赤道斎の隠し部屋

2007年 03月 07日 ( 1 )

Vista対応状況

 手持ちのソフト/ツール等に関するVista対応状況。

【Paint Shop Pro 9】
 フォトレタッチソフト。問題なく動作。

【何でも換太郎】
 各種動画ファイルの再エンコーダ。エクスプローラから変換元ファイルを変換リストにドラッグ&ドロップすることはできませんが、ファイルを追加コマンドで追加できます。変換自体に問題は無し。

【PCastTV for ワンセグ】
 バッファローのワンセグチューナー「ちょいテレ」の視聴ソフト。Vista対応β版ですが問題なく動作します。

【Firefox2.0】
 愛用のブラウザ。これも問題なく動作。ロジテックG5のホイールはIE7では無効なのにこちらでは問題なく動作します。

【Winamp5】
 ご存じメディアプレイヤー。Ver2時代のスペクトラムアナライザプラグインまでもが動作します。

【Ad-Aware SE Personal 1.06】
 スパイウェア対策ソフトその1。インストール&動作に問題なし。

【Spybot 1.4】
 スパイウェア対策ソフトその2。こちらもインストール&動作に問題なし。ただし1.5βは上手くインストールできませんでした。

【EVEREST Home Edition 2.20】
 システム情報取得ソフト。動作自体は問題ないですがVista販売前のバージョンのためか表示内容に誤りがあります。バージョンアップされれば問題なくなるでしょう。

【エクスプローラー拡張メニュー】
 エクスプローラの機能拡張ツール。これはエクスプローラに組み込んで動作するのでダメかと思ったけどあっさり成功。

【AltIME】
 キーボード割当設定ツール。これも問題なく動作しました。スタートアップからの起動もOK。

【チューチューマウス】
 Windows3.0時代から決して離したことのない総合マウスユーティリティ。Vistaに対応したバージョンが出ています。ただし一部制限がありますが基本機能に問題は無し。

【ピッタリでチュ!】
 ネットワークのNTPサーバにアクセスして時刻合わせするツール。起動はすれども動作せず?同様な機能はVista自体に標準装備されてますが一週間に一回しか合わせないんじゃあねぇ。仕方ないので【舞時計】というツールに変更。ちなみに【ピッタリでチュ!】は常駐型の多機能タイプ、【舞時計】はPC起動時のみ合わせてすぐ終了する単機能タイプ。

【FileSum】
 ドライブ/フォルダごとのファイル占有容量を調査するツール。これも問題なく動作。エクスプローラにもちゃんと組み込まれます。

【GV】【ViX】
 画像閲覧/管理ソフト。どちらも問題なく動作。ただ、これらを含めて規定のプログラムにする方法がちょっとわかりにくい。

【WonderWall】
 常駐型壁紙チェンジャー。問題なく動作しますがスタートアップからの起動時にブロックされることあり。(詳細設定で「管理者として実行」をoffにすると大丈夫でした。普通逆でない?)また設定ファイルを読み損なうこともあります。なお、【Wall Street】などチェンジャーによってはアクティブデスクトップの仕様の差異のためか起動しないものがあります。

【AcWatch】
 ウィンドウのタイトルバーに時刻を表示する時計。大抵のウィンドウには表示されますがエクスプローラはじめ幾つかのウィンドウには表示されません。

【UpperDirOne】
 エクスプローラで空きスペースをダブルクリックすると上位ディレクトリに移動する(機能はこれだけ)ツール。動作は問題ないのですが空きスペースの設定がXPまでと異なるので狙い場所が・・・
 ちなみにデスクトップ上のアイコンが使うスペースも、XPではアイコン+タイトル文字の部分だけだったのに、Vistaではタイトル文字数にかかわらない一定の幅が確保されています。

【PopUpIconEX】
 開いたウィンドウの下になったアイコンに簡単にアクセスできるようにするツール。Aeroモードでも問題なく動作。

【琴音Active】
 コピー、移動や削除の時に出るサブウィンドウのアニメーション(書類らしき紙が飛んでいくアレ)を置き換えるツールですが、Vistaにはその様なアニメーションがないため常駐するものの意味無し。

【Stirling】
 バイナリエディタ。これは予想通り問題なく動作。

 なお、今まで使っていたPowerDVD5及びB's Recorder GOLD7については、それぞれ標準添付のWinDVD(8?) for NECとEasyMediaCreator9を代替として使用。どちらも使ったことあるので操作に困ることはなし。

--------------------------------------------------------------------

 ガジェットを一つ入れてみました。【VistaFace】という、CPU使用率を表情で示すガジェット。タスクマネージャや単なる数値で表示するより「PC頑張ってる」って感じがします。ただしガジェット本来の仕様としての制限なのか、ガジェットの下にボタンが隠れるとそのボタンを押すことができません(標準添付のがジェットは全てこのような挙動)。
 上記【琴音Active】と同じ作者が作ったバッテリー残量表示ツール【PowerWatchマルチ】は、カーソルが表示部にくると自動的に消えて下のボタンやアイコンにアクセスすることができます(Shiftを押しながらマウスを合わせることで【PowerWatchマルチ】自体にアクセス可)。ガジェットにもこういった配慮がほしいものです。
[PR]
by sekidousai | 2007-03-07 23:54 | 魔導具



みつかっちゃった…
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧