赤道斎の隠し部屋

本日のお題「淋しくて、眠れない」by 赤道斎

今日のコースはSepia Wind。何か久しぶりなコースという気がします。


------------ キリトリ -----------

赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
zophyel : (ぺこ)よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
zophyel : ケン「zzz・・・」
HAPOHAPO : ピピン「そ~っ」
赤道斎 : ピピン「…寝てる寝てる、うふふふふふ」
zophyel : ケン「う~ん・・・ムニャムニャ」
赤道斎 : ピピン「ん?寝言?何言ってるんだろう」
HAPOHAPO : ケン「3I頼むよ。むにゃむにゃ・・・」
zophyel : ケン「・・・くかー」
赤道斎 : ピピン「…夢の中のキャディは誰なのかしら」
zophyel : ケン「だめだー、ピピン、行かないで・・・」
HAPOHAPO : ピピン「あたしどこにも行かないよ(うる)」
zophyel : ケン「トマが着弾・・・zzz」
lilith_sakura : ケン「す~~・・・・・」
赤道斎 : ピピン「何物騒な夢見てるのよっ」
zophyel : ケン「・・・むにゃ?」
HAPOHAPO : ケン「むにゃ・・ピピン大きくなったな~」
赤道斎 : ピピン「大きくなったって…何の事かしら」
zophyel : ケン「抱き枕・・・」ぐわばっ! 抱きっ! zzz・・・
HAPOHAPO : ケン「おばさんより可愛いぞ(ういんく)zzz]
赤道斎 : ピピン「こらっいきなり何をするっ!」ぺしっ
zophyel : ケン「むにゅむにゅ、ははは、くすぐったいよ~」
赤道斎 : ピピン「(こいつ、起きてるんじゃないか?)」
zophyel : クー「・・・おはよーございます。ってあれ?}
赤道斎 : しっかりピピンにしがみついたままのケン。
lilith_sakura : ピピン「(水攻めにしてみるか)」
zophyel : クー「・・・あたいも失礼イタシマス(ひょえ)」
赤道斎 : ベッド脇にあった水差しをケンの頭に…
zophyel : すかっ
赤道斎 : …空だった。
HAPOHAPO : ピピン「わーケンの夢に吸い込まれる~!」
lilith_sakura : クー「ちょw」
zophyel : ケン「むにゃ、おっきいわんコロ・・・zzz」
赤道斎 : クー「あたしもちょっとお邪魔してみよっかな」
HAPOHAPO : 図らずもふたりはケンの夢の中へ
zophyel : ケン「・・・親父もお袋も薄情だよな」
赤道斎 : ピピン「夢の中のケン、なんだか淋しそうだ…」
zophyel : ケン「オマエだけだよな、一緒にいてくれるのは」
赤道斎 : クー「…一体、誰の事だろう」
HAPOHAPO : クー「っていうか、体がグラマーに(あせ)」
zophyel : ケン「なっ、『MAX』?」
HAPOHAPO : ピピン「ケンは本質的に豊潤なお姉さんが好き」
赤道斎 : クー「胸のサイズがMAXなのが好きなのか」
zophyel : 犬「ぅおん♪」
赤道斎 : ケン「そうか、お前もそうなのか」
zophyel : はふはふはふ、べろべろべろ
lilith_sakura : ピピン「犬好きなんだ」
zophyel : ケン「一人寝はさびしいな・・・」
赤道斎 : クー「本物じゃなくてAIB○か」
lilith_sakura : ピピン「それは寂しいわ」
zophyel : と、夢の世界がグラグラと揺れ出した。
赤道斎 : ピピン「寂しさで不安なのね、ケン」
HAPOHAPO : クー「あたぃに犬の耳としっぽが!」
zophyel : 急速にあたりの風景が白い光に包まれてゆく。
lilith_sakura : ピピン「なに?なに?え?」
赤道斎 : ピピン「これはまずい。早く安定させないと!」
zophyel : ケン「うるさいなー、今おきるよぉ・・・」
赤道斎 : ピピン「このまま起きると現実世界にも影響が及ぶ
赤道斎 : かな」
lilith_sakura : クー「そしたらあたいはけものっ娘」
赤道斎 : ピピン「一生そうしていたい?」
zophyel : それをよそに・・・すっぽん!!
HAPOHAPO : (更新しました(にや))
赤道斎 : (ome-)
赤道斎 : ピピン「あっちゃ~、夢から出ちゃったよ」
zophyel : クー「・・・なんともないな」
HAPOHAPO : ピピン「クーちゃんその耳(びっくり)!」
lilith_sakura : クー「はう、もふもふしてるぅ!」
zophyel : エリカ「犬耳くぅちゃん(はーと)」
HAPOHAPO : クー「胸もパヨンパヨンだ(うる)」
赤道斎 : ピピン「これがケンの望んだ世界なの…か?」
zophyel : ケン「ふぁ・・・ピピンにクーに、エリカ???」
lilith_sakura : クー「えりか?・・・・は!(悪寒)」
赤道斎 : ケン「俺の周りが美少女だらけ…これは、夢か!」
zophyel : エリカ「わんこだぁ~すりすりすり~(はーと)」
HAPOHAPO : ピピン「みんな脚がすっきりほっそり」
lilith_sakura : クー「みょ~~~~」
zophyel : エ「わ、私は別に、ケンがどうしてるかなんて気に
zophyel : してないんだからね!」
HAPOHAPO : ピピン「なんてお約束のツンデレ仕様!」
赤道斎 : ケン「俺よりクーやピピンにばかり目が行ってるぞ
HAPOHAPO : ケン「?向こうから加齢臭がする(あせ)」
lilith_sakura : ルー「おなかへった~」
赤道斎 : ケン「…お前が原因か。幾つサバ読んでるんだ?」
HAPOHAPO : ケン「向こうから牛さんが2頭歩いてきたように見え
HAPOHAPO : えたじょ(あせ)」
lilith_sakura : ルー「永遠におねむする?」
赤道斎 : ケン「さっきまで寝てたから暫く遠慮する」
HAPOHAPO : ケン「だんだん加齢臭がひどくなってきた(あせ)
赤道斎 : ルーシア「あたしじゃないわよ。そこに隠れてるオ
赤道斎 : バサッbよ」
lilith_sakura : SE:銃声
赤道斎 : ルーシアの額に咲く紅の花一輪。
HAPOHAPO : ケン「えらいこっちゃ!」
lilith_sakura : ルーシアは崩れるように倒れる
HAPOHAPO : ケン「偽乳か確かめるチャンス(すき)!」
赤道斎 : とあらぬ所に手を伸ばすケン。
lilith_sakura : ピピン「人命救助よりそっちが優先?」
HAPOHAPO : ケン「人の夢なんて儚いもんだよ(まじ)」
zophyel : エリカ「麻酔銃よ。心配要らないわ」
lilith_sakura : クー「麻酔銃にしては威力強くないか?」
赤道斎 : ケン「俺にも一発打って欲しくなったな」
HAPOHAPO : BAN!
zophyel : エリカ「それより、皆でお泊り会にしましょ」


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23375886.jpg



次回のお題は「賭博覇王伝 クー」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-04-23 23:40 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 38度5分 親の顔が見たい >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧