赤道斎の隠し部屋

本日のお題「思い出の君と」by スピスタ さん


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : よろしくです
ジョリノダルク : よろしくぅ(´〇`)/
赤道斎 : じっと一枚の写真を見つめるエリカ。
zophyel : ロロ「何してるの?」
スピスタ : アリン「あら、この写真は?」
赤道斎 : エリカ「懐かしいでしょ、この娘」
スピスタ : ロロ「誰だっけ?」
zophyel : カディエ「娘?」
赤道斎 : クー「なんか体のラインが男っぽいぞ」
スピスタ : ロロ「何処かで見たような気もするけど」
zophyel : ピピン「結局誰?」
赤道斎 : アリン「まさか…(あせ)」
スピスタ : エリカ「誰でしょう?」
zophyel : ロロ「覚えてないの??}
赤道斎 : アリン「忘年会の時の
赤道斎 : マックス?」
赤道斎 : (ミス~(わーん))
スピスタ : エリカ「違うわよ」
zophyel : エリカ「マックスはこっち」
ジョリノダルク : ロロ「このころからマッチョだし、、」
赤道斎 : 腰蓑に羽根衣装で踊るマックス写真。
zophyel : カディエ「いつ見ても変態ね」
スピスタ : エリカ「キモイよね」
ジョリノダルク : エリカ「てかマックスなんてどうでもいいのよ」
赤道斎 : アリン「思い出せないの?これが誰か」
ジョリノダルク : エリカ「うーん、この辺まででかかってるんだけど
ジョリノダルク : 」
zophyel : エリカ「こんなおかっぱいたかな~?」
赤道斎 : ピピン「ショックを与えれば思い出すかな」
スピスタ : エリカ「なにする気よ?」
ジョリノダルク : ガディエ「一発いっとく?(ういんく)」
zophyel : ピピン「電気が定番?」
赤道斎 : アリン「3年くらい前にはよく見たような…」
スピスタ : ロロ「そもそもこれ何の写真だっけ?」
ジョリノダルク : エリカ「宴会の時のやつっぽいけど。。」
zophyel : エリカ「えーと・・・なんだっけ?」
赤道斎 : ケン「あれぇ、懐かしい写真持ってるな、エリカ」
zophyel : エリカ「知ってるのか雷電?」
スピスタ : エリカ「あ、ケン来たの?」
赤道斎 : ケン「ほら、この頃撮った写真だろ?」
ジョリノダルク : よろしくぅ(´〇`)/
zophyel : とりいだしたるは一冊の本
スピスタ : エリカ「この本は?」
赤道斎 : ケン「Season2の頃のアルバムだよ」
スピスタ : ロロ「懐かしいね」
zophyel : エリカ「わー、セシリアさんわかーい」
スピスタ : セシリア「今も若いわよ!」
赤道斎 : アリン「変よ、ケンが逆毛じゃないわ」
スピスタ : ロロ「エリカも今より幼いような…」
zophyel : ケン「おしゃれなんだよ」
赤道斎 : カズ「俺の知らない時代だな」
zophyel : ロロ「これってひょっとして・・・エリカ???}
赤道斎 : ケン「なんだよ、誰も気付かなかったのか?」
スピスタ : エリカ「私が気が付かなかったわよ」
zophyel : クー「あたいより年下じゃん」
赤道斎 : エリカ「そう見えるだけよ」
スピスタ : エリカ「今と変わらないもの」
zophyel : 一同「「「それはナイ」」」
ジョリノダルク : エリカ「てかさっき、体のラインが男っていったの
ジョリノダルク : だれだったかしら(いかり)」
zophyel : ケン「さて(ひょえ)」
スピスタ : エリカ「まさか、ケン?」
赤道斎 : クー「だって、ぺったんこ…」
zophyel : ケン「エリカはきれいな女の子だよ(はーと)」
ジョリノダルク : エリカ「(ん)(はーと)」
スピスタ : エリカ「でも、誤魔化されないわよ?」
赤道斎 : セシリア「あら、あたしは?」
zophyel : ロロ「ケン、歯の根が浮いてない?」
スピスタ : クー「自滅だったみたいだな」
zophyel : ケン「はっはっは。サイナラ~」
スピスタ : エリカ「待て!」
赤道斎 : アリン「でも、このエリカもホント可愛いわね」
zophyel : ケン「いたいいたいいたい」
スピスタ : ロロ「このままだったらよかったのにね」
zophyel : エリカ「それはどういう意味かな?」
赤道斎 : エリカ「それにちょっと田舎くさくないかなぁ」
スピスタ : アリン「その分純情そうよね」
zophyel : クー「や、【腐】でなさそうなだけでw」
赤道斎 : エリカ「それってどういう事よ~(わーん)」
ジョリノダルク : エリカ「てか現在進行形ペッタンにいわれたくない
ジョリノダルク : 」
スピスタ : クー「アタイはこれからだ」
zophyel : ケン「そんなエリカも・・・(はーと)」
赤道斎 : エリカ「4年もそのままでしょ」
zophyel : エリカ「私はちゃんと成長したわ」
スピスタ : クー「何処が?」
赤道斎 : ケン「どれどれ(ひょえ)」
zophyel : エリカ「スタイルが(はーと)」
スピスタ : エリカ「お腹を触るな!」
赤道斎 : アリン「最近マックスに似てきたわね、ケン」
ジョリノダルク : ケン「最高にうれしくねぇ」
スピスタ : ロロ「アリンはいつもあんな事をされているんだ…
zophyel : マックス「何の話だい?」
ジョリノダルク : ケン「出たなマッチョ怪人」
zophyel : マックス「???」
赤道斎 : アリン「さあマックス様、今夜も…ポッ(はーと)
スピスタ : マックス「またマッサージか?」
zophyel : マックス「また肩もみと腰痛マッサージかい?」
赤道斎 : クー「…歳か」
スピスタ : アリン「何か言いました?」
zophyel : アリン「胸が重くて」
赤道斎 : セシリア「それならあたしだって…ダイスケ、揉んで
赤道斎 : ちょうだい」
ジョリノダルク : ダイスケ「ばっちこい(ひょえ)」
zophyel : ダイスケ「まずは顔か?」
スピスタ : セシリア「シバクわよ?」
zophyel : ダイスケ「眼精疲労が激しいと聞いた気が」
ジョリノダルク : ダイスケ「寧ろ俺を揉め」
赤道斎 : 腹の脂肪を揉み始めるセシリア
zophyel : ダイスケ「アアン(はーと)」
スピスタ : セシリア「内臓脂肪が多すぎね」
zophyel : エリカ「ところでケン」
ジョリノダルク : ケン「なんだ?」
赤道斎 : エリカ「あなたも昔と変わったよね」
スピスタ : エリカ「この逆毛とか」
zophyel : ケン「おしゃれになったんだよ」
赤道斎 : エリカ「何でか不思議に思わないの?」
スピスタ : エリカ「昔の方が可愛かったのに…」
zophyel : エリカ「てか、今すぐ切りなさい。命令」
スピスタ : ケン「イヤだよ」
zophyel : エリカ「却下。ミンティ、ティッキー」
ジョリノダルク : ミンティティッキー「ほいきた」
赤道斎 : ミンティ「ケンさん、許してね」左腕を拘束
赤道斎 : (なしで)
zophyel : ぢょき、ぢょき、ぶぉーん(ドライヤーの音)
赤道斎 : セシリア「ああ、昔のケンが甦ってくる…」
ジョリノダルク : ケン「やめろろろろろおおお」
zophyel : しかし完成
スピスタ : ケン「なんて事だ…」
赤道斎 : (いやあああぁぁ、入っちゃったああぁぁ)
zophyel : エリカ「かわいい~☆これいい(はーと)」
スピスタ : (どまい)
赤道斎 : セシリア「ラ、ランドセル背負ってちょうだいな」
スピスタ : ケン「断る!」
zophyel : クー「お、おにいちゃんって呼んでいい?」
スピスタ : ケン「そ、それは、…どうしようか?」
赤道斎 : セシリア「せめて短パン履いて~」
ジョリノダルク : ケン「もうどうにでもしてくれorz」
zophyel : エリカ「やーん、コレ私の~♪(はーと)」抱き(
スピスタ : エリカ「ケンの許しも出たし、好きにしましょうか
スピスタ : ?」
赤道斎 : ケン「やっぱりさっきのナシ!」
zophyel : 一同「「「くっくっくっ」」」
スピスタ : 一同「「「もう遅い!」」」
赤道斎 : ケン「…だ、誰か助けて~っ(わーん)」
ジョリノダルク : ダイスケ「とりあえず俺の水着きとく?w」
スピスタ : ケン「あれは水着じゃなくてフンドシだろ?」
zophyel : ケンは逃げようとした。が、回り込まれた
ジョリノダルク : クー「ケンには大砲も似合うとおもうぞ」
zophyel : クー「な、おにいちゃん?」
赤道斎 : 褌ケンに引くクー。
スピスタ : クー「やっぱりいい」
zophyel : そしてにじり寄るセシリア。
ジョリノダルク : セシリア「人間大砲なんてどう?」
スピスタ : エリカ「面白そうね」
赤道斎 : クー「お前の船のを使ってくれ」
zophyel : エリカ「(なんでだろ、ゾクゾクする)」
スピスタ : ケン「人間大砲なんかしたら逆毛が復活するぞ?」
赤道斎 : カレン「エリカさん、目が尋常じゃ無いですよ?」
zophyel : エリカ「えー、なんか可愛いんだモノ」
ジョリノダルク : ケン「人権無視にもほどがある」
赤道斎 : マックス「いっそ一気にアフロまでいけばいい」
スピスタ : ケン「俺は帰る」
zophyel : エリカ「子犬みたいw」
赤道斎 : ケン「俺はプードルかい」
zophyel : エリカ「なでなで」
スピスタ : エリカ「大型犬じゃない事だけは確かね」
赤道斎 : 後の日、その日のケンは皆の記憶に残る事に


------------ キリトリ -----------
寄せをミスってカップインしてしまったので途中までです…
ごめんなさい m(_ _)m


zophyelさんよりチャットログを頂きました。どうもありがとうございました。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23233739.jpg


次回のお題は「路地裏のパンヤ少年」です。
[PR]
by sekidousai | 2008-07-28 23:23 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 本日のお題「路地裏のパンヤ少年... 結局、テストになったの? >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧