赤道斎の隠し部屋

本日のお題「Distance」by zophyel さん

本日は久しぶりに5人でプレイでしたよ~!
「アプローチ勝負の大会」の主催者である座敷あらしさんがいらっしゃいましたっ!!

「アプローチ勝負の大会」
 http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=15

------------ キリトリ -----------
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : よろしくお願いします
座敷あらし : よろしく(ぺこ)
zophyel : よろしくです
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
赤道斎 : マックス「なぁ、聞いてくれよ~」
スピスタ : エリカ「何よ?」」
zophyel : ケン「なんだ?」
赤道斎 : マックス「最近あいつが冷たいんだ」
座敷あらし : ダイスケ「どうした?」
スピスタ : ケン「喧嘩したのか?」
zophyel : ケン「アリンだろどーせ」
スピスタ : マックス「違うんだ!」
赤道斎 : マックス「…カズなんだ」
lilith_sakura : ケン「は?」
zophyel : エリカ「ぶっw」
スピスタ : エリカ「何それ?」
座敷あらし : ダイスケ「やはり男かw」
赤道斎 : マックス「いやいや、まじめな話なんだ」
lilith_sakura : ケン「お前いつその道に目覚めたんだ?」
スピスタ : マックス「俺は普通だ!」
zophyel : マックス「お前ら何をいっているんだ 」
赤道斎 : ケン「そりゃいつもの言動がなぁ」
スピスタ : マックス「なんだとぉ」
座敷あらし : ダイスケ「裸であるくやつが普通か?」
座敷あらし : (今回の4コマ参照)
zophyel : マックス「よき相談相手だぞ。恋愛問題とか」
スピスタ : マックス「アレは俺のステータスなんだ」
赤道斎 : エリカ「まあ、どんな具合か話してみてよ」
zophyel : マックス「初恋の話をしていたんだが」
スピスタ : マックス「その後、急に話を聞いてくれなくなった
スピスタ : んだ」
赤道斎 : ダイスケ「内容を詳しく言ってみろよ」
lilith_sakura : ケン「お前が気に触ることいったんじゃないか?」
スピスタ : マックス「普通の話題だったんだがな」
zophyel : マックス「別れてもなお好きな娘が・・・}
スピスタ : ケン「ナンダッテ?」
赤道斎 : ダイスケ「それって誰だよ」
スピスタ : エリカ「初耳だわ」
座敷あらし : セシリア「私?」
zophyel : マックス「もう10年以上前の初恋だぞ?」
スピスタ : マックス「違うわ」
赤道斎 : エリカ「じゃ、私じゃないわね」
スピスタ : マックス「もちろんだ」
zophyel : マックス「オマエラ英国に居たのかよ」
スピスタ : ケン「まさか」
lilith_sakura : ケン「父の仕事で行ったことがあったが」
スピスタ : エリカ「本当に?」
zophyel : マックス「娘といってるだろうが」
赤道斎 : ダイスケ「そんな前の事、カズは何か気に障ったん
赤道斎 : だろう?」
スピスタ : マックス「それが分からないんだ」
zophyel : エリカ「カズの初恋がらみかな?」
lilith_sakura : ケン「本人に聞いてみるか」
スピスタ : ケン「そうかもな」
赤道斎 : ダイスケ「連れてきてもう一度話を聞こうぜ」
スピスタ : そうしてカズの家の前に来た
zophyel : ピンポーン♪
赤道斎 : し~~~~~ん
座敷あらし : ダイスケ「ごめんくさい」
スピスタ : ケン「返事がないな」
zophyel : ケン「おーい、カズ?」
赤道斎 : ガタン!
スピスタ : し~~~~ん
スピスタ : (私の無しで)
lilith_sakura : エリカ「今の音なに?」
スピスタ : ケン「家の中だな」
zophyel : ケン「踏み込むか」
赤道斎 : ダイスケ「屍になっているといかん。突入だ!」
スピスタ : マックス「いいのか?」
lilith_sakura : ダイスケ「人命優先だからな」
zophyel : 静止の声もきかばこそ。どかぽーん!
座敷あらし : ケン「警官の許可もでたし突入だ」
スピスタ : マックス「元じゃないか」
赤道斎 : エリカ「ドアにトマ打ち込むんじゃない」
zophyel : カズ「そうだそうだ」
スピスタ : ケン「いたな」
赤道斎 : マックス「カズ~~!」
スピスタ : カズ「寄るな!」
zophyel : カズ「~~~!1」
lilith_sakura : カズ「歩く変態辞典が!」
zophyel : ケン「何を今更」
座敷あらし : マックス「心の友よ、俺が何をしたんだい」
赤道斎 : ダイスケ「それは連行してから取り調べよう」
zophyel : カズ「うるさいうるさい!」
スピスタ : ケン「荒れてるな」
赤道斎 : エリカ「これは大人しく話してくれそうもないわね
lilith_sakura : ケン「とりあえずマックスを外に」
スピスタ : ダイスケ「そうだな」
zophyel : カズ「カレンは死んでるのに・・・」
スピスタ : ケン「カレンの事か」
赤道斎 : マックス「は?向こうでカレンにあった事はないぞ
座敷あらし : カレン「誰のせいで死んだのよ」
スピスタ : カズ「誰のせいなんだろう?」
zophyel : カズ「たかが距離でグチグチ言いやがって」
赤道斎 : マックス「そんなぁ」
スピスタ : カズ「こっちの身にもなって見ろ」
lilith_sakura : カズ「近くにいても遠い存在なんだぞ」
赤道斎 : エリカ「なんかカズのキャラ、変じゃない?」
zophyel : カレン「(これはこれで気楽だケドネ)」
スピスタ : ケン「そうだな」
zophyel : ダイスケ「何か微妙に酒臭いな」
スピスタ : エリカ「あ、向こうに酒瓶がいっぱいある」
赤道斎 : エリカ「隣の部屋からも…なによこれ?」
赤道斎 : (なしでおねがい)
lilith_sakura : カズ「あまりみないでくれ」
赤道斎 : ダイスケ「ああ、こんなに…もったいねぇ」
スピスタ : ケン「思いっきり酔っているのか」
zophyel : ケン「しっかし、生死で分けられた悲恋か」
lilith_sakura : エリカ「ひいふうみいよおいつむぅ・・・」
赤道斎 : ケン「これ、お前まで飲むな」
スピスタ : エリカ「あ、見つかったか…」
zophyel : ケン「カズ、気を落とすな。きっと大丈夫さ」
スピスタ : カズ「何が大丈夫なんだよ?」
赤道斎 : カズ「ふん!口先だけで俺の何がわかる!」
lilith_sakura : ケン「気持ちがあればいいんだよ」
スピスタ : カズ「気持ちだけでは体は戻らないんだよ!」
zophyel : ケン「だからって酒に溺れてていいのかよ!」
lilith_sakura : エリカ「某漫画でやってたことやればぁ?」酔
赤道斎 : ダイスケ「それが本当に理由か?」
スピスタ : カズ「後何があると言うんだ?」
zophyel : セシリア「というと?」
座敷あらし : マックス「俺とはなにも関係ないじゃん」
赤道斎 : ダイスケ「そうだ。過去話でそうはならんだろう」
スピスタ : カズ「お前が羨ましいんだよ!」
赤道斎 : ダイスケ「…過去のない男、か」
スピスタ : ケン「過去の記憶がないのも可哀想だよな」
zophyel : ケン「そもそも何故記憶がないんだっけか」
赤道斎 : カズ「その記憶もない」
lilith_sakura : ケン「難儀だな
スピスタ : カレン「そのことは触れないでください」
zophyel : エリカ「・・・カレンさん?」
赤道斎 : カレン「知らない方が良い事もあるのです」
スピスタ : ケン「そうなのか?」
座敷あらし : ダイスケ「知らぬが仏ともいうしな」
zophyel : カレン「多分」
赤道斎 : エリカ「昔はマックスそっくりだったりして?」
スピスタ : カレン「そう言う意味ではないんです」
座敷あらし : カズ「それは絶対ない」
zophyel : カレン「その場合私自決してますし」
スピスタ : ケン「だってさ、マックス?」
lilith_sakura : マックス「ひどい言われようだなおい」
赤道斎 : ケン「秘密はマックスの過去にありそうだな」
スピスタ : ケン「過去の女性って誰だったんだ?」
赤道斎 : カレン「(ぴくっ)」
zophyel : マックス「え゜ー、それはちょっと」
スピスタ : ケン「喋っちゃえよ」
lilith_sakura : エリカ「言えないことでもあるの?」
赤道斎 : ダイスケ「自白剤、まだ残ってたよな」
zophyel : マックス「とりあえず命が惜しい」
スピスタ : ケン「それは止めておけ」
赤道斎 : エリカ「こっちに似てる人でもいるの?」
スピスタ : カレン「(ぴくぴく)」
zophyel : とある方を見て・・・マックス「(はず)」
赤道斎 : その視線の先には…
座敷あらし : セシリア「見つめないで」
lilith_sakura : マックス「おい」
スピスタ : ケン「マジか?」
赤道斎 : ケン「わざわざそっちに移動するな」
zophyel : マックス「ったく・・・」
赤道斎 : (またなしで)
lilith_sakura : ジーとカレンを見ているエリカはにやついている
スピスタ : カレン「何ですか?」
zophyel : エリカ「ひょっとして・・・w」
赤道斎 : エリカ「カレンさんもほんとは知りたくない?」
スピスタ : カレン「な、何ですか…?」
lilith_sakura : カレン「私にはなにもないですよ?;;;」
zophyel : エリカ「ねえマックス?www」
赤道斎 : マックス「ななな、なんだよ、絶対言わんぞ」
スピスタ : ケン「言っちゃえ!」
lilith_sakura : マックス「黙秘権をつかうぞ!」
赤道斎 : ダイスケ「吐いてしまえばきっと楽になるぞ」
スピスタ : ケン「ダイスケ、マックスをくすぐりの刑だ」
zophyel : カレンを押し出しエリカ「はい、急せっき~ん!!」
lilith_sakura : マックス「なんなんだこれ・・・公開処刑か?」
赤道斎 : ケン「小学生みたいなコトするなよ」
スピスタ : エリカ「いいじゃない」
zophyel : エリカ「マックス、顔が赤いよ?(ひょえ)」
スピスタ : マックス「き、気のせいだ」
lilith_sakura : カズ「おーい」
zophyel : カズ「(あせ)」
スピスタ : カレン「私はカズ一筋ですからね」
赤道斎 : カズ「(向こうから来る怒気に気づかんのか)」
zophyel : (いかり)(いかり)(いかり)(いかり)
スピスタ : ケン「(さて、撤退の準備だな)」
赤道斎 : マックス「綺麗なお嬢さんに寄られれば誰だって…
スピスタ : SE:バタン!
zophyel : マ「お姉さんとの甘酸っぱい記憶じゃなくてだな
赤道斎 : SE:ドスドスドス
スピスタ : ケン「さて、俺は帰るな」
lilith_sakura : アリン「・・・・いーたーーー」
zophyel : マ「初恋は忘れられなくてだな」
赤道斎 : ダイスケ「おい、それくらいに(あせ)」
zophyel : エリカ「ひゃ-」
スピスタ : カズ「後は知らんぞ」
赤道斎 : ((なみだ)だったー)
zophyel : マックス「カレンがクリソツなんてことは決して」
lilith_sakura : ケン「・・・それか」
スピスタ : アリン「何ですって?」
赤道斎 : アリン「そう、私には似てなかったのね」
座敷あらし : ダイスケ「あとは若い者にまかして帰るか・・・」
zophyel : マックス「昔話じゃないか! って、はい?」
スピスタ : カズ「気付くの遅いぞ」
赤道斎 : エリカ「若すぎる者も帰りま~す」
zophyel : マックス「えーと、これってつまり」
座敷あらし : セシリア「ごゆっくり・・・」
スピスタ : カレン「まあまあ、落ち着いて」
赤道斎 : カズ「じっくり話して距離を詰めてくれ」
zophyel : マックス「おまいらwwwwちょwwwwwww」
lilith_sakura : ケン「ではごゆるりと」
スピスタ : ケン「総員撤退!」
赤道斎 : マックス「置いていかないでくれ~!」
zophyel : エリカ「イエス! ユアハイネス!!」
スピスタ : マックス「俺はどうなるんだぁ?」
lilith_sakura : ケン「自分で考えて」
zophyel : アリン「では、教育して差し上げます」
座敷あらし : セシリア「青春ねぇ」
スピスタ : アリン「覚悟してくださいね」
赤道斎 : カレン「えーと、それは帰ってからお願いします」
lilith_sakura : ダイスケ「青春なのか?」
zophyel : ダイスケ「・・・カズたちはケンのところにでも」
スピスタ : カズ「そうする」
------------ キリトリ -----------
ストックしていたお題ネタ使っちゃった。


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_2348676.jpg


次回のお題は「2人の私」です。

--------------------------------------------------------------------

< 広 告 >

一行リレーパンヤ物語大会は参加者を募集しています!
最初は誰でもチャット初心者、むしろ参加するほどチャットが上手くなりますよ(きっと)。
もちろん「まずは観るだけ」の体験参加もOK!
どんな風に進行しているか、ログでは判らない部分も判るので、ぜひ観に来てください。
もちろんそのまま参加してくださるともっと嬉しいです。

開催日:毎週月・木・土
開始時刻:22時(ただし最大15分ほど遅れることもあります)
開催地:クロポンの広場 みんなで仲良く
入場パスワード:1gyou(全て半角)
会場名称:その日によって変わりますが大会名に関連した名称です
       (判らなかったらささやき入れてください。ご招待します)

さらなる詳細はこちらでどうぞ。
http://www.pangya.jp/fan_bbs2_view.aspx?seq=9
[PR]
by sekidousai | 2008-03-01 23:50 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< ヴィオと発音するらしいです さよならStage6 >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧