赤道斎の隠し部屋

カテゴリ: 魔導具( 108 )

一時間も読んでしまった

 以前紹介した「PC独り言」のネタもと。

「パソコン困りごと相談」
http://pasokoma.jp/

 ここを一時間も読んでしまいました。
 だって面白いんだもの。
 そして色々と参考になることも。リカバリ領域のアクティブ化とか、非常時には役に立ちそうですね。ちゃんとリカバリディスク作成して、かつ、システムのバックアップ取っていればほぼ不要ですが。


--------------------------------------------------------------------


 Firefoxに二つアドオンを追加しました。

 一つ目は「Flashblock」という、「重くて目障りな Flash コンテンツの読み込みを完全にブロックします」というアドオンです。

https://addons.mozilla.jp/firefox/details/433

 使用前、色々なflashコンテンツがありキャッシュがないと結構重いパンヤ公式HPトップですが

f0116056_23141456.jpg


 「Flashblock」使用後はこのとおり。

f0116056_23143181.jpg


 かなり読み込みが早くなります。
 ブロックされているコンテンツもクリック一発で表示できるので必要な部分だけのロードで済みます。


 もうひとつは「Adblock Plus」という、「画像やFlash、フレーム、外部JavaScriptなどのダウンロードをブロックしたり、特定のHTML要素を非表示にすること」でWeb広告を消すアドオンです。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1865

 こちらは導入してもすぐ効果が出るのではなく、非表示にしたい公告を指定します。

 例えばこちらexciteブログのトップページ。

f0116056_2314529.jpg


 一番上の公告バナーを非表示に指定すると…

f0116056_23154685.jpg


 画面がすっきり。もちろん読み込みも早くなります。ただしこちらはブロック要素の設定メニューから指定解除しない限り表示されません。

 汎用的に全体的に読み込みを早くして必要な部分を解除して使いたい部分は「Flashblock」、定常的な訪問先で絶対見ない公告をブロックするには「Adblock Plus」と使い分けると良いようです。


 もひとつ、「アドオン」と呼ぶのかどうかわかりませんが「Personas」というブラウザテーマを導入してみました。

http://www.getpersonas.com/ja/

 使っているのは「Horo the fox」というPersona。

http://www.getpersonas.com/ja/persona/22757

 適用するとこんな感じ。

f0116056_2323987.jpg


 検索窓の下から覗いているような感じで微笑ましいです。
[PR]
by sekidousai | 2010-04-11 23:24 | 魔導具

5年経つとアップデートもない

 せっかくの軽量ノートPCなのでFOMAに接続して出先で通信、と思ったら、SH901iCについてDoCoMoでは未だにXPまでしか提供していないのですね。たしかVistaについても「後日対応予定」とあったきり放置ですし。

 そんなに新機種を使わせたいのか、DoCoMo。
[PR]
by sekidousai | 2010-04-07 23:11 | 魔導具

ようやく”私”仕様のPCになりました

 64bit版Windows7を搭載し、結構性能もよろしいASUS UL20Aですが、64bit版故にソフトウェアの面で従来の32bit版以上の制約が多々あります。

 そんな制約の中でもっとも問題となっていたのがCapsLockと左Ctrlの入れ替え問題でした。
 WindowsではCtrlキーを用いるショートカットが結構あるのに、キーボード上では左右下の隅っこにちっちゃく置かれているだけ。それに対しCapsLockはキーボード中段にアルファベットキーの2倍程度の大きさで鎮座ましましています。これを入れ替えて使用することは決しておかしいことではないはずです。
 特にPC-9801シリーズでPCのイロハを学んだ私としては、Tabキーの真下にCtrlがあるのが正しい姿なのです!
 もう、この数日このPCで作業をするたびに左Ctrlの位置が違うために誤操作が連続して発生していました。ストレスも溜まる溜まる。


 で、この難問、ようやく解決しました。

 こちらの「Ctrl2Cap」を適用したのです。

「Windows Sysinternals」(日本語ページ)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/default.aspx

「Ctrl2Cap v2.0」
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897578%28en-us%29.aspx

 元々はWindows NTや2000用のもののようですが、「動作」によるとXP以降にも適用可能なようです。
 ただし64bit版について動くかどうかについては詳細は記載されていないので・・・

 「やってみればわかる!」

・・・動作した~! \(^o^)/
 無事、CapsLockと左Ctrlの入れ替えが成功しました。AltIMEのように細やかな設定は出来ませんが、「Tabの直下にCapsLockがある」のがデフォルトの私には特に問題はありません。

 UL20Aのキーボードはたわむのがあるようですが、当たりが良かったのか私のにはそういうことはなく、キーピッチもフルキーボード並にあるので入力も快適。
 使い倒すぞ~!


--------------------------------------------------------------------


 以前導入したと紹介したランチャーソフト「Orchis」ですが、システム構成ユーティリティがこのランチャーから起動できません。
 エクスプローラではmsconfig.exeが正しく確認できるのにもかかわらず、「指定項目の参照先がファイルシステム上に存在しません」として起動することが出来ないのです。
 試しに32bit版Vistaで同じように使ってみたところ問題なく動作したことから、64bit版固有の問題かも知れません。頻繁に使うものではないので標準のスタートメニューから動かせばいいのですが、細かなところで制約があるのを改めて認識させられました。
[PR]
by sekidousai | 2010-04-06 22:35 | 魔導具

これも何とか解決したよ

 エクスプローラのフォルダーペインで空白部分をダブルクリックすると一つ上のフォルダーに移動してくれる「UpperDirOn」、並びに、「AltIME」のIME有効/無効切り替え機能について、「TTBase」とそのプラグインにて補完しました。


「TTBase」
 http://ttbase.sourceforge.jp/index.php?FrontPage
(軽量版 http://ttbase.web.fc2.com/TTBase.zip

 これに使うプラグインで今回導入したのが以下の二つです。

「Upper Dir」
 http://hp.vector.co.jp/authors/VA013786/ttbase/
 エクスプローラの余白をダブルクリックすると 1つ上のフォルダへ移動します
 (Windows7の場合、右ボタンを押した状態で左クリック。クリック場所はどこでもOK)

「HotkeyIME」
 http://ttbase.web.fc2.com/HotkeyIME.zip
 IMEのOn/Offを切り替えるホットキーを設定できる。
(”変換”キーだけでなく”ひらがな”キーなども選択可。それも同時に設定できる)

 気になったのがこちら。

「DoubleArrow for TTBase」
 http://system-thirteen.net/Documents/TTBase.html
 カーソルキーを2連打することで、Page Up/Down,Home,Endキーを押したことにする

 これ、欲しいけどどうやら現在入手不可のようです。



※残る要解決項目※
・CapsLockと左Ctrlの入れ替え(最重要!)
・エクスプローラのカスタマイズ
 (行の間隔を詰めたり、フォルダーペインの縦線を表示させたり、など)
・エクスプローラの拡張
 (複数のフォルダ名/ファイル名を連番変換/クリップボードコピーなど)




 <おまけの動作報告>

 Officeなどをインストールするとコンテキストメニューに作成される「新規作成」を編集できる「Contexter」ですが、64bit版Windows7でも動作しました。

「パソコン遊戯」
 http://pasokon-yugi.cool.ne.jp/
 こちらの「こ~いちさんのソフトウェア 継続公開所」
 http://pasokon-yugi.cool.ne.jp/~ko-ichi/

 これがないとレジストリエディタでぽちぽち「ShellNew」を検索して削除しなきゃならなくなるので、非常に助かります。




閑話休題

 ここ、読んでいて面白かった。

 「PC独り言」
 http://pub.ne.jp/pchitorigoto/

 身に覚えのある人はいねぇか~
[PR]
by sekidousai | 2010-03-31 23:11 | 魔導具

64bitでの不満をどこまで解消できるか

 チューチューマウスがWindows7 64bit版でうまく動作しないため、特に以下の3点で難儀しておりました。

 1.マウスカーソルがボタンやメニューなどへ自動で走っていく機能
 2.ブラウザでの「進む」「戻る」機能をマウスボタンに割り当てる機能
 3.デスクトップをダブルクリックすると、その場でスタートメニューが開く機能

 項目1はロジクールの「SetPoint」スマートムーブ機能を使うことで、チューチューマウスほどきめ細やかな設定は出来ないものの、取りあえず通常使う分には不自由しない程度になりました。

 項目2も同じくSetPointで、ブラウザ操作時のみスクロールボタンの左右チルトに動作を割り当てる事で解決しました。ただし使用マウスM555bのホイールは左右チルトがやや行いづらいです。

 項目3は新しくランチャーを導入することで解決を見ました。
 導入したのは「小物創作所」の「Orchis」という”階層ポップアップメニュー形式のランチャ/ファイラ統合ツール”です。

「小物創作所」f0116056_22503886.jpg
http://www.eonet.ne.jp/~gorota/index.html


 このランチャー、Windowsのスタートメニューに登録されている殆どの機能を自分のメニュー項目として登録することが出来るようです。

f0116056_22523614.jpg


 「コントロールパネル」や「コンピュータ」も登録できます。

 管理方法もメニューにドラッグ&ドロップするだけ。スタートメニューから直接ドラッグ&ドロップすることも出来るので、移行も簡単。
 通常ランチャー以外の部分をクリックするとランチャーは消えるのですが、消えないようにする設定もあるので、纏めて設定管理するのに便利です。
[PR]
by sekidousai | 2010-03-30 22:58 | 魔導具

Windows7再び・・・今度は64bitだ!

 この度めでたく妙齢の美人人妻を口説くことに成功いたしまして、新しくノートPCを一台導入することとなりました。

 土曜朝に発注したら今日午前に到着しました。今は発注すると翌日に到着するんですね、早くて便利というか、こっちが準備する間が取れないというか。いつまでたっても来ないより遙かにいいのですが。


 購入したのはASUSのUL20A-2X044Vです。デュアルコアのCeleron SU2300にHD再生支援機能を備えたGS45 Express、メモリ2GBにHDD320GBという構成で、Windows7は64bitのHome Premiumです。

http://www.asus.co.jp/product.aspx?P_ID=pS8jNzTab4WZZGjY

 OSがHome Premiumなのはちと困るのでProfessionalへのUpgradeパックを適用。これにバッファローのメモリ2GBとロジクールのBluetoothマウス M555bを追加し、光沢液晶は嫌いなのでミヤビックスのノングレアフィルターを追加、手元にインナーバッグの適当なのがなかったのでエレコムのちっこい奴をチョイス。締めて68,359円也。


ASUS UL20A-2X044V ¥49,680
Windows Anytime Upgradeパック Home PremiumからProfessional ¥7,470
BUFFALO PC2-6400 (DDR2-800) 2GB D2/N800-2G/E ¥4,280
ロジクール Bluetoothマウス M555b ¥3,360
ELECOMインナーバッグ BM-IB015BK ¥1,074
(以上、Amazonにて送料無用)
OverLay Plus for UL20A ¥1,680
(本品のみ直販で送料¥500+代引手数料¥315 合計¥2,495)


 セットアップはさくさく進み・・・といいたいところですが、そこは64bit版、いくつか動かない、または諦めざるを得ないソフト/ツールが出てきました。
 その中で動かなかったり問題が出て困った奴が以下の6つ。

 「UpperDirOn」
 「エクスプローラ拡張メニュー」
 「Explorer Construction」
 これらは64bit版Windowsにはインストール出来ません。

 「Wondewall2」
 インストールは出来るのですが、壁紙変更の動作が反映されません。Windowsの標準機能である程度代替可能。でも細かいところで不満が…

 「AltIME」
 日本語入力(もちろんATOK)のon/offキーを変換に割り当てることは出来るのですが、CapsLockと左Ctrlの入れ替えが出来ません。慣れた左小指の動きが誤入力を引き起こしそう。

 「チューチューマウス」
 インストールは出来て稼働はするのですが、チューチューマウス自身を含めて全体の動作がとてつもなく重くなります。

 それ以外についてはだいたい問題なく動きそうです。というか、今回のソフト構成は軽量簡易にするつもりなので、MS Officeすら入れていません(代わりにOpenOffice.orgを使用)。


 そうそう、パンヤは問題なく動きました。データ実行防止の設定もやってないしウイルスバスターでの許可もやっていないけど、なぜか動きます。巷で報告されている「フルスクリーンでプレイすると落ちやすい」現象については未確認。
 動きについては6年前に購入したPentium4+Radeon9600TXのXP機よりもガクガクです。オンボードチップだししょうがないとはいえ、ちょっとサイズの大きなHD画質の動画でもカクカクするのは再生支援機能の程度が知れますな。
[PR]
by sekidousai | 2010-03-28 23:42 | 魔導具

回線速度、その後

 昨年末、回線速度の低下が生じていると書きました。
 http://sekidousai.exblog.jp/12447533/

 NTTのサポートとメールで何度かやり取りを行い、より詳細な回線速度測定や設定の確認を行ったものの、いっこうに回線速度は元に戻りませんでした。
 そして結局、年末にNTTの回線調査が自宅に入りまして、NTT持参のPCで回線速度の測定をして貰いました。
 その結果、下りはおおよそ40Mbps程出ていて、調査担当者は「特に遅くはないですねぇ」とのたまいます。

 でもちょっと待って。測定に使ったその接続先、見たこと無いんですけど。
 聞いてみると、通常のプロバイダを介さない、NTT直結の接続速度チェック用サイトだとか。そしてここで問題ないとすると「もううちの対応すべき管轄ではありません」らしいです。ぶ~

 結局、そのまま1月は速度が低下したまま過ごしました。


--------------------------------------------------------------------


 そして2月の半ばになり・・・

 「ん?レスポンスがおかしい」

 早速、回線速度を測定してみると30Mbpsから35Mbps程度出ています。早いときは45Mbpsくらいまで出ることも。


 何があったんだろう。


 機に乗じて、再度設定を見直すことにしました。
 見直した項目はRWin値。これまではRWin値を131070に設定していたのですが、倍の262140に設定してみました。
 あまり大きい値に設定すると無駄が生じてかえって遅くなる、という説明が昔有ったのでADSL用の設定値65535(=XPのデフォルト値)の倍に設定していたのです。

 RWin値を262140にした結果、回線速度は50Mbpsを超え、65Mbpsを叩き出すことも。混むときでも30Mbps程度は出ています。
 回線の安定性も問題はない様子です。

 たったパラメータ一つ変えるだけでも効果は絶大でした。あとは副作用がないかどうか暫く様子を見ていこうと思います。


--------------------------------------------------------------------


 参考までに、パラメータの書き換えに用いたツールは「NetTune 1.6.0」です。
 2007年で開発が終了しているようですが、Windows7でも使えました。

「みーのホームページ」
http://members.at.infoseek.co.jp/mimi1014/index.html
[PR]
by sekidousai | 2010-03-10 22:35 | 魔導具

手術ではなく投薬で治りました

 長らく使ってきた無線マウス「ロジテックG7」ですが、最近左クリックがチャタリングを頻発するようになりました。

 機嫌が良いときはダブルクリック程度で済みますが、酷いときは何回クリックが起こっているのやら。
 ワープロなどビジネス系ソフトではあまり問題にならないのですが、クリックの回数や間隔で色々機能を割り振っているブラウザ操作時に特に問題となってしまいます。


 使い慣れたマウスであり、なるべく使い続けたいので対応策を検討したところ、ハードウェア的対策とソフトウェア的対策が見つかりました。

 ハードウエア的対策はこちら。
「Logitech G7 緊急しゅじゅちゅ」
 http://fujikko.at.webry.info/200810/article_4.html

 マウスを開けて内部回路にチャタリング緩和用コンデンサ追加という方法。コンデンサ容量で感度を変更できるようです。

 ソフトウェア的対策はこちら。
「マウスチャタリングキャンセラ 2.0」
 http://53900680.at.webry.info/200911/article_6.html

 ごく短時間のスイッチングを無視してくれるというもの。スイッチング間隔や無視の方法も設定で変更できます。


 手術(ハードウェア的対処)なら一度やってしまえばどのPCで使用しても大丈夫になります。作業自体も難易度は低そうです。ただし、マウス底面の樹脂ソールを剥がさなければならず、残念ながら私はこれを痛めずに剥がすのは困難なことを身を持って知っております。また、作業に取れる時間が捻出できるかどうか・・・

 投薬(ソフトウェア的対処)ならインストールして、各種値を様子を見ながら設定するだけ。しかしインストール&設定作業をG7を用いる全てのPCに対して行わなければなりません。


 結局「時間が取れない」ということで「ChatteringCanceler(ただしベータ版の2.1b1)」をインストールしてみました。
 何とも嬉しいことに設定値はデフォルトのままでも嘘のようにチャタリングは抑えられ、昔の快適なG7が戻って参りました。インストールだけなら簡単なので即全てのPCに適用しました。

 作者のHitoshi Hoshiyama様にはいくら感謝してもしきれない程でございます。
 
[PR]
by sekidousai | 2010-03-03 23:48 | 魔導具

空き容量一割未満

 1TB級3台、750GB級1台、500GB級3台、300GB級4台、それ以下数台。
 これらHDDの全てが空き容量1割を切っています。

 原因は動画ファイル。TVの録画、DVDの仮想化、ダウンロード等々がHDDの容量を食い尽くしております。

 TVの録画ファイルなどは再エンコしてやれば少しは余裕が出るでしょうし、DVDに書き出してしまえばその分空くはずです。
 一番いいのは見て消す。

 しかしそれらは皆、時間を食います。一番欲しい”時間”が。
 講義やニュースなど、ものによっては1.1倍速再生で消化していく場合もありますが、やはり時間はかかる。”ながら”視聴ではなに見ているか解らなくなって再度見るハメになってしまうこともあり、これではいけませんな。

 素直にHDDを追加するしかないのかな。でも貯めるだけ貯めてやっぱり見ない可能性大。



 思い切ってみーんなフォーマット!・・・そんな度胸は持ち合わせておりません。
[PR]
by sekidousai | 2010-02-10 23:37 | 魔導具

iPod電池交換顛末記

 7年以上使い続けてきたiPodの電池がいよいよ劣化してきたようで、再生持続時間が2時間を切るようになりました。

 第二世代のいわゆるタッチホイールiPodで、20GBのWindowsモデルです。
 購入は発売開始から間もない2002年9月。第一世代iPodの購入を検討していたら後継機種として発表され、HDD容量や連続再生持続時間などの性能が要求を満足していたので、予約して購入したものです。
 価格は送料とパーソナライズ料金(要するに名入れ。当時は有料)込みで65,800円でした。


--------------------------------------------------------------------


 今後の選択肢としては

①新しいiPodに買い換える
 軽く小さく、連続再生持続時間は長く、PCとの接続も装備されることが少なくなったIEEE1394ではなくほぼどんなPCにも装備されているUSBなので、今後の使い勝手を考えれば一番かも。
 しかしiPod classic(容量120GB~160GB)で23,000円前後、iPod nano(容量16GB)で17,000円前後と、今使っているものと比べれば安いのですが、決して安くはありませんな。
 また、classicもnanoもドックを介した接続・充電なので面倒そう。

②Appleのサポートで電池を交換する
 「iPod 保証対象外バッテリー交換プログラム」というサポートです。
 http://www.apple.com/jp/support/ipod/service/battery/
 今のiPodを使い続けるのなら、第一に考えるべきはこの方法でしょうか。費用も6,800円と新規購入に比べぐっとお安くなります。
 しかしながら、本体ごと新品または保守品と交換になるので、iPodに保存してある音楽は全て残りません。
 また私のiPodはパーソナライズ品なので帰ってくるまでに10日ほどかかるそうな。


 結局、費用と時間と手間を考慮して選択したのは


③電池を自分で交換する


--------------------------------------------------------------------


 交換に用いる電池は互換品ながら純正品より容量が増えているそうです。価格は送料込みで3,000円から4,000円程度と、費用は最も安くなります。
 しかし当然ながら交換は自分でやらなければならず(ショップによっては有料の交換サービスもあります)、その際に生じるリスクも自己責任です。

 そこで情報を集めてみると、交換バッテリーにはiPodをばらす工具も付属しており、それほど難しい作業では無さそうです。

 付属の工具を使用したバッテリー交換手順はこちらに紹介されています。

 株式会社パワーサポート「iPod 交換バッテリー1&2G用」 
 http://www.pawasapo.co.jp/products/ipod/ip55.php

 しかしながら取り付け爪をひとつひとつ外すこと及び結構厚みのある工具を差し込むことから、ステンレス製のカバーを変形させてしまいそうです。

 そこで参考にしたのがこちらのカバー取り外し方法。

 「やっぱリンゴでしょ」-「iPod バッテリー交換手順 (3G用)」
 http://www.ipodism.org/archives/50054232.html

 薄型カードを差し込みなるべく一斉に取り付け爪を外す方法です。第三世代iPod用の方法ですが、先のパワーサポート社HPに掲載してある写真と比較すると第二世代iPodでも応用できそうです。

 早速発注して、翌々日には到着。お値段は送料込み3,335円でした。


--------------------------------------------------------------------


 これが愛用しているiPod。上から正面、背面、コネクタ部です。背面上部にはユーザー名がレーザー刻印されています。

e0119433_22152476.jpg

e0119433_2215368.jpg

e0119433_22154813.jpg


 傷も少なくステンレスカバーもまだまだピカピカ。最近の機種に比べ厚いのと重いのを除けば文句なしです。
 しかし寄る年波に勝てずバッテリーが保ちません。

e0119433_22163820.jpg


 これが届いた交換用バッテリー一式。

e0119433_2217429.jpg


 無限力ってイデオナイトでも詰まっているのでしょうか。
 青い精密ドライバーのようなものがカバー外しの工具です。


 さて、早速カードを用いてiPodのカバーを取り外しに掛かります。まずはカードの角を差し込みます。

e0119433_22172133.jpg


 右がテレホンカード、左がQUOカード。QUOカードの方が薄く、簡単に入りました。が…

e0119433_22173839.jpg


 一度に取り付け爪を起こすためカードの辺を差し込もうとすると、QUOカードは薄く腰がないため最後まで入りません。そこで以後はテレカだけで作業します。

e0119433_22181970.jpg


 テレカに加え、更に厚いカードを差し込んだところ。使ったのはアニメイトのポイントカードです。もう一枚、

更に厚いカードも用意していたのですが、こちらは入りませんでした。
 「やっぱリンゴでしょ」でのコメントを見てもこの段階でつまずく方がいるようで、カードの厚み選択が大きなポイントとなるようです。

e0119433_22183853.jpg


 厚いカードをずらしていくとあら不思議、底部も勝手に浮き上がってくれました。
 そこで裏返して

e0119433_22185544.jpg


 上部にはコネクタとスイッチがあるので裏カバーの底部から外します。

e0119433_2220143.jpg


 割とあっさりと外れました。しかしカード差し込みで引っかけたのでしょう、取り付けテープの一部を痛めてしまいました。

e0119433_22201794.jpg


 裏カバーはステンレス製で、爪を受ける部分はカバー自体を削るのではなく受け金具が溶接してあります。
 こういった作業を行うと外側に膨らんだり結構変形したりするものですが、今回は何ともありません。重さを犠牲に強度を確保しているのでしょう。


 さて次に新しい電池との交換を行います。

e0119433_22203746.jpg


 止めテープを外し2ピンのコネクタを抜くだけです。

e0119433_22212759.jpg


 外した電池を参考に、あらかじめ新しい電池のコードを整形しておきます。

e0119433_22214095.jpg


 純正の電池は印刷からSONY(福島工場)製のようです。

--------------------------------------------------------------------


 ここまでばらしたのだから、その下も拝んでおきたくなりますよね。

e0119433_22221798.jpg


 背面側緩衝材を外したところ。緩衝材は当ててあるだけで接着などはされていません。

e0119433_22235294.jpg


 内蔵HDDを起こしたところ。基盤との間にも緩衝材があります。

e0119433_22225784.jpg


 内蔵HDDはAppleマークの付いた東芝製でした。型番は”MK2003GAH HDD1364 P ZE01”。サイズとコネクタが合えばより大容量あるいは省電力の物と交換できそうです。

 なお、東芝からもgigabeatというHDD音楽プレイヤーをAppleと同じ頃から発売していましたね。第二世代iPodが発売されていなければそちらを買っていたかも。

e0119433_22245468.jpg


 基盤裏面。きっと現行のiPodと比べると・・・


--------------------------------------------------------------------


 気を取り直して、新しいバッテリーを取り付けます。

e0119433_22265347.jpg


 組み立ての時、緩衝材などずらさないよう気をつけます。
 コネクタを刺した瞬間、HDDが動き出し液晶に表示が。

e0119433_2227985.jpg


 どうやらバッテリーはあらかじめ幾らか充電されており、さらに作業中にホールドスイッチが開放されてしまった事が原因のようです。
 電源が入ったついでに簡単な動作試験をして、異常は見られないことから裏カバーを再装着。ホールドスイッチの位置合わせに注意しないとホールドできなくなるばかりかスイッチの破損に繋がるので注意です。

e0119433_2227257.jpg


 交換は無事完了しました。

e0119433_2227382.jpg


 保存されていた曲も全て残っています。
 交換作業に要した時間は写真撮影作業を含め15分足らず。これであと7年使える!?


--------------------------------------------------------------------


 交換後、一度完全に放電してから再充電しました。
 充電完了表示が出るのに3時間。これは以前とあまり変わりません。

 そして連続再生ですが、純正品の公称持続時間が8時間であるのに対し、電池交換後はその1.75倍の14時間を超えて稼働しました。2時間あれば通勤に十分なので毎日充電から週一充電でOKとなります。
 もう数回完全な充放電を繰り返せば、より長時間の持続で安定するでしょう。電池サイズは殆ど変わらないのにこれだけの容量増加。技術の進歩、恐るべし。
[PR]
by sekidousai | 2010-01-31 22:49 | 魔導具



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧