赤道斎 : エリカ「あたし、セシリアに寝返ろうかしら」
スピスタ : マックス「待て、ここはまず俺だろ!」
zophyel : ケン「さて、アイマスクの準備を」
ヴェアリス : アリン「やっぱりうちの男衆は女装似合うわ・・・
赤道斎 : アリン「一人を除いて、ね」
HAPOHAPO : マックス「アリン、ブラ貸して(ひょえ)」
ヴェアリス : アリン「約1名除きますけど」
ヴェアリス : (なしで)
スピスタ : ダイスケ「なんでみんな俺を見る?」
zophyel : ダイスケ・マックス「「よっこらせっ」」
赤道斎 : アリン「クーので充分でしょ」
赤道斎 : あれ?
HAPOHAPO : クー「ぁたいは(うる)・・・まだつけたことない
赤道斎 : (またやっちゃったー(かなし))
スピスタ : (どまい)
zophyel : (あらら)
赤道斎 : (zophyelさんよろ~)
スピスタ : マックス「俺の回転を見ろ~!!!」
HAPOHAPO : アリン「大丈夫きっと大きくなるわ」ボヨンボヨン
赤道斎 : セシリア「マックス!ナニ回してるのよ!」
zophyel : ケン「スカートがめくれ上がってモッコスが・・・
ヴェアリス : エリカ「胸といえばルーシアがいないね」
赤道斎 : アリン「三番目は居なくて大丈夫よ」
スピスタ : ロロ「今日はコンサートらしいよ」
ヴェアリス : エリカ「ふ~ん」
zophyel : ダイスケ「俺も回るぞ」
HAPOHAPO : ミンティ「新曲出したんだって」
スピスタ : エリカ「なんて曲なの?」
HAPOHAPO : ティッキー「ダブルラリアット」
zophyel : ケン「腹が揺れてる・・・悪夢だな(あせ)
ヴェアリス : カズ「ザンギエフ?」
スピスタ : エリカ「目の前の悪夢を連想しそうでイヤね」
zophyel : エリカ「えーい、尻を振るな!!」
HAPOHAPO : ケン「マイ○・○ガーだろ?」
ヴェアリス : カズ「おっと、失礼・・・」
スピスタ : セシリア「何処かの市長さん?」
ヴェアリス : (伏せ忘れました・・・
赤道斎 : クー「さて、この狂乱状態、どうしようかな?」
zophyel : クー「おかしいなあ。職探ししてたはずなんだが」
スピスタ : エリカ「見たらダメよ」
HAPOHAPO : エリカ「今度のメンテで実装しちゃえ!」
スピスタ : ケン「パンヤが終わるぞ?」
赤道斎 : クー「風向表示がクルクル~」
HAPOHAPO : 翌週・・・
zophyel : クー「よっこらせっ、をか?」
赤道斎 : カズ「こっちが実装されたか」
HAPOHAPO : アリン「まさか本当にやるとは・・・」
スピスタ : ケン「その後の笑いマークを何とかしてくれ」
赤道斎 : マックス「あこがれのバックダンサー…」
zophyel : ケン「ソレなんて地獄?」
HAPOHAPO : ダイスケ「おぃ、俺たち葉っぱ隊だろ?」
スピスタ : ケン「まさに地獄だな」
赤道斎 : マックス「葉っぱじゃ隠しきれんぞ」
HAPOHAPO : ダイスケ「あふれる男気だ」
ヴェアリス : アリン「隠せないほど立派じゃないでしょう?」


------------ キリトリ -----------
ルーシアに対する「三番目」発言はもちろんこれの順位。

10197「誕生日」(惰眠を貪る氏)
http://www.pangya.jp/fan_sbbs_view.aspx?seq=10197

ログ保存にまたヘマしちゃいました。そんなわけで今日のチャットログはzophyelさんより頂きました。どうもありがとうございました。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_2344439.jpg


これでクーが一番に純情満タン。先日の事といい、クーが取り憑いてる?


次回のお題は「ケーキに立てる蝋燭の数は…」です。
とっくにダイスケの歳も越えてるし、今さらケーキなんぞ出された日にゃどう対処していいか判りませんな。
[PR]
by sekidousai | 2009-02-21 23:53 | 1行リレーパンヤ物語杯

新人参入。でも二度と使う事はないかも

 てなわけで、クーちゃんが赤道斎チームの一員となりました。

「2月19日(木)に行ったアイテム配布に関して」
http://www.pangya.jp/board_notice_view.aspx?cat=4&seq=1879&num=1878

 昔むかしにエリカのウェディング目当てで当てちゃったクーのウェディングがあったので着せてみました。

f0116056_23513525.jpg


 タンス(「その他」)にしまい込んでたので黄ばんでいないか?

 そしてこの状態で大会に参戦。いつもよりウッドの飛距離が約10y短く、その代わりコントが高め。もっともこのくらいの変動は、衣装など見た目最優先でコスチェンジする私にとって日常茶飯事ですので無問題。
 ちゃんとアルバトロスくらい取れます。

f0116056_23555740.jpg


 なんかピピンが巨人に見えてきた…



 ま、これと同じ様にできるクーちゃんはメインにも居ますので、出動はこれっきりですね。アップグレードもなし。ちょっと可哀想かな?
[PR]
by sekidousai | 2009-02-20 00:01 | パンヤ

本日のお題「開封厳禁セレクトボックス!」by zophyel さん

例の運営配布ミスでクーがチームの一員となったので、ウェディングドレスを着せて参戦しました。
コースはSepia Windでした。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : クー「ぁたいのマスターは早撃ちなんだ」
赤道斎 : (10y短い、ゲージの動きが遅い)
赤道斎 : マックス「ほほう、俺とどっちが早いかな?」
zophyel : ケン「やめといたほうがいいよ」
スピスタ : マックス「どうしてだ?」
zophyel : ケン「どうせピストルか大砲だろ?」
赤道斎 : マックス「あれ?アレじゃないのか?」
HAPOHAPO : クー「どうも最近18H20分以下なんだ」
zophyel : ケン「付き合いが悪いな」
赤道斎 : マックス「お、俺だって頑張ればそれくらい…」
スピスタ : ケン「大丈夫なのか?」
HAPOHAPO : クー「じゃぁやってみるか?」
zophyel : 30分後
赤道斎 : マックス「ちょっと今日は腹の具合が(あせ)」
スピスタ : ケン「まだまだだな」
zophyel : マックス「これを差し上げるので勘弁してくれ」
赤道斎 : クー「何、この箱?」
スピスタ : クー「なんだ?この箱」
スピスタ : (私の無しで)
HAPOHAPO : (素ちっぷきたこれ)
zophyel : 『開封厳禁』
赤道斎 : (おめー)
スピスタ : (おめ)
赤道斎 : クー「開けるなと言うと開けたくなるな」
スピスタ : マックス「開けるな!絶対に開けるなよ!」
赤道斎 : べりっ!
HAPOHAPO : クー「それじゃ褒美にならんだろ」
zophyel : 中に入っていたのは、ゴシック服セット。
スピスタ : クー「なんだ、ただの服か」
赤道斎 : クー「これは…男物?」
zophyel : ケン「なワケあるか」
赤道斎 : クー「嘘だと思うなら着てみろ、ケン」
スピスタ : (素チップキタコレw)
HAPOHAPO : クー「なんかラベルがついてるぞ?」
赤道斎 : (おめー*2)
HAPOHAPO : (おめ)
zophyel : ケン「どーみても女物、それも少女用だぞ
スピスタ : クー「どう見ても変態です」
HAPOHAPO : クー「ぉい、大人のおもちゃってなんだ?」
zophyel : クー「この赤い靴なんかそれらしいじゃないか」
zophyel : (なしで)
赤道斎 : ケン「まだ知らなくていいアイテムだな」
スピスタ : クー「ケンは知っているのか?」
HAPOHAPO : クー「いや、メーカー名だよ」
zophyel : ケン「アンティークドールは奥が深いよ」
赤道斎 : マックス「そんなダッチ賄畏怖じゃなく俺を…」
HAPOHAPO : クー「つまりマックスはわたしにおもちゃになれと
HAPOHAPO : ?」
zophyel : ごず☆
赤道斎 : ケン「危険な発言をするんじゃない!」
ピピン : 危ないかも・・・。
スピスタ : マックス「い、いいパンチだった…ぜ…」
HAPOHAPO : エリカ「クーたんを玩具にしていいのはわたしだけ!」
ピピン : ちがう方向に打ってみてね。
赤道斎 : ケン「冗談に聞こえないからヤメロ」
zophyel : マックス「というか、絶対開けるなと言ったぞ」
スピスタ : ケン「これは絶対に開けるフラグだよな」
zophyel : マックス「何でも、最も純粋な乙女のみ着られると
zophyel : か」
HAPOHAPO : ケン「え(びっくり)?すごいしっくりくるよ」
スピスタ : クー「着るなよ…」
zophyel : 一同「「「おい!!www」」」
HAPOHAPO : ケン「違うんだ!(わーん)流れなんだ!」
赤道斎 : ケン「ああ…新たな世界を感じる(はーと)」
zophyel : ケン「けど・・・なんか・・・変な感じ・・・」
スピスタ : マックス「新しい何かに目覚めたな」
赤道斎 : クー「俺より女っぽくないか?」
zophyel : エリカ「いつものことじゃない」
スピスタ : マックス「元々クーが女っぽくないしな」
zophyel : クー「言ったな!!」
赤道斎 : クー「ほっとけ!(いかり)」
zophyel : クー「じゃあ、あたいが着る!! ケン、脱げ!」
赤道斎 : ケン「イヤー(わーん)お嫁に行けなくなる~」
スピスタ : マックス「なんだそれは」
zophyel : で
赤道斎 : くー「どうだ、似合うだろう」
HAPOHAPO : ティッキー「あ!開けたんですね(いかり)」
zophyel : 着替えたケン「微妙・・・」
スピスタ : エリカ「何か危険な予感が」
赤道斎 : ミンティ「それ、呪われてますよ」
zophyel : ケン「脱いで正解だったかもしれん」
HAPOHAPO : ミンティ「結ばれない呪いだとか」
スピスタ : クー「何それ?」
HAPOHAPO : セシリア「わたしのこと呼んだ?」
zophyel : ティッキー「結婚できない呪いとか・・・」
赤道斎 : ティッキー「一生独身だって…あ、きた」
スピスタ : セシリア「聞きたくない話ね」
赤道斎 : セシリア「あら、それ昔の私の衣装ね」
zophyel : ミンティ「・・・」
HAPOHAPO : セシリア「わたしも小学生のころから可愛かったの
HAPOHAPO : よ(ひょえ)」
赤道斎 : ダイスケ「信用して…いいのか?(あせ)」
zophyel : エリカ「なんでそんな危険なモノを野放しに・・・
HAPOHAPO : ケン「セシリアさん落ち着いて~(あれ)!!」
スピスタ : ミンティ「処分できないんですよ」
赤道斎 : ティッキー「破ろうとしても燃やそうとしてもダメ
赤道斎 : なの」
zophyel : クー「ケーンー(はーと)  だっこー(すき)」
HAPOHAPO : ミンティ「ナイスバディと引き換えに結ばれない」
赤道斎 : ケン「むう、ぺったんこ(ひょえ)」
スピスタ : ティッキー「ある意味、最悪な呪いなの」
HAPOHAPO : ケン「あれ、だんだんふくよかになってきた」
zophyel : クー「なんか、ケンとくっつきたくてたまらないぞ
赤道斎 : エリカ「こんなのクーちゃんじゃな~い!」
zophyel : クー「ごろごろごろ~(はーと)」
HAPOHAPO : ケン「なんてきれいな足なんだ(すき)」
スピスタ : マックス「なんだか怖い話だな」
赤道斎 : エリカ「こらケン!私と代わりなさいっ!」
zophyel : クー「全部好きにしていいぞ?」
スピスタ : マックス「さて、俺は逃げるとするか…」
赤道斎 : エリカ「ううう、ジェラシいよう(かなし)」
HAPOHAPO : ゴゴゴゴゴゴゴ・・・
zophyel : ケン「ううう・・・(あれ)(気絶)」
スピスタ : マックス「なんの音だ?」
赤道斎 : クー「あらら、情けないやつめ」
zophyel : クー「じゃ、あたしが連れ帰って・・・クックック
赤道斎 : ピピン「ダメ~っ!(わーん)」
HAPOHAPO : マックス「愛の力は呪いに勝てるのか?!」
zophyel : クー「お邪魔虫はあっち行ってろ」
スピスタ : クー「お持ち帰り~」
HAPOHAPO : ピピン「海賊の娘がいいのかよぉ~(うる)」
赤道斎 : エリカ「こうなったら、あたしもこの箱を…」
スピスタ : クー「海賊だから強奪するんだよ」
zophyel : マックス「これって服のせいだよな」
赤道斎 : エリカ「服出ろ服出ろ服出ろ~」
HAPOHAPO : (更新しました☆(ういんく)!)
スピスタ : (おめ)
赤道斎 : (おめー(爆竹))
zophyel : 出てきたのは水着セット。
HAPOHAPO : エリカ「ふんふんふん~ん♪」
ピピン : O・Bになりそうです。
スピスタ : エリカ「ちょっと恥ずかしいけど、いいか」
赤道斎 : カズ「(すき)」
zophyel : マックス「・・・なんか縮んでないか?」
HAPOHAPO : ケン「エリカ・・・俺お前のこと前から好きだった
HAPOHAPO : んだぜ」
スピスタ : クー「なんて事を言うんだ!」
赤道斎 : クー「あたいの事を捨てるって言うのか?」
HAPOHAPO : カズ「エリカ・・・お茶でもどうかな」
zophyel : マックス「おいおい。てか、エリカが幼女になった
zophyel : な」
赤道斎 : カレン「このロリコンめ!」
HAPOHAPO : マックス「うは(すき)お医者さんごっこちようか
スピスタ : マックス「誘拐されるなよ?」
HAPOHAPO : クー「なんなんだ?この呪いは?」
zophyel : マックス「さて、そろそろ元凶を呼ぶか」
赤道斎 : エリカ「おじちゃん達、目が怖いよぉ」
スピスタ : ケン「誰なんだ?」
zophyel : マックス「カディエだろ?」
赤道斎 : カディエ「あたしじゃないわよ」
スピスタ : マックス「意外だな」
zophyel : マックス「ウソは魔女の始まりだぞ」
HAPOHAPO : カディエ「うそではない」
スピスタ : カディエ「私は元々魔女よ?」
赤道斎 : カディエ「変身願望、それはあの人の夢…」
HAPOHAPO : ミンティ「すごい・・・牛さんのオーラを感じるで
HAPOHAPO : す」
zophyel : カディエ「まあ、精神面の呪いは解いたげる
HAPOHAPO : ティッキー「ナイスバディでも相手にされない」
赤道斎 : アリン「それ、困りますぅ(あせ)」
HAPOHAPO : ミンティ「その思いが曲がって幼女願望へ」
zophyel : クー「・・・なんだこりゃ。は、恥ずかしい~><
HAPOHAPO : 双子「元凶はアリンさんです!!(ういんく)」
赤道斎 : アリン「ふふふ、みんな幼女になっちゃえ~」
zophyel : クー「しかも、ケンにベタベタ・・・恥ずかしすぎ
HAPOHAPO : ケン「もともと幼女なのはどうなるんだ?」
zophyel : るう!!
スピスタ : アリン「更に幼女に…」
赤道斎 : アリン「ついでに美少年も幼女に!」
スピスタ : マックス「最悪だな」
zophyel : カディエ「・・・やっぱ全部呪いは解いたげる」
HAPOHAPO : ケン「和美・・・」
赤道斎 : アリン「だめよぅ、カディエも幼女になりなさいな
スピスタ : カディエ「冗談じゃないわ」
zophyel : カディエ「ちょーっとヒサン過ぎるでしょが」
HAPOHAPO : アリン「ほぃ!☆」
赤道斎 : ぼんっ!
zophyel : カディエ「ふんっ」
スピスタ : カディエは結界を貼った
赤道斎 : ミンティ「あ、鼻息で魔法をはじき返した」
zophyel : カディエ「心はいつも10才の私には効かないわ
HAPOHAPO : アリン「あ~れ~!」
赤道斎 : 弾かれた魔法かアリンに…
zophyel : そして。
HAPOHAPO : マックス「僕の理想はここにあったんだ」
スピスタ : ケン「巨乳の幼女か…」
赤道斎 : カズ「うむ同士よ。しかし、手がかかるな」
zophyel : ケン「つーか、幼稚園児だな」
赤道斎 : アリン「うぇーん、クーちゃんが髪引っ張ったー!
HAPOHAPO : アリン「お兄ちゃん絵本読んで(わら)」
zophyel : クー「おにいたんはあたいんだ!!」
スピスタ : ケン「最強の子供の誕生か?」
HAPOHAPO : ケン「おいおいいつからここは幼稚園なんだ」
zophyel : エリカ「ケンちゃん、おやつぅ~」
HAPOHAPO : okome「ユーザーの需要があるんだ我慢しろ」
赤道斎 : カズ「保父さんていいもんだな(ひょえ)」
スピスタ : マックス「こんな需要は相手にするなよ…」
HAPOHAPO : カレン「ゴゴゴゴゴオゴゴゴゴゴッゴゴゴ・・・・
zophyel : ダイスケ「なんで俺が組長先生なんだ・・・」
HAPOHAPO : アリン「お休み前のチュッチュは?」
zophyel : マックス「はいはい、お姫様」
HAPOHAPO : ケン「何かが激しく間違ってる(あせ)」
赤道斎 : アリン「舌、入れないで…」
HAPOHAPO : セシリア「諸兄を処刑するわ」
zophyel : クー「おにいたん、一緒に寝よ(はーと)」
赤道斎 : ケン「男女七歳にして…ま、いいか」
HAPOHAPO : セシリア「シルビアキャノン最大出力!」
zophyel : ピピン「・・・」(こぶしのやどころに困ってい)
赤道斎 : 光りに包まれるパンヤ島…
HAPOHAPO : セシリア「ピピン安心なさい。すぐ終わらせるわ」


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23391413.jpg


次回のお題は「ダブルラリアット」です。


お題ネネタ元はこちら
「【巡音ルカ】ダブルラリアット【オリジナル】」



ついでに
「【初音ミク】よっこらせっくす【鏡音リン・レン】」





おかげでこたつ。さんのルカたこイラストにおける「半径85cmはたこの手の届く距離。」の意味がわかりました。

こたつ。さん「あったまろ。」(18禁ね)
http://milkdealer.blog10.fc2.com/blog-entry-276.html



さらについでのついで。ルカの声の雰囲気とオリジナルの歌手(河原喜久恵さん)が結構マッチしてるなーとお気に入りの曲。
「【巡音ルカ】月の浜辺」

[PR]
by sekidousai | 2009-02-19 23:44 | 1行リレーパンヤ物語杯



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧