赤道斎の隠し部屋

<   2007年 06月 ( 61 )   > この月の画像一覧

本日のお題「壁が行く」by zophyel さん

本日は5名でスタートするも終了直前にzophyelさんがオチもつけずに落ちてしまいました。
コースはSS。

------------ キリトリ -----------
スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
lilith_sakura : ( ゚Д゚)よろしく
アーリマ : よろしくです
yoh1991 : よろしく!!
スピスタ : ケン「なんだこれは?」
赤道斎 : それはある日突然そこに立っていた。
アーリマ : エリカ「壁?」
スピスタ : ケン「でも何処かで見たような…」
赤道斎 : エリカ「上の方に顔があるわ」
lilith_sakura : エリカ「紙・・・でもないよね?」
アーリマ : ケン「ってまさか」
スピスタ : エリカ「ポンタ?」
赤道斎 : その瞬間、それは大きく身震いして飛び立った。
lilith_sakura : エリカ「デカ!!」
スピスタ : ケン「何が起こったんだ?」
アーリマ : 悠然と空を飛び、ケンの真上に着地。
スピスタ : ケン「全然重くないな」
赤道斎 : ダイスケ「すまんすまん、俺の新キャディーだ」
アーリマ : ケン「721
スピスタ : エリカ「ケン、何か言った?」
アーリマ : ケン「あいや、なにい?」
lilith_sakura : ダイスケ「壊れたか?」
赤道斎 : ケン「それよりも、コレどうしたんだ?」
スピスタ : エリカ「今のショックでかなぁ?」
アーリマ : ダイスケ「どうもこうも、新レアだろが」
スピスタ : ケン「こんなの出るのかよ…」
赤道斎 : ケン「おれ、いま無一文なんだ」
yoh1991 : エリカ『何で?
スピスタ : ケン「聞くな」
lilith_sakura : エリカ「聞く」
赤道斎 : ケン「猫が可愛くてみんな注ぎ込んじゃってさ」
スピスタ : エリカ「猫?」
アーリマ : ケン「餌代とリプテに化けた」
スピスタ : エリカ「何でリプテを?」
lilith_sakura : ケン「察しろよ、それぐらい」
アーリマ : ケン「ビデオなんて気のきいたものないじゃん」
スピスタ : エリカ「アンダーソンに頼めば?」
赤道斎 : ケン「あいつの依頼料、結構高いぞ」
アーリマ : ケン「アリンがお抱えにしちゃったんだ」
アーリマ :  
アーリマ :  
lilith_sakura : エリカ「写真集だそうとしてるからね」
アーリマ : (誤爆)
赤道斎 : アリン「一冊500CPでお譲りしますわよ」
スピスタ : ケン「だから今金ないんだ」
yoh1991 : エリカ「てか、アリンいたの!!
lilith_sakura : ダイスケ「こいつの中から出てきたぞ」
スピスタ : ケン「神出鬼没だな」
アーリマ : アリン「びっくりしました?」
赤道斎 : エリカ「私も入ってみたいなぁ」
lilith_sakura : アリン「1000000000ppよ」
アーリマ : エリカ「ていうか、おっき~い」
スピスタ : エリカ「完全に壁だよね」
アーリマ : エリカ「ふかふか~」
lilith_sakura : ケン「気に入ったみたいだな」
赤道斎 : アリン「あっ、そんなに寄りかかると…」
アーリマ : へにょん
スピスタ : エリカ「はう」
yoh1991 : エリカ「うわ
アーリマ : ケン「さすが紙袋」
赤道斎 : BIGポンタは横倒しになった。
スピスタ : ケンは押しつぶされた
アーリマ : その上にエリカが乗っかる
yoh1991 : ケン「たすけてぇ」
赤道斎 : エリカ「そんなに重くないでしょ?」
yoh1991 : ケン「息が・・・・」
スピスタ : エリカ「我慢して」
赤道斎 : エリカ「さて、中はどうなってるのかな」
アーリマ : ダイスケ「やめといたほうが・・・」
スピスタ : エリカ「探検開始~」
lilith_sakura : エリカ「ではさっそく・・・」
アーリマ : むにゅり
赤道斎 : …入ったまま出てこない。
スピスタ : ケン「大丈夫なんだろうな?」
lilith_sakura : アリン「吸収はされないから大丈夫よ」
アーリマ : ダイスケ「さぁ・・・?」
赤道斎 : しばらくしてモゾモゾ出てきたのは…
アーリマ : 猫
yoh1991 : ケン「あーーーーーーーーー」
lilith_sakura : ケン「・・・(衝動おさえている)」
スピスタ : アリン「あらあら」
アーリマ : 「なぜか」エリカのバンダナをつけている
赤道斎 : ダイスケ「アリン、これってもしかして…」
スピスタ : ケン「そんな、まさかな」
lilith_sakura : アリン「なに?私がしたというの?」
yoh1991 : ケン「魔法で何かしただろ」
アーリマ : アリン「何もしてないわ。でもこれ、エリカ?」
スピスタ : ダイスケ「分からないな」
赤道斎 : ケン「エリカ~こっちこ~い」
lilith_sakura : ケン「エリカは何がすきだっけ?」
スピスタ : ダイスケ「甘い物か?」
アーリマ : 猫エリカ?「みゃ~ん」
赤道斎 : ケン「もっちアイスなんかどうだ?」
スピスタ : ダイスケ「持っているのか?」
アーリマ : ケン「おっと、天使飴しかないな・・・」
yoh1991 : ダイスケ「あげて見れば」
スピスタ : ケン「勿体ない」
lilith_sakura : ケン「猫に飴か」
赤道斎 : その時猫がケンの手に飛びかかった。
アーリマ : 猫エリカ「みゃーう」じたじたばたばた
yoh1991 : ケン「ギャーーーーーーーーー」
スピスタ : ダイスケ「
スピスタ : (誤爆)
赤道斎 : 飴、強奪される。
lilith_sakura : ダイスケ「好きだったらしいな」
yoh1991 : ケン「いでぇええええええええええええええ」
スピスタ : アリン「早くあげないからですよ」
アーリマ : そのまま、ケンのパーカーのポッケに侵入。
スピスタ : ケン「こら、重いぞ!」
lilith_sakura : 猫エ「にゃん♪」
赤道斎 : ガサゴソガサゴソ
yoh1991 : ケン「お、おい」やめろ
アーリマ : 猫エリカ「zzz」
lilith_sakura : アリン「この猫、もう一度ポンタにいれてみる?」
赤道斎 : 口いっぱいに飴をほおばって寝てしまった。
yoh1991 : ケン「寝るなアアアアアアアアアあぁ
スピスタ : アリン「寝ちゃいましたね」
アーリマ : 猫エリカ「にゅふぅ・・・」
赤道斎 : ダイスケ「寝てるのをどうやって入れる?」
スピスタ : ケン「このまま放り込め!」
yoh1991 : アリン「ケンごと放り込むのね
アーリマ : ケン「って、なんで俺ごと放り込みますか?!」
赤道斎 : ダイスケ「よっこいせ」
lilith_sakura : アリン「その方が話が面白いじゃない」
スピスタ : ケン「俺ごと持ち上げるな!」
yoh1991 : ケン「うわ」
アーリマ : ダイスケ「南無」
赤道斎 : ダイスケ「あらよっと」ぽいっ
lilith_sakura : ポンタ「ゴソゴソゴソゴs」
yoh1991 : ポーーーーーーン
スピスタ : ダイスケ「あ、何か出てきた」
アーリマ : エリカ「・・・ふわぁ、よく寝た」
yoh1991 : アリン「エリカぁ?!」
lilith_sakura : ケン「・・・あら?なんともない」
スピスタ : ダイスケ「面白くないな」
アーリマ : エリカ「なんかいい夢みたような」
赤道斎 : アリン「ケン…ポンタに拒否されちゃったのね」
スピスタ : ダイスケ「もう一度入れてみるか?」
lilith_sakura : ケン「それは悲しむべきなのか?」
アーリマ : エリカ「さんざんケンをおちょくった気がする」
yoh1991 : ケン「もういいよ」(いかり)
赤道斎 : ケン「そうだ、飴返してくれ」
アーリマ : エリカ「飴? なにそれ」
lilith_sakura : (誤Inしました。あとでLogお願いします)
赤道斎 : (了解です)
スピスタ : アリン「猫の時の記憶がないみたいですね」
赤道斎 : ケン「エリカ、あーんしてみろ」
アーリマ : エリカ「あーん」
lilith_sakura : ケン「ほれ」
赤道斎 : 口の中に小さくなった飴が一つ。
スピスタ : エリカ「何この飴」
アーリマ : エリカ「ちゅ。ぺろぺろ・・・甘い」
yoh1991 : ケン「それは
スピスタ : ケン「あー!全部食べたな!!」
yoh1991 : (・・・)
スピスタ : (どまい)
アーリマ : エリカ「もっとちょーだい」
yoh1991 : ケン「もうない(いかり)!!
スピスタ : ケン「つか、今の返せ!」
赤道斎 : エリカ「ところでこの飴なんだったの?」
アーリマ : エリカ「それに、もう口の中だよ?」
yoh1991 : ケン「ああああああああああああああああああああ
スピスタ : ケン「何てことをしてくれたんだ!」
lilith_sakura : ケン「一個毒入りだぞ(嘘)」
アーリマ : エリカ「じゃ、返したげようか? コレ」
赤道斎 : ダイスケ「天使飴って効果なんだっけ」
スピスタ : アリン「忘れましたわ」
チャット内容が history/chatting/chat006.txtに保存されました。
赤道斎 : ケンはエリカの舌を見つめる。
lilith_sakura : ケン「・・・もういっか、ないものはないし」
スピスタ : ケン「今の当たりだったみたいだし…(嘘)」
赤道斎 : (zophyelさん落ちてる?)
スピスタ : (落ちています)
赤道斎 : (あらら)
yoh1991 : ダイスケ「ところで・・・・・」
赤道斎 : アリン「あら、貴方が猫になってくれるの?」
スピスタ : ダイスケ「ゴメンだ」
yoh1991 : アリン「じゃああ、・・・・
スピスタ : ダイスケ「自分で入れ!」
lilith_sakura : アリン「いいのかしら?」
赤道斎 : ダイスケ「マックスが飼ってくれるよ」
スピスタ : アリン「今すぐ入りますわ」
赤道斎 : ダイスケ「わわわ、冗談だ冗談」
yoh1991 : アリン「いてきません!!
lilith_sakura : アリン「はい!」と飛び降り
赤道斎 : しかしポンタは逃げた。
スピスタ : アリン「逃がしはしませんわ」
赤道斎 : ふわふわ飛ぶ巨体にトマホーク!
スピスタ : その炎がポンタに引火した
lilith_sakura : そしてあたり一面大火事に
yoh1991 : ケン「うあわああああ」
赤道斎 : ダイスケ「大金かけたおれのキャディーが…」
スピスタ : ダイスケ「誰か消火しろ!」
yoh1991 : アリン「あら?
赤道斎 : エリカ「もう灰になった…」
------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23155612.jpg


イベントポイントが410あるんだけど、ちょっと回ってマカロンとでも交換しましょうかね。

次回のお題は「Missパンヤ」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-06-11 23:19 | 1行リレーパンヤ物語杯

パンヤ美術館目録を更新しました

イラスト3点を追加しました。


カディエさんが空を行く(瑞月朧氏)

おっきくてコマッチャウ(?)(七砕氏)
 (おまけ http://byonabi.aki.gs/yam/html/dada9.html )

エリカのつもり……(◇風代美夢◇氏)


http://sekidou2.exblog.jp/d2007-06-10
[PR]
by sekidousai | 2007-06-10 00:20 | パンヤイラスト・SS

うおっ!まぶしっ!

夕陽のニャン (情報:スパイス様)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=42941

液晶のバックライトなんてそんなに明るくないのにこのように明暗が激しいとまぶしく感じますよね。これ、動いてるところも見たいな。


ウェンウェンツ氏みたいに(その8)(情報:ぶぶ・どすえ様)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=28681

結構良いカメラ使ってるじゃないか。


天使の羽(情報:さいたま様)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=14370

どんな気象条件・機構でこうなるんでしょうか。不思議です。


(wan) 輪島の朝市 (情報:熾天使ミカエル様)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=43085

十年一昔。私が子供の頃もこんな風景が見られました。
[PR]
by sekidousai | 2007-06-10 00:17 | pya! etc.

本日のお題「消えたアズテック 」by スピスタさん

本日の大会は6名でスタート、回線が危ないという方もいらっしゃいましたが、嬉しいことに全員完走でした。
コースはDI。

------------ キリトリ -----------
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : よろしくお願いします
lilith_sakura : ( ゚Д゚)よろしく
yoh1991 : よろしく!!
青く高き空 : よろしくおねがいします♪
アーリマ : よろしくです
スピスタ : 事件は突然に起こった
アーリマ : (タダゲ垢にはきついぞw)
赤道斎 : ダイスケ「おーい、俺のアズ知らないか?」
lilith_sakura : ケン「しらないがどうした?」
スピスタ : ダイスケ「無くなったんだ」
アーリマ : マックス「あれ、秘蔵のHGアズがナーイ」
赤道斎 : エリカ「カラスかハトが咥えてったんじゃないの?
lilith_sakura : ダイスケ「触れたら消えるんだろ?」
スピスタ : ダイスケ「そんなわけ無いだろう」
赤道斎 : ケン「どんな状況で消えたんだ?」
アーリマ : ダイスケ「どんなもなにも、晴れた朝突然に、だ
lilith_sakura : ダイスケ「朝練しようとしたらなかったんだ」
スピスタ : マックス「俺は今気が付いたぞ」
赤道斎 : エリカ「朝日に当たって灰になったんじゃないの」
アーリマ : ケン「吸血鬼か」
スピスタ : エリカ「誰かのイタズラかなぁ」
lilith_sakura : ダイスケ「カディエが工場長だから聞けばわかるか
赤道斎 : ということで皆でカディエのところへ。
スピスタ : しかし、カディエはいなかった
lilith_sakura : SE:ガッションがっしょん
スピスタ : エリカ「何?あの音」
赤道斎 : 工場の奥から怪しい機械の音が…
アーリマ : ドルフ「ククク・・・フフフ・・・」
yoh1991 : ケン「なにがあったんだ
スピスタ : エリカ「あんたいつ来たのよ?」
lilith_sakura : ドルフ「あぁ・・・着てたんですね」
アーリマ : そこには人間大はあろうかというでっかいアズが。
赤道斎 : ダイスケ「お前こそここで何してるんだ?」
lilith_sakura : ドルフ「シリタイノデスカ?6
スピスタ : ダイスケ「危険な気もするな」
アーリマ : ドルフ「この水アズで、クククククク・・・」
赤道斎 : ケン「おまえ、操られてるな?」
スピスタ : エリカ「怪しすぎる…」
lilith_sakura : ドルフ「さて、何の用でしたっけ?」
yoh1991 : ケン「何って・・・・
アーリマ : ダイスケ「カディエはどこいった?」
スピスタ : ドルフ「さあ、知りませんが」
lilith_sakura : ドルフ「新しいた・・・材料を取りにいってますよ
アーリマ : ドルフ「くけけけ」
青く高き空 : ケン「た…?」
赤道斎 : マックス「ごまかすな!『た』って言おうとしたな
yoh1991 : エリカ「もしかしてやっぱり・・・・」
スピスタ : ドルフ「記憶にございません」
lilith_sakura : ドルフ「さぁ?しりませんよ・・・ククク」
赤道斎 : エリカ「カディエを探しに行きましょ」
スピスタ : ケン「何処に?」
lilith_sakura : ドルフ「今日は戻りませんよ」
赤道斎 : エリカ「手分けして…なんですって?」
アーリマ : ドルフ「今日もかな?」
スピスタ : ケン「知っているじゃないか!」
アーリマ : ドルフ「・・・さて?」
lilith_sakura : ドルフ「場所は知りあせんよ」
赤道斎 : マックス「缶詰にされたくなければ吐け!」
スピスタ : ケン「何を言っていたのか教えろ!」
アーリマ : ドルフ「ふむ。・・・ぽちっとな」
lilith_sakura : ドルフ「さぁ?仕事があるので・・・・」
赤道斎 : とぼけるドルフがボタンを押すと床が…
アーリマ : ドルフ「おとなしく消えてください」
lilith_sakura : 床が外れた
スピスタ : ケン「うわ~!」
lilith_sakura : ドルフ「あなた達は知らなくていいことを知りすぎ
lilith_sakura : た」
アーリマ : 全員、地の底にご招待。
赤道斎 : 静かになった部屋。そこにカディエが帰ってきた。
スピスタ : カディエ「何かあった?」
アーリマ : カディエ「鯛焼きも高くなったわねぇ」
赤道斎 : ドルフ「うるさいネズミが出ただけです」
lilith_sakura : ドルフ「それ以外はなにも・・・」
アーリマ : カディエ「気をつけなさいよ」
スピスタ : ドルフ「はい、それはもう」
赤道斎 : ドルフ「ところでボクの分の鯛焼きは?」
lilith_sakura : カディエ「あ、あるわよ」
アーリマ : カディエ「ハイこれ」
赤道斎 : それは異様に大きかった」
lilith_sakura : ドルフ「よりによってマロンですか」
スピスタ : カディエ「キライだった?」
アーリマ : カディエ「ドデカポンタ焼きってのもあったけど」
赤道斎 : ドルフ「これで良いです」と一口…
lilith_sakura : ドルフ「たたみ1畳分のあれですか・・・」
スピスタ : カディエ「大きすぎて止めたわ」
赤道斎 : ドルフ「賢明です」ともう一口…
アーリマ : カディエ「さて、新型アズの完成度はどう?」
スピスタ : ドルフ「順調ですよ」
赤道斎 : ドルフ「ただ、もうちょっと材料が足りません」
yoh1991 : カディエ「何が足りないの?
lilith_sakura : ドルフ「生きのいいのないですかな?」
アーリマ : ドルフ「ラブアズの燃える恋のパゥワーとか」
赤道斎 : カディエ「アズに活きの良いも悪いも…あ、そうだ
スピスタ : カディエ「こんなの取ってきたわよ」
lilith_sakura : ドルフ「いいですね」
アーリマ : ナイスリャ~アズ
赤道斎 : カディエ「でもこれ使うと変な癖でないかしら」
lilith_sakura : カディエ「やっぱうるさいかしら?」
スピスタ : ドルフ「面白いと思いますよ」
アーリマ : ドルフ「微妙に髭が生えてるのが気になりますが
赤道斎 : カディエ「ダイスケが使ってたからねぇ」
スピスタ : ドルフ「贅沢は言えないですね」
lilith_sakura : カディエ「廃れた芸人の魂も入ってるわ」
スピスタ : その頃、地下室では…
lilith_sakura : SE]
青く高き空 : ケン「ふあぁぁぁ~」
赤道斎 : エリカ「あんた、結構図太いのね」
lilith_sakura : (流して
青く高き空 : ケン「慣れっこさ」
アーリマ : マックス「ふぉぉぉぉぉぉおおおおお」
スピスタ : エリカ「こんな事に慣れているの?」
青く高き空 : ケン「(いつものお前たちの扱いに比べたら)
赤道斎 : ケン「この間はクーとセシリアに…(かなし)」
lilith_sakura : ケン「カディエにな・・・」
アーリマ : ダイスケ「全員だろ」
yoh1991 : エリカ「!!!!1?」
lilith_sakura : ケン「そんな境遇さ」
スピスタ : エリカ「あんたの人生って…」
赤道斎 : ダイスケ「ケンのことはほっておいて、どうする?
アーリマ : マックス「くかかかかかかかかーー」
青く高き空 : ケン「…ま、俺のポジションはこんなもんさ」
スピスタ : エリカ「なんとか脱出しないとね」
赤道斎 : ケン「マックスが壊れているようだがコレは?」
青く高き空 : といってエリカは周囲を見渡した
アーリマ : ダイスケ「寝てるだけだ」
スピスタ : ダイスケ「放っておこう」
青く高き空 : ケン「これ寝ぼけてるのか…」
スピスタ : エリカ「気にしたら負けよ」
lilith_sakura : ダイスケ「うるさかったら永眠させたる」
yoh1991 : エリカ「ところで・・・・」
赤道斎 : そう言って壁を探り出す一行。
アーリマ : エリカ「このボタン、なにかな?」
スピスタ : エリカはボタンを押した
青く高き空 : SE:ひゅーん
スピスタ : ケン「うわーーーーー!!!」
アーリマ : ドシャ。どばばばばばばばばばーーーーーー
lilith_sakura : ケン「天井さがってね?
赤道斎 : エリカ「あらあらあら」
青く高き空 : ケン「ぶっ」
yoh1991 : エリカ「いや、床が上ってるんだ
スピスタ : ケン「俺たち押しつぶされるぞ!」
青く高き空 : ボタンの位置が下がっていくのが証拠。
アーリマ : ダイスケ「天井はとじたまんまだぞ」
lilith_sakura : ケン「どっちにしろ圧死する!」
スピスタ : エリカ「あ、ここにもボタンが」
赤道斎 : エリカ「あら天井にドアがあるわ」
赤道斎 : (私の無しで)
アーリマ : ぽち
yoh1991 : ケン「ぐわ」
青く高き空 : 横からロケットパンチが…
yoh1991 : ケン「・・・・・・・・・」
赤道斎 : エリカ「それともこっちのボタン?」
青く高き空 : ダイスケ「もうなんでもありだな」
スピスタ : ケン「余り勝手に押すなよ!」
yoh1991 : ケン「がああああああああ」
アーリマ : 水が噴出した
lilith_sakura : SE:ポチッ
アーリマ : 電気がほとばしった
青く高き空 : 全員感電
スピスタ : ケン「ぎゃぁーーーーーーー!!!!」
yoh1991 : ケン「お・・・・・・・・・、やりすぎwpqwq
アーリマ : カディエ「なんか騒がしいわねえ?」
青く高き空 : そうこうしている間に天井にせまっていく
スピスタ : エリカ「もうダメ…」
赤道斎 : カディエ「この声は床下からね」
青く高き空 : ガチャ
yoh1991 : カディエ「あっらら
アーリマ : カディエ「何してんのあんたたち」
スピスタ : ダイスケ「出口だーーー!」
lilith_sakura : カディエ「ここは入り口よ」
アーリマ : ドルフ「あちゃー」
yoh1991 : ケン「あ!!!!」
赤道斎 : エリカ「ド~ル~フ~」
スピスタ : ダイスケ「あ、俺のアズテック!」
青く高き空 : ケン「ちょうどカディエがいる…って用事済んだか
アーリマ : マックス「・・・むにゃ」
yoh1991 : エリカ「まだねてるの!!!
スピスタ : ケン「放っておけ」
アーリマ : ケン「で、いったいぜんたいどういうことだ!!」
青く高き空 : ドルフはエリカとダイスケに囲まれた
赤道斎 : ドルフ「カディエさ~ん、たすけてぇ~」
yoh1991 : エリカ「さ、わけを話て!!」
スピスタ : ドルフ「し、知りませんよ~」
アーリマ : カディエ「新アズを作ろうとしたんだけど」
青く高き空 : さっきと勢いが全然ちがうドルフ
赤道斎 : カディエ「手伝いを頼んだのよ」
スピスタ : ドルフ「それだけですよ」
アーリマ : カディエ「ドルフってペンタシュター(?)だから
yoh1991 : ドルフ「だから・・・
赤道斎 : エリカ「じゃなんで地下に落としたのよ」
アーリマ : カディエ「新アズの妖気に当てられたかしらね」
青く高き空 : 一同「妖気?」
スピスタ : ケン「一体どんなアズテックを作ろうとしたんだ?
アーリマ : カディエ「魔界の気を集めた地獄溶岩アズ」
スピスタ : ケン「危なくないのか?」
赤道斎 : カディエ「BIGポンタを打ち抜けるのよ」
アーリマ : カディエ「安定させるのに、材料がちょっとw
スピスタ : ケン「意味ない効果だな」
アーリマ : カディエ「お詫びに鯛焼き食べる?」
赤道斎 : ケン「それ、ICからガメてきたんだろ」
スピスタ : カディエ「バレたか」
------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_2324382.jpg


ようやくDIもコース記録がアンダーパーに。

次回のお題は「壁が行く」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-06-09 23:26 | 1行リレーパンヤ物語杯

パンヤ美術館目録を更新しました

№7860のレス読んで、昔のスレにあった
「MYショップ使って相手に50000PP送りたいから寄付金分5%増しの52500PPでアイテム売ったけど49875PPしか送れなかった(正解は50000PP/0.95=52632pp)」
という話題を思い出した。

--------------------------------------------------------------------

イラスト3点、SS1点、その他を追加しました。


BIGポンタ!!(SALA(ん)氏)

カズ様4連(ayui氏)

ポンタ500%倍(夏帝氏)

くーのつもり。(‡姫乃‡氏)

完全装備後ダイスケ予想図(ahopp(ほし)氏)


http://sekidou2.exblog.jp/d2007-06-08
[PR]
by sekidousai | 2007-06-08 00:52 | パンヤイラスト・SS

本日のお題「仮面ライダーMAX」by 赤道斎

lilith_sakuraさん、今日はnProに阻まれ、またしても参加できず4名でプレイ。
コースは西Wでした。

------------ キリトリ -----------
スピスタ : よろしくお願いします
アーリマ : よろしくです
青く高き空 : よろしくおねがいします♪
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
赤道斎 : 手術室に悲鳴が上がる。
スピスタ : マックス「放せ~」
アーリマ : カディエ「クックック、これでアンタは私の下僕」
スピスタ : マックス「何を言うんだ!」
赤道斎 : カディエ「貴方は改造人間、つまり怪人になるのよ
青く高き空 : マックス「なぜ?」
青く高き空 : (lilithさんきましたね)
スピスタ : (sakuraさん来ましたね)
アーリマ : カディエ「なんとなく」
スピスタ : マックス「理由になってないぞ!」
青く高き空 : マックス「きまぐれで怪人にされてたまるか!」
赤道斎 : カディエ「うふふ、格好良くしてあげるからぁ」
スピスタ : カディエ「面白いじゃない」
青く高き空 : マックス「もう十分イケてるからいい」
lilith_sakura>赤道斎 : 'こんばんは、もしかしてタッチの差?'
アーリマ : ミンティ「おねーちゃーん、テレビ始まるよ~?」
スピスタ : カディエ「今行くわ」
赤道斎>lilith_sakura : '10分ちょっとで開始しました(かなし)'
赤道斎 : マックス「い、今のうちに脱出だ」
lilith_sakura>赤道斎 : 'ちょうどnProに引っかかった時か'
アーリマ : しかし、身体改造は既に終了していたりする。
スピスタ : マックス「外にあったバイクを盗んじゃえ」
青く高き空 : (アラーム怖い)
スピスタ : (仕様ですw)
赤道斎>lilith_sakura : '終わり頃にはいらっしゃるんですか?'
赤道斎 : そして一週間…
アーリマ : (なんか物凄い伝言板が・・・)
lilith_sakura>赤道斎 : '連絡事項あるからね。Pangya関連で'
スピスタ : (伝言板バグってるw)
赤道斎>lilith_sakura : '了解です'
赤道斎 : お疲れ様でした(ぺこ)
赤道斎 : ありがとうございました(ぺこ)
青く高き空 : (こっちは普通に写ってるけど・・・?)
赤道斎 : (誤爆です)
スピスタ : (さっきまでいくつも文字が重なっていた)
赤道斎 : (sakuraさん、nProで引っかかって遅れ)
スピスタ : (あらら)
赤道斎 : (終わったら連絡事項あるそうです)
アーリマ : ダイスケ「えーと、バイクの盗難届が一件、と」
青く高き空 : (急ぎにはきついnPro)
スピスタ : マックス「どこから出てきた!」
青く高き空 : マックス「これは【なぜか】ここにあったんだ」
スピスタ : マックス「鍵も付いていたんだ」
アーリマ : ダイスケ「家出人の捜索願も一件、か」
赤道斎 : ダイスケ「ちょっと車台番号確認させろ」
青く高き空 : マックス「家出人?」
赤道斎 : ダイスケ「居候だそうだ」
スピスタ : マックス「誰の?」
アーリマ : ダイスケ「下働きの奉公人とも言ってたかな」
青く高き空 : マックス「検討つかん。車体番号確認はご自由に
スピスタ : ダイスケはバイクを点検した
赤道斎 : ダイスケ「おい、なんで番号潰してあるんだ?」
アーリマ : ダイスケ「未登録じゃないか? これ」
スピスタ : ダイスケ「いよいよ怪しいな」
青く高き空 : マックス「どっちだ?どっちにしても俺のではない
赤道斎 : ダイスケ「他人のものがなぜお前の所に?」
スピスタ : マックス「俺に聞くな」
青く高き空 : マックス「だからここにあったと何度いわせれば」
赤道斎 : ダイスケ「ひとまず署に来てもらおうか」
スピスタ : マックス「何でだよ?」
アーリマ : ・・・と、そこに流れる怪しい音楽
青く高き空 : 二人「?」
スピスタ : マックスは腰を見た
赤道斎 : いつの間にかぶっといベルトがついている」
スピスタ : マックス「なんだこれは?」
アーリマ : ミンティ「え、えーと。ダ○クに生まれた者は・・
スピスタ : マックス「なんだ、いきなり」
赤道斎 : ティッキー「ミンティ、呪文間違ってる」
アーリマ : ミンティ「ダ○クに帰れ・・・だっけ」
スピスタ : ミンティ「どっちでもいいよね?」
赤道斎 : マックス「む?体がなんかおかしい?」
スピスタ : マックスの体が変わりだした
アーリマ : ベルトが廻って身体が変わる。
青く高き空 : SE:きゅいーーーーん
赤道斎 : ダイスケ「お前…やっぱり…」
青く高き空 : マックス「やっぱりってなんだ」
スピスタ : マックス「それよりダイスケ、助けてくれ!」
アーリマ : 蒸・・・もとい、粘着!!
赤道斎 : ダイスケ「変態…もとい変身するなんて」
スピスタ : ダイスケ「変態は元々だろう」
スピスタ : (私の無しで)
赤道斎 : (私のをマックスセリフにしてください)
アーリマ : ティッキー「あーあ、だーから再手術要
スピスタ : 変身したマックスの姿は…
アーリマ : ティッキー「だったのにって、手遅れだぁ」
赤道斎 : ミンティ「う~ん、お見せできない姿ね」
スピスタ : ティッキー「怪しすぎる」
青く高き空 : マックス「カディエめ…なんてことを」
アーリマ : ダイスケ「ク゜ロイな。サナギみたいだ」
赤道斎 : カディエ「でも再手術しないと羽化はしないわよ」
スピスタ : マックス「もう勘弁してくれ!」
アーリマ : マックス「てか、出たな悪の大首領」
スピスタ : カディエ「随分ないいようね」
赤道斎 : カディエ「元に戻りたくないの?バイクの代金は?」
スピスタ : マックス「バイクは知らん」
青く高き空 : マックス「戻す気あったのか?あるなら治してく」
スピスタ : カディエ「完璧な怪人にしてあげる♪」
アーリマ : マックス「脳改造はナシの方向で」
青く高き空 : マックス「弁解できないくらいの悪だな」
赤道斎 : ダイスケ「取りあえず元にもどっとけ」
スピスタ : カディエ「今は無理ね」
青く高き空 : マックス「なんで」
アーリマ : マックス「そんなもんに改造したのかよ!!!」
赤道斎 : カディエ「今のままでも面白そうじゃない」
スピスタ : カディエ「こうなったもの双子のお陰だし」
アーリマ : マックスの怒りゲージMAX!!
青く高き空 : ダイスケ「責任転嫁とか悪だな」
赤道斎 : ティッキー「お姉ちゃん、番組教えないと怒るじゃ
赤道斎 : ない」
スピスタ : マックス「俺はどうなるんだ?」
赤道斎 : ミンティ「怒りMAXで2段変身らしいわ」
アーリマ : マックスの怒りがベルトにたぎって身を燃やす!!
青く高き空 : マックスの身体に変化が!
スピスタ : マックス「俺の血が騒ぐぜ!」
赤道斎 : 服がやぶれマックスの上半身が露わになる!
スピスタ : ダイスケ「いつもの格好だな」
アーリマ : ついでに!!下半身も全開!!
青く高き空 : マックス「フォーーーーーーー!  ってぉぃ
スピスタ : ダイスケ「ただの変態か」
赤道斎 : カディエがカメラを構えていたのだ。
アーリマ : なお、頭部はなぜかクリスマスヘルメット。
青く高き空 : マックス「ひさびさだなHGの格好」
スピスタ : マックス「俺の芸人魂が炸裂するぜ!」
アーリマ : (私のナシで)
青く高き空 : マックス「ハァァァァァァァ」
アーリマ : ダイスケ「逮捕」
スピスタ : マックス「何でだよ?」
赤道斎 : カディエ「ちょっと待った。ねぇ、ポーズとって」
青く高き空 : マックス「そこでカディエを捕まえないダイスケに
スピスタ : ダイスケ「カディエは怖いからな」
青く高き空 : マックス「元警官のプライドなしフォーーーー
アーリマ : エリカ「あんたたち、何してんの?!」
スピスタ : マックス「見ての通りだ」
青く高き空 : マックス「みてわからないか?
赤道斎 : カディエ「怪人のお披露目」
青く高き空 : マックス「っておぃ」
アーリマ : エリカ「変態露出怪人?」
チャット内容が history/chatting/chat082.txtに保存されました。
スピスタ : エリカ「いつもと変わりないね」
青く高き空 : マックス「せめて変態までにしてくれ」
赤道斎 : ダイスケ「…お前、それで良いのか」
スピスタ : マックス「言うな…」
アーリマ : エリカ「変・態・撲・滅!!」パワートマホーク炸裂
スピスタ : しかし、マックスはトマホークをはじき返した」
青く高き空 : 周囲爆発  しかしマックス無傷
赤道斎 : カディエ「あら、改造成功してるのかしら」
スピスタ : エリカ「何で?」
アーリマ : 今度は直にマックスをぶったたく。
青く高き空 : マックス「HGだからフォーーーー」
赤道斎 : 胸。腕。どこも攻撃を跳ね返す。
スピスタ : マックス「俺は無敵だフォー!」
青く高き空 : マックス「変態呼ばわりするヤツがよく接近するな
赤道斎 : エリカ「カディエ、弱点はないの?」
アーリマ : と、股間に激打。
スピスタ : しかし、ビクともしない
青く高き空 : マックス「そこも強化済みフォーーー」
赤道斎 : カディエ「…アリン呼んでみましょうか」
スピスタ : マックス「!!」
アーリマ : アリン「なんですの?」
青く高き空 : 一同「はやっっ!!」
スピスタ : マックスは逃げようとした
アーリマ : アリン「なんとなく、って、あら(はーと)
青く高き空 : アリン「まぁ…マックス様ったら…素敵♪
アーリマ : アリン「確保」
------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23522421.jpg


賞になるようなチップの記憶ないんですが…

次回のお題は「消えたアズテック」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-06-07 23:53 | 1行リレーパンヤ物語杯

pya!が構造改革

廃止されていた午前中の更新がnya専用として復活したそうです。(更新10時)
その他色々と改変されている様子。膨大なアクセスの管理とメンテだけでも大変でしょうに、ご苦労様です。

そうそう、2件採用されてました。


とれたて! (情報:曼徹斯特様)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=42823

nyaバージョンはこちら
 http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=1740


早く機械の体を手に入れなきゃ! (情報:バーン様)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=42897

出来はいいし綺麗だとは思いますが、やっぱり生き物は柔らかい方が好き。


三年物 (情報:熾天使ミカエル様 オリジナル作品)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=42895

私の実家では昨年の大根と芽キャベツが。いずれも5月上旬に撮影したものです。

こちらが大根。高さ約80cm、胴回り50cmほど。
f0116056_0355661.jpg


花も咲きました。
f0116056_0362919.jpg


こちらは芽キャベツ。撮影当時がちょうど満開でした。
f0116056_037019.jpg



パンク修理中に・・・(情報:Taka様)
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=4110

原因は違いますが冬になると山岳地では時々見ることができます。
[PR]
by sekidousai | 2007-06-07 00:43 | pya! etc.

パンヤ美術館目録を更新しました

 拾い物画像の保管庫を作ってみました。現在2006-11-06の<削除>で記載したラムちゃん風アリンの画像を収蔵してあります。

 「流木保管場」 http://photos.yahoo.co.jp/ph/sekidousai_photo/

 保管中画像で出典等ご存じの方はぜひ情報の提供をお願いいたします。

 ※1:出典が明らかになった物は削除したします。
 ※2:出典が不明の物は1ヶ月を目処に削除することがあります。

--------------------------------------------------------------------

イラスト2点を追加しました。


かず☆すた(☆ぴち氏)

今日は36℃でした。(HAPOHAPO氏)


http://sekidou2.exblog.jp/d2007-06-07
[PR]
by sekidousai | 2007-06-07 00:28

ちょっと残念

 定時に帰ってきてお風呂入ってご飯食べてテレビ見て20時頃ネット接続。
 お~、一行スレにzophyelさんが書き込んでら。カキコは18:34、帰宅後すぐ繋いでたらアレを投稿してましたね。

--------------------------------------------------------------------

 セシリアのパーティーマスクを露店にて購入してきました。なぜか男物レアしかでないんだもん。

 そして出来上がったのは…

f0116056_1475349.jpg


 女王様。勿論ネタ専用です。買値15万PPです。後悔は全くしてません。

<構成>
 ゴールドリングスイムウェア
 レッドリボンブーツ
 HGキャップ
 シルクグローブ
 クリムゾンリング
 パーティーマスク
[PR]
by sekidousai | 2007-06-06 01:53 | パンヤ

危ない危ない。

 「ひだまりスケッチ」の著者蒼樹うめさんのCOMIC1新刊、著者HPではまだ「(虎の穴での)販売開始時期など、詳細が決まりましたらまた報告させて頂きます。」となっていますが、先程検索したらすでに販売中で、在庫も赤くなってましたよ~。
[PR]
by sekidousai | 2007-06-06 01:40 | 音と映像と文字の世界



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧