赤道斎の隠し部屋

「新世紀GPXサイバーフォーミュラー」

 DVD-BOXが到着しました。私も好きだけど今回の出資者は相方。注目点は彼女がハヤト、私がマシン。あすかも良いけどね。
 中古だけどアスラーダのミニカーもちゃんと付いてました。元値32,000円の割には設定資料が弱い、というか無い。Wikiだと文章データしかないから、それ以外の部分が入ってるとありがたかったのに。

 何で今さら買おうかという気になったかというと、最近のF1の方向性に不満があるから。

 F1、昔は結構色々な技術を許容していましたが、最近はマシンの技術を制限してまで「ショ-」として見応えのあるレースを作ることを優先しているようです。来年からは空力制御用のフィンについても制限を加えるとか。
 そりゃドライバーの力量によるオーバーテイクは見物でしょうけど、余りに制限を付けたのではマシン開発側のやる気がなくなってしまうのではないでしょうか。故本田宗一郎がレースに参加したのもサーキットを技術実験場として考えていたためとも言われています。

 その点サイバーフォーミュラーはレギュレーションが少ないから車体と技術は多種多彩です。レースで培われた技術が市販車にフィードバックされるという描写もあります。
 現実にはコンピュータアシストなどは民生用車輌の方が先行してます。そこまでしなくとも良いのでマシン側のさらなる進化を見てみたいものです。

 以下、どうでもいいこと。

・ふとパンヤアルバム見たら投稿者名に「風見ハヤト♪」。アニメ同様活躍しているようで、所有PP数がすんごい。

・サイバーフォーミュラーED曲「Winners」の冒頭の歌詞「人の瞳が背中についていないのは前に向かい生きていく使命があるから」、グレンラガンのカミノのセリフとイメージ似てるな~。

「なあシモン、何で人は前に目があるか知ってるか。
 遠くの景色を見るためにゃ前に進むしかないからだ。
 後に目があると生まれた故郷が離れていくのしか見えねぇ。
 それじゃあ人は前に進めねぇ。
 目が前にありゃ歩いて行けば遠くの景色が近づいてくる。
 だから人は前に進める。」

 ついでにその後のシモンのセリフ

「でもそれだけじゃない。目が前にあれば先に行く人の背中も見える。」

 ようつべでは消えてるからこちらでどうぞ。

http://stage6.divx.com/Anime-4-Otaku/video/1232459/Tengen-Toppa-Gurren-Lagann-Ep-6-%5BNyoro~n-Subs%5D

 ちなみに兄貴が死んでからUP停滞中。やっぱりショックだったんだろうな。

--------------------------------------------------------------------

 25日で気になってると書いたチョココロネの件、実際に「こなた方式」で食べてみました。ヤマザキのビターチョココロネ。
 ・
 ・
 ・
 半分くらい食べるまではチョコが垂れることはないし、垂れてもわからないというのが結果。
 ただしチョコの量や温度によってはより早く垂れることになりそうですが、やっぱり垂れてもわからないと思います。
[PR]
by sekidousai | 2007-06-29 00:04 | 音と映像と文字の世界
<< パンヤ美術館目録を更新しました 本日のお題「ヤタモ13」by ... >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧