赤道斎の隠し部屋

本日のお題「ドーン・オブ・ザ・パンヤ」by zophyel さん

なんと本日は7名でスタートしました!しかし中盤でyoh1991さんが落ちてしまいました。(後の伏線?)
コースはSW。

------------ キリトリ -----------
青く高き空 : よろしくおねがいします♪
スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
トロヘト : よろしく
zophyel : よろしく♪
yoh1991 : よろしく!!
lilith_sakura : ( ゚Д゚)よろしく
スピスタ : エリカ「一体何が起こったって言うの?」
zophyel : ケン「んなこと言ってる場合かよ!}
赤道斎 : そこは薄暗い洋館の中。
青く高き空 : 事は数時間前に起こった…
zophyel : カディエ「あ」
スピスタ : カディエ「大変」
赤道斎 : 実験室は煙が充満していた。
スピスタ : カディエ「実験は失敗ね」
lilith_sakura : カディエ「逃げなきゃ」
zophyel : カディエ「全人類可愛い化計画が・・・」
赤道斎 : カディエ「換気扇だけ動かしていきますか」
トロヘト : そして再び現在
zophyel : 強力換気扇は全てを外へ排出していた。
yoh1991 : ケン「助けエー」
スピスタ : エリカ「ケンがこんなに可愛くなるなんて」
赤道斎 : ケン「なんか妖しい煙を吸ったんだ」
lilith_sakura : エリカ「寒気を感じるわ」
zophyel : ケン「一部とんでもないのも外にいるけどな」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
スピスタ : エリカ「アレはまさか、ダイスケ?」
トロヘト : ケン「でも様子が変だ」
赤道斎 : ダイスケ「私、綺麗?」と腰を振っている。
スピスタ : エリカ「気持ち悪い…」
yoh1991 : ケン「きも」
lilith_sakura : エリカ「めまいが・・・」
zophyel : ダイスケ「他の方たちももっと綺麗にしないと、ね
スピスタ : ケン「あっちにはマックスがいるぞ」
yoh1991 : ケン「やめろーーーーーー」
青く高き空 : ケン「・・・なんか不吉な発言がきこえたような」
lilith_sakura : エリカ「目が腐りそう・・・」
zophyel : マックス「うふふふ、ふぉぉぉぉぉー!!」
スピスタ : エリカ「早く逃げましょう」
赤道斎 : マックスは見えるか見えないかの薄衣を纏っている
zophyel : ケン「・・・カズはどうした(みないふり)」
トロヘト : マックス「さぁ~~、お次は誰ですかぁ~~?」
yoh1991 : ケン「・・・」
スピスタ : エリカ「悪夢だわ」
赤道斎 : カズは・・・いつものように見える。
青く高き空 : エリカ「感染系なのかなぁ、にたような発言。」
zophyel : カズ「ぅふふ」
lilith_sakura : カズ「あははははは~~~」
スピスタ : エリカ「やっぱりおかしいわね」
zophyel : すぐ横でカレンが泣いている。
トロヘト : カレン「カズ、私に内緒でそのような境地に…」
赤道斎 : カレン「心まで女性になるなんて(かなし)」
lilith_sakura : エリカ「え?
zophyel : カズ「さぁ、他の方たちも一緒に・・・♪」
スピスタ : ケン「俺、まともでよかった」
yoh1991 : ケン「う・・・・」
lilith_sakura : エリカ「まともに思えるのならまともじゃないわ」
zophyel : エリカ「ケン、小指立ててお茶飲んでるよ」
赤道斎 : カディエ「あら、結構効果でてるじゃない」
青く高き空 : ケン「はっ、きづかないうちに・・・」
スピスタ : エリカ「何か知っているの?」
zophyel : ケン「出たな元凶」
トロヘト : カディエ「あら~?何のことかしら~?」
yoh1991 : ケン「とぼけるな!」
赤道斎 : エリカ「それ以上言わなくてもわかるじゃない」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
lilith_sakura : カディエ「それじゃ私は用事があるから」
ピピン : 危ないかも・・・。
スピスタ : ケン「逃げるな!」
yoh1991 : ケン「待て!」
zophyel : ケン「何しに来たんだってか逃げんな」
トロヘト : カディエ「そうとう焦っているようね」
スピスタ : エリカ「元に戻せないの?」
zophyel : カディエ「無理」
lilith_sakura : カディエ「私が知っていると思って?」
青く高き空 : カディエ「元にもどす必要あるの?(笑)」
スピスタ : エリカ「アレを見ても?」
zophyel : エリカ「パンヤ島最後の日が来たような気が」
青く高き空 : カレンが鬼の形相でカディエをにらんでる
lilith_sakura : カレン「ノロッテヤル」
赤道斎 : カディエ「でも変化のないケンをサンプルにすれば…
スピスタ : カディエ「アラ怖いわね」
zophyel : カズ「あら、そこにいるのはケンちゃんじゃないの
ピピン : ちがう方向に打ってみてね。
トロヘト : ケン「(うっ、なんか寒気)」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
lilith_sakura : ケン「ちゃんづけはやめい」
スピスタ : ケン「俺は逃げていいか?」
zophyel : マックス・ダイスケ「おやぁん?」
赤道斎 : エリカ「他の人を助けたくないの?」
lilith_sakura : ケン「俺がか?」
トロヘト : ケン「俺は自分さえよければそれでいい!」
スピスタ : ケン「自分の身の方が大事だ!」
zophyel : ダイスケ「逃がさないぞぉ?☆」
青く高き空 : カディエ「あらま」
スピスタ : ケン「げ、放せ!」
赤道斎 : カズ「一緒に美しくなりましょうよ~」
トロヘト : マックス「さぁ~、来たまえ~」
yoh1991 : エリカ「ケン、がんばってー」
lilith_sakura : エリカ「見捨てるしかないわ」
スピスタ : ケン「助けてくれ~」
zophyel : ダイスケ「キューマもほれこのとおり」
赤道斎 : キューマは黙ってポーズを取っている。
lilith_sakura : キューマ「ケン・・・やらな(r」
スピスタ : その横でロロが泣いている
zophyel : バラも背負っていたりする。
トロヘト : ケン「お、俺はそんな誘惑なんか・・・」
赤道斎 : ロロ「パンヤ島の花がみんな枯れちゃうよ~」
青く高き空 : エリカ「あぁそっちなんだ・・・w」
ピピン : ちがう方向に打ってみてね。
ピピン : 今のクラブでは危ないかも。
zophyel : そういうロロも、通常比三割り増しで可愛かったり
lilith_sakura : エリカ「とりあえずカディ・・・・エ?」
スピスタ : カディエ「何?」
青く高き空 : エリカ「いつのまに着替えたの?」
トロヘト : カディエ「時代は変化するものなのよ」
赤道斎 : 衣装は男物である。
スピスタ : カディエ「可愛いかしら?」
lilith_sakura : エリカ「(平常心。平常心よエリカ)」
zophyel : エリカ「きっちり汚染されてルー」
赤道斎 : 双子「お姉様、かっこいい-」
青く高き空 : そろそろとめることができなくなっているこの場。
zophyel : 双子の格好も、オトコノのそれである。
lilith_sakura : エリカ「ということは・・・もしやクーも!」
スピスタ : クー「呼んだか?」
zophyel : クー「・・・ぽ(はーと)」
lilith_sakura : エリカ「 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」
赤道斎 : クー「エリカ。俺の嫁になれ」
ピピン : O・Bになりそうです。
青く高き空 : アリン「あらら、みんなすごいことに…」
ピピン : ちがう方向に打ってみてね。
スピスタ : エリカ「クーちゃんどうしたの?」
トロヘト : クー「ぁん?何か変か?」
zophyel : そういうクーの格好は、なんというか・・・。
スピスタ : エリカ「何で学ラン姿なのよ?」
lilith_sakura : クー「悪いか?」
zophyel : クー「凛々しいだろ?」
赤道斎 : アリン「あら、凛々しくて良いじゃないですか」
yoh1991 : エリカ「!!」
青く高き空 : アリンとクーがハモったことにエリカ驚き
zophyel : そういうアリンはエプロン姿である。
lilith_sakura : エリカ「・・・結論からいうとまともなの私だけ?
スピスタ : ケン「俺もまともだぞ!」
赤道斎 : アリン「あら、あなた達がおかしいのよ」
zophyel : アリン「ああ、クーちゃん、うちの子にならない?」
yoh1991 : エリカ「???・」
青く高き空 : アリン「少なくとも私はまともな部類かと・・・」
赤道斎 : しかしよく見るとエプロンの下は…
lilith_sakura : 表現ギリギリの格好だった
青く高き空 : それにきづいたケンが鼻血だす
yoh1991 : エリカ「・・・」
zophyel : ケン「・・・」
トロヘト : エリカ「誰か、撤収させちゃって」
lilith_sakura : エリカ「カディエ、なんとかしなさい」
スピスタ : カディエ「仕方ないわね」
青く高き空 : エリカ「・・・セーターの件もあるからあれはあれ
zophyel : カディエ「可愛いものを愛でるのに忙しいのにぃ」
赤道斎 : そう言いながらアンダーソンを仕舞った。
lilith_sakura : エリカ「いいからやりなさい」とリボルバーかざし
ピピン : ちがう方向に打ってみてね。
スピスタ : カディエ「物騒な者を出さないでよ」
ピピン : 危ないかも・・・。
zophyel : エリカ「私の神経が無事なうちに」
トロヘト : ダイスケ「返して~~」
青く高き空 : カディエ「ダミーでしょそれ。」
スピスタ : (者→物)
スピスタ : エリカ「試してみる?」
青く高き空 : カディエ「だいじょぶ、ちゃんと戻すから」
zophyel : ダイスケ「実弾入りだぞ(しれっと)」
yoh1991 : エリカ「ええ!!
赤道斎 : カディエ「すぐ何とかするわ」
lilith_sakura : エリカ「早くお願いね」
青く高き空 : と、そのときリボルバー暴発!
スピスタ : エリカ「きゃあ!」
トロヘト : カディエ「うっ」
yoh1991 : エリカ「・・・・
lilith_sakura : ミンティ「あ・・・・・・」
赤道斎 : その時銃口の向いていた先は…
青く高き空 : 指が・・・
zophyel : カディエ
lilith_sakura : カディエ「え・・・・あら?」
スピスタ : カディエ「なんじゃこりゃぁ」
青く高き空 : ばたっ
トロヘト : ケン「最後の望みも潰えたな」
lilith_sakura : エリカ「・・・・次いこか」
青く高き空 : 双子「おねぇちゃぁぁん!!!
スピスタ : ケン「切り替え早いな」
zophyel : カディエ「あいたたた、あれ? どったの}
青く高き空 : ケン、エリカ、双子「!!!」
赤道斎 : アリン「ナンマイダブナンマイダブ…あら、生きてる
lilith_sakura : エリカ「もう一発いれなきゃ」
yoh1991 : エリカ「えい!
青く高き空 : ケン「ってなんで弾もってる?」
zophyel : カディエ「ってなにすんのよ!」
スピスタ : エリカ「タマも一緒にに奪ったから」
lilith_sakura : エリカ「元凶抹消、これ基本よ」
赤道斎 : ダイスケ「それは隠し芸用のタマだぞ」
スピスタ : ケン「狂っている」
zophyel : カディエ「みんなそんな変なカッコしてどーしたの
青く高き空 : アリン「もとにもどすすべも失うのに?」
lilith_sakura : エリカ「そんなこと知らないわ」
青く高き空 : (yohさんおちました)
赤道斎 : (あっちゃー)
スピスタ : (ですね)
zophyel : (あら)
lilith_sakura : ( (((´・ω・`)カックン…)
スピスタ : ケン「エリカが一番影響受けていないか?」
赤道斎 : カレン「死んだら私が憑依して動かしますわ」
青く高き空 : 双子「おねぇちゃん、あのね」ごにょごにょ
lilith_sakura : エリカ「まずはマックスから始末かしら?」
トロヘト : カディエ「ふむふむ・・・それじゃ、帰りますか」
スピスタ : ケン「え、帰るのか?」
zophyel : カディエ「・・・薬が血から抜ければいいのかな?
青く高き空 : カディエ「対策を立てるためよ?」
lilith_sakura : ケン「あれはどうする?」エリカ指指して
スピスタ : ケン「ここが血の海になりそうだぞ」
青く高き空 : カディエ「それまでここの相手をしててね~」
zophyel : カディエ「ほっとけば全員血抜きされて戻るっしょ
lilith_sakura : ケン「最終的には無責任か」
スピスタ : ケン「あ、逃げるな!」
赤道斎 : エリカ「逃げるの?撃つわよ?」
青く高き空 : アリン「きゃ、風が!」   チラッ
zophyel : カディエ「これ以上痛いのはいやよ」
lilith_sakura : カディエ「ってすでに打ってるじゃない」
トロヘト : ミンティ「お姉ちゃんの邪魔はさせない!」
赤道斎 : エリカ「!!」アリンに気を取られた隙に…
zophyel : 双子、エリカにしがみついて、ぎゅ~っと。
lilith_sakura : Se:ポキ
青く高き空 : エリカ「え、あ!?」
スピスタ : カディエはその隙に逃走
青く高き空 : ケンは鼻血の出しすぎで貧血気味
赤道斎 : エリカ「逃げるなっ…でもこれもいい感触」
zophyel : クーも負けずにスリスリスリ。
lilith_sakura : エリカ「邪魔した代償は払ってくれるの?」
トロヘト : ティッキー「もう2・3本いっとく?」
スピスタ : マックス「エリカちゃん、腕が変よ?」
青く高き空 : ミンティ、クー「いいねぇ」
zophyel : エリカ「ふんっ!!」
lilith_sakura : エリカ「うるさい、腕の1本でわめかないの」
スピスタ : ケン「漢だなぁ」
青く高き空 : ケンは素にもどった
赤道斎 : 大丈夫な腕でみんなを抱き寄せる。
zophyel : エリカ「(すりすりすりすりすりすり~)」
青く高き空 : ケン「見た目、エリカがハーレム状態だな」
lilith_sakura : 摩擦熱により一部引火の恐れがでてきた
スピスタ : ケン「俺も逃げるか」
zophyel : 巻き込まれたクルミが割れた。
青く高き空 : というわけでケン逃走
トロヘト : キューマ「やらないのか~」
青く高き空 : ケン「それはエリカとやってくれ」
zophyel : マックス「まってぇ~ん」
赤道斎 : その頃カディエは解毒剤を完成していた。が…
lilith_sakura : カディエ「・・・もったいないわよね」
スピスタ : カディエ「1人分しかできなかった…」
トロヘト : 意外にケチなカディエであった
lilith_sakura : カディエ「ま、一番危ない人にあげればいっか」
青く高き空 : アリン「エリカ、ですね」
zophyel : エリカ「くっけーーーーーー」←危ない人
スピスタ : カディエ「あれ、いつも通りじゃない」
赤道斎 : エリカ「解毒剤、そんなのいらない(はーと)」
------------ キリトリ -----------

大会終了後、次回のお題について語り合っているところに突然の鯖落ち。始めチャットが出来なくなり、その後「サーバーの応答待ち」に。プレイ中ではなかったのは幸いです。

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23351556.jpg


あれ?yoh1991さんにベストスピーダー賞が付いてる…?
今日の大会に付いていたzophyelさんの賞品は私が貰うことに。世の中ってバランス取れてるんですね。

次回のお題は「頭文字P」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-03-26 23:39 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 数えてみたらUSB音源は4つある あなたはどんな猫? >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧