赤道斎の隠し部屋

2008年 06月 23日 ( 2 )

本日のお題「ツンデレとヤンデレ」by 座敷あらし さん

やはりお題人の座敷あらしさんはいらっしゃいませんでしたが、それでもGo!
コースはSS。

------------ キリトリ -----------

赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : よろしくお願いします
HAPOHAPO : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくです
lilith_sakura : ( ´∀`);y=ー(゚д゚)・∵.Pangya!
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : ケン「(あせ)そー・・・っとね・・・」
スピスタ : ?「こらー!」
赤道斎 : ピピン「あ、ケンみ~っけ!」
zophyel : クー「あ、見つけた!」
赤道斎 : エリカ「いたいた、ケ~ン」
lilith_sakura : ケン「やば!」
HAPOHAPO : セシリア「みつけたわ!」
スピスタ : ケン「何で見つかったんだ?」
zophyel : ティッキー「捕まえた!!!」
赤道斎 : ミンティ「私から逃げられないわよ」
スピスタ : ケン「放せ!」
zophyel : ケン「ていうか、今朝からオマエラ変だぞ!」
赤道斎 : ロロ「往生際が悪いわね」
lilith_sakura : エリカ「恥ずかしがらないの~」
スピスタ : ケン「それ以前の問題だろ?」
zophyel : ケン「一体何の話だ」
赤道斎 : クー「そろそろ決めろ、ってことさ」
スピスタ : ケン「何を?」
zophyel : アリン「私は無関係ですけれど」
スピスタ : アリン「クククク点」
スピスタ : (点→…)
赤道斎 : カディエ「あんた、本当にその気がないの?」
zophyel : ケン「ああ、マックスならイギリスに里帰りしたぞ
HAPOHAPO : セシリア「あなた・・・わかってるわよね(むふ)
スピスタ : ケン「だから、何の話だ?」
赤道斎 : ピピン「知ってるくせに(つねっ)」
zophyel : エリカ「私だけのおさんどんになるって話」
lilith_sakura : ケン「話が見えない上に危ない気がする」
赤道斎 : クー「うちの後継者になるって話、考えてくれたか
赤道斎 : ?」
スピスタ : ケン「そんな話知らない」
HAPOHAPO : ピピン「もじもじ・・・」
赤道斎 : ロロ「ほらピピン、はっきり言いなさいよ」
スピスタ : ケン「どうしたんだ?」
zophyel : ミンティ「私だけの仕立て屋さんになるんでしょ?
スピスタ : ケン「あんたは衣装無いから」
zophyel : ミンティ「プライベートは別だよ」
スピスタ : ケン「本当にそう思うか?」
赤道斎 : ケン「なら着て見せてみろ」
スピスタ : ミンティ「ケンが苛める~」
zophyel : ミンティ「こんなかんじでしょ!」
lilith_sakura : ケン「帰っていいか?」
スピスタ : エリカ「ダメ」
赤道斎 : ピピン「(この~っ、あたしより可愛いっ)」
zophyel : ケン「玉ねぎとトイレットペーパーの安売りが」
スピスタ : エリカ「何だってこんなに家庭的なんだろうね?」
zophyel : ピピン「所帯じみてるだけだよっ」
赤道斎 : ケン「ピピン、おまえ…」
スピスタ : ピピン「本当の事だろ?」
zophyel : ケン「イラついてるようだが、あの日か?」
赤道斎 : ケン「それに性格、変わってないか?」
スピスタ : ピピン「シニタイカ?」
zophyel : ケン「いや別に」
赤道斎 : ケン「(やっぱり二人の時と違う)」
スピスタ : ケン「一体どうしたんだ?」
zophyel : ピピン「(ツーン、ふーんだ)」
赤道斎 : ケン「仕方ない、他の娘とお話ししよう」
zophyel : クー「うん、これでよし」
スピスタ : ピピン「ちょっと待て!
赤道斎 : ケン「クー、それ、一体なんだい?」
zophyel : クー「やっぱ簀巻きにして攫っちゃえとwww」
lilith_sakura : クー「意味がわからん」
赤道斎 : ピピン「ケン~、こっち向いてよ~」
スピスタ : ケン「いったい何だよ?」
zophyel : クー「オマエ、攫われてる自覚はあるのか」
赤道斎 : ピピン「私は…私はケンだけで…」
スピスタ : ケン「なんだって?」
赤道斎 : ピピン「なんでもないっ!」
zophyel : クー「・・・アタイを無視するとはいい度胸だな」
赤道斎 : ケン「だってなぁ…」
スピスタ : ケン「クーよりは安全そうだし」
赤道斎 : ドーン!
スピスタ : ケン「痛ぇ!」
zophyel : クー「手に入らないなら・・・木っ端微塵?」
赤道斎 : ケン「クー、脱落っと」
スピスタ : クー「何でアタイなんだよ!」
赤道斎 : ダイスケ「漢は弱い者が好きなんだよ」
zophyel : クー「なら、○してでも奪い取る」
スピスタ : ダイスケ「それでいいのか?」
赤道斎 : ケン「そういうところが駄目なんだよ」
zophyel : クー「アタイは聞き分けよくないからいいもん」
lilith_sakura : ケン「病んでるないろいろと」
スピスタ : クー「べ、別にあんたが好きでやってる訳じゃ
HAPOHAPO : クー「クーはパパ大好きだもん」
スピスタ : ないんだからね!」
赤道斎 : エリカ「病人は看護しちゃうぞ(はーと)」
zophyel : クー「こぃは戦争だー!」
lilith_sakura : ケン「やっぱ病んでるな」
スピスタ : ピピン「私も負けないぞ!」
zophyel : ケン「いや、ちょっとまて」
赤道斎 : ピピン「ケン…」ちゅっ(はーと)
lilith_sakura : ケン「ちょ」
zophyel : クー「ケン・・・つね~っ(いかり)」
赤道斎 : ティッキー「み、みた?みんてぃ?」
スピスタ : ケン「痛いってば!」
HAPOHAPO : クー「大好きなパパ、大好きな大砲、ケン(すき)
zophyel : ミンティ「縫い針でーぇ・・・ちくちく、ぶすぶす
スピスタ : ミンティからは黒いオーラが立ち上っていた
HAPOHAPO : ケン「はぅぅぅぅあ!」
赤道斎 : ケン「ミ、ミンティの真実が見える~」
HAPOHAPO : 身もだえするケンを大砲につめるクー
zophyel : ミンティ「火あぶりでーぇ、めらめらぼうぼう」
スピスタ : クー「人間大砲だ!」
lilith_sakura : ティっキー「いつからそんな呪術を・・・」
HAPOHAPO : クー「大好きな大砲で大好きなケンを(すき)」
赤道斎 : 火あぶりの火が大砲の導火線に…
スピスタ : クー「まさに至極!」
zophyel : ケン「あづいた、危ない危ないって!!」
HAPOHAPO : ケン「病んでる!病んでるよぉぉぉぉ!」
スピスタ : SE:どーーーん!!!
zophyel : ピピン「・・・テレポートで救出」
lilith_sakura : ケン「もういろいろとごめんなさい」
スピスタ : ケン「うぅ、ピピンありがとう」
赤道斎 : エリカ「させないっ!」とピピンに抱きつく
赤道斎 : (なしで)
HAPOHAPO : ピピン「大丈夫(うる)?」
zophyel : ピピン「これで、ケンは私のものだね」
lilith_sakura : ケン「うぅ・・・生まれてきてごめんなさい」
zophyel : ピピン「(ニヤリ)」
スピスタ : エリカ「あら?」
HAPOHAPO : ケン「あ、マックスとアリンじゃないか?」
赤道斎 : ケン「…所でここはどこ?」
スピスタ : クー「チャンス?」
zophyel : アリン「おや?」
赤道斎 : マックス「みんなで英国までどうした?」
スピスタ : エリカ「え?」
HAPOHAPO : ケン「クーの大砲で飛ばされて(かなし)」
zophyel : アリン「私はマックス様のご家族にご挨拶をと」
HAPOHAPO : マックス「(びっくり)聞いてないよ」
スピスタ : エリカ「おめでとう!」
赤道斎 : アリン「これで正式な…マックス様(はーと)」
zophyel : アリン「逃がしませんことよ?(にや)」
HAPOHAPO : アリン「大好きな人のわら人形に毎晩・・・」
スピスタ : ケン「ミンティと変わらないな」
zophyel : ケン「もしかしてミンティにいらんこと教えたのは
赤道斎 : マックス「クー、俺を大砲で撃ってくれ」
スピスタ : アリン「私ですわよ?」
zophyel : クー「大砲が腐るからヤダ」
赤道斎 : マックス「別世界へ送ってくれ~」
スピスタ : クー「大砲を変態にしたくないし」
lilith_sakura : クー「それに、火薬代が尽きた」
HAPOHAPO : ダイスケ「へへへ!BANBANBAN!!」
zophyel : クー「残りはケンのためにとってある(はーと)」
スピスタ : ケン「終わっている奴が来たな」
HAPOHAPO : アリン「あ!マックス様が流血!!!」
赤道斎 : ピピン「そんな火薬、点火してやる~っ」
zophyel : クー「ふんっ、ネギクラッシュだ!」
lilith_sakura : ケン「もう帰りたい・・・むしろ帰らせて」
スピスタ : エリカ「このまま実家に帰ろうか?」
HAPOHAPO : ミンティ「いいよ。ブスッ!」
zophyel : ピピン・クー「「アタシのモノになるよねケン?」」
赤道斎 : ケン「一番温和しい娘にします」
lilith_sakura : ケン「ということでカディエさんいきましょ」
スピスタ : ピピン「さっき助けたの忘れたの?」
赤道斎 : エリカ「ケンって実は年増好きだったのね」
zophyel : カディエ「ふつつかものですが、どうか宜しく」
スピスタ : カディエ「早速実験材料になってね」
HAPOHAPO : セシリア「わたしもお姉さんきゃらよ(すき)」
赤道斎 : ケン「(冗談の判らん奴らだ)」
HAPOHAPO : クー「ケンはあたいの大砲の弾だー!」
zophyel : カディエ「ちなみに返品は不可」
スピスタ : ピピン「逃げた方がよくないか?」
HAPOHAPO : エリカ「わたしのおさんどん(すき)」
lilith_sakura : ケン「俺はどれを選んでも結果は同じだ」
赤道斎 : ケン「だから最後に頼りになるのは…」
zophyel : カズ「無事か? ケン」
スピスタ : ピピン「逃げるなら手伝うぞ?」
HAPOHAPO : ケン「まってたよ(うる)」
スピスタ : 女性陣「え?」
lilith_sakura : カズ「探したぞ」
zophyel : カズ「フッ、照れるじゃないか」
赤道斎 : カレン「ダーリン、何してるっちゃ~っ!」
zophyel : カズ「男同士の友情」
スピスタ : カズ「ケンを助けに来た」
lilith_sakura : カズ「新たな道へのな」
HAPOHAPO : 翌朝のパンヤ島新聞は全島民を震撼させた。
zophyel : 【カズ、嫁になる】
スピスタ : 腐女子「最高のネタね」


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23245767.jpg


次回のお題は「愛の負け戦」です。

歌詞はこちら「アニメソングの歌詞ならここにおまかせ?」の
http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/index.html
ここで。
http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/ma/prettyova/ai.html
ここで試聴が可能です。
http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=PICA-1162


--------------------------------------------------------------------

< 広 告 >

一行リレーパンヤ物語大会は参加者を募集しています!
最初は誰でもチャット初心者、むしろ参加するほどチャットが上手くなりますよ(きっと)。
もちろん「まずは観るだけ」の体験参加もOK!
どんな風に進行しているか、ログでは判らない部分も判るので、ぜひ観に来てください。
もちろんそのまま参加してくださるともっと嬉しいです。

開催日:毎週月・木・土
開始時刻:22時(ただし最大15分ほど遅れることもあります)
開催地:クロポンの広場 みんなで仲良く
入場パスワード:1gyou(全て半角)
会場名称:その日によって変わりますが大会名に関連した名称です
       (判らなかったらささやき入れてください。ご招待します)

さらなる詳細はこちらでどうぞ。
http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=9
[PR]
by sekidousai | 2008-06-23 23:40 | 1行リレーパンヤ物語杯

復旧~!

 5月、メインPCに導入しようとしてOS吹っ飛ばす事になったWindowsXPのSP3ですが、懲りずにまた導入してみようとしました。

 前回は一週間ほど連続運転後そのまま一度も電源を落とさず、またデフラグやチェックディスクも直前に行っていませんでした。
 そこで今回はきっちりチェックディスク&デフラグを行い、セキュリティ&アンチウィルスソフトを含む常駐ソフトも停止。SP3ファイル自体はMicrosoftUpdate経由ではなくCD-ROMイメージを作成しておき、オフライン状態でアップデート。
 このくらい下準備しておきゃ十分でしょう。アップデート開始!  前回同様、すんなり完了しました。


 さて、仕上げの再起動です。
 ・
 ・
 ・
 BIOS周りのチェック後、真っ黒画面のまま・・・・・・・・・・前回と同じ。
 うちのマシンにはXPは対応してないのかしら。中国製の、ドライバ配布さえまともに行っていないマザーボードだし。



 さて、Cドライブをバックアップから復旧…できない…



 システムドライブのバックアップにはAcronis True Image 10 Homeを使用し、ドライブイメージをUSB接続ハードディスクに作成しています。これをCD-ROMから起動したTrue Imageを使ってドライブイメージを丸ごと書き戻すわけです。

 通常、これによるCドライブ(80GB)の復旧には50分程度掛かります。
 しかしながら、前回もそうだったのですが、SP3の導入に失敗したあとの復旧においては、なぜかPCを十分休ませないと(電源を切っておかないと)ドライブイメージの書き戻し途中でフリーズしてしまうのです。

 電源を切らずリセットだけで済ましてTrue ImageをCD-ROMから起動すると、書き戻しを開始した直後~数分でフリーズ。一度電源を落として、数分後起動すると50%~60%書き戻したところでフリーズ。電源を落として1時間程度放置後起動した場合は70%~80%進行したところでフリーズ。8時間放置した場合でも残り5分でフリーズ…

 結局、20時間放置後(つまり日曜深夜に諦めてから月曜帰宅後)の再リカバリーで復旧と相成りました。これって前回の時と全く同一パターン。


 SP3って相当相性問題が酷いのかな。それにしても電源供給を完全に遮断したりCMOSをクリアしてないのに、放置しておけばリカバリーできるようになるってどういう事?
[PR]
by sekidousai | 2008-06-23 21:50 | 魔導具



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧