赤道斎の隠し部屋

2009年 08月 17日 ( 1 )

何でお前がここにいる

   とある専門学校の庭、その脇にある5m×60m程度の狭い林にそいつはいました。



 発見当初、「なぜこんな所に新鮮なシシャモが落ちている?」というくらいに光り輝いておりました。
 しかし場所は林床、そしてそいつは動いております。

f0116056_22565757.jpg


 ニホントカゲであります。食事直後であったのか、お腹がぽってり膨らんでいます。それにしても写真ではなかなかあの美しいテカリが表現できませんね。

f0116056_2258466.jpg


 これが一番輝いて写りましたが、実物はもっとも~っと美しいのです。
 捕まえて陽の光の当たる場所で撮影すればもう少し美しさを表現できたかも知れませんが、頭部を上手く押さえられれば良し、しかし尾を押さえでもしたら自切は必定、そんなことは可哀想でしたくありません。


 こいつがいたのはこんな環境。

f0116056_2333363.jpg


 冒頭で述べたように狭い、林と呼ぶのもおこがましいような林。

f0116056_2345219.jpg


 林床も手入れされていて、はっきり言って貧相です。

 でもセミは成体1種(アブラゼミ)鳴き声3種(アブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ)抜け殻2種、蝶4種(シジミチョウ、マダラチョウ、アゲハチョウ、モンシロチョウ)、トンボ3種(イトトンボ、ナツアカネ、ハグロトンボ)、その他甲虫類、蚊、ガガンボ、クモ数種を確認。
 以下、その一部。

f0116056_2392094.jpg

f0116056_2394754.jpg
f0116056_2395914.jpg


 一応花も数種咲いていました。

f0116056_23104164.jpg



 昆虫の種類から言って餌には不足しないのかも知れませんが、こんな生息環境でニホントカゲが生きて、それも繁殖しているとは思えませんでした。
 近隣にはもっと広く豊かな森がありますが、こことの距離は数百mあり、間には舗装された4車線道路やコンクリート張りの広場、鉄筋の建物などが位置しており、昆虫類はともかく爬虫類がほいほい移動してくるとは考えられない環境です。

 いやはや、何とも頑張っているもんだなと感心してしまいました。
[PR]
by sekidousai | 2009-08-17 23:15 | 日常



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧