赤道斎の隠し部屋

本日のお題「風雲! カディエ城」by zophyel さん

本日は5名で10分遅れのスタート。
コースはWHでした。

------------ キリトリ -----------
スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
青く高き空 : よろしくおねがいします♪
zophyel : よろしく♪
lilith_sakura : ( ゚Д゚)よろしく
zophyel : アリン「よく来てくれた我が精鋭たちよ!!」
lilith_sakura : ケン「(今日のアリンはどうしたんだ?)」
赤道斎 : エリカ「(周りを見回し)どこが精鋭?」
スピスタ : クー「いつものメンバーだよな」
スピスタ :   
スピスタ :  
スピスタ : (誤爆)
zophyel : アリン「あの悪魔の城を殲滅するのであーる」
ピピン : 危ないかも・・・。
ピピン : O・Bに気をつけてね。
lilith_sakura : ケン「(カディエの家?)」
赤道斎 : その時城から怒鳴り声「悪魔とは何よ!」
青く高き空 : ケン「城・・・ねぇ」
スピスタ : エリカ「戦争でもする気?」
zophyel : アリン「 前にマックス様にした仕打ち、忘れた?!
lilith_sakura : ケン「わすれた」
スピスタ : エリカ「それは私たち関係ないし」
青く高き空 : ケン「(使い魔の話か・・・?)」
スピスタ : エリカ「根に持っているみたいだね」
zophyel : アリン「絶対許さない・・・(怒)」
青く高き空 : ケン「まきこまれるのはごめんだ」
スピスタ : エリカ「同じく」
lilith_sakura : エリカ「帰るか」
zophyel : アリン「ハト二号はどなたかしら?」
青く高き空 : アリン以外撤退。
スピスタ : ケン「脅しかよ」
zophyel : アリン「別に」
青く高き空 : エリカ「じゃぁカディエに守ってもらいましょ」
lilith_sakura : ケン「守ってもらえるのか?」
青く高き空 : エリカ「ハト2号よりましじゃない?」
スピスタ : ケン「それもそうだな」
zophyel : クー「早く逃げよう」
スピスタ : アリン「みんな酷い!」
青く高き空 : で、アリンを残し、エリカ、ケンはカディエの所へ
赤道斎 : アリン「協力者には望むままの報償を用意したのに
lilith_sakura : ケン「意味がわからんな」
スピスタ : エリカ「興味ないし」
青く高き空 : クーは撤退完了。
zophyel : アリン「具体的には戦利品全部」
lilith_sakura : ケン「必要ないな」
青く高き空 : ケン「私闘になんの戦利品があるんだか」
赤道斎 : アリン「いっぱいレアものが確保されているそうよ
スピスタ : ケン「例えば?」
zophyel : アリン「カディエさんは古今無比の魔術師よ
青く高き空 : エリカ「カディエに頼んだほうが早いんじゃ」
zophyel : アリン「あのひとが只でナニカするわけないでしょ
青く高き空 : ケン「双子に頼むか。」
lilith_sakura : エリカ「たまにしてくれなかった?」
スピスタ : ケン「結構優しいよな」
zophyel : アリン「自分の利害に合えば、ね」
赤道斎 : クー「アリンにのってみるか」
青く高き空 : カディエ「ずいぶんな言い分ね・・・」
スピスタ : ケン「あ、カディエ、いいところに来た」
zophyel : エリカ「うわ、出てきた」
lilith_sakura : カディエ「化け物みたいな言いかたね」
青く高き空 : ケン「話題にあがっていたからな。」
赤道斎 : アリン「さあみんな、悪の魔女を倒すのよ!」
スピスタ : ケン「俺はイヤだって」
青く高き空 : ケン、エリカ「アリンをたおすぞー」
zophyel : クー「いや、自分でやらないのか?」
赤道斎 : アリン「だって私レディーですから」
スピスタ : アリン「私は司令官です」
lilith_sakura : クー「さよならアリン」
ピピン : O・Bになりそうです。
青く高き空 : そうしてクーもカディエ側に。
ピピン : O・Bに気をつけてね。
スピスタ : アリン「あ、ちょっと待ってよ!」
赤道斎 : アリン「しくしくしく・・・」
青く高き空 : カディエ「これって何の話・・・?」
zophyel : アリン「もう、みんな薄情なんだから、ってまてよ
スピスタ : ケン「アリンの復讐みたいだ」
lilith_sakura : カディエ「どのへんの復習かしら?」
青く高き空 : カディエ「まったく、あの小娘は・・・」
スピスタ : 全員白けた
zophyel : アリン「要はカディエさんにお灸をすえるには・・
赤道斎 : アリン「わかりました。人質を使いましょう」
青く高き空 : ケン「人質になる人材がいるのか・・・?」
zophyel : そういって、カディエの家(城)にテレポート。
スピスタ : ケン「いきなり飛ばされた」
zophyel : アリン「あら、ケンはこっちにきてくれるの」
青く高き空 : ケン「は?」
スピスタ : ケン「勝手に飛ばしたんだろ!」
青く高き空 : ケン「とばしといて何を・・・」
赤道斎 : アリン「なんのことかしら」
lilith_sakura : ケン「ここどこ?」
zophyel : アリン「ふははは、我が城よ。落とせるかしら!!」
青く高き空 : ケン「俺を人質にした時点で負けだろ・・・」
スピスタ : ケン「もう勘弁してくれよ」
lilith_sakura : ケン「1500%だれもこないぞ」
zophyel : アリン「あら、双子もこのように」
赤道斎 : お疲れ様でした(ぺこ)
赤道斎 : (ごばくです)
青く高き空 : ティッキー「あーん、おねえちゃん助けてー」
スピスタ : ケン「何やっているんだよ…」
赤道斎 : ケン「そんな棒読みで」
zophyel : アリン「マックス様にした仕打ちをこっちにも・・・」
lilith_sakura : ケン「白々しい」
青く高き空 : ミンティ「だってアリンさん、はげしいんだもん」
赤道斎 : ケン「どんな風に?」興味が出たようだ
スピスタ : ケン「何が?」
zophyel : 双子「ポッ(すき)」
青く高き空 : ケン「まさか・・・(赤面)」
lilith_sakura : アリン「何考えてるの?」
赤道斎 : エリカ「わ、わたしも人質になろっかな」
zophyel : カディエ「なんでよ」
lilith_sakura : クー「変態どもが」
スピスタ : エリカ「楽しそうなんだもん」
赤道斎 : エリカ「もちろんクーちゃんも一緒(はーと)」
青く高き空 : カディエ「放っておけないわね・・・」
zophyel : カディエ「ったく。魔道の腕前はたつからな~」
lilith_sakura : クー「断る」
スピスタ : カディエ「ちょっとマックス、手伝いなさい!」
青く高き空 : マックス「ぁー・・・使い魔だっけか・・・」
zophyel : マックス「ランチの途中なんだが・・・」
ピピン : 今のクラブでは危ないかも。
ピピン : O・Bに気をつけてね。
lilith_sakura : カディエ「いつかご馳走するから来て」
スピスタ : マックス「仕方ないなぁ」
zophyel : マックス「あ~、アリンか。納得」
青く高き空 : マックス参戦。
赤道斎 : カディエ「アリン、こっちにも人質が出来たわよ」
lilith_sakura : マックス「やはりそんな役回りか」
スピスタ : アリン「そんな、まさか…」
zophyel : マックス「説得要員じゃないのかよ!!」
青く高き空 : マックス「人質?」
赤道斎 : カディエ「そのくらいしか使い道ないし」
スピスタ : カディエ「偶には使い魔らしくしなさいね」
青く高き空 : マックス「使い魔と人質ってなんかちがう」
lilith_sakura : マックス「でも否定はしない。いつものことだ」
zophyel : クー「なんかアリンにも理がある気がしてきた」
スピスタ : カディエ「とにかく、私の命令に従えばいいの」
赤道斎 : アリン「これはなんとしても奪回しないと」
青く高き空 : マックス「オーケー、で、何をすればいい」
lilith_sakura : カディエ「とりあえず焼き払う?」
スピスタ : マックス「物騒だな」
zophyel : マックス「って俺必要ないし」
青く高き空 : クー「カディエの家をか?_」
赤道斎 : カディエ「ホントに使えないわね」
zophyel : カディエ「じゃ吶喊」
スピスタ : カディエ「まず、あの小娘を黙らせましょう」
lilith_sakura : カディエ「黙らせたら無償で1ヶ月つくわ」
赤道斎 : アリン「こっちも突撃よ」
青く高き空 : クー「ひさびさに一発撃つか。」
スピスタ : マックス「こっちは丸腰だぞ!」
ピピン : O・Bになりそうです。
zophyel : カディエ「あら、いつも裸でしょ」
lilith_sakura : カディエ「火炎瓶でも持ってく?」
スピスタ : マックス「俺は過激派か!」
赤道斎 : マックス「それにいつの生まれだよ、お前」
青く高き空 : マックス「直接魔法で燃やせばいいじゃないか
lilith_sakura : カディエ「聞きたいの?」
zophyel : カディエ「というか、アナタが盾なら大丈夫よ」
スピスタ : マックス「人質は大切にな」
赤道斎 : アリン「かまわないわ、一発撃ち込んで、クー」
zophyel : カディエ「限りある資源だしね」
青く高き空 : カディエ「はいはい、わかってるわ」
lilith_sakura : カディエ「がんばれば相方に昇格よ」
青く高き空 : クー「いつのまにアリン側についた?」
スピスタ : マックス「ちょっと頑張ってみる」
zophyel : クー「まーいーか」
lilith_sakura : カディエ「クーの場合は・・・これね」
zophyel : クー「では、砲撃開始だ野郎ども!」
スピスタ : セシリア「マックス、援護するわ」
赤道斎 : マックス「甲板のコースそのままで出来るのか?」
zophyel : カディエ「突撃~♪」
青く高き空 : 戦闘開始!
スピスタ : セシリア「一斉射撃開始!」
lilith_sakura : カディエ「盾にクーパパの写真つけてっと」
zophyel : クー「負けるか!! ってこらあ卑怯者!!」
赤道斎 : クー「射撃中止!」
スピスタ : クー「なんてことをするんだ!」
lilith_sakura : カディエ「打てないでしょ?」
スピスタ : クー「全弾打て!」
lilith_sakura : カディエ「人柱の用意しなきゃ」
青く高き空 : ケン「はじまっちゃったか」双子「そうだねぇ」
zophyel : アリン「セシリアさん、カズのBL写真欲しくない?
スピスタ : クー「ただし、写真だけは当てるな!」
青く高き空 : セシリア「もうもってるわ♪」
赤道斎 : セシリア「でも相手に寄るわね」
lilith_sakura : カディエ「クーパパ本人を盾にしてみましょ♪」
zophyel : アリン「第二弾秘蔵品」
青く高き空 : でもすでにセシ艦隊砲撃中
スピスタ : アリン「ああ、このままでは負けてしまう…」
zophyel : クーパパ「・・・かまわんから魔女ごと撃ちなさい
青く高き空 : ケン「まけちゃえー」 双子「そうだそうだー」
スピスタ : マックス「お前らも無事では済まないぞ…」
lilith_sakura : カディエ「・・・(電話取り出し)」
zophyel : クーパパ「海軍の捕虜だからどっちみち死ぬな
赤道斎 : カディエ「あ、タンプー?アレできた?」
スピスタ : カディエ「お願いだから今すぐに持ってきて!」
zophyel : タンプー「ほんとにやるんですか?」
lilith_sakura : タンプー「ワームですか?核ですか?」
赤道斎 : カディエ「ケミカルに決まってるでしょ」
青く高き空 : タンプー「了解プー」
スピスタ : ケン「なんだか怪しい会話が聞こえる…」
zophyel : タンプー「どうなっても知りませんぞ・・・」
lilith_sakura : タンプー「全員の口座ハッキングもするプー?」
青く高き空 : ティッキー「防御魔法成功するかなぁ・・・」
スピスタ : カディエ「被害は向こうだから関係ないわ」
zophyel : ミンティ「おねえちゃん・・・」
青く高き空 : ミンティ「えっと、術式は・・・」
赤道斎 : ティッキー「私たちのこと、忘れてる…」
lilith_sakura : タンプー「では実行するです」
zophyel : ケン「ほどいてくれ。皆で逃げよう」
スピスタ : ケン「俺たちは無事に帰れるんだろうか…」
赤道斎 : ミンティ「アリンさんの捕縛術だから無理です」
スピスタ : ケン「あ、アリン逃げるな!」
zophyel : ケン「アッサリ諦めないでくれ~」
ピピン : バンカーでは一歩引いて近くのフェアウェイにボールを運ぼう。
lilith_sakura : アリン「逃げるが勝ちよ!!!!!!!」
青く高き空 : ティッキー「やっぱりアリンさんが悪だったー」
zophyel : アリン「カディエさん、おぼえてらっしゃい!!}
lilith_sakura : カディエ「(電話)タンプー?もうやった?」
青く高き空 : ミンティ「捕縛術とかないでにげちゃうんだ…」
スピスタ : タンプー「完了しましたプー」
赤道斎 : タンプー「あと4分で発動プー」
ピピン : ちがう方向に打ってみてね。
ピピン : 今のクラブでは危ないかも。
zophyel : アリン「あと、双子にもふくしぅのオシオキよ~」
lilith_sakura : カディエ「照準は間違ってないわよね?」
スピスタ : ケン「俺は関係ないぞ」
赤道斎 : タンプー「アリンさんの将来位置、計算ずみ」
スピスタ : タンプー「逃がしませんぞ」
zophyel : カディエ「よろしい。やっちゃって」
lilith_sakura : カディエ「これでアリンもおしまいね」
青く高き空 : ケン「・・・どうする?」双子「どうしよう?」
スピスタ : アリン「みんな、後よろしくね!」
赤道斎 : アリンは全力で逃げていく。
zophyel : テレポート!!
lilith_sakura : ケン「・・・・・・死ぬ前にHIO出したかったな」
スピスタ : 双子「お姉ちゃん、助けてよ~」
zophyel : ミンティ「せめてお着替え~」
赤道斎 : カディエ「おしおきだべー」
スピスタ : ティッキー「新しい服が欲しかったよ~」
lilith_sakura : タンプー「着弾まで30秒だプー」
zophyel : アリン、カディエの真後ろに登場。
スピスタ : カディエ「え、まさか!」
赤道斎 : アリン「てへっ、まちがっちゃった」
青く高き空 : ケン「…助かった?」
lilith_sakura : ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
zophyel : 二人「!!!」
------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23203577.jpg


うは、メイン垢の記録超えちゃった。

次回のお題は「花粉症襲来 」です。
[PR]
by sekidousai | 2007-02-19 23:32 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< ピカチュウ、テッカマンになる? PWが実装されるとイラストがま... >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧