赤道斎の隠し部屋

10日の大会は・・・

連絡なしに休んでしまい、関係者の方々には申し訳ありませんでした。
急な不幸で新潟→長野→新潟と走り回ってました。

  ってことで「日記無用」(by zophyelさん)の内容はlilith_sakuraさんかzophyelさんのブログに上がる事を期待しましょう。

<追記090114>
lilith_sakuraさんよりチャットログを頂きました。

------------ キリトリ -----------

スピスタ : よろしくお願いします
lilith_sakura : よろろ~ん
HAPOHAPO : (ぺこ)請多指教(ぺこ)
zophyel : よろしく勇気(ぺこ) !!
スピスタ : ケン「ふう」
HAPOHAPO : ピピン「どうしたの(まじ)?」
zophyel : ケン「ちょっと日記を・・・なんでもない」
スピスタ : ピピン「続かないのか?」
シラタマ :「パンヤゾーンが大きくなったニャン!」
シラタマの能力によってパンヤゾーンが広がりました。
zophyel : ケン「いや、ネタはある」
lilith_sakura : ケン「書く気力がでない」
HAPOHAPO : ピピン「無理しなくても・・・」
zophyel : ケン「書くとこっちの身が危ない」
スピスタ : ピピン「同じ事じゃないか?」
シラタマ :「パンヤゾーンが広がったニャン!」
シラタマの能力によってパンヤゾーンが広がりました。
lilith_sakura : ケン「いや、本気という意味でだ」
zophyel : ピピン「えーとなになに・・・」
lilith_sakura : 日記「やっぱあいつ最近太ってるよ」
zophyel : 日記「抱きつかれた時の重さが尋常じゃない」
スピスタ : 日記「このままでは潰されてしまう
zophyel : (強制終了率の)動画参照)
HAPOHAPO : 日記「はいてくれって今度言おう」
zophyel : ピピン「ケン?」
lilith_sakura : 日記「しかし正月明けっていうのはここまで・・・
スピスタ : ケン「何だ?」
zophyel : ピピン「(ぶー)」
スピスタ : ケン「なんだよそれは?」
zophyel : ピピン「(無視)今日はクーと買い物に行った」
スピスタ : 日記「クーは無視して買い物をした」
zophyel : 日記「やたら大砲の弾とか保存食とか買っていた
lilith_sakura : 日記「クー曰く、ないよりはましだ」
zophyel : 日記「けど、帰り際にシャツとジーンズを買ってく
zophyel : れた」
スピスタ : 日記「クーはいい奴だ」
lilith_sakura : 日記「ときめいたのはなんか悔しかったが」
zophyel : 日記「あと荷物を全て搬入させなければ、だが」
スピスタ : 日記「まあ、それはいい」
zophyel : 日「ところでシャツがドクロ柄だったのは何故?
スピスタ : 日記「クーの趣味だろうか?」
lilith_sakura : 日記「クーらしいといえばそうだが」
zophyel : ピピン「ケン・・・お楽しみだったみたいね?」
スピスタ : ケン「何の話だ?」
lilith_sakura : ケン「って笑顔で鉈もつのやめい!」
zophyel : ピピン「(無視)えー、今日はエリカとお茶をした
スピスタ : 日記「いつも通り他愛のない話をした」
zophyel : 日記「しかしやたら、恋愛論とか好みのタイプを聞
zophyel : いてくる」
lilith_sakura : 日記「どうしてほしいのか聞けばよかった」
スピスタ : ピピン「ケン…」
zophyel : 日記「一つのジュースを二人でストローで飲む?と
zophyel : かきいてくるし」
lilith_sakura : 日記「ほんと勘弁してくださいと思った」
スピスタ : 日記「男同士の話だからな」
zophyel : 日記「そのあと映画にいって公園を散歩して帰った
lilith_sakura : 日記「デートではないのにデートみたいだった」
zophyel : 日記「顔が赤くて眼が潤んでるのが怖かった」
スピスタ : 日記「これは絶対に何か裏がある」
lilith_sakura : ピピン「ふ~ん(笑顔)」
zophyel : 日記「今度はプールに誘われてるが、どうしようか
スピスタ : 日記「突入するべきだろうか?」
zophyel : 日記「・・・今日はマックスとアリンさんに会った
スピスタ : 日記「ちょっと険悪だったのが気になった」
lilith_sakura : 日記「やたらとマックスがこっちを見ていた」
zophyel : 日記「足を滑らせて、アリンさんの胸に顔を埋めて
zophyel : しまった」
シラタマ :「パンヤゾーンが大きくなったニャン!」
シラタマの能力によってパンヤゾーンが広がりました。
スピスタ : 日記「マックスの顔が怖かった」
zophyel : 日記「魔法で吹っ飛ばされると思いきや」
lilith_sakura : (BPが1111になってるw)
スピスタ : 日記「アリンは優しかった」
lilith_sakura : 日記「やさしく抱きしめられた」
zophyel : 日記「鼻血が出そうになって、思わず飛びのいた」
スピスタ : 日記「絶対に利用されている」
zophyel : 日記「でも・・・やはらかかった(はーと)」
チャット内容が history/chatting/chat001.txtに保存されました。
スピスタ : 日記「これはこれでいいかも…」
lilith_sakura : 日記「ただマックスがすごい形相だった」
zophyel : 日記「まあいいか。コレも役得だ」
スピスタ : 日記「後の事は知らない」
lilith_sakura : ピピン「・・・・・・・」
zophyel : ピピン「マックスが黒焦げにされてた気がしたな」
lilith_sakura : ケン「そーなのかー」
スピスタ : ピピン「どうした?」
zophyel : ケン「実はそれぞれ続きがあるんだが」
lilith_sakura : ケン「R22レベルなんだよなぁ」
zophyel : ケン「あまりにも危なすぎてかけない(げー)」
スピスタ : ピピン「今夜教えてくれるか?」
zophyel : ピピン「ていうか、拷問?(はーと)」
lilith_sakura : ケン「そんな言葉ですむなら済ませたい」
zophyel : 双子「「あ、ケンさんいた」」
スピスタ : ケン「何だ?」
HAPOHAPO : 双子「新しい水着なの(ういんく)」
スピスタ : ケン「ミンティにあるのか?」
lilith_sakura : ケン「この冬場でか?」
zophyel : 双子「サイズ測ってくれるって言ってたでしょ」」
HAPOHAPO : 双子「ケンさんのためならなんでもする(はーと)
スピスタ : ケン「だから、ミンティ…」
lilith_sakura : ケン「身売りみたいな言葉は言うなって」
zophyel : ピピン「(ひくひく・・・(いかり)」
HAPOHAPO : ケン「あの晩のことは内緒だって・・・」
スピスタ : ピピン「聞き捨てならないな」
lilith_sakura : (私のなしで)
zophyel : ピピン「(ピキピキ・・・)」
lilith_sakura : ミンティ「あ、ピピンもいたんだ」
スピスタ : ピピン「も?」
zophyel : カディエ「ねえ、ケン。ちょっと来て」
HAPOHAPO : ミンティ「ねぇねぇケンってとても床上手なんだよ
zophyel : カディエ「新しいつまみのレシピ教えて・・・って
スピスタ : ピピン「(ピクピク…)」
lilith_sakura : ケン「ストレスに効くつまみでもつくるか?」
zophyel : カディエ「アタシもそれ、頼もうかな。床・・・」
HAPOHAPO : ケン「いやそれは(気まずい)・・・」
スピスタ : ケン「ただの掃除をさせられそうで…」
zophyel : ピピン「(大叫喚超般若)」
HAPOHAPO : ケン「ミンティも誤解を招くようなことを・・・」
lilith_sakura : ケン「んじゃサイズ測るから軽装できな」
スピスタ : ピピン「どこが誤解なのかな?」
zophyel : ミ「そんな誤解だなんて・・・あなた(はーと)」
スピスタ : ケン「照れるだろ…」
zophyel : ぷち
lilith_sakura : ケ「そんなに俺に死亡フラグ立たせたいのか?」
HAPOHAPO : ケン「ピピン違うんだ(うる)信じてくれよぉ~」
スピスタ : ケン「何かの間違いなんだ」
lilith_sakura : ピピン「言い訳は閻魔様にでもしなさい(笑顔
HAPOHAPO : ミンティ「ケンのおかげで床がピカピカ☆」
スピスタ : (zopさん落ちてるし…)」
lilith_sakura : (今年も呪い継続か)
スピスタ : ケン「いつもの事じゃないか」
HAPOHAPO : ミンティ「おかげで床が鏡みたい☆」
スピスタ : ケン「これくらいおやすいご用だ」
lilith_sakura : ティッキー「おかげでボディラインがすごく見える
HAPOHAPO : ミンティ「でもそれでパンツが見えるって(ん)」
スピスタ : ケン「仕様です(ひょえ)」
lilith_sakura : ミンティ「やっぱり~♪」
HAPOHAPO : ピピン「あんたって人はー(いかり)(いかり)」
スピスタ : ケン「俺は無実だ!」
lilith_sakura : ピピン「同じこと2度言わせないで」
HAPOHAPO : ケン「俺の股間がフジヤマヴォルケーノ!」
スピスタ : ピピン「意味不明だ!」
HAPOHAPO : ピチューン
lilith_sakura : ピピンはケンの股間にトマホーク×15
HAPOHAPO : ケン「もう日記書くのやめよう」


------------ キリトリ -----------
lilith_sakura様、どうもありがとうございます。


次回のお題は「逆方向のコース」です。

まずはカップからアズテックを掘り出す。次に絶対ダフらないように(グリーンだから)慎重に打つ!・・・・・・・ですか?
アイス系やSilVia Cannonなんてかなり悲惨な事になりそうですな。
[PR]
by sekidousai | 2009-01-11 22:14 | 1行リレーパンヤ物語杯
<< 本日のお題「逆方向のコース」b... 今日はまだ暖ったか >>



みつかっちゃった…
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最初にお読み下さい
● 閲覧なさる方々に危険や不快な思いが生じるのを避けるため、不明リンクを含む、あるいは公序良俗に反するコメントは削除する場合があります。
● 本ブログ内の文書・画像等の無断転載はご遠慮下さい。画像・写真等の著作権は各々の作者等に帰属します。
● 本ブログはリンクフリーです。リンク前後の連絡も特に必要ありません。
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
以前の記事
今日はどんな日?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧