赤道斎の隠し部屋

ウイルスバスター2010を導入してみた

 XPマシンでは木曜日からトレンドマイクロ「ウイルスバスター2009」のtmas_oe.exeやTMBMSRV.exeが不調で、CPU使用率が90%前後で推移、ブラウザやメーラがガクガクという状況になってしまいました。
 確認したところ、この症状が起こるのはFirefox又はOutlookExpress稼働中にだけ発生します。

 この症状はウイルスバスター2008など以前のバージョンから発生しているようで、解決には再インストールしかないようです。もっともこれも確実な対応ではないようですが。


 ちょうど9月9日からウイルスバスターの新バージョンであるウイルスバスター2010が提供されており、どうせ手間を食うなら最新バージョンにアップグレード!ということで2010をインストールしてみました。

http://virusbuster.jp/vb2010/trial2/?WT.srch=1&cid=paid&sem_bootup

 おかげで先述の不具合が解消されると共に、全体として動作が軽くなりました。新バージョンのウリの一つが確かに確認できました。

 しかしながら、今回のアップグレードでは2008から2009への移行時に使えた、シリアルや設定内容を引き継ぐアップグレードインストールは提供されておりません。シリアルや設定内容はきちんとユーザーが記録して2010インストール時に入力する必要があります。


 また、システムに改変を加える実行ファイルのブロックについて、特にパンヤクライアントの如くメンテナンスの度にプログラムが引っ掛かる現象及びその許可総数に制限があることについては、今回は初回のため確認できませんでした。
 でも設定パネルを眺めると、2009以前と同様、メンテ+クライアントアップグレードのごとに更新が降り積もって「例外ルールの数が上限に達しているため云々」のメッセージが発生するんでしょうね。
[PR]
by sekidousai | 2009-09-13 00:28 | 魔導具
<< 今日の大会は中止…たぶん。 本日のお題「○○の季節」by ... >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧