赤道斎の隠し部屋

本日のお題「ケーキに立てる蝋燭の数は…」by 赤道斎

今日のコースはBlue Water。このコース嫌い!個人的に☆6個をあげたい。


------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
赤道斎 : よろしくお願いします(ぺこ)
HAPOHAPO : (拍手)弾幕はパワァだぜ!(ういんく)
zophyel : よろしくでござる(ぺこ)
HAPOHAPO : (いい勝負できるかしら?だって)
lilith_sakura : ( ´ω`)ノよろん~
赤道斎 : セシリア「はあ…(かなし)」
スピスタ : ダイスケ「どうした?」
zophyel : カディエ「ふう・・・(かなし)」
赤道斎 : ミンティ「お姉ちゃん、気を落とさないで」
lilith_sakura : セシリア「この時期になると欝だわ」
zophyel : カディエ「誕生日・・・ねえ」
スピスタ : ダイスケ「考えすぎだ」
赤道斎 : セシリア「あなたが無神経なだけよ」
zophyel : ティッキー「そんな二人に朗報です」
スピスタ : カディエ「何?」
赤道斎 : ティッキー「ケーキの蝋燭の数を減らすアイテムよ
zophyel : ティッキー「今年から二人の誕生日はなし!!」
lilith_sakura : カディエ「あなたもね」
スピスタ : ダイスケ「蝋燭は減っても歳はへら…」
赤道斎 : ごすっ!
zophyel : ---しばらくお待ちください---
赤道斎 : ダイスケ「私が悪うございました」
lilith_sakura : セシリア「はぁ~~~~~」
zophyel : カディエ「ふぅ~~~~」
スピスタ : カディエ「余計に鬱になってきたわ」
HAPOHAPO : マックス「俺は多いほうがいいなぁ(すき)」
赤道斎 : アリン「何ですって?浮気するつもりですか?」
zophyel : ミンティ「なぜですか?」
lilith_sakura : マックス「肺活量を自慢できる」
スピスタ : カディエ「そんなの自慢にならないわよ…」
HAPOHAPO : マックス「そして熱く溶けた蝋を体に・・・」
赤道斎 : ダイスケ「歳と共に身体機能は落ちるんだぞ」
zophyel : カディエ「はいはい」
lilith_sakura : セシリア「歳ばっかとって何も得ないのよね」
HAPOHAPO : マックス「今日も海賊の娘にたらしてもらった」
スピスタ : ゴスッ!
zophyel : がつ!
赤道斎 : アリン「行ってくだされば私がしますのに」
赤道斎 : (言って)
lilith_sakura : アリン「でもなんか引きますわ」
スピスタ : セシリア「そこまで変態だったのね…」
赤道斎 : クー「あー、さっきはすっきりした」
スピスタ : セシリア「問題の子も来たわね」
赤道斎 : エリカ「クーちゃん、そっちの趣味があったの?」
lilith_sakura : クー「やってくれたらCPくれるっていうからね」
スピスタ : カディエ「マックスは最低ね」
赤道斎 : ケン「一種の★★★★じゃないか」
赤道斎 : (”えんじょこうさい”はNGでした)
lilith_sakura : クー「気持ち悪かったけどな」
HAPOHAPO : クー「赤い蝋燭だったから雰囲気も出たし」
スピスタ : カディエ「その気持ちを忘れたらダメよ」
赤道斎 : マックス「ああ、思い出しただけで体が疼くぜ」
スピスタ : ゴスッ!
lilith_sakura : セシリア「根性焼きでも喜びそうね」
赤道斎 : マックス「愛のないのは痛いだけだ」
HAPOHAPO : アリン「あなた私以外の愛を認めるの!」
スピスタ : エリカ「違いが分かるのかしら?」
赤道斎 : マックス「体でわかるのさ」
スピスタ : エリカ「マジキモイ」
赤道斎 : マックス「ああ、節分みたいな行事にならんかな」
lilith_sakura : ケン「気持ち悪いのほっといておやつするか?」
HAPOHAPO : エリカ「あのこれ・・・」
zophyel : と、取り出したのはショートケーキ一ラウンド
赤道斎 : マックス「ん?おれに?」
zophyel : ケン「誕生日ケーキの余りが出たんだ」
赤道斎 : マックス「蝋燭が立ってないぞ」
lilith_sakura : マックス「ろうそくをもってこんか!」
スピスタ : エリカ「ヤダ」
zophyel : ケン「だから、あまりなんだって」
赤道斎 : マックス「歳の数だけぽたーりぽたーりと」
HAPOHAPO : マックス「この蝋燭はこうやって頭にだな」
スピスタ : ゴスッ!
lilith_sakura : PANGYA!!
zophyel : ケン「ちなみに普通の蝋燭でやるとヤケドするぞ
スピスタ : エリカ「普通はそんな事しません」
赤道斎 : セシリア「低温蝋燭がビギナー向けよ」
lilith_sakura : マックス「なんでそんなのしってるんだ?」
zophyel : ケン「こんなのひとり一本でいいじゃん」
赤道斎 : エリカ「一本の太さが年によって太くなるのね」
zophyel : ケン「なんでって、一般教養だろ?」
HAPOHAPO : アリン「色も変わるみたいよ」
スピスタ : セシリア「それも最悪ね」
赤道斎 : エリカ「歳と共にお肌の如くくすんでいく…」
zophyel : カディエ「何故呪術用の悪魔の蝋燭が・・・」
lilith_sakura : セシリア「とりあえず既婚者を呪うんじゃない?」
スピスタ : ケン「ここに既婚者はいたっけ?」
zophyel : ケン「そんなやついたか?」
zophyel : (なしで)
赤道斎 : ダイスケ「昔結婚式をやったような気が」
zophyel : ピピン「あ、ケン(はーと)」
スピスタ : マックス「生け贄決定だな!」
zophyel : クー「気のせいだろう」
HAPOHAPO : ピピン「蝋燭健康法ってニュースでやってた」
スピスタ : ケン「そんな健康法はありません!」
zophyel : ピピン「ちぇっ」
HAPOHAPO : ピピン「こうやって体に蝋をたらして行くの」
lilith_sakura : マックス「あぁぁぁ」
zophyel : ピピン「ちなみにこれだとヤケドするけど」
HAPOHAPO : ピピン「わたしも最近過労でケンにやってほしいの
赤道斎 : アリン「こらー!私にもやらせなさーい!!!」
スピスタ : ケン「勘弁してくれ!」
zophyel : ケン「お灸じゃないんだから」
スピスタ : ピピン「はい!ローソクあげる」
zophyel : ケン「よし、ピピンをねぎらってやろうw」
赤道斎 : ピピン「あん。や・さ・し・く・してね(はーと)
zophyel : ケン「本気にするな!(いかり)」
HAPOHAPO : ピピン「ぁぅん(はーと)そ、そこょ」
赤道斎 : マックス「おっ、花柄のおっきな蝋燭があるじゃな
赤道斎 : いか」
zophyel : ケン「ったく、何処でこんなこと・・・マックスか
スピスタ : ピピン「あ、それは…」
zophyel : 原因は」
lilith_sakura : ピピン「2尺花火・・・」
スピスタ : どーーーーん!!!
赤道斎 : マックス「おー、モウレツ!」
lilith_sakura : ミンティ「あぁ~山火事おきてる・・・」
スピスタ : ケン「もう爆発オチかよ…」
zophyel : ケン「でかいローソクだな。マックス、焼かれて来
赤道斎 : クー「今回はアタイが原因じゃないぞ」
zophyel : い」
HAPOHAPO :                        
HAPOHAPO : (誤爆)
lilith_sakura : セシリア「まったく、んで何の話してたんだっけ?
チャット内容が history/chatting/chat053.txtに保存されました。
zophyel : カディエ「誕生日の話」
HAPOHAPO : ミンティ「あのぉ・・・」
赤道斎 : ティッキー「蝋燭、何本挿すの?」
HAPOHAPO : ティッキー「幸せを呼ぶおまじないってニュースで
HAPOHAPO : やってた」
zophyel : ケン「一本でも二○才w」
スピスタ : ミンティ「あのぉ…」
HAPOHAPO : ミンティ「ケンさんわたしに挿してください」
赤道斎 : ケン「い、いいの?」
HAPOHAPO : ミンティ「どうせなら思う人に(ん)」
lilith_sakura : ケン「って誤解される言い方やめなさい」
zophyel : さく
赤道斎 : 挿したのは…
HAPOHAPO : マッコスだった
zophyel : どす、ざす、げしげし!!
スピスタ : マックス「壮絶だな」
赤道斎 : ミンティ「(わーん)私の初めてだったのに~」
HAPOHAPO : マックス「はははは!これぞ蝋人形の館ぁっぁぁ!
zophyel : ケン「さぁ、マックスへの仕置きはなんにする?」
スピスタ : ケン「世紀末かよ」
HAPOHAPO : ダイスケ「そこ反応するところが○暮様だな」
lilith_sakura : カディエ「なんだかカオスな展開ね」
HAPOHAPO : エリカ「でも変ね」
スピスタ : ケン「何が?」
赤道斎 : ケン「あいつが来ないな」
zophyel : セシリア「ワリとどうでもいいみたいね」
HAPOHAPO : エリカ「健康法といいおまじないといい・・・」
スピスタ : エリカ「効果はなんなの?」
赤道斎 : マックス「下半身がビンビンになるぞ」
HAPOHAPO : エリカ「今までの蝋燭の概念を拭おうとさえしてる
lilith_sakura : ピピン「変態度促進効果だよ」
HAPOHAPO : エリカ「何者かの悪意を感じるわ」
スピスタ : ケン「マックスみたいになりたくないなぁ」
zophyel : ケン「去勢すべきだな」
HAPOHAPO : ピピン「蝋燭で困ってた人って誰だろう?」
赤道斎 : マックス「真の漢とは何事にも立ち上がるべし!」
zophyel : ケン「病院の手配をしとこうか」
HAPOHAPO : エリカ「この変態は犯人じゃなさそうね」
スピスタ : ケン「それ以前の問題だしな」
zophyel : ケン「獣医でいいよな」
lilith_sakura : マックス「わが美貌に病院が逃げ出すぞ」
赤道斎 : ドルフ「獣医なんて、ぼく、病気じゃyないですぅ
HAPOHAPO : エリカ「蝋燭効果で完全に理性を失ったようね」
スピスタ : ケン「どう見てもいつも通りだろ」
HAPOHAPO : ルーシア「みなさーん!」
zophyel : カディエ「それより、ケーキ食べちゃっていいの?」
赤道斎 : ルーシア「太るわよ?」
lilith_sakura : ケン「あ~いいぞ、それ麦ケーキだし」
zophyel : カディエ「あ、ぱんつ娘」
HAPOHAPO : ルーシア「運営からおしらせがあるの」
赤道斎 : U田「イラスト板でパンツ解禁とする」
lilith_sakura : ルーシア「ということなので殴る?」
HAPOHAPO : ゴス!
スピスタ : U田「何をするんだ?」
HAPOHAPO : ルー「蝋燭健康法やおまじないに気をつけて」
赤道斎 : U田「スクショ板はどうするんだよ、今回の寝間着
赤道斎 : !」
lilith_sakura : ルーシア「お前の趣味のせいだろうが」
zophyel : ケン「ガッガッが過ぎるからだろ」
HAPOHAPO : ルー「キャーイク○ーン!」
lilith_sakura : ケン「なにをいってるんだ?」
zophyel : カディエ「とりあえずケーキ食べちゃいましょ」
赤道斎 : セシリア「お仕置きがさきよ」
lilith_sakura : ---------- キリトリ ---------
HAPOHAPO : セシリア「ふふふこれで蝋燭はなくなるわね・・・


------------ キリトリ -----------

スコアと各賞は以下の通り。

f0116056_23413971.jpg


途中、スコアがプラスで終わるかと思いました。


次回のお題は「消えていくものたち」です。
[PR]
by sekidousai | 2009-02-26 23:43 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 今日のお買い物 駆け込んだ >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧