赤道斎の隠し部屋

2008年 11月 10日 ( 1 )

本日のお題「金の栗と銀の栗」by HAPOHAPO さん

今日はVIPちょこさんが参戦してくださいました。
そしてコースはまたしてもPink Wind。

------------ キリトリ -----------

赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : よろしくお願いします
VIPちょこ : よよしくー
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
スピスタ : (zopさん間に合わず)
赤道斎 : ケン「おっ、デカイのが…いていていて」
VIPちょこ : (><)
スピスタ : エリカ「今年も栗が豊作だね」
赤道斎 : ケン「煮てさ、焼いてさ、食ってさ♪」
スピスタ : エリカ「焼き栗、焼き栗♪」
赤道斎 : ケン「マロンケーキなんてのもいいな」
スピスタ : エリカ「良く焼けてきたわよ」
赤道斎 : パンッ!
スピスタ : エリカ「熱っ!」
lilith_sakura : ケン「なにやってんだ?」
赤道斎 : エリカ「栗がはぜたのよ。熱かった~」
スピスタ : エリカ「あれ、栗は何処に行った?」
赤道斎 : ころころ、ぽっちゃん…
lilith_sakura : ケン「あ~あ」
スピスタ : ケン「WHだな」
赤道斎 : ぼこぼこぼこと泡と共にドルフが現れた。
赤道斎 : (ここも金だったか)
スピスタ : ドルフ「あなたが落としたママはどんなママですか
スピスタ : ?」
赤道斎 : ケン「太ってて口うるさくて、でもしっかりして…
スピスタ : エリカ「ケンのお母さんってそんな人なんだ」
赤道斎 : ケン「冗談にきまっとろう」
スピスタ : エリカ「冗談に聞こえなかったわよ?」
赤道斎 : ケン「ホントの事を言ったらころされる」
スピスタ : エリカ「恐ろしそうね」
赤道斎 : ドルフ「ママって怖いものなんですか…」
スピスタ : ケン「最大級の恐怖の対象だ」
赤道斎 : エリカ「嘘よ。でも、いろんなママがいるわよ」
lilith_sakura : ドルフ「そうなんだ」
赤道斎 : ケン「それはともかく、栗を返して貰おう」
スピスタ : ドルフ「栗ですか?」
赤道斎 : ケン「そうだ。ものすごくでっかい栗だ」
スピスタ : ドルフ「どの位大きいんですか?」
赤道斎 : ケン「ちょうどお前くらいの大きさだな」
lilith_sakura : ドルフ「うそつき」
赤道斎 : エリカ「パンヤ島の植物ってみんな大きいよね」
スピスタ : ケン「なんでそう言える?」
赤道斎 : ドルフ「ケンさんの鼻が伸びてます」
lilith_sakura : ケン「某作品か?」
スピスタ : ケン「なんだそれは?」
赤道斎 : ドルフ「海に落ちて鯨に食べられてください」
スピスタ : ケン「物騒なことを言う奴だな」
赤道斎 : ドルフ「それはオイトイテ普通の栗ならありますよ
スピスタ : ケン「だったら早く返せよ」
赤道斎 : ドルフ「ふたつあるんですが、落としたのはどっち
赤道斎 : ?」
lilith_sakura : ドルフ「一粒100PPの栗と」
スピスタ : ドルフ「一粒100GPの栗」
赤道斎 : ケン「GPの方!…とは言わないぞ」
lilith_sakura : ドルフ「素直ですね、強欲のくせに」
スピスタ : ケン「何か言ったか?」
赤道斎 : エリカ「舌をちょん切られると嫌だものね」
赤道斎 : (あ、間違った)
VIPちょこ : ドルフ「チッ」
スピスタ : ケン「なんだその反応は?」
赤道斎 : ドルフ「じゃ、この金の栗と銀の栗では?」
スピスタ : ケン「焼き栗を返せ!」
赤道斎 : ドルフ「美味しそうだから食べちゃいました」
lilith_sakura : ケン「よし、ちょっとここに立て」
スピスタ : ドルフ「なんですか?」
赤道斎 : ケン「歯を食いしばって、手は後ろで組む!」
lilith_sakura : ドルフ「なにをするんですか?」
スピスタ : ドルフ「手が後ろに回りません」
VIPちょこ : ケン「修正してやるーっ!」
赤道斎 : (ぐー)
スピスタ : ひょい
VIPちょこ : ケン「なん・・・だと・・・」
lilith_sakura : ドルフ「遅いですね。遅すぎますね」
スピスタ : ドルフ「ケンさん、あなたに足らない物は(以下略
VIPちょこ : (PWタイム14:14\(^o^)/)
スピスタ : (早w)
赤道斎 : (1H1分未満…)
赤道斎 : ケン「ええい、持ってる栗、みんな出せ!」
lilith_sakura : ドルフ「全部でいいんですね?」
スピスタ : ケン「とにかく出せ!」
lilith_sakura : ドルフ「どうぞ~”1tの栗”を」
VIPちょこ : ケン「!?」
スピスタ : SE:ドーン!
赤道斎 : 雪崩のように押しよせる、それはいが付きの栗。
VIPちょこ : ケン「IYAAAAAAAAAAAAAAA」
lilith_sakura : ドルフ「全部って言ったくせに」
VIPちょこ : エリカ「欲を出すからよ・・・バカね」
スピスタ : 10分後…
赤道斎 : トゲで自分も栗のようになったケン…
lilith_sakura : ケン「病院ツレッテッテ」
スピスタ : ドルフ「どうしましょうか?」
赤道斎 : エリカ「先にトゲ抜いた方がいいんじゃない?」
lilith_sakura : ドルフ「なら転がしましょう」
スピスタ : ケン「マジで?」
赤道斎 : ドルフ、ケンを足でポンとけり出す。
スピスタ : ケン「ぎゃーーーーー」
lilith_sakura : SE:ごろごろぎゃすgてゅhきぃkふじこあぉ;
赤道斎 : エリカ「あっ、そっちは坂で下には池…」
スピスタ : ぼっちゃーーーん!!!
lilith_sakura : ゴボゴボゴボゴボ・・・・・・・
スピスタ : エリカ「なんだかイヤな予感がする」
赤道斎 : 池の中から両手にケンのセシリアが浮上。
lilith_sakura : エリカ「・・・」
VIPちょこ : ドルフ「これはひどい」
赤道斎 : セシ「あなたが落としたのはどちらのケン?」
スピスタ : エリカ「さあ、帰ろうか…」
lilith_sakura : ドルフ「そうですね、ごみはゴミ箱へですね」
赤道斎 : セシリア「じゃ、落とし主不明でこれは私の物ね」
VIPちょこ : ドルフ「どうぞどうぞ」
lilith_sakura : エリカ「栗料理はどうしよっか」
スピスタ : ドルフ「今日は無理ですね」
赤道斎 : エリカ「あなたを茶と白、二色に塗り分けたら…」


------------ キリトリ -----------
「手が後ろに回りません」が大うけ!


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23253517.jpg


集まるのは金のクリスタルばっかり。所持数は現在15個。



次回のお題は「新作アイテム開発記」です。

性転換アイテムなど実装すれば売れるんじゃなかろうか。
[PR]
by sekidousai | 2008-11-10 23:29 | 1行リレーパンヤ物語杯



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧