赤道斎の隠し部屋

本日のお題「あの日にかえりたい」by 赤道斎

今日はぎりぎりlilith_sakuraさんが間にあいました。
コースはBM。

------------ キリトリ -----------
スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : ケン「はぁ…」
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
zophyel : よろしくであります
赤道斎 : エリカ「ガラにもなく、なんなのよ」
スピスタ : ケン「ちょっと昔を思い出してな」
赤道斎 : エリカ「うふふ。ボコられた思いで?」
スピスタ : ケン「違うわ」
赤道斎 : エリカ「ねぇ、少し話してよ」
スピスタ : (sakuraさんとzopさんの反応がない…)」
赤道斎 : (止まってる?)
スピスタ : 「(動いて入るみたいですね)」
赤道斎 : (2Hで止まってる気が…(あせ))
スピスタ : (どうしましょう?)
赤道斎 : (少し様子を見ましょうか)
zophyel : (おやあ?)
スピスタ : (反応あった)
赤道斎 : (だいじょうぶですか~)
zophyel : (ええ)
zophyel : (話の流れを見失ってしまいました)
赤道斎 : (あら)
lilith_sakura : ケン「聞きたいのか?」
スピスタ : エリカ「もちろん」
lilith_sakura : (帰ってきた場狩なのでやることたくさんorz)
赤道斎 : エリカ、ケンの隣に座って身を任せる。
スピスタ : (どま><)
赤道斎 : (おつかれです)
スピスタ : ケン「おい、エリカ?」
zophyel : ケン「(嫌な予感が・・・)」
赤道斎 : エリカ「エリカがこんな事、おかしい?」
スピスタ : ケン「どうだろうな?」
zophyel : ケン「そんな風になったのは見たことがない」
赤道斎 : エリカ「ねぇ、話して…」
スピスタ : ケン「うーん…」
lilith_sakura : エリカ「じゃあ今から先はケンの独り言で」
zophyel : ケン「むかーし、むかしのことじゃったあ」
赤道斎 : エリカ「(ぎゅ~っ)」
スピスタ : ケン「ある所におじいさんとおばあさんが…」
zophyel : ケン「いひゃいいひゃい」
lilith_sakura : エリカ「真面目に」
スピスタ : ケン「ちぇ」
赤道斎 : ケン「うーん、では俺が始めたばっかりの頃だ」
スピスタ : ケン「俺はまだまだヘタだったわけだ」
lilith_sakura : ケン「平均スコア90たたいてたな」
赤道斎 : エリカ「…全部ギブ…」
スピスタ : エリカ「酷すぎ…」
zophyel : ケン「ボギープレーだ。失礼な」
lilith_sakura : ケン「先生がいるわけじゃなかったからな」
赤道斎 : ケン「そこでファミリーモードに籠もったんだ」
スピスタ : ケン「そしてある程度強くなったと思った」
zophyel : ケン「だが、そうじゃなかった」
赤道斎 : ケン「WizWizでシニアに対戦したんだけど」
スピスタ : ケン「惨敗だった」
zophyel : ケン「PPなくて初期装備のまんま」
赤道斎 : エリカ「その対戦者はなんて言ってたの?」
スピスタ : ケン「10年早いんだよ!とな」
zophyel : ケン「とりあえずマッパはよせ、だって」
lilith_sakura : エリカ「おなじみの言葉ね」
赤道斎 : ケン「そして連戦して教授してくれたんだ」
zophyel : ケン「ただちょっと難があって」
スピスタ : エリカ「どうしたの?」
赤道斎 : ケン「ネタシューターだったんだ」
スピスタ : エリカ「ダメじゃん」
lilith_sakura : ケン「いわゆるマニアだ」
zophyel : ケン「男同士で脱衣ゴルフしたがるし」
赤道斎 : エリカ「あら(はーと)」
スピスタ : エリカ「見たかったわね」
lilith_sakura : ケン「パットはフルショットでとか」
zophyel : ケン「今考えると酔ってたのかもしれん」
赤道斎 : エリカ「どんな装備してたの?」
lilith_sakura : ケン「鼻眼鏡に」
スピスタ : ケン「クラブはスパイクハンマーだった」
zophyel : ケン「以上」
赤道斎 : エリカ「具体的に、誰だったの?」
lilith_sakura : エリカ「他には?」
スピスタ : ケン「……忘れた」
zophyel : ケン「だから、以上。詳細不明」
lilith_sakura : ケン「行動が印象深すぎて」
赤道斎 : ケン「そう言うお前はどうだったんだよ」
zophyel : エリカ「・・・普通よ」
スピスタ : ケン「そうなのか?」
lilith_sakura : エリカ「そう信じてる」
スピスタ : ケン「怪しい…」
zophyel : エリカ「妙に実用本位でね」
赤道斎 : ケン「今のお前見てると信じたくなるが…」
zophyel : エリカ「可愛いものとかに全然動じないの」
スピスタ : ケン「普通だろ?」
lilith_sakura : エリカ「だからもてないのよ」
赤道斎 : エリカ「でもそんな私を変えたのがあの子」
zophyel : エリカ「ほわわん」
スピスタ : ケン「何を思いだしているんだよ」
lilith_sakura : ケン「長くなりそうならいわなくてもいいが」
スピスタ : ケン「ぶっちゃけ誰なんだ?」
zophyel : エリカ「あのオトコノコ、かわいかったなあ・・・
赤道斎 : エリカ「…て言ってもあんたじゃないわよ」
zophyel : ケン「ちなみにどんなヤツだったんだ?」
スピスタ : ケン「ショタ趣味かよ」
赤道斎 : エリカ「それが違ったのよ」
lilith_sakura : エリカ「男装した女の子だったの」
zophyel : ケン「ほう」
スピスタ : ケン「(イヤな予感がしてきた)」
zophyel : ケン「クーとか言わないか?」
スピスタ : エリカ「さあ?」
lilith_sakura : エリカ「数年前の話よ?」
赤道斎 : ケン「対戦者だったんだろ?」
zophyel : ケン「(カディエに女にされたことは黙ってよう)」
スピスタ : エリカ「ケンだって覚えていないじゃない」
lilith_sakura : エリカ「あーーーSSとればよかった」
zophyel : ケン「・・・多分記憶のままにするのが正解だ
赤道斎 : ケン「昔のことは忘却の彼方にあるから良いのさ」
スピスタ : エリカ「でも惜しいじゃない」
lilith_sakura : エリカ「あれでご飯5杯はいけたわ」
zophyel : エリカ「ピピンに頼もうかな」
赤道斎 : ケン「…止めといた方が良いぞ」
スピスタ : ケン「止めておけ」
スピスタ : (私の無しで)
zophyel : ケン「きっと高いぞ」
スピスタ : エリカ「そうかなぁ」
lilith_sakura : ケン「さて、パンヤすっか?」
スピスタ : エリカ「うーーーん」
赤道斎 : エリカ「露店でアイテム売れたからPPあるし…」
zophyel : エリカ「ちょっと気乗りしないなあ」
lilith_sakura : ケン「スキンスでもいいぞ」
赤道斎 : エリカ「やっぱり頼んでこよう!ピピン~!」
zophyel : v[v[y
スピスタ : ケン「ちょと待てよ!」
zophyel : ピピン「なに?」
lilith_sakura : ケン「これが執念ってことか・・・」
赤道斎 : エリカ「頼まれて欲しいことがあるの」
zophyel : ピピン「今おやつ食べてるんだけど」
lilith_sakura : エリカ「芋羊羹あげるからさ」
赤道斎 : エリカ「ちょっと過去にいってほしいの」
スピスタ : ピピン「もう一声」
赤道斎 : エリカ「栗ようかんも付けるわ」
lilith_sakura : エリカ「赤坂トップスのケーキは?」
zophyel : ピピン「のった。ところでさ」
スピスタ : エリカ「何?」
ピピン : 今のクラブでは危ないかも。
赤道斎 : ピピン「…後悔、しない?」
スピスタ : エリカ「それは…どうだろう?」
zophyel : ピピン「それと、後ろで手を振ってるケンは何?」
スピスタ : エリカ「あれは気にしないで」
赤道斎 : ケン「(ピピン、阻止しろ!)」とゼスチャー。
zophyel : ピピン「で、かくかくしかじかでいいのね?」
lilith_sakura : エリカ「OK」
赤道斎 : ケン「(きいちゃいねぇ(かなし))」
zophyel : ピピン「じゃ、待っててね・・・ただいま」
スピスタ : ケン「(どうしよう…)」
赤道斎 : エリカ「SSは?はやくはやくぅ」
zophyel : ピピン「はいどーぞ」
スピスタ : エリカ「…」
赤道斎 : ケン「どれどれ…クーか」
zophyel : ケン「(ホッ)」
lilith_sakura : エリカ「あれ?あれあれあれ?」
スピスタ : エリカ「こんな子じゃなかったのに」
赤道斎 : エリカ「それにクーにしては身長高くない?」
zophyel : エリカ「もっとこう、クートは違ってりりしくて」
赤道斎 : ケン「(カチン)」
zophyel : (クート→クーと)
スピスタ : エリカ「なんだかおかしいなぁ」
zophyel : エリカ「おかっぱだった気が」
lilith_sakura : ケン「(落ち着け、罠だ。たぶん罠だ。)」
赤道斎 : エリカ「撮影日はどこに書いてあるんだっけ」
スピスタ : ピピン「裏にあるよ」
lilith_sakura : エリカ「どれど・・・・・・え?」
スピスタ : エリカ「3日前?」
zophyel : エリカ「隅に、名前が。♀ケン? へ???」
赤道斎 : ケン「…マックスにいたずらされた日だ…」
スピスタ : ピピン「傑作だったね」
lilith_sakura : ケン「どういうことだ?」
zophyel : ぎりぎりぎり・・・(エリカの首の鳴る音)
赤道斎 : エリカ「ピピン、報酬はなし!」
lilith_sakura : ピピン「ちょ、ギブギブギブ」
zophyel : ピピン「こっちが本番」
スピスタ : エリカ「どれどれ?」
赤道斎 : その日付は'04.05月。
zophyel : ピピン「そっくりでしょ」
スピスタ : エリカ「懐かしいわね…」
lilith_sakura : ケン「(汗)」
赤道斎 : ケン「も、もうよさないか?」
zophyel : ケン「(きづいて、ない、か???)」
スピスタ : エリカ「でも、誰かに似ているような?」
lilith_sakura : ピピン「ん~?」
赤道斎 : エリカ「それに私も私でないような…」
zophyel : ピピン「そりゃ、S1だもの・・・むぐ」
lilith_sakura : ケン「さて、どこかいこうか」
スピスタ : エリカ「えー、どうして?」
赤道斎 : ケン「俺たち若いモンは未来を見なきゃならんのさ
スピスタ : エリカ「年寄りくさ」
zophyel : エリカの持つ写真には一言・・・「ヌリ&ハナ」
------------ キリトリ -----------
実はクローズドαまで戻って欲しかった。
 参考:http://www.pangya.jp/fan_sbbs_view.aspx?seq=8335

ファミモに長く籠もってからデビュー(そのせいでセカンドって言われた)、WWでシニさんに挑んで惨敗、その後教えを受けた(大感謝!)のは実話。でもネタ打ちな人というのは嘘。

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23504637.jpg

「一杯取った」とおっしゃってたけど、昔、トロヘトさんがラッキー賞以外全部持って行ったことがありましたね。あと1個だ~っ!

次回のお題は「ロロのびよういん」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-10-18 23:52 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< ご挨拶してきました 次回のお題「あの日にかえりたい」 >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧