赤道斎の隠し部屋

本日のお題「君の瞳は一万ボルト」by 赤道斎

先週土曜は急の用事で参加できませんでした。関係者の皆様すみませんでした。

本日の大会はBlue Moonでの開催。微妙に瞳の感じが変わります。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
赤道斎 : (何か情報がおかしいなぁ)
HAPOHAPO : (お題なんでしたっけ?)
赤道斎 : (土曜はどうだったのでしょうか)
スピスタ : (中止でした)
赤道斎 : (では「君の瞳は一万ボルト」ですな)
赤道斎 : マックス「ポンタ、好きだ」
スピスタ : ポンタは逃げ出した
赤道斎 : マックス「逃げないでおくれ、ぼくの黒い宝石」
HAPOHAPO : だが逃げきれない!
スピスタ : ポンタはスケポンにジョブチェンジした
lilith_sakura : そして誰にも見られなくなった
赤道斎 : マックス「ふっ。その瞳変わらぬ限り、見つけるさ
スピスタ : ポンタは怯えている
赤道斎 : マックス「ハァハァ、みぃつけたっ!」
HAPOHAPO : マックス「どこへ行こうというのかね?」
スピスタ : そのとき、ポンタの中からアリンが出てきた
赤道斎 : アリン「やっと出られた…あら、マックス様」
スピスタ : マックス「これは夢か?」
lilith_sakura : アリン「つねってあげましょうか?」
赤道斎 : マックス「そういってその手のペンチは何だ」
スピスタ : アリン「それは愚問ですわ」
赤道斎 : アリン「さ、ほっぺをこちらへ…」
lilith_sakura : マックス「結構だ」
赤道斎 : アリン「では、聞かせていただきましょうか」
スピスタ : マックス「何をだ?」
赤道斎 : アリン「なぜポンタに迫っていらっしゃったの?」
HAPOHAPO : マックス「言わせるなんて野暮じゃないか」
赤道斎 : アリン「言って」
スピスタ : マックス「俺には黒ポンが必要なんだよ」
赤道斎 : アリン「なぜ?」
HAPOHAPO : マックス「俺は大きいのより平たいのがいいんだ」
赤道斎 : アリン「それって、私よりクーが良い、と?」
スピスタ : アリン「マックス様はロリコンだったんですね」
lilith_sakura : マックス「今ごろなにをいう・・・」
HAPOHAPO : マックス「自慢するほどのことではないがな」
赤道斎 : アリン「クーが捕まらないからポンタで我慢、と?
スピスタ : アリン「アグ○スさ~ん、ここに犯罪者がいます」
赤道斎 : マックス「セルデザが歪まなくて良いではないか」
スピスタ : アリン「私では元の絵が分からなくなると言うので
スピスタ : すか?」
赤道斎 : マックス「うん。歩く画板には負けるだろ?」
スピスタ : アリン「なら、私は歩く彫刻ですわね」
赤道斎 : マックス「彫刻なら修正も出来るだろうに…」
スピスタ : アリン「何が言いたいのですか?」
赤道斎 : マックス「もう少し色々控えめだったらと」
スピスタ : アリン「必殺!目からビーム!!」
赤道斎 : マックス「ポンタバリヤー!」
スピスタ : ポンタは黒こげになった
赤道斎 : マックス「おお、これは伝説のこげポン!」
スピスタ : マックス「アイテムゲットだぜ!」
HAPOHAPO : マックス「なんて妖艶なんだ(すき)!!」
赤道斎 : アリン「これって不正な入手じゃないかしら」
スピスタ : マックス「手に入ればそれでいいのさ」
赤道斎 : アリン「それも私の目力があったればこそでしょ」
HAPOHAPO : マックス「いつもすまないねぇ・・ゴホゴホ」
スピスタ : アリン「病弱そうにごまかさないでください」
lilith_sakura : アリン「電気治療でもしましょうかしら」
HAPOHAPO : マックス「(ひょえ)そういうプレイ?」
スピスタ : アリン「覚悟してくださいね」
lilith_sakura : アリン「まずは一般家庭の電流から」
スピスタ : アリン「1万ボルトを引きます」
赤道斎 : マックス「それちょっとハードじゃないか(あせ)
スピスタ : アリン「アンペアは低いので簡単には死にませんよ
赤道斎 : マックス「それに俺の家、電気止められてる」
lilith_sakura : アリン「それにギャグキャラは死にませんわ」
スピスタ : アリン「電気なら自家発電でも構いませんわ」
赤道斎 : マックス「ぎゃ、ギャグキャラ…orz」
HAPOHAPO : マックス「あんパン屋でもはじめようか(あせ)」
赤道斎 : アリン「あんぱんって、あのシンナーの…」
lilith_sakura : アリン「恋もさめてしまうほどの香りの・・・」
赤道斎 : マックス「それは俺の靴下の香り」
スピスタ : アリン「…最低」
赤道斎 : マックス「そういうならアリンのを嗅がせてくれ」
HAPOHAPO : アリン「一回ログアウトする?」
赤道斎 : マックス「そのハンマー、人生がログアウトしそう
赤道斎 : だな」
スピスタ : アリン「楽しいと思いますわよ?」
lilith_sakura : アリン「人生と性別のログアウト、どちらがいい?
HAPOHAPO : マックス「両方でお願いします」
赤道斎 : アリン「下の方をちょん切るのよ?」
lilith_sakura : アリン「ではフルスイングでw」
スピスタ : アリン「明日からはマックス子ちゃんね」
赤道斎 : マックス「ううっ、本能的に縮み上がってる…」
lilith_sakura : マックス「ネーミンfグセンス悪!」
スピスタ : アリン「じゃあ、マック子にする?」
lilith_sakura : マックス「さらに悪化したな」
赤道斎 : アリン「もう一声でマッ子では?」
HAPOHAPO : マックス「マク恵でどうかな?」
スピスタ : アリン「ネーミングセンス無いわね」
lilith_sakura : アリン「もうミンでいいんじゃない?」
赤道斎 : マックス「じゃ、それで登録してくる」
lilith_sakura : アリン「その前に切らないと」
スピスタ : U田「…新キャラかぁ」
赤道斎 : マックス「む!U田さんも性別ログアウトか?」
lilith_sakura : U田「誰得?」
スピスタ : マックス「アリン?」
lilith_sakura : U田「なんでもありんだからか」
赤道斎 : アリン「(…この人おやじだ、やっぱり)」
スピスタ : U田「…アリンも性別ログアウトしてみるか?」
lilith_sakura : アリン「みたいのですか?」
赤道斎 : アリン「でもユーザー離れでパンヤ、終わりますわ
赤道斎 : よ?」
スピスタ : U田「なに、クーとエリカがいれば大丈夫」
赤道斎 : アリン「必殺!目からビーム!!」
lilith_sakura : アリン「私がなればみんななりますわ」
HAPOHAPO : マックス「アリンの介で名前は決まりだな」
lilith_sakura : アリン「電気ショックw」
スピスタ : マックス「歳はダイスケくらいか?」
赤道斎 : U田「ではフンドシを実装してやろう」


------------ キリトリ -----------
アリンが壊れた・・・


スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23341396.jpg



次回のお題は「帰ってきたあいつ」です。
[PR]
by sekidousai | 2010-05-10 23:36 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 本日のお題「帰ってきたあいつ」... えー、お笑いを一つ >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧