赤道斎の隠し部屋

完了!

背面の配線を取り外した後、ラックに当てないように取り出します。
そして床に敷いた新聞紙の上に置きます。

外板を外す時、無理にねじを回してねじ山を潰さないように。また、力の入れ過ぎは傷の原因にもなります。
本体から外すとき少しゆがめなきゃならないこともありますが、そぉっと最小限に抑えます。

まずは目視点検。ホコリの溜まり具合、取り付け部のゆるみやがたつきの有無、ベルト駆動部は劣化具合と張り具合、メカ部品の摩耗やヒビなど。そして忘れちゃいけないコンデンサ。

ブロワでホコリを吹き飛ばした後、各パーツ間やプラグコネクタなどをイソプロを付けた綿棒で丁寧に汚れを取ります。広い面はティッシュで。

必要に応じて分解する必要もあるのであらかじめ空き箱や小皿を用意しておきます。部品がなくなったら大変ですから。

最後にもう一度ブロワで吹いた後、アルコールがちゃんと飛ぶまでしばらくそのまま置いておきます。その間に再点検&鑑賞。優れた機器は美しいです。

それからパネルなど外装部を拭き上げます。細かいところは綿棒から綿をむしって爪楊枝に巻き付けたもので掃除。

元通りに組み上げ、外したネジや部品が箱に残っていないことを確認してからラックに戻します。
配線後動作試験をして、ちゃんと以前のとおりの音が出ていたらOK。


対象はAVアンプ2台、テープデッキ1台、アナログレコードプレーヤー2台、チューナー1台、CDデッキ4台、MDデッキ(これだけミニコンサイズ)1台、スピーカー4本、ビデオデッキ3台、LDプレーヤー1台、AVタイマー1台、テレビ1台でした。

途中でイソプロ(イソプロピルアルコール、2-プロパノール)がなくなったので薬局へ急行、無水エタノールを購入したりしましたが、概ね順調な進行でした。
[PR]
by sekidousai | 2006-11-29 23:36 | 音と映像と文字の世界
<< 出張教習も承ります あと少し・・・ >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧