赤道斎の隠し部屋

本日のお題「路地裏のパンヤ少年」by 赤道斎

ふたたび7人で行われた大会はSilVia Cannonで開催。

------------ キリトリ -----------

赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
スピスタ : よろしくお願いします
zophyel : よろしくです
HAPOHAPO : 請多指教(ぺこ)
VIPちょこ : \(^o^)/
VIPちょこ : \(^o^)/
VIPちょこ : \(^o^)/
ジョリノダルク : よろしくぅ(´〇`)/
スピスタ : (SCだしw)
赤道斎 : こそこそ、がちゃん、どてっ!
HAPOHAPO : エリカ「あ~昔のアルバムだ」
スピスタ : ケン「なにしているんだ?」
赤道斎 : エリカ「ちょっと懐かしいもの見つけたの」
スピスタ : ケン「アルバムとか聞こえたけど?」
赤道斎 : エリカ「観たい?」
zophyel : エリカ「ケンが負けたりむしられたりかっぱがれた
zophyel : り」
VIPちょこ : ケン「・・・」
赤道斎 : エリカ「あれ?、これは…」
HAPOHAPO : ケン「キャディの記念写真だな」
スピスタ : ケン「どうした?」
スピスタ : (私の無しで)
赤道斎 : エリカ「ピピンの後ろに薄汚れた男の子が」
スピスタ : ケン「誰の事だよ?」
zophyel : ケン「あ、みーたんだ」
lilith_sakura : エリカ「え?」
スピスタ : エリカ「懐かしいね」
赤道斎 : ケン「今はどこでどうしてるかな」
HAPOHAPO : エリカ「このティッキーの隣の子だれ?」
zophyel : ケン「にしても、オトコノコ扱いは酷いな」
赤道斎 : エリカ「だって、昔のあんたみたいなんだもん」
スピスタ : ケン「どういう意味だよ?」
zophyel : ケン「なおひどいわ!」
赤道斎 : ミンティ「あら、懐かしい写真だね」
スピスタ : エリカ「ミンティも見る?」
zophyel : エリカ「まだまだあるよ~ってコレは(赤面)」
lilith_sakura : ケン「海行ったときの写真か」
赤道斎 : ティッキー「エリカったらピピンに懐かれてる~」
スピスタ : エリカ「あの時は大変だったわ」
zophyel : ミ「ケンさん、エリカさんとキスしてる(いかり)
赤道斎 : ケン「おれじゃない!それ、俺じゃない!!」
ジョリノダルク : 「こっこれは不可抗力だ!
ジョリノダルク : (みすw)
スピスタ : ミンティ「でも、ケンそっくりだし」
赤道斎 : ケン「また言われた。みーたんだよ、それ」
zophyel : エリカ「まだこんなものが・・・黒歴史が・・・」
VIPちょこ : ケン「触れちゃいけない過去だってあるんだよ・・
HAPOHAPO : エリカ「ダイスケが若い!」
zophyel : ダイスケ「何か悪口を言われた気がする・・・」
赤道斎 : ケン「カズがいない…」
スピスタ : ケン「今でも若いと思っているのか?」
ジョリノダルク : ダイスケ「だいたい俺はいまでもピチピチだ」
HAPOHAPO : ロロ「まだそんなにおなかが出てない・・・」
zophyel : エリカ「加齢臭もしない・・・」
スピスタ : ダイスケ「お前ら言いたい放題だな」
zophyel : ケン「何しに来たんだ一体」
赤道斎 : セシリア「面白いものが観れるってピピンが」
lilith_sakura : ダイスケ「んで、それが面白いもんか?」
スピスタ : エリカ「見ちゃダメ~」
zophyel : クー「皺のないオバサン」
VIPちょこ : セシリア「ピキッ」
赤道斎 : セシリア「胸の増えないガキ」
zophyel : クー「ほほぅ」
スピスタ : クー「何か言ったか?」
lilith_sakura : ケン「目くそ鼻くそを笑うじゃないんだから」
HAPOHAPO : クー「パンヤは下着でまわっちゃだめなんだぞ」
zophyel : セシ・クー「「シネエロガキ」」
赤道斎 : セシリア「どこでもお風呂上がりが何を言うのよ」
VIPちょこ : マックス「だがそれがいい!!!!!111111
VIPちょこ : 」
スピスタ : クー「あれは運営の陰謀だ」
zophyel : エリカ「アリンさん」
赤道斎 : アリン「…そうなのですか?では…」
zophyel : エリカ「変態の手綱は放さないで下さい」
スピスタ : アリン「あら、マックス様は?」
赤道斎 : ケン「速攻逃げてったよ」
zophyel : ピピン「けどマックスってモテたよね。一時期」
VIPちょこ : エリカ「うそぉ?」
ジョリノダルク : クー「信じれん」
赤道斎 : ピピン「ほんの一時期だけどね」
zophyel : ピピン「アイテムドロップの救世主って」
スピスタ : ピピン「本性がばれるまでね」
ジョリノダルク : クー「外見からして少しあれだと思うが。。」
赤道斎 : マックス「へーっくしょん!」
スピスタ : アリン「あ、マックス様見つけた!」
赤道斎 : マックス「あうあう…ケン、そのみーたんだがな」
スピスタ : ケン「どうしたんだ?」
赤道斎 : マックス「お前のクラブに憑いたんだよな」
zophyel : ケン「そういえばそうだったな」
VIPちょこ : (スピスタさんはえええぇぇぇ)
スピスタ : (かなりボロボロだったんですけどw)
赤道斎 : (きっと角生えてて赤いんですよ)
スピスタ : (3倍速くないw)
zophyel : (+4)
スピスタ : (どま><)
VIPちょこ : (><)
ジョリノダルク : (どまい><)
赤道斎 : ((かなし))
赤道斎 : エリカ「最近、あのクラブ使ってあげてるの?」
スピスタ : ケン「すっかり忘れていた」
VIPちょこ : ケン「ってかどこにあったっけ・・」
zophyel : マックス「左肩にナンカ黒い影が・・・」
赤道斎 : カディエ「呪われるわよ」
lilith_sakura : ケン「あ、部屋に飾ってあるやつかも」
赤道斎 : エリカ「ホコリかぶってるんでしょ」
zophyel : エリカ「じゃあちょっとケン宅にお邪魔しまーす」
スピスタ : ケン「怒っているかな?」
ジョリノダルク : ダイスケ「相当やばいな」
lilith_sakura : エリカ「嘆いているんじゃない?」
zophyel : ケン「霊感ゼロだからわからんw」
赤道斎 : ケン「どれ、ちょっと打ってみるか」
スピスタ : ケン「よし、パットだ」
赤道斎 : 40yのロング。
zophyel : ケン「あれ~?」
スピスタ : ケン「みーたん、起きてるか?」
赤道斎 : 次は17yのミドル。
lilith_sakura : みーたん「みゅ?」
zophyel : ケン「あれれ~???」
スピスタ : ケン「何でラインが出ないんだ?」
赤道斎 : みーたん「みゅーっ!(いかり)」
zophyel : エリカ「ちょっと貸してみなさいよ」
VIPちょこ : ($)
スピスタ : (逃げポンじゃないってばw)
VIPちょこ : ( ><)
赤道斎 : グリーン外からのパット。
スピスタ : エリカ「あ、ライン出た」
VIPちょこ : ケン「?!?!?!」
zophyel : エリカ「よっと・・・はぅっ」(ガクッ、バターン
スピスタ : ケン「外しているし」
lilith_sakura : エリカ「なによ、よしもう一回」
赤道斎 : エリカ「高低差-40か。ま、当然ね」
赤道斎 : (なしで)
zophyel : エリカ「。・・・ケンの薄情者~><」
赤道斎 : ピピン「あれ、何かエリカの様子が変だよ?」
スピスタ : ケン「俺、なにもしてないぞ?」
zophyel : エリカ「・・・ケンなんかもうしらないのです」
スピスタ : ケン「エリカ、どうしたんだ?」
赤道斎 : カディエ「気付かないの?みーたんよ」
zophyel : エリカ「ぶんすかぷーん」
VIPちょこ : ケン「のりうつっ・・・た?」
スピスタ : カディエ「相当怒っているわね」
ジョリノダルク : ダイスケ「しょうがない、俺が機嫌をとってやろう
ジョリノダルク : 」
赤道斎 : エリカ「もうケンは辞めて初キッスの人に憑くです
スピスタ : ケン「誰だ?」
zophyel : エ「それとも、ケンも・・・してくれるですか?(
lilith_sakura : ケン「え?おれが?」
赤道斎 : 真・エリカ「(やめて-(わーん))」
zophyel : エリカ「ぽっ(はーと)」
スピスタ : カディエ「面白い展開になってきたわね」
赤道斎 : ダイスケ「俺なんかどうだ?三食昼寝付きだぞ」
zophyel : エリカ「激しく要らないのですよ」
ジョリノダルク : クー「寧ろお前が飯」
スピスタ : エリカ「メタボはノーサンキューです」
HAPOHAPO : ティッキー「ところでケンのどこがいいの?」
赤道斎 : ダイスケ「くっ、スコア改善のチャンスが…」
zophyel : エリカ「全部」
lilith_sakura : エリカ「文句は言わせない」
スピスタ : エリカ「とにかく優しくしてくれたです」
赤道斎 : ミンティ「こんなに長い事放置されたのに?」
zophyel : エリカ「ボクは未来志向なのですよ」
スピスタ : エリカ「何でこんな風になったの~?」
HAPOHAPO : カディエ「じゃぁ二人でケンを半分こしなさい」
スピスタ : (私の無しで)
lilith_sakura : エリカ「その意味はあるのですか」
HAPOHAPO : カディエ「ここにちゃんばらセットのなたがあるわ
スピスタ : カディエ「切れ味抜群よ」
zophyel : エリカ「ケン・・・(はーと)(すき)」
赤道斎 : ケン「それ使われたら、俺、死にます」
HAPOHAPO : エリカ「こんなに素晴らしいケンさま(すき)」
zophyel : エリカ「連れて逝くのもありかもですw」
lilith_sakura : ケン「でも向こうで会えないかもしれないぞ」
HAPOHAPO : エリカ「半分にしても価値は下がらないわ」
スピスタ : ダイスケ「ちょっと病んでいるか?」
ジョリノダルク : ケン「物騒な話はもうやめないか?orz」
HAPOHAPO : 真エ「やめて!!(うる)」
zophyel : エリカ「一緒に逝きましょうなのです」
lilith_sakura : エリカ「(;´Д`)ハァハァ・・・」
赤道斎 : カディエ「あ、復活した。じゃ、みーたんは?」
VIPちょこ : ケン「ひいいいいい・・・」
スピスタ : ケン「勘弁してくれ!」
HAPOHAPO : 真エ「なたで切るくらいなら、あなたにあげる」
zophyel : ミンティ「こっちなのです」
スピスタ : ケン「俺は逃げる!」
lilith_sakura : エリカ「マチナサイ」
ジョリノダルク : ケン「だが断る」
スピスタ : ケン「そこの路地裏に逃げ込め!」
zophyel : ミンティ「すりすりゴロゴロ」
lilith_sakura : エリカ「拒否権ガアルト思ウノ?」
スピスタ : ケン「あるある、大いにある」
HAPOHAPO : エリカ「お社様の祟りなのよ」
zophyel : ケン「それゲーム違う」
lilith_sakura : エリカ「さぁ逝きましょうか」
zophyel : ミンティ「もう捨てないでなのです」
赤道斎 : そんなこんなで一ヶ月…
lilith_sakura : ---------- キリトリ ---------
スピスタ : ケン「まだ使うのか?」


------------ キリトリ -----------
みーたんがらみについては「1行リレーパンヤ物語Season3」の2006/10/02~2006/10/11あたりをどうぞ。
https://www.pangya.jp/fan_bbs_view.aspx?seq=5559


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23414853.jpg


次回のお題は「パンヤは戦争」です。

--------------------------------------------------------------------

< 広 告 >

一行リレーパンヤ物語大会は参加者を募集しています!
最初は誰でもチャット初心者、むしろ参加するほどチャットが上手くなりますよ(きっと)。
もちろん「まずは観るだけ」の体験参加もOK!
どんな風に進行しているか、ログでは判らない部分も判るので、ぜひ観に来てください。
もちろんそのまま参加してくださるともっと嬉しいです。

開催日:毎週月・木・土
開始時刻:22時(ただし最大15分ほど遅れることもあります)
開催地:クロポンの広場 みんなで仲良く
入場パスワード:1gyou(全て半角)
会場名称:その日によって変わりますが大会名に関連した名称です
       (判らなかったらささやき入れてください。ご招待します)

さらなる詳細はこちらでどうぞ。
http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=9
[PR]
by sekidousai | 2008-07-31 23:45 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 本日のお題「パンヤは戦争」by... 本日のお題「思い出の君と」by... >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧