赤道斎の隠し部屋

<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

本日のお題「夏色夜空」by スピスタ さん

夜になっても蒸し暑い今夜、PCのために空調かけて大会だ!
コースはそんな雰囲気に構わずSilVia Cannon。

------------ キリトリ -----------

赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくです
スピスタ : よろしくお願いします
VIPちょこ : よろしくです
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
ジョリノダルク : よろしくぅ(´〇`)/
赤道斎 : ケン「今夜もあっついなー」
スピスタ : エリカ「今夜も熱帯夜だそうよ」
zophyel : クー「あついあついあついよ~」
HAPOHAPO : ピピン「お風呂に薄荷油を一滴ね♪」
赤道斎 : ケン「かき氷くうか?」
zophyel : クー「バスタオルででも、暑い~」
スピスタ : クー「くれ!」
赤道斎 : エリカ「あたし苺ね」
HAPOHAPO : クー「お風呂上がってから食べる(わら)」
zophyel : カディエ「上はだけちゃおうかな」
赤道斎 : ケン「(すき)」
スピスタ : ミンティ「お姉ちゃんヤメテ!」
lilith_sakura : カディエ「なんでよ」
HAPOHAPO : ミンティ「おばさ・・・じゃなくて」
zophyel : ミンティ「婚期遅れるよ」
スピスタ : カディエ「何か言った?」
lilith_sakura : ミンティ「いえ、べつに」
zophyel : カズ「今夜も熱帯夜だな」
赤道斎 : マックス「ふふふ、俺に似合った夜だな」
スピスタ : エリカ「別の意味で熱そうだけどね」
zophyel : カズ「まあ、カレンが添い寝してくれるから平気だ
赤道斎 : カズ「ひんやり天然冷房だぞ」
zophyel : ケン「健康にはよくなさそうだな」
lilith_sakura : カズ「冷房病にはならないぞ」
スピスタ : カレン「そんな事無いですわよ?」
赤道斎 : カズ「ただ朝、なぜか疲れてるんだ」
zophyel : ケン「生気がないな・・・まさか」
ジョリノダルク : カレン「(すき)」
zophyel : ケン「夏バテだな。鰻を食え」
スピスタ : エリカ「逆にカレンが元気そうね」
赤道斎 : カレン「死なない程度に加減してますのよ」
HAPOHAPO : カレン「最近は中国産はだめらしいです」
zophyel : ケン「知りたくもないが、カズは生き餌か」
スピスタ : カレン「運命共同体と言ってくださいな」
赤道斎 : ケン「一方的なのは共同体とはいわん」
zophyel : カズ「照れるなあ」
lilith_sakura : ケン「ほめてもなにもしてないが」
HAPOHAPO : カレン「もつ鍋もしますわよ」
スピスタ : カズ「そうなのか?」
赤道斎 : クー「お風呂上がったよー。次誰が入るの?」
zophyel : カレン「さ、カズ、いっぱい食べてね」
HAPOHAPO : クー「すごい寒気を感じた風呂だった」
zophyel : ケン「??? 普通の風呂のはずなんだが」
HAPOHAPO : ピピン「薄荷油のせいで清涼感抜群」
スピスタ : クー「ちょっと見てくれ」
赤道斎 : ケン「…薄荷、どのくらい入れた?」
zophyel : ピピン「あるだけ全部」
スピスタ : ケン「あるだけって、それじゃあ分からないだろ?
zophyel : クー「なんかカラダがすーすーする」
赤道斎 : ピピン「そこにあった大樽…」
ジョリノダルク : カズ「樽って、、、、」
スピスタ : ケン「湯船全部薄荷か…」
zophyel : エリカ「てんぷらじゃないんだから」
HAPOHAPO : クー「ぅぅぅ・・北極にいるようだ」
lilith_sakura : ケン「夏なのに凍死か」
赤道斎 : エリカ「あっためてあげる~(はーと)」
zophyel : ピピン「いやそれはない」
スピスタ : エリカ「水風呂より効きそうね」
zophyel : クー「汗流してるのに寒気がする」
lilith_sakura : ケン「鍋とアイス、どっちがほしい?」
赤道斎 : クー「まず鍋、次にアイス~」
HAPOHAPO : クー「鍋を食べなきゃ凍死しちゃう」
スピスタ : ケン「よくばりだな」
zophyel : はぐはぐはぐはぐ
赤道斎 : クー「ん?この具は…」
HAPOHAPO : カレン「スタミナたっぷりのもつ鍋ですわ」
赤道斎 : クー「いったい何のモツなの?」
lilith_sakura : ケン「もつチゲ鍋だ」
zophyel : クー「ご馳走様。アイス~」
HAPOHAPO : カズ「これ食べると2~3日練れない(あせ)
赤道斎 : ぺろぺろぺろ…
スピスタ : ケン「もう少しゆっくる食べろよ」
zophyel : ケン「あーあー、胸元にいっぱいこぼして~」
スピスタ : (ゆっくる→ゆっくり)
赤道斎 : エリカ「ふきふき~」
ジョリノダルク : マックス「いいアングルだ」
zophyel : クー「ねとねとする~、水浴び~」
lilith_sakura : ケン「そしてまた凍えるんだな」
スピスタ : ケン「また風呂に行くか?」
赤道斎 : ぐきゅるるる…
zophyel : クー「薄荷油はもういらない」
赤道斎 : ケン「もう無いって」
lilith_sakura : ケン「熱湯風呂か氷風呂しかないよ」
zophyel : クー「それより、お、おなかイタイ・・・」
スピスタ : クー「普通のはないのか?」
VIPちょこ : ケン「やっぱりそういうオチが・・・」
ジョリノダルク : カズ「下痢か?ならこのすとっ○を飲め」
赤道斎 : クー「苦そう…」
スピスタ : ケン「用意がいいな」
VIPちょこ : ガズ「良薬口に苦し」
zophyel : ケン「それか、よいこのみかた『正○丸』」
スピスタ : クー「匂いがイヤだ」
赤道斎 : クー「ううっ、匂いが…いらない」
lilith_sakura : クー「そのまえによいこじゃない」
zophyel : ごろごろごろ・・・ぴー
赤道斎 : クー「も、もうだめ~」
ジョリノダルク : クー「きた、、、、、、」
lilith_sakura : ケン「悲しいお知らせだがトイレは壊れてるぞ」
zophyel : クー「も、もれちゃう~」
赤道斎 : ピピン「時を止めて上げようか?」
スピスタ : クー「出来るのか?」
赤道斎 : ピピン「お漏らしはいやでしょ?」
HAPOHAPO : ピピン「おやすいごよう」
zophyel : エリカ「別のトイレまでテレポートで送れば?」
VIPちょこ : クー「もーだめ!おねがい><」
スピスタ : ピピン「間違えて男の方に入ったら大変だよ?」
赤道斎 : クー「どこでもいいから早く~」
zophyel : ピピン「ま、武士の情けで・・・えいっ」
HAPOHAPO : クー「あれ?ここは?」
スピスタ : ケン「石の中にいる?」
zophyel : ダイスケ「ぽっ」
赤道斎 : ケン「つか、何で俺まで」
zophyel : クー「で・て・けー!!!!(いかり)」
lilith_sakura : クー「ほんとにここどこ?」
lilith_sakura : (なしで)
HAPOHAPO : ダイスケ「男湯だが」
スピスタ : ケン「お風呂?」
赤道斎 : ダイスケ、もちろんフリ○ン。
ジョリノダルク : ダイスケ「そっ、そんなにみるなよ(うる)」
zophyel : クー「きゃあああああああああ」
lilith_sakura : クー「あ・・・・」
zophyel : ケン「まさか・・・」
スピスタ : クー「もうダメ…」
赤道斎 : 手で顔を覆うが、指は隙間だらけ。
zophyel : ぴんぽーん♪しばらくお待ちください。
赤道斎 : クー「…パパの方がおっきかった…」
ジョリノダルク : ケン「、、、まああれだ、なかったことにしよう」
VIPちょこ : ダイスケ「泣いた」
zophyel : ケン「しかしなにもミンチにせずとも」
スピスタ : クー「是非そうしてくれ」
zophyel : ケン「危うくダイ子さんになるところだったぞ」
赤道斎 : クー「…(想像中)…(げー)」
VIPちょこ : ダイスケ「ニヤニヤ」
HAPOHAPO : クー「もーみんな薄荷油攻撃(いかり)」
zophyel : ケン「ところでトイレはもういいのか?」
lilith_sakura : クー「あと精神的苦痛だ、慰謝料を要求する」
スピスタ : クー「忘れていた…」
赤道斎 : ケン「一応温まったから治まったようだな」
スピスタ : クー「こんな事で温まっても嬉しくない…」
zophyel : ケン「バタバタしていて、俺も汗かいちゃったよ」
lilith_sakura : クー「でも一応行く、トイレどこ」
HAPOHAPO : ピピン「一緒にはいろ(わら)」
赤道斎 : ダイスケ「向こうの女湯のその向こうだが」
zophyel : クー「行って来る」(いそいそ )
ジョリノダルク : ピピン「まって~」
赤道斎 : ダイスケ「女湯にエリカがいるぞ?」
lilith_sakura : ケン「・・・女湯?」
zophyel : ケン「(ひょえ)」
スピスタ : ケン「ある意味地雷か?」
ジョリノダルク : ダイスケ「さて、では行くか」
lilith_sakura : ケン「どこにだ?・・・まさか」
赤道斎 : ダイスケ、タオルをほっかむり。
zophyel : エリカ「何故か悪寒が」
スピスタ : ケン「ヲイ…」
ジョリノダルク : ダイスケ「ケンもついてこい」
VIPちょこ : ケン「お供します^^」
スピスタ : ダイスケ「素直が一番だな」
zophyel : ピピン「(ぐー)」
VIPちょこ : ダイスケ「(ぎょ)」
HAPOHAPO : 男ども薄荷風呂に沈没
スピスタ : ケン「まだいたのかよ?」
lilith_sakura : ケン「はぁ・・・・・・」
赤道斎 : マックス「代わりに私の肉体を堪能するがよい」
VIPちょこ : ケン「うほっ」
zophyel : ピピン「私もお風呂はいる」
スピスタ : ケン&ダイスケ「(ぐー)」
lilith_sakura : ピピン「なんでさ!」
スピスタ : ケン「こっちは男湯!」
HAPOHAPO : エリカ「アリンって大きいね」
lilith_sakura : ピピン「混浴じゃないの!?」
zophyel : ピピン「じゃあ、こっちの家族湯に入る」
赤道斎 : ケン「そうなのか!早くそれを言え~」
HAPOHAPO : アリン「なんだか騒がしいですわ」
スピスタ : ダイスケ「突撃だ~」
VIPちょこ : ケン「ブーン」
赤道斎 : と境の壁を登る
ジョリノダルク : ダイスケ「家族風呂だしな。おkおk」
zophyel : ピピン「あ、そっちは地雷・・・」
lilith_sakura : ド━(゚Д゚)━ ン !!!
HAPOHAPO : 対人センサーが反応してSC発射。
VIPちょこ : ケン&ダイスケ「\(^o^)/」
スピスタ : SE:ピンポーン、しばらくお待ち下さい
ジョリノダルク : マックス「俺の肉体を馬鹿にしたむくいだ」
zophyel : ピピン「・・・がわりの爆弾アズ&警戒装置が・・・
HAPOHAPO : セシリア「えさがかかったようね」
lilith_sakura : U田「んで、ここの修理代誰が払うんだ?」
ジョリノダルク : セシリア「餌どもでしょ?」
スピスタ : ケン「罠を仕掛けた奴だな」
HAPOHAPO : ピピン「最近がめぽもうけすぎだろ」
zophyel : クー「まずは医者が先じゃないか?}
lilith_sakura : U田「ただじゃ死なないやつに医者か?」
zophyel : h
zophyel : {
zophyel : (誤爆)
HAPOHAPO : ミンティ「わたしを忘れた人たち・・・」
赤道斎 : ケン「ああ、夜風が気持ち…いい訳あるか~」
zophyel : クー「出血多量でリタイアはしそうだよな」


------------ キリトリ -----------
最後、キリトリ後にジョリノダルクさんの一行があったのですが、SSすら取れず。
どんな一行だったか、みんなで想像してみましょう。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_2333364.jpg



次回のお題は「第一回パンヤ島水着コンテスト」です。
今年は男物の水着は無しですか。

--------------------------------------------------------------------

< 広 告 >

一行リレーパンヤ物語大会は参加者を募集しています!
最初は誰でもチャット初心者、むしろ参加するほどチャットが上手くなりますよ(きっと)。
もちろん「まずは観るだけ」の体験参加もOK!
どんな風に進行しているか、ログでは判らない部分も判るので、ぜひ観に来てください。
もちろんそのまま参加してくださるともっと嬉しいです。

開催日:毎週月・木・土
開始時刻:22時(ただし最大15分ほど遅れることもあります)
開催地:クロポンの広場 みんなで仲良く
入場パスワード:1gyou(全て半角)
会場名称:その日によって変わりますが大会名に関連した名称です
       (判らなかったらささやき入れてください。ご招待します)

さらなる詳細はこちらでどうぞ。
http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=9
[PR]
by sekidousai | 2008-07-17 23:37 | 1行リレーパンヤ物語杯

最初に合わせたのは…


 大会後のチャットでHAPOHAPOさんの浴衣ミンティ発言で(にんじん)ほげさんが作成した「キセカエミンティ」を思い出しました。

http://01.2-d.jp/pangya/kiss-min/

 浴衣はないけど着物(裾が短いの)があります。
 瞬きしたり思わぬ小物が装備できたり結構面白いので、そういう趣味の方はどうぞ。


 元絵の作者はチロル(´ω`)さん。そのチロル(´ω`)さんのブログはこちら。

「chirol式」
http://chirol85.blog39.fc2.com/
[PR]
by sekidousai | 2008-07-15 00:28 | パンヤ

本日のお題「ケン不良になる」by ジョリノダルク さん

前回の8人に及ばないものの今回も7人と大所帯で進行。
コースはBM。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくです
ジョリノダルク : よろしくぅ(´〇`)/
SPETSNAZ : よろしくお願いします(ぺこ)
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
lilith_sakura : (あたってるしw)
zophyel : ケン「さて、ガッコ行くか」
ジョリノダルク : (ここはじめてw)
赤道斎 : くっちゃくっちゃ…
スピスタ : エリカ「ケン、どうしたのよ?」
ジョリノダルク : ケン「なにが?」
HAPOHAPO : ケン「俺は風になるんだ」
zophyel : ケン「エリカ、ガムはお行儀悪いぞ」
lilith_sakura : エリカ「似合わない」
赤道斎 : (虹羽付けててパンミ)
スピスタ : ケン「そう思うのも今だけだ」
赤道斎 : クー「どうやってもカッコつかないぞ、おまえ」
zophyel : ケン「出席日数足りてないんだよ」
スピスタ : エリカ「なにそれ?」
赤道斎 : ケン「だからな、これで脅して…」
lilith_sakura : エリカ「頭でも打った?」
HAPOHAPO : ケン「姉貴はロードローラーあるだろ」
スピスタ : エリカ「あんたが悪役出来ると思っているの?」
zophyel : ケン「何としてもガッコーに行くぞ今日は」
赤道斎 : ケン「教師なら不祥事嫌うだろうしな」
lilith_sakura : エリカ「学校自体ないじゃないこの島」
スピスタ : ケン「なんだって?」
zophyel : ケン「おさんどん生活で休みっぱなし・・・」
HAPOHAPO : ピピン「ケ~ン!おはよう(わら)」
スピスタ : ケン「うっせーな!」
zophyel : ケン「(つーん)」
赤道斎 : ケン「けっ、気安く声をかけるんじゃねぇ」
ジョリノダルク : ピピン「なにがあったのよ(うる)」
zophyel : エリカ「ガッコに逝くんだってさ」
スピスタ : エリカ「実はね…」
赤道斎 : エリカ「かくかくしかじか」
スピスタ : ピピン「だっさいなぁw」
zophyel : ピピン「ケン諦めろ」
赤道斎 : ケン「ふっ、この釘バットに敵うかな?」
lilith_sakura : ピピン「ハンマーでいい?」
スピスタ : ピピン「はいはい、没収ね」
zophyel : ピピン「オマエは単位落として退学決定w」
ジョリノダルク : マックス「ふっ、それで不良になりきったつもりか
ジョリノダルク : い」
赤道斎 : ケン「ああっ、折角の改造クラブが…」
HAPOHAPO : ケン「ちぇっ!バイクを盗んでやる!!」
スピスタ : ピピン「そんなの使ったら消されるぞ?」
ジョリノダルク : マックス「俺のかよ!」
zophyel : エリカ「元からふりょーじゃない」
赤道斎 : ケン「運営が恐くて不良ができるかい」
zophyel : エリカ「ガッコ休んでバイトにパンヤ三昧」
スピスタ : マックス「ケン、俺と不良を極めないか?」
zophyel : エリカ「勉強なんて一切全くカケラもゼロとw
赤道斎 : ケン「別な方向の不良っぽいからいやだ」
スピスタ : マックス「だったら不良は無理だな」
zophyel : エ「してないのって不純異性交遊と酒タバコくらい
zophyel : でしょ」
赤道斎 : ケン「そんな事…ポッ」
ジョリノダルク : マックス「不良なら余裕だぜ?(すき)」
lilith_sakura : エ「不良のキワミ?」
スピスタ : ケン「そ、そうなのか?」
zophyel : ケン「不純同性交友はいらん(まじ)」
赤道斎 : アリン「私と不純異性交遊しましょ、マックス様」
ジョリノダルク : ダイスケ「呼んだ?」
スピスタ : マックス「断る!」
zophyel : ケン「きたなカマキリとメタボ」
スピスタ : ダイスケ「俺がカマキリだな」
赤道斎 : セシリア「その腹は不良品ね」
HAPOHAPO : ケン「ぬ~すんだバイク~で走り出す~」
lilith_sakura : アリン「それは冗談かしら?#」
zophyel : ケン「♂を頭から・・・」
赤道斎 : ピピン「ケン、かじっていい?」
スピスタ : ダイスケ「お前ら…」
zophyel : ケン「げ、このバイク股下が足りない(あせ)」
赤道斎 : どてん
ジョリノダルク : ドルフ「ほんとだ!」
HAPOHAPO : ケン「あ、ピピンさん助けて(ひょえ)」
lilith_sakura : マックス「お前にバイクは早い」
zophyel : ピピン「かじかじ」
赤道斎 : ケン「わぁっ、さらの身長が低くなる~」
赤道斎 : (さらに)
スピスタ : マックス「というか、俺のバイクを壊すな!」
zophyel : ピピン「じゃあ行こうか」
赤道斎 : ケン「どこへ?」
HAPOHAPO : ケン「なぁ、ピピン。俺はぶっ飛ばしたいんだ」
スピスタ : ピピン「学校とやらに」
lilith_sakura : ケン「え?」
zophyel : ケン「忘れてた(ひょえ)」
赤道斎 : エリカ「そこをぶっ飛ばすの?」
スピスタ : エリカ「所詮こんな物ね」
zophyel : カディエ「はいはい、これで後がなくなったわね」
スピスタ : ケン「げ、いきなりなんだ?」
赤道斎 : ケン「そんな事はない。もっと悪いことするぞ!
zophyel : カディエ「ハイハイ、これ退学届けね」
スピスタ : ケン「用意がいいな」
赤道斎 : ケンの指を捕まえ拇印を押そうとする
zophyel : カディエ「今度遅れたら退学だから」
lilith_sakura : カディエ「それ押したら向こうのKにいってね」
スピスタ : ケン「一体どんな内容なんだよ?」
赤道斎 : カディエ「四の五の言わずに入れ!」
zophyel : カディエ「中学くらいサクッと卒業しなさいね」
スピスタ : ケン「いいじゃないか」
zophyel : カディエ「卒業してないのってアンタだけよ」
赤道斎 : ケン「エリカ、卒業してたのか?」
スピスタ : エリカ「当然」
zophyel : エリカ「クーですら飛び級で」
赤道斎 : ケン「というjことはクーが俺の上級生?」
スピスタ : ケン「俺って一体…」
zophyel : クー「萌えた?」
ジョリノダルク : ダイスケ「安心しろ萌えた」
スピスタ : ケン「萌えんわ!」
赤道斎 : ケン「下級生なら萌える」
HAPOHAPO : ケン「だが!ますますぐれてやルー(いかり)」
zophyel : ピピン「さ、帰ろうかケン」
lilith_sakura : カディエ「グレテル暇があるなら勉強しなさい」
スピスタ : ケン「勉強は嫌いだ!」
赤道斎 : ケン「不良の勉強ならしてやるぜ」
zophyel : ピピン「似合わない」
赤道斎 : カディエ「じゃ、放課後の個人授業?」
スピスタ : エリカ「どう考えても失敗がオチよね」
赤道斎 : ケン「オチとか言うな~っ」
HAPOHAPO : カディエ「とりあえず、BM行ってきなさい」
スピスタ : ケン「何かあるのか?」
zophyel : ピピン「深夜の補習授業とか(わら)」
赤道斎 : ケン「いく!」
ジョリノダルク : ケン「夜は不良の溜まり場だからな」
スピスタ : エリカ「ここはそんな人いないんだけどなぁ」
赤道斎 : ケン「じゃ、おれが不良の最初の一人だな」
zophyel : カズ「パンヤ!! ってオマエラ何しに来た」
lilith_sakura : ケン「あぁ?」
スピスタ : エリカ「あ、カズ聞いてよ?」
ジョリノダルク : カズ「なんだなんだ??」
赤道斎 : カズ「ああん?ケンが不良になったぁ?」
zophyel : カズ「さ、次はイーグル狙いだな」
赤道斎 : ケン「スルーすんな!」
zophyel : カズ「わかったわかった相手してやる」
HAPOHAPO : ケン「こんな授業ちゃっちゃと終わらせるぜ」
スピスタ : カズ「でも、悪だったら俺たちの下部になるぞ?」
赤道斎 : ケン「何かいい事あるのか?」
lilith_sakura : カズ「ないな」
スピスタ : カズ「人から忌み嫌われる」
zophyel : カズ「ではレッスンワン。人口呼吸だ」
赤道斎 : ケン「カレンとやってろ」
ジョリノダルク : カレン「いやよ」
zophyel : カズ「照れるな。801も腐良の道」
スピスタ : ケン「俺は関係ないぞ?」
lilith_sakura : カズ「誰が関係あるといった?」
赤道斎 : カズ「これから関係を作るんだよ」
zophyel : カズ「俺も願い下げだが事情があってな」
スピスタ : ケン「一体どっちなんだよ?」
HAPOHAPO : ピピン「関係を作るためにホール回ろう」
赤道斎 : ケン「ピピン、お前とか?」
HAPOHAPO : ピピン「だめかな(うる)」
スピスタ : エリカ「ケンはキューマだね」
lilith_sakura : ケン「その心は?」
zophyel : エリカ「ふふふふふ腐・・・」
スピスタ : エリカ「これからが面白そうね」
HAPOHAPO : 1H目・・・
赤道斎 : ケン「またパンミ(かなし)」
zophyel : 新密度・1
lilith_sakura : ピピン「ネギじゃねぇ」
HAPOHAPO : キューマ「お前ならできるはずだ」
スピスタ : ケン「なにをだよ?」
赤道斎 : ケン「なぜキャディが二人もいる…?」
HAPOHAPO : ケン「しかも顔近いんだよ!!」
zophyel : ケン「お、チップインバーディ」
赤道斎 : ピピン「と思ったら粘着」
lilith_sakura : キューマ「 ヾ( ゚д゚)ノ゛ハァァァァァ・・・・・・・! 」
zophyel : キューマ「次頑張ろうな、なでなで」
HAPOHAPO : キューマ「まるで俺とお前の関係のようだ」
スピスタ : ケン「す、すまんな」
ジョリノダルク : ケン「ってなんか腐ってない?」
zophyel : 親密度・∞
スピスタ : エリカ「何を今更」
赤道斎 : ピピン「腐良なんていやよ」
HAPOHAPO : ピピン「りんし○パートか?」
zophyel : キューマ「さ、やらないか?」
スピスタ : エリカ「これからの時代は腐良よ」
ジョリノダルク : ケン「そうだったのか!」
赤道斎 : ケン「俺の求める不良って違うんだ~っ」
赤道斎 : (なしで)
lilith_sakura : エリカ「(あぁより壊れてる」
HAPOHAPO : キューマ「次行く前に俺がネクタイを締めてやる」
zophyel : キューマ「よく判らんがまだ2h目だぞ。気を抜くな
スピスタ : ケン「次はどうしようか?」
HAPOHAPO : キューマ「これを飲め」
ジョリノダルク : ケン「これは?」
lilith_sakura : キューマ「俺の汗だ」
zophyel : キューマ「元気が出て精がつく」
赤道斎 : ぼとぼとぼと
スピスタ : ケン「そんなのいるか!」
zophyel : キューマ「わが汗と涙の結晶だ」
HAPOHAPO : キューマ「一般に赤瓶といわれるやつだぞ」
赤道斎 : ケン「みーたんにしてくれ」
スピスタ : キューマ「だったらこれだな」
zophyel : キューマ「我が涙のエキスだ」
lilith_sakura : ケン「なんでお前の体液ばっかなんだ?」
SPETSNAZ : キューマ「これで、みんなパワーが付くのだ」
ジョリノダルク : ケン「なんでそっち系ばっかなんだよ!」
スピスタ : キューマ「俺の趣味だ」
HAPOHAPO : キューマ「やがてお前も気づく・・・」
zophyel : ケン「オマエは蝮酒のマムシか・・・」
ジョリノダルク : マックス「その時には手遅れだがな」
lilith_sakura : ケン「お前もかよ」
スピスタ : ケン「なんでだ?」
赤道斎 : ケン「そしてどうなるんだ?」
SPETSNAZ : ダイスケ「俺みたいになるぞ」
HAPOHAPO : ケン「って!ダイスケとラブラブ?!」
zophyel : マックス「絶倫」
ジョリノダルク : ピピン「WKTK」
lilith_sakura : ケン「・・・なんかちがう」
HAPOHAPO : エリカ「世の中は腐良なのよ」
スピスタ : ケン「一体俺は何をしているんだ?」
zophyel : マックス「絶対に倫理的ではないあうとろー
lilith_sakura : ケン「俺が目指してたのはこれなのか?」
スピスタ : キューマ「当然そうだ!」
zophyel : カズ「世間様の方が不良なのはよくあることだ
赤道斎 : ケン「…違うようだな」
ジョリノダルク : エリカ「だからやめなさいって言ったのよ」
スピスタ : カディエ「でも、もう手遅れね」
lilith_sakura : ケン「なぜだ」
赤道斎 : ケン「なんだって-」
lilith_sakura : (なし)
zophyel : カディエ「こっちの世界にようこそ、ケン」
HAPOHAPO : ケン「もうキューマなしでは生きていけない」
スピスタ : カディエ「あなたはもう知ってしまったわ」
ジョリノダルク : キューマ「やっと目覚めたか」
赤道斎 : ケン「ぼ、忘却の花はどこだ」
lilith_sakura : エリカ「はぁはぁ・・・」
HAPOHAPO : 見詰め合うケンとキューマ
スピスタ : ケン「キューマ」
赤道斎 : クー「次の同人のネタは決まったな」
zophyel : ケン「・・・って追い詰められてる?!」
lilith_sakura : エリカ「いいネタ過ぎるわ」
スピスタ : ケン「このままでは拙い」
zophyel : ケン「こうなったら」スパハンで自分の頭をガン!
ジョリノダルク : キューマ「単刀直入に言おう」
ジョリノダルク : (なしで)
lilith_sakura : ケン「・・・・・・・・・・・・・・・」
スピスタ : ケン「クー、ちょっと頼む!」
赤道斎 : クー「スパイクに逆毛が刺さってる…」
lilith_sakura : カディエ「ありえないわ!」
zophyel : ケン「ガッコに間に合わない!! 単位がぁ~」


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23282555.jpg


次回のお題は「夏色夜空」です。


ちなみに大会後のチャットにおける「ケンの首を90度」はこれがイメージ。
http://pya.cc/pyaimg/pimgfm.php?imgid=35611
http://pya.cc/pyaimg/pimgfm.php?imgid=34410
http://pya.cc/pyaimg/pimgfm.php?imgid=10531


--------------------------------------------------------------------

< 広 告 >

一行リレーパンヤ物語大会は参加者を募集しています!
最初は誰でもチャット初心者、むしろ参加するほどチャットが上手くなりますよ(きっと)。
もちろん「まずは観るだけ」の体験参加もOK!
どんな風に進行しているか、ログでは判らない部分も判るので、ぜひ観に来てください。
もちろんそのまま参加してくださるともっと嬉しいです。

開催日:毎週月・木・土
開始時刻:22時(ただし最大15分ほど遅れることもあります)
開催地:クロポンの広場 みんなで仲良く
入場パスワード:1gyou(全て半角)
会場名称:その日によって変わりますが大会名に関連した名称です
       (判らなかったらささやき入れてください。ご招待します)

さらなる詳細はこちらでどうぞ。
http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=9

[PR]
by sekidousai | 2008-07-14 23:35 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「十五少年漂流記」by 赤道斎

今日の大会は参加者8名の大所帯でスタート。コースはIceCannon。

でも挨拶もそこそこ、いきなり接続が切断されちゃいました…なんでー?
大会終了までの間、各所をチェックしてましたがこれと思われる異常は無し。
残されたのはリタ数増と完走コンボ減。


大会の方は15歳の少年ではなく41のおっさんが活躍したようです。
しかしながらチャットログは無し。むぅ  


何もないと寂しいので参加者一覧だけでも。

f0116056_23374433.jpg



次回のお題は「ケン不良になる」です。
[PR]
by sekidousai | 2008-07-12 23:39 | 1行リレーパンヤ物語杯

今日の大会は中止でした

 私が20分以上遅刻、zophyelさんが研修で予告付き休み。人数不足だったのでしょうか。大変申し訳ありませんでした。
[PR]
by sekidousai | 2008-07-10 23:35 | 1行リレーパンヤ物語杯

カスペル、ダウンロード重かった…

 パンヤ公式HPでの公式サイト改ざん事件の関連で、ウイルスバスターでは検出できないとかいわれてました。

 で、シマンテックのオンラインセキュリティチェックとカスペルスキーのオンラインスキャナを実行してみました。ついでにウイルスバスター2008で完全スキャン。
 昨晩の大会終了直後から始めて出勤直前までにシマンテックとカスペルスキー分を完了、そのままバスターを動かして出勤。


 結局、検出できたのはとあるアーカイブに入っている既知のウィルスだけ。綺麗なもんでした。

 対象となる期間中には2回ピピン占いをしているのですが、常駐しているバスターくんは何も検出せず、(感染していれば検出するであろう)カスペルとシマンテックも「いないよ」というからには感染していなかったのでしょう。
 バスターくんがブロックしてくれたのか、ルーター等で遮られたのか、それともブラウザにInternetExplorerではなくFirefoxを使っているのが良かったのか。


 ただ単に運が良かっただけなのかもね。


 それにしてもゲームポットの運営、サイトの一時閉鎖のお知らせだけでなく、その時点でユーザー側でのセキュリティ対策及び確認・対応を呼びかける等があっても良かったのではないですか?「教えて掲示板」のほうでFINさんらが問題のある部分や現象まで確認していたのですから。
[PR]
by sekidousai | 2008-07-09 00:39 | 魔導具

本日のお題「枝豆のある夜は」by HAPOHAPO さん

やっぱり新人さんが来ないと星の数が増える、ということで今回のコースはSilVia Cannon。

------------ キリトリ -----------

赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : よろしくお願いします
HAPOHAPO : よろしくお願いします(ぺこ)
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
HAPOHAPO : ケン「ピピンお客さんにビールもってって」
赤道斎 : ロロ「はーい」
スピスタ : ピピン「よろしくね」
HAPOHAPO : セシリア「すっかり暑くなったわね」
赤道斎 : (既に1㍑ほど入ってるから…)
スピスタ : ダイスケ「こういう時はよく冷えたビールだよな」
赤道斎 : クー「おつまみ切れたよ~」
スピスタ : ケン「お前未成年だろ?」
HAPOHAPO : ミンティ「わたしたち子供ビール(わら)」
赤道斎 : クー「おつまみは成年じゃなきゃ駄目なのか?」
スピスタ : ケン「ダメだ!」
lilith_sakura : クー「じゃああげない」
スピスタ : ケン「俺が悪かった」
赤道斎 : ケン「で、お前のおつまみはなんだ?」
スピスタ : クー「枝豆」
赤道斎 : ケン「いっこいただきっと」
lilith_sakura : クー「ロシアン枝豆だ」
HAPOHAPO : ケン「子供に枝豆の味が分かるのかな?」
赤道斎 : クー「ビールと一番合うんだよね~」
スピスタ : ケン「やっぱり飲んでいるのか!」
赤道斎 : クー「自分で作ったんだから、いいだろ?」
スピスタ : ケン「地ビールかよ!」
lilith_sakura : クー「悪いか?」
HAPOHAPO : クー「ケンの店にも出荷してるんだぞ」
赤道斎 : ケン「どれどれ…ん、うまい!」
スピスタ : エリカ「あんたも飲むのね」
赤道斎 : ケン「店主として味見だよ」
スピスタ : クー「未成年にして店主だからな」
赤道斎 : ケン「さて、枝豆の茹で具合はっと…むっ?」
スピスタ : ケン「なんだこの味は?」
赤道斎 : ピピン「どうかしたの?いつものとおりだけど」
lilith_sakura : ケン「ちゃんと塩入れたか?」
スピスタ : クー「だから、ロシアン枝豆だと言っただろ?」
赤道斎 : ピピン「実は今日、いつもの塩を切らしてて…」
スピスタ : クー「店長がちゃんと管理しないからだ」
HAPOHAPO : ティッキー「わたしお塩持ってくるね(ういんく)
赤道斎 : ケン「ううっ…で、なにを使ったんだ? 」
lilith_sakura : ピピン「あじのもと」
スピスタ : ケン「そんなので喰えるか!」
赤道斎 : ケン「塩
赤道斎 : (誤爆ー)
赤道斎 : (ついでにWH)
スピスタ : (どま)
赤道斎 : (もう一発…(かなし))
スピスタ : (どま><)
赤道斎 : (結局ギヴ~)
スピスタ : (頑張れ)
赤道斎 : (ありー)
HAPOHAPO : ケン「まあいいや。出しちゃえ」
スピスタ : クー「いい加減だな」
lilith_sakura : ピピン「ま、鯵の素だからな」
赤道斎 : ダイスケ「うむ、新鮮な味覚だ」
スピスタ : ケン「何処でそんなの買ったんだよ?」
赤道斎 : ピピン「クーの菜園からちょっと、…ね」
スピスタ : クー「あたいの家からだったのか」
lilith_sakura : クー「あとで代金請求」
赤道斎 : ピピン「雑草と区別が大変だったよ」
スピスタ : クー「偽装しているからな」
赤道斎 : ケン「これ、雑草の方じゃ…」
HAPOHAPO : クー「ときどき変な薬草も生えてる」
スピスタ : ケン「大丈夫なのか?」
赤道斎 : (ヘリ撃墜)
ピピン : …
スピスタ : (どま)
赤道斎 : クー「その豆、美味いだろ?」
HAPOHAPO : ピピン「さっきの枝豆セシリアに出しちゃった」
スピスタ : セシリア「ちょっと、何よこの枝豆!」
赤道斎 : ケン「セシリア…すまん、もう我慢できない!」
スピスタ : セシリア「ちょっと、よ?」
スピスタ : (誤爆)
HAPOHAPO : ピピン「あー(いかり)」
スピスタ : セシリア「ちょっと、なにする気よ?」
lilith_sakura : ケン「豆~~~」
赤道斎 : セシリアの食べようとした枝豆を奪い取る
スピスタ : セシリア「店主が売り物奪ってどうするのよ?」
赤道斎 : ケン「この枝豆は俺のもの~っ」
スピスタ : ケン「全部俺の豆!」
赤道斎 : セシリア「だめっ、私の口の中のまで…ああっ」
スピスタ : クー「ばっちぃいな」
赤道斎 : ケン「クー、お前も枝豆食べてるな?」
スピスタ : クー「もう飲み込んだ」
赤道斎 : ケン「吸い出してやる」
lilith_sakura : クー「しかし、こんな中毒性あったか・・・?」
スピスタ : クー「げ、来るな!」
HAPOHAPO : ピピン「あー(いかり)」
赤道斎 : ピピン「こうなったらあたしも…枝豆ぱくん」
スピスタ : ケン「クーの豆寄こせ!」
赤道斎 : クー「ケンのえっち(はーと)」
lilith_sakura : ピピン「あとビールっと」
スピスタ : ケン「一つ残らず吸い出してやる~」
赤道斎 : ピピン「ケン~、こっちの枝豆は甘いわよ~」
スピスタ : エリカ「ついでに酒臭いわね」
赤道斎 : ケン「お前は枝豆食べないのか?エリカ」
スピスタ : エリカ「お酒飲まないからいい」
赤道斎 : ケン「ちっ!」
lilith_sakura : ピピン「美容にいいのに」
スピスタ : エリカ「(危ない危ない…)」
HAPOHAPO : 夜は更けていく・・・
スピスタ : ダイスケ「おい、もうダウンか?」
HAPOHAPO : セシリア「シーズン4がなんだぁぁ!」
赤道斎 : クー「私は、ま~け~な~い~っ!」
スピスタ : セシリア「若い娘がなんだ!!!」
HAPOHAPO : ミンティ「どうせわたしはお払い箱(うる)」
赤道斎 : エリカ「この枝豆、危なすぎ…」
スピスタ : ケン「俺の存在感を上げろ~」
HAPOHAPO : マックス「見よ!俺の肉体美を!!」
lilith_sakura : エリカ「いったいどんな育て方をしてるの?」
赤道斎 : カズ「肩がなぜか重いんです。何とかしてください
スピスタ : ケン「通報してやる~」
HAPOHAPO : ?「もし?こちらに魔法使いの髪の長い女性は」
赤道斎 : マックス「知らん知らん、知ってても教えない」
HAPOHAPO : ?「そうですか・・・ならば仕方ありません」
スピスタ : マックス「教えて欲しかったら俺の肉体美を見ろ」
lilith_sakura : ?「なぜ?」
HAPOHAPO : おもむろにかばんから長物を取り出す女性
スピスタ : エリカ「なんだかイヤな予感がする」
HAPOHAPO : ケン「喧嘩なら外でやってくれ!!」


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23572278.jpg


いくらSCとはいえプラススコアは久しぶり  だったかと。


次回のお題は「十五少年漂流記」です。

--------------------------------------------------------------------

< 広 告 >

一行リレーパンヤ物語大会は参加者を募集しています!
最初は誰でもチャット初心者、むしろ参加するほどチャットが上手くなりますよ(きっと)。
もちろん「まずは観るだけ」の体験参加もOK!
どんな風に進行しているか、ログでは判らない部分も判るので、ぜひ観に来てください。
もちろんそのまま参加してくださるともっと嬉しいです。

開催日:毎週月・木・土
開始時刻:22時(ただし最大15分ほど遅れることもあります)
開催地:クロポンの広場 みんなで仲良く
入場パスワード:1gyou(全て半角)
会場名称:その日によって変わりますが大会名に関連した名称です
       (判らなかったらささやき入れてください。ご招待します)

さらなる詳細はこちらでどうぞ。
http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=9
[PR]
by sekidousai | 2008-07-07 23:58 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「珈琲☆ルンバ」by zophyel さん

暑い夜でも大会!
WhiteWizか氷系が気分的に良かったけど今日のコースはWizWiz。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくです
HAPOHAPO : よろしくお願いします(ぺこ)
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
lilith_sakura : (最近WIZ系多い気が)
赤道斎 : (そうですね)
スピスタ : (確かに)
スピスタ : ケン「あー、のど乾いた」
赤道斎 : カラン♪
zophyel : ガコン
HAPOHAPO : ピピン「今日は暑かったから冷珈あるよ」
スピスタ : ケン「なんだ、いきなり?」
lilith_sakura : ピピン「いつものことじゃ~ん」
zophyel : ケン「もう買っちゃったよジュース」
スピスタ : ピピン「ここに来るなよ」
赤道斎 : ダイスケ「暑い時は暑いもの!緑茶くれぃ」
HAPOHAPO : ピピン「わたしが飲んじゃう(わら)」
zophyel : ケン「あ、おい」
スピスタ : ケン「なんて事をするんだ!」
赤道斎 : ケン「それ、飲みさしなんだけど…間接…」
zophyel : ケン「ところで美味いか? 超絶力汁」
lilith_sakura : ピピン「したいの?」
赤道斎 : ケン「…君がいいなら」
スピスタ : ピピン「どうしようかな?」
zophyel : ダイスケ「ぐびぐびぐ~・・・ん?」
赤道斎 : ケン「うがいしてこよっと」
スピスタ : ダイスケ「どうしたんだ?」
HAPOHAPO : ロロ「ダイスケには原肥茶ね」
zophyel : ダイスケ「ぐびぐびぐ~」
スピスタ : ダイスケ「これ不味いな
lilith_sakura : ロロ「おまけに下剤いりね」
zophyel : ダイスケ「(ごろごろごろ~)」
赤道斎 : ダイスケ「なんのこれしき、俺の鉄の胃は…駄目だ
スピスタ : ケン「あれ、いいのか?」
zophyel : タンプー「久方ぶりにこんにちわ」
スピスタ : ピピン「また暑苦しいのか来たよ」
lilith_sakura : ケン「誰?」
HAPOHAPO : ピピン「またおおきなったんじゃない?」
zophyel : タンプー「酷い言い草だプー」
赤道斎 : タンプー「出番無いからって酷いプーッ」
スピスタ : ピピン「あんたは人気無いからな」
zophyel : タンプー「折角新しい豆を持ってきたのに」
HAPOHAPO : タンプー「そういうピピはちっこいクマー」
赤道斎 : ピピン「方、ちょっと見せてみなよ」
lilith_sakura : ケン「なに豆だよ」
赤道斎 : (方→ほう)
スピスタ : タンプー「ちょっと見て欲しいプー」
zophyel : タンプー「新種だから名前はないプー」
lilith_sakura : ケン「種類ぐらいわかるだろ」
赤道斎 : ピピン「どれどれ…見た事無いな」
zophyel : タンプー「恋人たちの芳香というフレーズで売るぷ
HAPOHAPO : タンプー「昔アラブの偉いお坊さんが」
スピスタ : タンプー「ちょっと飲んでみるプー」
赤道斎 : ケン「取りあえず煎れてみなよピピン」
zophyel : タンプー「どんな朴念仁でも恋をするプー」
lilith_sakura : ピピン「めんどくさいなぁ」
スピスタ : ケン「相手はどうするんだよ?」
HAPOHAPO : 一部始終を見ていたアリン
zophyel : タンプー「しかも、薬じゃないので無害プー」
赤道斎 : アリン「所でタンプー、それ、どこで手に入れたの
赤道斎 : ?」
HAPOHAPO : アリン「わたし買うわ」
スピスタ : タンプー「企業秘密だプー」
lilith_sakura : アリン「言わないなら毛を剃るわよ?」
zophyel : タンプー「そういうと思ってこちらに袋詰3㌔」
スピスタ : アリン「あら、素直ね」
赤道斎 : ピピン「は~い、そのマメの珈琲できたよ~」
lilith_sakura : アリン「でも答えになってないから剃るわ」
zophyel : ケン「必死だなアリン(ずずーっ)」
スピスタ : ケン「うっ!」
赤道斎 : ピピン「(どきどき)」
zophyel : ケン「なんだか胸がドキドキする」
スピスタ : ケン「この気持ちはなんだ?」
赤道斎 : アリン「どんな感じ?」
lilith_sakura : ピピン「じゃわたしも」
lilith_sakura : (なしで)
zophyel : ケン「・・・アイツのことがすごく気になってきた
赤道斎 : ピピン「だれ、だれなの?」
zophyel : ケン「・・・かな? よくわからない。モヤモヤする
赤道斎 : ケンの目に映る相手は…
HAPOHAPO : ケン「なんかピンク色の髪だ」
スピスタ : ピピン「あとは?」
赤道斎 : ケン「ロングヘアー」
zophyel : ケン「いてもたってもいられないので出てくる」
スピスタ : ピピン「なんだかイヤな予感がするな」
赤道斎 : ケン「もうすぐ会えそうな気がするんだ」
zophyel : タンプー「ホレ薬じゃないので相手は不定ぷ」
lilith_sakura : ピピン「
赤道斎 : アリン「ちっ!」
lilith_sakura : (みす()
スピスタ : アリン「使えないね」
zophyel : タンプー「あくまで『恋をさせる』だけプー」
HAPOHAPO : マックス「ふぃ~暑い暑い」
zophyel : マックス「おっと、これ貰うよ」
赤道斎 : 勝手にグビグビ…
zophyel : すると・・・
スピスタ : マックス「これ美味いな」
赤道斎 : アリン「(どきどき)」
HAPOHAPO : マックス「む、胸が・・・」
スピスタ : マックス「フォーーーーーー!!!!!」
赤道斎 : アリン「ひっ!?」
lilith_sakura : アリン「あぁ・・・悪い病気が」
zophyel : マックス「フム、やはり俺は美しいな」
赤道斎 : タンプー「ナルシストもあり…メモメモ」
スピスタ : ケン「自分に惚れたか」
HAPOHAPO : マックス「もはやわたしの存在そのものが芸術だ」
zophyel : ケン「元に戻せないのか?」
lilith_sakura : アリン「元にもどれ~」スパイクハンマ~投げ
スピスタ : マックス「ぎゃーーーー!!!」
赤道斎 : げろげろ…
zophyel : タンプー「いつもと大して変わってないですぞ」
スピスタ : ピピン「遠心力で吐かせたか」
lilith_sakura : アリン「元に戻ればなんでもやるわ」
赤道斎 : マックス「アリン…俺は一体…」
スピスタ : アリン「元に戻りましたか?」
赤道斎 : マックス「とてつもなく美しいものを見た気が…」
スピスタ : ケン「はい、鏡」
zophyel : マックス「おお! って何をわかりきったことを」
HAPOHAPO : マックス「あぁ、すごく落ち着く」
lilith_sakura : アリン「もう一回かしら」
赤道斎 : げしっ!
スピスタ : ケン「これが素なんじゃないか?」
zophyel : タンプー「ノウミソまで外に出ちゃいそうですな」
赤道斎 : ピクピク…
zophyel : ピピン「まあコレでも飲んで落ち着け」
スピスタ : ケン「成仏しろよ」
赤道斎 : アリン「はぁはぁ、ごくん。ありがと…」ね
HAPOHAPO : ゴロゴロゴロ・・・
赤道斎 : (文末が変な事に…)
スピスタ : ケン「あれはロロのじゃないか?」
zophyel : ケン「ダイスケの飲んだ、地獄飲料か?」
lilith_sakura : ピピン「強力下剤10倍verだ」
HAPOHAPO : ケン「マックスも飲んでる」
スピスタ : ケン「なんて事をするんだ」
赤道斎 : アリン「げ、解毒魔法を…」
zophyel : ケン「どうやらこの胸の高鳴りは気のせいかな」
lilith_sakura : ピピン「解毒剤はトイレだよ♪」
HAPOHAPO : マックス「その前にかわやだぁぁ!」
スピスタ : ケン「頑張れよ」
赤道斎 : アリン「私が先よ~っ(わーん)」
zophyel : ケン「・・・百年の恋も冷めちゃった」
HAPOHAPO : アリン「レディファーストでしょ?」
lilith_sakura : マックス「時と場合があるだろ!」
スピスタ : マックス「というわけで、さらばだ」
赤道斎 : ギロリ!
zophyel : タンプー「おお、マックスがミンチに」
スピスタ : ケン「憐れな奴だ」
赤道斎 : ダイスケ「マックス、おしめをあげよう」
zophyel : タンプー「この豆は改良が必要なようですな」 
赤道斎 : ケン「品種改良中なのか、それ」
スピスタ : ケン「つか、自分で作ったのかよ」
zophyel : タンプー「ロマンチックな雰囲気が台無しですな」
赤道斎 : ピピン「お客で人体実験しないでね」
スピスタ : アリン「ピピン、どうしてくれるんですか?」
zophyel : タンプー「素直にホレ薬効果の珈琲にするぷー」
赤道斎 : ピピン「だそうだから、完成を待ってちょうだい」
スピスタ : ケン「一体何を作る気だったんだ?」
HAPOHAPO : セシリア「フー、暑いわね」
zophyel : タンプー「恋人たちの集う喫茶店の経営」
赤道斎 : タンプー「(私をキャディーに、なんて言えない)
スピスタ : セシリア「何か冷たい物頂戴」
HAPOHAPO : キューマ「かしこまりました」
zophyel : タンプー「って、そっちの豆はまずいプー」
スピスタ : ケン「どうしたんだ?」
zophyel : タンプー「欲望を開放する作用があるプー」
赤道斎 : 時遅く、一口こくり。
lilith_sakura : セシリア「ふぅ・・・・ふぅ・・・」
HAPOHAPO : ピピン「とんでもないことになりそう」
zophyel : セシリア「す、好きなのお!!」
赤道斎 : セシリア「ケン、キューマ、二人ともよぉ!」
スピスタ : ケン「どうなっちまうんだ?」
HAPOHAPO : ケン「俺もか!!!!」
zophyel : セシリア「さ、二人とも腕立て3,000回!!」
スピスタ : ケン「というか、ダイスケはどうした?」
lilith_sakura : セシリア「逆らったら鞭でしばくわ!]
zophyel : セシ「少年が汗だくで・・・ああ(はーと)」
スピスタ : ケン「そんなのやってられるか!」
赤道斎 : ダイスケ「俺への愛は薬でどうこうしないのさ」
HAPOHAPO : セシリア「それと新しいピンク髪の娘・・・」
zophyel : セシ「ボンレスハムは趣味じゃないの」
赤道斎 : 一点、目つきが厳しくなるセシリア
スピスタ : ピピン「やっぱりそいつなのか!」
HAPOHAPO : セシリア「コ、コ、コ、コ、コロ、コロ・・・」
lilith_sakura : ピピン「あいつなら知ってそうだな」
zophyel : ?「こんにち・・・サヨナラ」
赤道斎 : ロロ「まだ実装前だから出てこられないみたいね
スピスタ : ケン「何とかしてくれよ!」
HAPOHAPO : セシリア「わたしとミンティがお払い箱?」
zophyel : ?「どう見ても尋常じゃないからパス」
lilith_sakura : ミンティ「私もですか」
スピスタ : ピピン「ミンティは関係ないだろ?」
HAPOHAPO : セシリア「そんなこと黙ってられない」
スピスタ : ケン「確かに黙っていないな」
赤道斎 : キューマ「さ、これを飲んで落ち着いてください」
zophyel : セシ「あら・・・って飲むわけないでしょ」
lilith_sakura : キューマ「飲んでいただけないのですか」
スピスタ : セシリア「こんな怪しい飲み物」
赤道斎 : キューマ「折角ボクが煎れたのに…ぐすん」
zophyel : セシ「じゃあ口移しで」
スピスタ : キューマ「それはちょっと…」
赤道斎 : キューマ「じゃ、目を瞑ってください」
zophyel : セシ「これでいい?」
赤道斎 : むちゅ(はーと)、ごっくん。
スピスタ : セシリア「若いっていいわね」
zophyel : セシ「・・・(げー)」
lilith_sakura : キューマ「ふ・・・」
赤道斎 : 目を開けたセシリアの前には…
zophyel : ダイスケ「ポッ」
HAPOHAPO : キューマ「分かってください。僕が生きるためです
スピスタ : セシリア「ダイスケ…」
赤道斎 : ダイスケ「さ、二人で欲望を開放…」
zophyel : セシ「逝ってヨシ」
HAPOHAPO : ダイスケ「ついに俺の時代か(ひょえ)」
スピスタ : ケン「それはないから」
HAPOHAPO : サテライトレーザーキャノン発動
zophyel : タンプー「もっと燃える情熱の恋はないのかプー」
スピスタ : ケン「お前が言うなよ」
lilith_sakura : ケン「それに恋を求めるならここはないぞ」
スピスタ : ケン「鯉は池に行けばいるけどな」
赤道斎 : 翌日、ピピンの店頭に「営業停止」の貼り紙が…
lilith_sakura : ---------- キリトリ ---------
zophyel : そのころ、エリカ「あーん、まってくーちゃぁぁん


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23292387.jpg


大会後のチャット中、いきなりシステムダウン。
どうやら熱暴走だったようで、何とか復旧、こうしてチャットログをお届けできました。
省エネのためエアコンを動かさなかった為、PC周辺が32℃あったものな~



次回のお題は「枝豆のある夜は」です。
(HAPOさん、日付、日付~)

枝豆つーと、この作品の
http://pya.cc/4coma/hitcnt.php?uid=230
この写真思い出すのさ。
http://pya.cc/pyaimg/pimgfm.php?imgid=6678
[PR]
by sekidousai | 2008-07-05 23:37 | 1行リレーパンヤ物語杯

本日のお題「絶滅寸前少女」by 赤道斎

元気回復に役立つこの大会、今回のコースはWestWizでした。

------------ キリトリ -----------

赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : よろしくお願いします
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
zophyel : よろしくです
赤道斎 : ケン「最近、あの娘見なくなったね」
zophyel : エリカ「誰?」
スピスタ : ダイスケ「今時珍し子だったのにな」
赤道斎 : ケン「ほら、あの娘、…なんて言ったっけ?」
スピスタ : エリカ「それじゃあ分からないわよ」
zophyel : クー「えー、ハナだっけ?」
HAPOHAPO : エリカ「韓国番かよ」
スピスタ : エリカ「犬?」
スピスタ : (私の無しで)
赤道斎 : ケン「一応人だったような」
zophyel : ケン「名前を出していこうか、ピピン、ロロ・・・
赤道斎 : エリカ「ドルフ、キューマ…」
スピスタ : ダイスケ「アリン、セシリア…」
HAPOHAPO : ケン「ティッキー、カディエ・・・」
zophyel : クー「私、ルーシア、ワッフル・・・」
スピスタ : ケン「GMもかよ」
赤道斎 : エリカ「U田、okome…」
HAPOHAPO : アリン「カズ美とカレン」
スピスタ : カズ「俺は男だから」
zophyel : ダイスケ「ウィンクルピピンにティッキー」
赤道斎 : ?「シクシクシク…思い出してよ~」
HAPOHAPO : ケン「あ~!受付のお姉さん」
赤道斎 : ぺしぺし!
zophyel : エリカ「それで全員じゃない?」
スピスタ : エリカ「で、結局誰なの?」
zophyel : クー「あ、忘れてた大事なヤツ」
赤道斎 : ?「!」
lilith_sakura : ケン「だれ?」
HAPOHAPO : クー「ラミー」
zophyel : クー「それとクリストファーJ」
赤道斎 : ?「もうイイです…日陰で暮らします」
スピスタ : ケン「結構忘れているな」
HAPOHAPO : エリカ「あ~そうそう!」
スピスタ : ケン「どうした?」
zophyel : ?「(はーと)」
HAPOHAPO : エリカ「マカロンとシフォン」
赤道斎 : エリカ「キットの子がいたわね」
赤道斎 : (なしで)
zophyel : ?「(だめだ)」
スピスタ : ケン「これで全員か?」
zophyel : ケン「あれ? そこにいるのは誰だ???」
赤道斎 : クー「シラタマとプー太じゃない?」
スピスタ : ?「もういいです」
zophyel : ケン「ほら、こっちにおいで?」
赤道斎 : エリカ「冗談よ~」
スピスタ : ?「さて、私は誰でしょう?」
zophyel : ケン「怖くない怖くない」ぐいっと
赤道斎 : ケン「ティッキーの2ndさん!」
スピスタ : ?「帰ります」
zophyel : クー「いや、帰るな」
lilith_sakura : クー「帰ったら終わるだろうが」
赤道斎 : エリカ「衣装(おさがり)あげるから、ね?」
zophyel : ?「ぶちぶち」
HAPOHAPO : ?「わーい(わら)」
赤道斎 : ケン「で、最近どうしたんだミンティ?」
スピスタ : ミンティ「どうもしませんけど?」
zophyel : エリカ「ミンティ? 誰だっけ」
赤道斎 : クー「え?マジ忘れてたの?」
zophyel : エリカ「うん」
赤道斎 : ミンティ「あんなにエリカのために頑張ったのに…
スピスタ : ケン「記憶喪失か?」
lilith_sakura : ミンティ「誰が?」
zophyel : エリカ「カワイイものハンターの私としたことが」
スピスタ : ティッキー「私もターゲットだったのかな?」
赤道斎 : ミンティ「初めて雇われたあの日の夜なんて…」
zophyel : エリカ「影が薄すぎてすっかり頭から消えてたw
lilith_sakura : ミンティ「突然押し倒されたのに(かなし)」
赤道斎 : ケン「最近見なくなったけど、引き籠もりか?」
HAPOHAPO : ミンティ「わたしあの日から毎日お弁当まで作って
スピスタ : ミンティ「エリカさんが苛める…」
zophyel : ミンティ「誰も使ってくれないんですぅ~」
赤道斎 : クー「雇おうにも雇えないものな」
スピスタ : ケン「パッケージが売ってないからな」
HAPOHAPO : ミンティ「わたし一生懸命がんばります(うる)」
zophyel : ケン「シリアルどこにもないもんな」
赤道斎 : ピピン「中古のパッケなら売ってあげるよ」
スピスタ : ケン「シリアル使えるのか?」
zophyel : ケン「入力・・・使用済みじゃないか」
赤道斎 : ピピン「当然じゃない」
lilith_sakura : ピピン「あとはヤフオクよ」
スピスタ : ケン「オクかぁ、ぼったくられそうだ」
zophyel : ケン「あんな
zophyel : (誤爆)
赤道斎 : ミンティ「あたしって身売りされる美少女?」
lilith_sakura : ダイスケ「美なのか?」
zophyel : ケン「えー相場相場・・・うわ高っ」
スピスタ : ケン「そういう事にしておいてやれ」
赤道斎 : (11Hギヴ~)
スピスタ : (どまい)
HAPOHAPO : ミンティ「わたしは高くつく女なのよ」
赤道斎 : ティッキー「幾ら高くても売れなきゃねぇ」
スピスタ : ケン「最悪そうだな」
lilith_sakura : ケン「逆に言えば買い手がない女だな」
zophyel : ケン「販売欄に何かコメントが・・・なになに?」
赤道斎 : 『ハンゲIDと抱き合わせです』
スピスタ : ケン「『誰か買ってあげてください』?」
zophyel : 『どんな物好きが買うんだコレwww』
赤道斎 : ミンティ「しくしくしく(かなし)」
lilith_sakura : ミンティ「(´・ω・`)」
スピスタ : ケン「凄いコメントだな」
zophyel : ケン「よしよし」
HAPOHAPO : マックス「Oh!My ぷりちーがーる」
赤道斎 : クー「マックスはミンティを使ってるのか?」
スピスタ : マックス「言ってみただけだ」
zophyel : ティッキー「早まっちゃ駄目よミンティ」
赤道斎 : ミンティ「どうせSeason4では忘れられてるのよ~
lilith_sakura : マックス「見た目装備でな」
スピスタ : ケン「元気出せよ」
zophyel : ミンティ「キャディ辞めようかな」
赤道斎 : ミンティ「それとも雇ってくれる?ケン」
スピスタ : ミンティ「代わりにプレイヤーになれば人気出るか
スピスタ : な?」
HAPOHAPO : カディエ「トラバーユして楽になることもあるわよ
zophyel : ミンティ「じゃ、終身雇用で」
赤道斎 : クー「コント無しパワー重視じゃねぇ」
スピスタ : ミンティ「いいじゃない」
zophyel : ピピン「喧嘩売ってんの、クー?」
HAPOHAPO : ミンティ「わたし旅に出るわ」
スピスタ : ケン「どうするつもりだ?」
zophyel : しかし外は雨。
赤道斎 : クー「いいよ。どうせパンヤ島はかわんないし」
HAPOHAPO : ミンティ「追わないで。別れが辛くなるから」
赤道斎 : 一同、座ったまま。
スピスタ : ケン「だけど、外は嵐だぞ?」
zophyel : カディエ「はい傘。晩御飯には帰って来るのよ」
赤道斎 : ミンティ「お姉ちゃん、私の名前を呼んでみて?」
スピスタ : ティッキー「お土産よろしくね?」
zophyel : カディエ「いってらっしゃい、赤蝮権左衛門子」
スピスタ : ケン「誰だそれ?」
lilith_sakura : ミンティ「さようなら・・・」
赤道斎 : ばたん。
スピスタ : カディエ「待って、ミンテイ!」
HAPOHAPO : それから3年の月日がたった
zophyel : ミンティ「るーるーるー」
スピスタ : ミンティ「みんな本気で私の事忘れてる~」
HAPOHAPO : ダイスケ「おい聞いたかよ?」
スピスタ : ケン「どうしたんだ?」
赤道斎 : マックス「不審者が出たそうだ」
zophyel : エリカ「怖いよね」
HAPOHAPO : ダイスケ「アイススパのおでん屋でな」
スピスタ : ケン「気をつけた方が良さそうだな」
zophyel : クー「マックスが不審者ってベタは言ってやらんw
HAPOHAPO : ダイスケ「おかげで非番なのに巡回業務だ」
スピスタ : マックス「俺はおでん屋なんてやってないぞ?」
zophyel : ミンティ「えーん、そんなのってないよ~><」
HAPOHAPO : ダイスケ「何でも店員が切れるらしい。」
赤道斎 : ティッキー「あれ、あの娘…おねえちゃ~ん」
スピスタ : カディエ「あらなに?」
zophyel : ティッキー「・・・なんだっけ?」
HAPOHAPO : ティッキー「生き別れたわたしのにそっくり・・・
スピスタ : カディエ「見間違えじゃないの?」
HAPOHAPO : ティッキー「そうね。きっと疲れてるのかも」
lilith_sakura : ミンティ「3年ってこれだけ人を変えるんだ・・・」
zophyel : カディエ「アンタは私のたった一人の妹よ?」
スピスタ : ミンティ「私は何をしていたんだろう?」
赤道斎 : ミンティ「そんなぁ」
HAPOHAPO : ダイスケ「姉ちゃん、いつもの頼むよ」
lilith_sakura : ミンティ「ほえ?」
スピスタ : ミンティ「うるさい!」
HAPOHAPO : ダイスケ「何言ってんだ!
赤道斎 : ダイスケ「…って、おまえ、お前は…だれだっけ?
zophyel : U田「おやミンティ、こんなところでどうした?」
スピスタ : ミンティ「私に名前を言ってみろ!」
HAPOHAPO : ダイスケ「い、いまなんと・・・!」
スピスタ : (に→の)
lilith_sakura : ミンティ「U田さんまでお忘れられたら首吊りだわ」
HAPOHAPO : U田「え~誰だっけ?(むふ)」
赤道斎 : U田「俺はパンヤの全てを覚えてるぞ」
赤道斎 : (無しで、その2)
zophyel : U田「いや、s4移行前の整理でチョット、なw」
スピスタ : ミンティ「私はどうなったの?」
赤道斎 : U田「もちろん無かった事にした」
zophyel : U田「黒歴史扱いで消しちゃったwすまん☆」
スピスタ : ミンティ「えー!!!」
赤道斎 : U田「でも出てきてしまったものは仕方ない」
zophyel : U田「殿堂入り扱いで復帰させてやろう」
lilith_sakura : ミンティ「殿堂入り?」
スピスタ : U田「パンヤの殿堂だ」
赤道斎 : U田「新しい名前はボルジャーノンでどうだ?」
zophyel : U田「ウィンクルみたいに、『これは飾りです』と」
HAPOHAPO : U田「嬉しいことにお前はイラスト掲示板で生き続
lilith_sakura : ミンティ「殴られたいの?」
HAPOHAPO : けるんだ」
スピスタ : U田「衣装は今まで通り無いからな」
zophyel : U田「はっはっは、メデタシメデタシ」
HAPOHAPO : ミンティ「もう流す涙もないわ」
赤道斎 : ミンティ「仏壇の写真みたいでいやなんですけど」
zophyel : U田「そうそう、カワイソススレは沈んでるからな」
HAPOHAPO : U田「それと次のキャディコンだがな」
赤道斎 : ミンティ「(サブ垢で上げカキコしとこう)」
スピスタ : U田「ミンティは審査員でお願いするな」
赤道斎 : ミンティ「(みんな没よ、没!」
zophyel : ミンティ「たいーしょーしゃにしーてー(わーん)
HAPOHAPO : U田「それと夏の特別企画「飛び越せ」大作戦」
zophyel : U田「アレ、ティッキーのソロだから」
スピスタ : ミンティ「私双子なのに」
赤道斎 : ミンティ「(箒に火を放ってやる~)」
zophyel : U田「敵役なら量産してやるが?」
HAPOHAPO : U田「劣化版ティッキーとしてな」
スピスタ : ミンティ「そんなのイヤーーー!!!」
赤道斎 : と泣きながらU田にすがりつくミンティ
lilith_sakura : ミンティ「なんでみんなしてそんな扱いなのよ!」
HAPOHAPO : ミンティ「エリカが初めてHIOした日が懐かしい
zophyel : ミンティ「いっそお嫁さんになろうかな・・・」
赤道斎 : エリカ「かも~ん!」
スピスタ : U田「相手いるのか?」
HAPOHAPO : エリカ「わたしの守備範囲は広いわよ」
zophyel : ケン「何やってんだよ・・・」
スピスタ : U田「そんなの認めませんから」
lilith_sakura : ミンティ「いいんだいいんだ、私なんか」
HAPOHAPO : エリカ「冗談はおいといて・・・」
赤道斎 : ケン「俺の所、来るか?」
zophyel : U田「『不幸な』ミンティは皆のアイドルだからな」
HAPOHAPO : エリカ「ミンティ、また一緒に回ろう?」
スピスタ : ピピン「こら!勝手に話を進めるな」
lilith_sakura : ミンティ「なんでこんな扱いなのかな・・・」
赤道斎 : U田「昔からだろ」
zophyel : 一同「「「『薄幸』だから」」」
lilith_sakura : ---------- キリトリ ---------
スピスタ : U田「本国実装されてないしな」


------------ キリトリ -----------
気ばかりはやってすべるすべる…


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23213836.jpg


エリカの瞳をじっと見つめても自分だけ何PP獲得したか判らないの。


次回のお題は「珈琲☆ルンバ」です。

--------------------------------------------------------------------

< 広 告 >

一行リレーパンヤ物語大会は参加者を募集しています!
最初は誰でもチャット初心者、むしろ参加するほどチャットが上手くなりますよ(きっと)。
もちろん「まずは観るだけ」の体験参加もOK!
どんな風に進行しているか、ログでは判らない部分も判るので、ぜひ観に来てください。
もちろんそのまま参加してくださるともっと嬉しいです。

開催日:毎週月・木・土
開始時刻:22時(ただし最大15分ほど遅れることもあります)
開催地:クロポンの広場 みんなで仲良く
入場パスワード:1gyou(全て半角)
会場名称:その日によって変わりますが大会名に関連した名称です
       (判らなかったらささやき入れてください。ご招待します)

さらなる詳細はこちらでどうぞ。
http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=9
[PR]
by sekidousai | 2008-07-03 23:26 | 1行リレーパンヤ物語杯



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧