赤道斎の隠し部屋

本日のお題「初めての歯医者さん」by スピスタ さん

5名でスタートするもlilith_sakuraさんがまた落ちてしまいました。HIO出した後だったそうで…
コースはIS。

------------ キリトリ -----------
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
スピスタ : よろしくお願いします
zophyel : よろしくなのですよ♪
青く高き空 : 初めての、歯医者さん
青く高き空 : だっけ?
lilith_sakura : (ノ ゚Д゚)ノ ====よろビーム
赤道斎 : (りょうかいー)
スピスタ : SE:キュイーーーーン
zophyel : クー「・・・」
赤道斎 : クー「ガクガクガク…」
青く高き空 : クー「痛そうだ・・・」
スピスタ : クー「なんでこんな事に…」
zophyel : ケン「わかったから口をアーんして」
赤道斎 : クー「おまけに医者は子供…」
lilith_sakura : クー「お前医師免許は持ってるんだろうな」
青く高き空 : それは数日前のことだった・・・
スピスタ : クー「信用できないな」
青く高き空 : (無理があったか・・・)
zophyel : クー「・・・あ痛っ」
スピスタ : クーパパ「どうした?」
lilith_sakura : クー「歯がうずく」
zophyel : クーパパ「んー? どれどれ・・・」
赤道斎 : クーパパ「どれどれ…虫歯だな」
赤道斎 : (なしでー)
スピスタ : クーパパ「こんなになるまで放っておいたのか」
zophyel : クー「別にどってことないよ」
赤道斎 : クー「昨日まで何ともなかったし…」
青く高き空 : クーパパ「うずくんだろ?」
zophyel : ちょん
lilith_sakura : クー「Σ」
青く高き空 : クー「・・・・・つぅ」
スピスタ : クー「つっ!!!」
lilith_sakura : クーパパ「はい、連行」
赤道斎 : そして歯医者。
zophyel : ちなみに捕獲に3日かかっている。
スピスタ : クー「帰ってもいいか?」
青く高き空 : ちょん
赤道斎 : ケン「もっと痛くなるぞ」
zophyel : ケン「なんなら抜くか?」
赤道斎 : クー「どうやるんだ?」
スピスタ : クー「逃げるぞ?」
zophyel : ケン「虫歯にタコ糸をむすぶ」
スピスタ : (私の無しで)
lilith_sakura : ケン「虫歯から死ぬこともあるぞ」
青く高き空 : ケン「ちゃんと麻酔するから」
赤道斎 : クー「優しくしておくれ」
スピスタ : クー「注射はイヤだ」
zophyel : ケン「タオルをうんと強く噛め」
スピスタ : クー「なんだそれは?」
赤道斎 : クー「ぎりぎり」タオルが破けた
zophyel : ケン「アゴの感覚がなくなったら麻酔完了」
スピスタ : クー「いい加減だな」
青く高き空 : 数分後・・・
赤道斎 : ケン「準備完了」
zophyel : ケン「で、ぐらぐらしたところを紐ごと引っ張る」
lilith_sakura : クー「現代医療でお願いしたいところだ」
赤道斎 : 向こうの方にドルフが待機している。
スピスタ : クー「歯の生え替わりじゃないんだが」
zophyel : ケン「ただ、なんともない歯まで抜けることも」
青く高き空 : ケン「麻酔嫌だっていったのは誰だい?」
赤道斎 : クー「どうでも良いから早くしてくれ」
lilith_sakura : クー「この際注射も我慢する!」
zophyel : ケン「じゃ、冗談は置いといてドリルいこか」
スピスタ : ケン「ほう」
スピスタ : (私の無しで)
赤道斎 : きゅいーん…
zophyel : ケン「なあ」
lilith_sakura : ケン「ぶれたら怪我するんだぞ」
スピスタ : クー「なんだ?」
zophyel : ケン「俺のすそから手を離せ」
赤道斎 : クー「こ、怖くなんかないんだぞ」
スピスタ : クー「少し位いいじゃないか」
lilith_sakura : ケン「出血したいか?」
zophyel : ケン「それに、りきむと痛いぞ」
赤道斎 : クー「なんか代わりの物…」
lilith_sakura : ケン「そこにパンヤキャラ人形あるから」
スピスタ : ケン「無い」
スピスタ : (私の無しで^^;;)
zophyel : まずはドルフ人形が
赤道斎 : ぎゅっと締められる。
スピスタ : その後人形を引きちぎった
zophyel : あわれズタズタに
lilith_sakura : ケン「怪力女が」
青く高き空 : ケン「普通ににぎれないか・・・?」
赤道斎 : ドルフ「いててて…???」
zophyel : お次はタンプー人形
赤道斎 : 大きいのでベアハッグ。
zophyel : ぶぢぶちぶちっ
スピスタ : そのままペチャンコになった
青く高き空 : ケン「って、抜く作業できないぞ」
zophyel : タンプー「ごふっ(吐血)」
lilith_sakura : ケン「これでももっとけ」クーパパの人形
青く高き空 : クー「~~~~~」
スピスタ : クーは更に強く抱きしめた
zophyel : 実はダイスケ人形の改造版
赤道斎 : ダイスケ「(げー)」
zophyel : クーパパ「?」
赤道斎 : 待合室でケロリ。
zophyel : ケン「というわけで、ここからいくか」
lilith_sakura : クー「・・・・・・」頬さすり
スピスタ : ケン「なんだ?」
赤道斎 : ケン「そこが痛いか?はい、あーん」
zophyel : クー「いたくしないでね」
スピスタ : ケン「それは無理だ」
zophyel : ケン「天井のシミでも数えてろ」
青く高き空 : クー「嘘でもだいじょうぶっていって・・・><」
lilith_sakura : SE:キューーーーーーーン
スピスタ : クー「ぎゃーーーーーー!!!」
赤道斎 : ケン「あ」
青く高き空 : クー(って、あれ?)
zophyel : クー「~~~~~~~!!!(声にならない悲鳴)
赤道斎 : ケン「これはまずい、おーい、看護婦~」
zophyel : ピピン「なに?」
lilith_sakura : ケン「今日はピピンだったか」
スピスタ : ケン「エリカだと思っていたよ」
zophyel : ピピン「ぶー」
赤道斎 : クー「(む~~~)」ぷるぷる
lilith_sakura : ケン「さて、こいつを抑えてもらおうか」
スピスタ : ピピン「断る!」
赤道斎 : ケン「なんでだよ。簡単だろ?」
青く高き空 : ケン「じゃぁクビ」
zophyel : ピピン「この拘束具がいくつあっても足りない」
lilith_sakura : ケン「クーパパ呼んで来い」
zophyel : ピピン「ぽん☆」
青く高き空 : クーパパ登場
赤道斎 : その隣には…
スピスタ : クーパパ「クーをいじめるのは誰だ?」
zophyel : エリカ「ハァハァ・・・」
スピスタ : ケン「…」
赤道斎 : エリカ「いやー汽車が遅れてね…」
スピスタ : ケン「帰れよ!」
zophyel : エリカ「うふふふふふへへ・・・」
スピスタ : ピピン「あとは知らない」
赤道斎 : エリカ「患者の名前を聞いたら帰られないわ」
lilith_sakura : クーは怯えている(いろんな意味で)
zophyel : ケン「頼む。ピピン逃げないで」
スピスタ : ピピン「私、用済みみたいだし」
赤道斎 : ピピン「ねえクーパパ、どっちがいい?」
zophyel : ケン「ピピンがいてくれるととっても嬉しいなあ」
lilith_sakura : ピピン「お前は黙れ」
スピスタ : ピピン「さっきクビって言ったクセに」
青く高き空 : ケン「そこだけちゃんときこえてるのな」
zophyel : ケン「ゴメン。ほんっとーにゴメン」
lilith_sakura : ケン「・・・さっさと治療して帰ろう」
スピスタ : ピピン「私はここで見てるから」
赤道斎 : しかしドリルはエリカが握っている。
zophyel : ケン「いきなりドリルはないぞおい」
スピスタ : ケン「医者は俺だぞ?」
lilith_sakura : クー「(殺される・・・)」
スピスタ : エリカ「ドリルは女のロマンなのよ」
赤道斎 : エリカ「それにあたし知ってる。実はケンは…」
zophyel : ケン「へらで患部を固定するんだが?」
スピスタ : エリカ「ちょっと、話を聞いてよ!」
zophyel : ケン「続いて吸引機で唾液を掃除」
スピスタ : ピピン「へいへい」
赤道斎 : 唾液ではなく頬肉を吸引。
スピスタ : クー「あがががが」
lilith_sakura : ケン「よくやることだがやりすぎるなよ」
zophyel : ケン「スイッチオフ。研磨機はこっちの小さいの」
スピスタ : エリカ「…」
lilith_sakura : ケン「お前は見学してろ」
赤道斎 : エリカ「…クーパパと遊んでいよう」
スピスタ : エリカはそういて配電盤に近づいた
zophyel : ケン「神経麻痺してる間に削って、充填材注入
青く高き空 : クー「んーんー(パパは私のー)」
zophyel : ケン「こら、充填罪が乾くまで動くな」
zophyel : (罪⇒材)
赤道斎 : エリカ「クーパパ、お小遣い頂戴(はーと)」
スピスタ : クーパパ「エリカは関係ないだろ?」
赤道斎 : エリカ「あーん、昨日の夜、サービスしたじゃない
lilith_sakura : クーパパ「大丈夫か?」
スピスタ : クー「(ピクッ)」
青く高き空 : ケン(年中脳みそ沸騰してるんだなエリカは)
zophyel : クーパパ「焼き鳥のおまけで小遣いたかられても」
赤道斎 : エリカ「…遊びだったのね」
lilith_sakura : ケン「それじゃ抜くぞ」
青く高き空 : クーパパ「がんばれよ・・・(エリカは無視)」
スピスタ : クー「っっっ!!!!」
zophyel : ケン「はい終り」
青く高き空 : ケン「おつかれさま。」
赤道斎 : エリカ「ぷーっ」
スピスタ : クー「血が止まらないぞ」
青く高き空 : ケン「ほい脱脂綿」
zophyel : ケン「ほら、ずっと噛んでろ」
スピスタ : 10分経過
赤道斎 : エリカ「つまんないな~」
青く高き空 : ケン「ほら、とまってきたろ?」
lilith_sakura : クー「とらっら?」
zophyel : ケン「ああ。義歯はどうする?」
青く高き空 : クー「ぎし?」
赤道斎 : クー「また生えてくるんだろ?」
スピスタ : クーパパ「そこはまだ乳歯じゃないか?」
zophyel : ケン「永久歯じゃないのか?」
赤道斎 : エリカは抜かれた歯をじっと見ていった。
スピスタ : クー「どっちなんだよ?」
青く高き空 : ケン「でも矯正しとかないと。」
zophyel : エリカ「これ、貰っていい?」
スピスタ : クーパパ「ダメ!」
青く高き空 : ケン「永久歯生えてくるときに周りの歯が…」
青く高き空 : (Lilithさんおちた)
赤道斎 : ケン「それでも挿しとくか?
赤道斎 : (またー?)
スピスタ : (あらら)
zophyel : ケン「矯正は手間ひまかかるぞ」
zophyel : (あららっと)
赤道斎 : クー「なんでもいいから格好良くしてくれ」
スピスタ : ケン「まず、この矯正器具を歯に付けなくちゃな」
青く高き空 : (2165PPふっとんでる・・・)
赤道斎 : ((かなし))
スピスタ : (それより、TOPだったのに…)
zophyel : ケン「前後の歯にブリッジさせて・・・よし」
青く高き空 : クー「格好いいかどうかはクーの感覚しだいだが」
赤道斎 : ピピンが鏡を差し出す。
スピスタ : クー「かっこ悪い…」
赤道斎 : 針金がモロ見えであった。
zophyel : ケン「歯並びが悪いほうがみっともないぞ」
スピスタ : クー「これいつ外せるんだ?」
zophyel : ケン「レントゲンだと・・・半年かな」
青く高き空 : クー「そっか・・・」
スピスタ : クー「そんなのイヤだ!」
赤道斎 : クーパパ「かわいかったクーが半年も…」
青く高き空 : ケン「クーパパもそんないいかたしない!」
スピスタ : クーパパ「このヤブ医者が!」
赤道斎 : (言われたー)
zophyel : ケン「美人は歯が命」
青く高き空 : ケン「想像してみろ、歯並びがへんなクーを」
スピスタ : クー「元々は並びはいい方だったぞ」
赤道斎 : 一同、もんもんもん…
zophyel : ケン「爽やかな笑顔に映える、乱杭歯」
スピスタ : (は並び→歯並び)
赤道斎 : エリカ「いやあぁぁ~」
スピスタ : クー「勝手な想像するな!」
zophyel : ケン「あるいは、某芸人ばりの、出っ歯」
赤道斎 : クーパパ「我慢、我慢するしかないのか」
スピスタ : クー「
スピスタ : (ごばく)
zophyel : (実話)
zophyel : ケン「いったん乱れた歯列は矯正に5年はかかる」
赤道斎 : ピピン「パンヤの特殊アズでデビューするか?」
赤道斎 : (ありゃ、なしで)
スピスタ : クー「私はお笑いじゃないやい!」
------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23271961.jpg


lilith_sakuraさん、やっぱりマカロンとパンマス装備だったんですね。2165×2.4で5000PP以上がフイに…

次回のお題は「ぼくたちには○○が足りない」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-08-06 23:30 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 「ごめんなさい」と言うくらいなら イラスト板は今日も盛況 >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧