赤道斎の隠し部屋

本日のお題「花粉症襲来」byスピスタさん

本日の参加者は6名。開始してちょっとしたらももちゃさんがログインしてこられました。

本日のコースはBW。

------------ キリトリ -----------
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
青く高き空 : よろしくおねがいします♪
lilith_sakura : ( ゚Д゚)よろしく
スピスタ : よろしくお願いします
zophyel : よろしく♪
トロヘト : よろしく
青く高き空 : ミンティ「くちゅん!」
スピスタ : ケン「ハックション」
zophyel : クー「へくちっ」
トロヘト : タンプー「ぶゎーくしょん!」
赤道斎 : ティッキー「眼がかゆかゆ~」
lilith_sakura : ピピン「薬いらんかー?」
zophyel : エリカ「みんなどしたの?」
スピスタ : エリカ「みんなどうしたの?」
赤道斎 : ケン「お前は何ともないのかよ」
青く高き空 : ミンティ「はながむずむずするの・・・」
スピスタ : (私の無しでw)
トロヘト : クー「時季外れの風邪か?」
zophyel : エリカ「当たり前よ」
lilith_sakura : エリカ「春じゃない」
スピスタ : ケン「それがどうしたんだ?」
赤道斎 : ロロ「あちこちに生えてる花が原因だよ、これ」
zophyel : クー「うう、鼻のかみすぎで頭がボーっとする」
青く高き空 : ケン「なんでまた・・・」
lilith_sakura : ピピン「薬とマスクいるか?」
zophyel : タンプー「この薬ですな」
スピスタ : クー「ちょっと欲しいかも」
赤道斎 : ミンティー「一セット打ってくだひゃい」
赤道斎 : (打って→売って)
zophyel : ケン「って、タンプー全部飲むんじゃない」
トロヘト : タンプー「私の体型ではこのくらいないと」
スピスタ : タンプー「私も苦しいんです」
lilith_sakura : エリカ「鼻水たれてるよ?」
赤道斎 : ピピン「くすり、みんな無くなっちゃった…」
zophyel : ケン「副作用はないのか?」
スピスタ : ピピン「眠くなるかも」
青く高き空 : ミンティ「おねぇちゃんにおくすりもらってくるぅ
zophyel : タンプー「zzzzzzzzzzz」
lilith_sakura : エリカ「いびきがすごいわ」
青く高き空 : ケン「睡眠薬みたいな効き目。」
スピスタ : クー「うるさい!」
赤道斎 : 一方カディエの部屋  『花粉持ち立ち入り禁止』
トロヘト : ミンティ「これじゃ入れないよぅ」
青く高き空 : ティッキー「カディエおねぇちゃんたら・・・」
zophyel : カディエ「はくしゅっ、はくしゅっ」
lilith_sakura : カディエ「薬調合できないじゃない・・・ヘプシ」
ピピン : バンカーでは一歩引いて近くのフェアウェイにボールを運ぼう。
青く高き空 : ティッキー「なぜか私だけアレルギ反応ないんだよね
zophyel : カディエ「あ゛ー、しゅうぢゅうりょぐが~」
スピスタ : ケン「エリカは何で平気なんだ?」
zophyel : エリカ「さあ?」
赤道斎 : エリカ「まだまだ若いモン」
トロヘト : クー「あたいの立場はどうなる?」
ピピン : O・Bになりそうです。
スピスタ : ケン「立場無いな」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
lilith_sakura : エリカ「抗体があるからじゃない?」
zophyel : クー「うあ、ケン、ティッシュくれ」
青く高き空 : ロロ「原因の花、今年はいっぱい咲いたから…
赤道斎 : ケン「俺ももう無くなったよ」
スピスタ : ケン「不公平だ!」
トロヘト : ピピン「花粉症は後退の働き過ぎが原因だぞ」
トロヘト : (後退→抗体)
lilith_sakura : ピピン「ティッシュ1箱1000PPで売るよ」
zophyel : エリカ「ピピンも平気な顔してるわね」
スピスタ : ケン「高いぞ!」
赤道斎 : ピピン「かき入れ時に花粉ごときに負けてられるか
zophyel : ピピン「はっくしょん!!」
lilith_sakura : カディエ「できた!!!」
青く高き空 : 双子「おぉー!」
zophyel : ケン「嫌な予感」
トロヘト : カディエ「くしゅん!ぁ、こぼした」
スピスタ : ケン「殆ど残っていないじゃないか」
赤道斎 : ピピン「それちょうだい・・・って、もったいない
zophyel : ケン「なぜだろう、悪寒がする」
lilith_sakura : カディエ「ケンにあげるわ」
zophyel : クー「ごくごく」
スピスタ : ケン「ちょっと考えていいか?」
青く高き空 : ケン「あ、クーが・・・」
lilith_sakura : クー「・・・・・・あ、とまった」
スピスタ : ケン「本当か?」
赤道斎 : カディエ「あら、成功してたのね」
zophyel : クー「けど・・・なんか・・・へんな・・・かんじ
ピピン : 危ないかも・・・。
ピピン : 今のクラブでは危ないかも。
青く高き空 : カディエ「というと?」
lilith_sakura : クー「これは・・・なんだ・・・?」
トロヘト : クー「あ~、お空が回ってる~」
スピスタ : ケン「どういう風に?」
ピピン : 今のクラブでは危ないかも。
赤道斎 : クー「飲み過ぎた時みたい」
lilith_sakura : クー「あははは~」
zophyel : クー「あ~、ふわふわまわってるぅ~♪」
スピスタ : エリカ「まさかお酒?」
青く高き空 : ケン「…アルコール分、いれたか?」
赤道斎 : (ももちゃ(ほし)さんがログインしました)
トロヘト : カディエ「入れたどころか90%は・・・」
zophyel : クー「けーん、おまえはなんでそんなおもろいんだ
lilith_sakura : クー「かげうすいくせになまいきだぞ~」
スピスタ : ケン「絡み酒かよ」
赤道斎 : エリカ「あーあ、アルコールの反動、酷いそうよ」
zophyel : クー「あはははははー。あたいのけらいだぞー
青く高き空 : ケン「・・・やれやれ」
lilith_sakura : カディエ「ヘプシ!、さて・・・作り直さないと」
赤道斎 : クー「カディエ~、もっとお薬~」
zophyel : ケン「この酔っ払いをどうにかしろよ!!」
トロヘト : ピピン「酔いざましいるか?」
スピスタ : カディエ「どうしようもないわね」
zophyel : ケン「たのむ、くれ」
lilith_sakura : カディエ「さて、調合調合」
赤道斎 : ピピンがカディエの調合をじっと見ている。
zophyel : 「口移しでなきゃ飲まない」
青く高き空 : 双子も。
スピスタ : ピピン「美味しそうだな」
zophyel : (するーで)
赤道斎 : エリカ「私が飲ませてあげる」
lilith_sakura : カディエ「子供用よ」
zophyel : (おっとと)
トロヘト : ピピン「どんな味に仕上がるんだ?」
ピピン : O・Bになりそうです。
スピスタ : カディエ「卵酒風」
赤道斎 : クー「ピーチ味がいい」
青く高き空 : ピピン「それは風邪用じゃ・・・」
zophyel : クー「はやくくれ~☆」
lilith_sakura : カディエ「あなたはこれ飲んでなさい」
zophyel : 良い子の味方、正露丸。
スピスタ : クー「まずい」
lilith_sakura : クー「てかきもちわるい」
青く高き空 : カディエ「良薬口に苦し」
トロヘト : カディエ「はいはい、邪魔だからあっち行っててね
zophyel : クー「うっぷ」
lilith_sakura : クー「ケン・・・袋」
青く高き空 : ケン「ない」
スピスタ : ケン「まさか吐く気か?」
zophyel : けろけろけろけろ
赤道斎 : エリカ「きゃー、きちゃないけどかわいいかも~」
スピスタ : ケン「可愛くない!」
zophyel : クー「背中さすってくれ・・・・」
青く高き空 : エリカが、クーの背中をさすりさすり
赤道斎 : エリカ「はい」さすさすさす・・・
トロヘト : ケン「まるで親父だな」
スピスタ : エリカ「お持ち帰りしたいかも」
lilith_sakura : クー「・・・・・・(泣)」
zophyel : クー「ケン、おぶえ」
青く高き空 : ケン「なんで」
トロヘト : ケン「エリカに頼めよ」
zophyel : クー「家来だから」
スピスタ : ケン「何時家来になったんだよ!」
赤道斎 : クー「さっき」
lilith_sakura : クー「はやくし・・・・・・うおぉ」
zophyel : 第二弾。
スピスタ : ケンは咄嗟に逃げた
青く高き空 : ケン「・・・いっそ全部だせ・・・」
zophyel : クー「はくじょおものぉ・・・」
スピスタ : エリカ「暫くダメかもね」
lilith_sakura : クー「・・・・ヘックシ!」
赤道斎 : エリカ「はいはい、あっちで休みましょうね」
トロヘト : クー「うぅっ・・・」
青く高き空 : ケリカ、(あるいみ)おもちかえり
スピスタ : エリカ「また症状が出たの?
青く高き空 : (訂正:エリカ)
lilith_sakura : クー「う~~(ズルズル)」
赤道斎 : ピピン「カディエ、まだかよ~」
zophyel : クー「ううう(なみだ)」
lilith_sakura : カディエ「・・・材料なくなっちゃった」
zophyel : ロロ「うわ」
スピスタ : ケン「どうするんだよ…」
青く高き空 : 一同「_| ̄|○ il||li」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
ピピン : ショットが無理ならアンプレイアブル宣言がおすすめ。
トロヘト : カディエ「誰か調達してきて」
zophyel : ロロ「ま、クーみたいな目にあう必要ないかも」
青く高き空 : ティッキー「私、いきます」
スピスタ : エリカ「何が必要なの?」
赤道斎 : カディエ「アリンが持ってるはずよ」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
ピピン : ちがう方向に打ってみてね。
zophyel : ロロ「あ、噂をすれば」
青く高き空 : エリカ「・・・うーん」
lilith_sakura : アリンはかなり怪しい格好をしていた
スピスタ : アリン「カディエさんはいる?」
zophyel : カディエ「なに?」
トロヘト : アリン「薬頂戴」
zophyel : 一同「え゜」
スピスタ : カディエ「それだけでは分からないわ」
lilith_sakura : カディエ「その前に材料がないからないわ」
赤道斎 : アリン「ここもダメですか」
zophyel : アリン「うちも全部使っちゃって」
スピスタ : カディエ「困ったわね」
lilith_sakura : カディエ「あきらめたほうがいいみたいね」
赤道斎 : ダイスケ「おやみんな、どうしたんだ?」
トロヘト : ケン「いいなダイスケは、平気そうで」
スピスタ : エリカ「みんな花粉症になっちゃったのよ」
zophyel : エリカ「花粉症じゃないの?
赤道斎 : ダイスケ「マックスが防護マスク持ってるぞ」
スピスタ : アリン「本当ですか?」
lilith_sakura : ケン「怪しそうだな」
zophyel : ロロ「忍びマスクでしょ
トロヘト : ダイスケ「あぁ、見た目はすごくあやしくなる」
スピスタ : ダイスケ「でも、花粉を通さないらしい」
赤道斎 : ケン「背に腹は替えられない。マックス」~
lilith_sakura : ピピン「酸素も通さなかったりして」
zophyel : マックス「フォォォォォォォォォォ!!」
スピスタ : ケン「死ぬぞ、それ」
zophyel : じたばたもがいている
lilith_sakura : エリカ「・・・・ダース米ダー?」
zophyel : ケン「筋金入りのアフォだな」
赤道斎 : マックス「スコースコー…って、ちがうわ!」
スピスタ : ケン「どこのパチもんだよ」
トロヘト : マックス「フィルターがつまりかけてるらしい」
lilith_sakura : ケン「ださいな」
zophyel : ロロ「除草したほうが早くない?」
赤道斎 : ケン「今からやってまにあうもんか」
zophyel : ロロ「でもこれからもっと酷くなるよ」
lilith_sakura : カディエ「焼き畑農業風にやる?」
スピスタ : ケン「島中大火事になるぞ」
トロヘト : エリカ「そもそも花粉の発生源はどこなの?」
赤道斎 : クー「焼け野原にするならまかせとけ」
ピピン : O・Bに気をつけてね。
zophyel : ケン「復活したのか、クー」
lilith_sakura : エリカ「クーちゃん治ったの?」
スピスタ : クー「まだ頭痛い」
zophyel : クー「だからおぶえ、ケン」
スピスタ : ケン「断る」
赤道斎 : エリカ「私がおぶったげる」
zophyel : クー「・・・それはそれで怖いな」
トロヘト : エリカ「さぁさぁおいで~」
スピスタ : エリカ「(そのままお持ち帰り)」
赤道斎 : クー「…は、話を戻そう」
zophyel : クー、ケンの裾を握って放さない
lilith_sakura : エリカ「えええええええええええええ」
スピスタ : ケン「クーが怖がっているぞ」
トロヘト : ケン「それと、俺は保護者か!」
zophyel : クー「パパと一緒にするな(真顔)」
青く高き空 : ケン「じゃぁ離れろ」
lilith_sakura : エリカ「クーちゃんかわいい♪」
zophyel : クー「や」
スピスタ : クー「ちょっとくらいいいじゃないか」
zophyel : クー「まだこっちのが安全だ」
赤道斎 : ケン「お前のパパに見られたら不味いんだよ」
トロヘト : クー「んなもん知るか」
スピスタ : エリカ「私ならパパに見られても安心だよ」
lilith_sakura : エリカ「あ、なんか飛んできた」
zophyel : ロロ「あのー、もしもし?」
トロヘト : ケン「ハックション! ぁ~・・・」
赤道斎 : エリカ「わ、鼻水ばっちい!」
スピスタ : カディエ「ロロ、どこに電話しているの?」
lilith_sakura : ロロ「キューマあたりよ」
ピピン : 危ないかも・・・。
ピピン : 危ないかも・・・。
zophyel : キューマ「呼んだか?」
赤道斎 : ロロ「あなたの漢方薬頂戴」
トロヘト : キューマ「いいけど、苦いぞ?」
zophyel : キューマ「ドルフは今も悶絶してるが」
スピスタ : ロロ「良薬口に苦しってね」
lilith_sakura : ロロ「ということでたまにはクーから飲んで見て」
赤道斎 : キューマ「しかたないな、ほれ」
zophyel : クー「あヴヴ、やだよぉ・・・」
スピスタ : ロロ「じゃ、クーちゃん飲んでみて」
チャット内容が history/chatting/chat042.txtに保存されました。
zophyel : クー「うええ、まずい・・・」
赤道斎 : そのまま気絶。
青く高き空 : ケン「ようやくおとなしくなったか・・・」
スピスタ : ケン「大丈夫なのか?」
トロヘト : キューマ「さぁな」
青く高き空 : けん「ふーん・・・。」
zophyel : キューマ「分量を間違えると軽く★★るぞ」
チャット内容が history/chatting/chat043.txtに保存されました。
lilith_sakura : キューマ「今のは1ヶ月は気絶だろ」
青く高き空 : エリカ「いまのうちにー♪」おもちかえろうと。
赤道斎 : しかしクーの手は剣を握ったまま。
スピスタ : カディエ「プチ地獄絵図?」
zophyel : ロロ「はいはい、犯罪カッコワルイ」
赤道斎 : (剣→ケン)
lilith_sakura : エリカ「なんと言われようと私はやるわ」
トロヘト : キューマ「何を意気込んでいるんだ?」
スピスタ : エリカ「と言うわけで、強硬手段!」
zophyel : しかし、クーの手はがっちり握って離れない。
青く高き空 : (↓ケンの服を掴んでると仮定)
青く高き空 : ケン「脱ぐか・・・」
赤道斎 : エリカはナタを取り出した。
スピスタ : カディエ「止めなさい!」
zophyel : キューマ「当て身」
チャット内容が history/chatting/chat044.txtに保存されました。
トロヘト : エリカ「ばたんきゅ~」
lilith_sakura : ケン「で、俺はどうすれば?」
zophyel : ケン「とりあえず送ってくよ」
赤道斎 : マックス「俺みたいに裸になれ」
スピスタ : ケン「断る!」
lilith_sakura : ケン「死んでもな!」
zophyel : (するーで)
青く高き空 : (あれ、やっぱ自分のはスルー?)
トロヘト : マックス「何を言う、裸はいいぞ」
スピスタ : ケン「俺はクーを送るからもう行くな」
zophyel : ケン「ところで花粉症の季節はいつまで続くんだ」
トロヘト : ロロ「ずっとかな?」
赤道斎 : カディエ「草刈りが終わるまで・・・かな?」
zophyel : ケン「カンベンシテヨ・・・」
------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23324269.jpg


実はBLとBWは苦手。

次回のお題は「鬼姫」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-02-22 23:34 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 超初心者向けコース誕生! 対パンヤ作戦! >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧