赤道斎の隠し部屋

本日のお題「禁断のアイ 」by スピスタ さん

メインのXPマシンが不調なので本日はVistaマシンで出席。でも急いでキーボード繋いだら何か入力が変で…
今日のコースはBlue Waterでした。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : 一応、基本はパンヤキャラと
スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : (これはティッキーだと言い張る!)
zophyel : クー「今日こそは・・・」
HAPOHAPO : エリカ「させないわ(まじ)」
スピスタ : クー「なんでだ?」
zophyel : クー「あたいとパパのことだぞ」
HAPOHAPO : エリカ「あなたは私のお人形(はーと)」
スピスタ : クー「さようなら」
zophyel : クー「パパ~、あたいの愛を受け取って♪」
赤道斎 : エリカ「パパ、逃げちゃったよ」
スピスタ : クー「ウソだ!」
zophyel : エリカ「ウソじゃないもん」
赤道斎 : エリカ「やっぱり常識ってものがある大人なのよ」
スピスタ : クー「お前が言うか?」
zophyel : エリカ「というわけで、くーちゃんは私の(ひょえ
赤道斎 : クー「これでも抱いておけ」と渡したものは…
zophyel : ダイスケ人形
HAPOHAPO : エリカ「まぁ可愛いダイスケ・・ってなんでやねん
赤道斎 : クー「腹を押すと鳴くぞ」
zophyel : ボスッ、ボスッ、ざくどしゅッ!!
HAPOHAPO : エリカ「白いものが出てきたわよ」
スピスタ : クー「壊してどうする?」
zophyel : エリカ「グロイもん」
赤道斎 : ダイスケ人形「ぐぎゃ~っ」
zophyel : エリカ「・・・燃やそう」
スピスタ : クー「呪われるぞ?」
HAPOHAPO : クー「蛋白質の焼けるにおいがする(あせ)」
lilith_sakura : エリカ「大丈夫でしょう」
赤道斎 : エリカ「でも、いったい何で出来てるのよ、これ?
zophyel : エリカ「こんなの持ってるってる方が呪われるよ」
スピスタ : クー「エリカにお似合いだ」
赤道斎 : エリカ「死のう…」
zophyel : かちかち、ボーッ(ほのお)
lilith_sakura : ?「ぎゃ~~~」
赤道斎 : エリカ「え?ダイスケ?」
zophyel : ダイスケ「なぜかモーレツに熱い!」
スピスタ : クー「これは本気で呪われたな」
赤道斎 : なぜか切り傷もちらほら…
lilith_sakura : ダイスケ「俺がなにをしたと・・・」
スピスタ : クー「何もしてないな」
zophyel : クー「まてよ。パパの人形を作れば・・・」
赤道斎 : エリカ「ダイスケが呪われるのね、こえ」
赤道斎 : (こえ→これ)
zophyel : エリカ「よし、焼却しよう(ひょえ)」
スピスタ : ダイスケ「何か企んでないか?」
lilith_sakura : エリカ「なにも」
赤道斎 : クー「焼く前にちょっと調べさせてくれ」
zophyel : エリカ「はい」と、クーの手をギュ
赤道斎 : くー「何の真似だ?」
スピスタ : エリカ「もう離さないわよ」
zophyel : エリカ「そうだ。籍を入れましょう(ひょえ)」
lilith_sakura : クー「ほう、絶対離さないんだな」
赤道斎 : エリカ「もちろん(すき)」
HAPOHAPO : エリカ「わたし秘密の部屋を作ったのよ」
スピスタ : クー「食事の時もか?」
zophyel : エ「離さないだけじゃないよ(すき)(はーと)」
lilith_sakura : クー「あたいが火の中にとっこんでもか?」
赤道斎 : エリカ「食べさせてあげる。口移しで」
HAPOHAPO : エリカ「秘密の部屋でいいことしましょ」
zophyel : エリカ「三食昼寝つきよ(ひょえ)」
赤道斎 : クー「自由はあるか?」
スピスタ : エリカ「私だけね」
lilith_sakura : エリカ「自由はあるわ、たぶん」
zophyel : エリカ「私がくーちゃんを愛でる自由とか」
赤道斎 : エリカ「あと、ベッドの上とか(ひょえ)」
HAPOHAPO : エリカ「きれいなおべべもたんとあるわよ」
赤道斎 : ミンティ「はいはいはいお、あたしがいっきまーす
lilith_sakura : クー「じゃあ接着剤でもつかうか?
zophyel : エリカ「というわけで、連行(はーと)」
スピスタ : クー「パパー、助けて~」
赤道斎 : ミンティ「…グスン。おいて行かれた…(かなし)
zophyel : エリカ「へっへっへ、ウブなネンネじゃあるまいに
赤道斎 : クー「アタイはまだ小学校のネンネだ~」
スピスタ : クー「痴女に○○される~」
zophyel : エリカ「愛の前には問題ナッシング」
HAPOHAPO : ケン「目標補足しました。応答どうぞ」
lilith_sakura : クー「愛が感じ取れないから困る」
zophyel : クー「あ、ケン・・・?」
赤道斎 : エリカ「あら、欲望だけの方がお好み?」
HAPOHAPO : マックス「01は状況を確保。指示を待て」
zophyel : クー「なんで葉っぱ一枚なんだ?」
スピスタ : マックス「気にするな」
赤道斎 : マックス「偽装といえば葉っぱに決まっておろう」
HAPOHAPO : マックス「安心したまえ。我々は味方だ」
赤道斎 : クー「ますます安心できなくなった(あせ)」
lilith_sakura : クー「変態の癖に凛々しくいうな」
zophyel : クー「・・・チェンジで」
スピスタ : クー「どう見ても怪しすぎるだろ」
赤道斎 : マックス「アリンは格好いいと言ってくれたぞ」
zophyel : ケン「今日からキミは、自由だ!(ひょえ)
HAPOHAPO : マックス「私も変態の気持ちは分かる」
zophyel : クー「あたいにはわからん」
スピスタ : クー「お前が変態だからな」
zophyel : エリカ「みてみてー、くーちゃんの衣装だよ」
HAPOHAPO : マックス「エリカはダッチ・クーに今夢中だ」
lilith_sakura : クー「ごめん、なに言ってるか理解できない」
赤道斎 : クー「やらせておけ、その分わたしが安全だ」
zophyel : エ「レザー・ボンテージ・ファッション(すき)」
HAPOHAPO : ケン「しばらく状況を見てみよう」
スピスタ : クー「見ていないで助けろよ」
zophyel : エリカ「さ、お着替えしようねぇ~(はーと)」
赤道斎 : マックス「おぅっ、それは素晴らしい。早速きせよ
赤道斎 : う」
HAPOHAPO : マックス「今下手に動くと危ない」
lilith_sakura : クー「お前がな」
zophyel : エリカ「変態はアッチいって(あせ)」
HAPOHAPO : ケン「か、かわえぇぇl・・・(すき)」
スピスタ : マックス「痴女に言われたくないぞ」
赤道斎 : エリカ「ケンも着てみる?」
zophyel : エリカ「ダーメ、このくーちゃんは私専用よ」
zophyel : (なしで)
HAPOHAPO : ケン「マッコスさんあの服クーに着せたいですね」
赤道斎 : マックス「そしてしばいてもらう…(ひょえ)」
スピスタ : クー「アタイの立場はどうなるんだ?」
zophyel : エ「こっちは目隠しに猿轡にお馬さん(ひょえ)」
赤道斎 : クー「何でそんなもの持ってるんだよ」
zophyel : エリカ「可愛いでしょ?」
赤道斎 : クー「そんなアイテム実装されてないだろ」
HAPOHAPO : クー「アンタ間違ってるよ。激しくな・・・」
zophyel : エリカ「私の愛を受け取って~」
スピスタ : クー「お前、お嫁に行く気無いだろ?」
赤道斎 : エリカ「クーちゃんのお婿さんになるわ」
HAPOHAPO : エリカ「わたしはクーたんのお婿さん」
zophyel : エリカ「嫁を貰うから不要」
スピスタ : クー「アタイはお嫁にならないぞ?」
lilith_sakura : クー「何を血迷ってる」
zophyel : エリカ「略奪婚?」
赤道斎 : エリカ「クーは全て俺の嫁~っ(はーと)」
zophyel : クー「おいおい、一人称まで変わってるぞ」
スピスタ : エリカ「気にしたらダメだ」
赤道斎 : エリカ「お婿さんだもん」
lilith_sakura : エリカ「同姓結婚でもなんでもやるわ」
HAPOHAPO : エリカ「この日のためにミンティに魔法を研究させ
HAPOHAPO : たのよ」
赤道斎 : とスカートをめくろうとする。
zophyel : エリカ「男体化を」
スピスタ : クー「そのミンティがいないようだが?」
HAPOHAPO : クー「だれかたすけてぇぇぇぇぇl!」
zophyel : エリカ「ふっふっふ、おとなしゅうせい(ひょえ)
lilith_sakura : クー「くびつってやるぅぅl」
zophyel : エリカ「そしたら剥製にしてアゲル」
スピスタ : エリカ「その前に略奪してやるわ」
赤道斎 : エリカ「そして来世もきっと一緒(はーと)」
スピスタ : (私の無しで)
スピスタ : クー「狂ってる」
赤道斎 : エリカ「愛は狂気よ」
zophyel : エリカ「ミイラの作り方教わろうかな」
lilith_sakura : クー「一回殴らないといけないのか」
HAPOHAPO : ミンティ「触手魔法できたよ~」
赤道斎 : エリカ「そういうのはマックスが待ってるわ」
スピスタ : クー「アタイはこんな奴大嫌いだ!」
zophyel : エリカ「んー、チョットちがうなあ」
lilith_sakura : クー「エリカなんて嫌いだ!」
zophyel : エリカ「あ、クーパパ」
赤道斎 : クー「え?」と油断。
スピスタ : エリカ「確保!」
zophyel : エリカ「ウ・ソ。ぶちゅうううう」
赤道斎 : クー「む~~~~~~~っ」
zophyel : エリカ「コレで私はクーちゃんの初めての人に
zophyel : (ひょえ)」
赤道斎 : クー「舌入れた~っ(わーん)」
HAPOHAPO : (更新しますた)
赤道斎 : (おめー)
スピスタ : (おめ)
zophyel : (おめ)
スピスタ : クー「こんな奴!」と股間を蹴り上げた
赤道斎 : コキン!
HAPOHAPO : エリカ「おぅぃえ!」
zophyel : クー「だーっしゅつ!!」
スピスタ : ケン「これは地獄ですね、マックスさん」
HAPOHAPO : エリカ「あっ!待てぇぇぇぇ!」
赤道斎 : マックス「あそこまでお婿さんになっていたのか」
HAPOHAPO : クーを追いかけたエリカは道に迷ってしまった
赤道斎 : エリカ「おっかしーな。匂いはこっちなのに…」
zophyel : クーパパ「おお、キミはエリカくん」
スピスタ : しかし、エリカは無視した
HAPOHAPO : エリカ「何あのおじさん?」
zophyel : クーパパ「クーを知らないか?」
赤道斎 : エリカ「うるさい!今探してるのっ!」
HAPOHAPO : クーパパ「そういえば君を探している子がいたよ」
スピスタ : エリカ「クーちゃん?」
HAPOHAPO : クーパパ「いや・・・こう髪が羽のような」
lilith_sakura : エリカ「ロロ?」
zophyel : エリカ「ロロが?」
zophyel : (なしで)
赤道斎 : エリカ「でも今回はパス。今はクーを…」
HAPOHAPO : 戦慄が走るエリカの表情
zophyel : ロロ「なにやってんですか」
スピスタ : エリカ「この殺気は?」
HAPOHAPO : ロロ「マイハニー何してるの?」
赤道斎 : ロロ「あたしを呼び出しておいて、浮気?」
zophyel : エリカ「はい?」
HAPOHAPO : ロロ「あなた私の永遠のパートナーって言ったわよ
HAPOHAPO : ね」
スピスタ : エリカ「言ったっけ?」
lilith_sakura : ロロ「忘れたって言うつもり?」
HAPOHAPO : ロロ「もうお嫁さんでいいじゃない」
赤道斎 : エリカ「………あ、昨日の晩…」
zophyel : クー「あいつ色々お手つきしてたんだ(こっそり)
HAPOHAPO : ロロ「あなたのために秘密の部屋を用意したの」
赤道斎 : エリカ「え、遠慮しておきます」
HAPOHAPO : クー「どっかと同じ流れだな」
lilith_sakura : ロロ「拒否した場合はどうなるか・・・・」
zophyel : エリカ「なんかどっかで聞いたような(あせ)」
スピスタ : ロロ「貴方の趣味に合わせたのよ?」
赤道斎 : エリカ「余計に遠慮しておきますです、はい」
zophyel : マックス「はっはっ葉、待ちたまえ二人とも」
lilith_sakura : ロロ「帰れ廃棄物」
zophyel : エリカ「責められる方は好きじゃないの」
スピスタ : ロロ「目覚めてみるのもいいわよ?」
HAPOHAPO : ロロ「ティキに魔法も研究させたわ」
zophyel : ロロ「亭主関白になる魔法を(ひょえ)」
赤道斎 : エリカ「魔法?あの子に?無理でしょう」
HAPOHAPO : ロロ「たこいくんもあるわよ(ひょえ)」
zophyel : ロロ「ところがどっこいしょ」
スピスタ : エリカ「何?」
赤道斎 : ロロ「このたこいくん、リアルモードになるんだ」
スピスタ : エリカ「想像つくので結構です」
HAPOHAPO : エリカ「ぃやぁぁぁぁ!触手がからみついてぇぇぇ
zophyel : ロロ「たこいくん、触手たこルカくんモード」
lilith_sakura : ロロ「ふふふ・・・・」
HAPOHAPO : エリカ「逃げるわよ!」
赤道斎 : ロロ「ティッキーの魔法って怖いわよ~」
zophyel : エリカ「って、ちょっと、あは~ん(すき)」
HAPOHAPO : マックス「少女よ!今のうちに逃げるんだ!」
スピスタ : クー「さて、今の内に完全に逃げるか」
赤道斎 : ティッキー「お姉ちゃんは誰にも渡さないんだから
zophyel : ロロ「あ、エリカのものは私のものだからね、クー
zophyel : (はーと)」
HAPOHAPO : そのどさくさにまぎれて逃げ出すエリカ
赤道斎 : クー「はいはい、みんなでエリカを追っかけて下さ
赤道斎 : いな」
zophyel : しかし結局三人ともロロにとっつかまったり。
HAPOHAPO : ロロ「待てぇぇぇぇぇぇぇ!」
HAPOHAPO : (なしで(ひょえ))
スピスタ : ロロ「私が女王様よ!」
赤道斎 : ミンティ「なぜにわたしまで捕まるんですか」
lilith_sakura : クー「はなせ~はなさないと」
zophyel : ロロ「さ、特製の地下室にごあんなーい(はーと)
HAPOHAPO : ダイスケ「よく来たなロロ」
赤道斎 : エリカ「…火を放て!」
スピスタ : ロロ「さよなら、ダイスケ」
HAPOHAPO : クー「なんてカオス」
zophyel : そして、三人の姿を見たものはいない(ひょえ)


------------ キリトリ -----------
一行でのエリカの性格は…。エリカの好きなわたしは何とも複雑な感情であり…



スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23284423.jpg



次回のお題は「パンヤ島憲法制定」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-05-28 23:31 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 本日のお題「パンヤ島憲法制定」... 何か不安定だぞ >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧